胸キュンさせる!男が落ちるギャップとドン引きするギャップの差って何?

若林杏樹 漫画家
更新日:2023-02-15 06:00
投稿日:2023-02-15 06:00
 ちょっと怖いなって思ってた人から優しくされるとキュンときちゃいますよね。好きな人を落とそう、好意を持ってもらおうと考えた時、ギャップは大切ですが、あくまでイメージの良い裏切りをしないとドン引きされて逆効果になってしまう可能性も……。
 今回は男性にキュンキュンさせて、あなたのトリコにするための「落ちるギャップ」についてお伝えします。

(漫画:若林杏樹)
(漫画:若林杏樹)

〇「落とせるギャップ」と×「ドン引きギャップ」の違い

 ギャップで落とすために重要なのは、2点。ひとつ目は、自分が他人から思われているイメージを再確認すること。2つ目は、“ドン引きギャップ”が出ないように普段から気をつけること、です。

 詳しく見ていきましょう。

 まず、自分のイメージを再確認するにはどうするか。これは自己分析だけで終わらせるのではなく、友人からもぜひヒアリングをしましょう。

「え、私って周りからそう思われているんだ」と、驚くことがきっとあるはずです。

 というのも、人は表情や仕草や服装、職業や年齢、そしてSNSなどから、その人のイメージを勝手に作り出してしまいがちですよね。

「自由そう」と「自由奔放」は大きな違い

 たとえば、アラサーやアラフォーで仕事をバリバリとこなす上、飲み会や旅行などプライベートも充実している方は、はたから見ると「自由そうだな」というイメージがあります。

 悪くいえば、「自由奔放」「マイルールが多そうだな」という印象です。だからこそ、相手にドン引きされないよう普段から気をつけることが重要になります。

 自由奔放なイメージの女性が、会った時に気が利いたり、男性を自然に立てられるタイプだと、相手は“キュンキュンギャップ”を抱き、とても好印象になります。ところが、会話を盛り上げるために旅行で起きたトラブルや下ネタなどを豪快に話そうものなら、ドン引きの“負のスパイラル”行き……。

 初対面では隠せても、会う回数が増えたり、お付き合いしていくうちに残念なギャップを重ねることになってしまい、その結果、男性も萎えてしまいます。心は一度冷めてしまったらおしまい。ふたたび火をつけるのは、大変困難になります。

 一方で、清楚で見るからに優しそうな女性が気を利かせてもプラスに作用することはなく、残念ながら「いい人」止まりになりがち。無理して下ネタを話す必要はありませんが、ちょっと笑えるネタを用意するだけでイメージがグーンとよくなります。不思議ですよね……。

 何はともあれ、自分が周囲からどのように見られているのかを友人に聞き、「気になる男性を落とせる自分らしいギャップ」を考えてみてくださいね。

登場人物紹介

ダラ先輩、ギャルちゃん(漫画:若林杏樹)
ダラ先輩、ギャルちゃん (漫画:若林杏樹)

だら先輩
ちょっと前まで、デパコスしか勝たん! と考えていたけれど、現在はデパコスなんて一部で、ほぼプチプラで構成されている私の顔。人生そんなもん。

ギャルちゃん
私はデパコスあんま興味なくて、どちらかというと韓国コスメが好きだな~☆ ラメしか勝たん! って感じです。だら先輩におすすめプチプラパックを教えました!

若林杏樹
記事一覧
漫画家
初の著書『お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!』がベストセラーに。前職は私立大学職員。ニックネームはあんじゅ先生。
漫画ブログX

関連キーワード

ラブ 新着一覧


夫の不倫相手はまだ独身w 離婚を思いとどまってよかった~な、瞬間5つ
 喧嘩、不倫、借金、教育方針の違いなど理由はさまざまありますが、現在進行形で「夫と離婚しようかな」と考える女性もいるので...
恋バナ調査隊 2024-05-28 06:00 ラブ
妻だけが知る夫の正体「つまらない男なのよ~」は愚痴か、それとも惚気か
 よく既婚女性から「うちの夫ったらつまらない男なのよ〜」なんて愚痴を耳にしますよね。でもつまらないから離婚したいと言う人...
恋バナ調査隊 2024-05-27 06:00 ラブ
マンネリ? 彼じゃない感? 「理由ないけど別れたい」4つのフシギ
「浮気された」「喧嘩が絶えない」など、カップルが別れるにはきっかけや原因があるもの。ですが、「理由はないけど別れたい」と...
恋バナ調査隊 2024-05-26 06:00 ラブ
旦那の帰りが早い時は「ママ友とホムパ中♪」と嫌がる系をぶっ込んで操縦
 世間には旦那の帰りが遅くてストレスを抱える女性もいる一方、旦那の帰りが早いことでつらい気持ちになる人もいるようです。 ...
恋バナ調査隊 2024-05-26 06:00 ラブ
大学生の一人息子にべったりな再婚妻。子離れと浪費癖改善を画策する夫
「冷酷と激情のあいだvol.196〜女性編〜」では、結婚後に“鬼夫”と化したマコトさん(仮名)に不快感が深まっている妻・...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
入籍後に本性見せたモラハラ鬼夫と離婚したい、でも…。躊躇する47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
自宅の別室で“不倫未満”に溺れる夫。ギリギリ行動5つ、どこまで許せる?
 夫が不倫していたら「許せない!」と怒る女性がほとんどですよね。でも“不倫未満”の関係なら…⁉  あなたは夫のこんな行...
恋バナ調査隊 2024-05-25 06:00 ラブ
古希声優・古谷徹は37歳差…枯れ専通り越し、老け専女性が“おじいちゃん”を求める心理
 5月22日に『文春オンライン』に37歳年下女性・A子さん(33)との不倫が報じられた声優・古谷徹(70)。古谷は『機動...
年下男にモテるアラフィフ女達 褒めより気を遣う“たった1つ”のNG行為
 アラフィフでありながら、若い人と恋愛をする人がいます。有名人で10歳以上年下の男性と結婚するケースもあるので、「もしか...
内藤みか 2024-05-23 06:00 ラブ
サレ妻の“暴走投稿”は危険! 不倫されても泣きを見ない「5文字」の結論
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  最近、X(旧...
まめ 2024-05-21 06:00 ラブ
「家族なのに!」無関心な夫にブチ切れる前に…旦那の本音と有効な対策法
「家族なのにどうして無関心なの?」と、夫の態度に頭を抱えている女性もいるでしょう。無責任に見えて、イラッとするときもあり...
恋バナ調査隊 2024-05-20 06:00 ラブ
初めて自慰行為を知った日。母激怒、当時はセルフプレジャーなんて皆無
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-05-20 08:09 ラブ
押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ