人づきあいは“広く浅く派”が最強!うわべの関係って悪くない

おくげちゃん 漫画家・イラストレーター
更新日:2023-03-10 06:00
投稿日:2023-03-10 06:00
 みなさんは、人づきあいは”広く浅く派”でしょうか、それとも”狭く深く派”でしょうか。私はどちらかといえば後者で、友達もとても少ない人生を歩んできています。
 そしてついこの間まで、前者の人を鼻で笑うようなところもあったのですが、最近は「そっちのほうが得だよな」と思うようになりました。
 営業後のどろんぱでは、マキとママがサシ飲み中です。

 

(漫画:おくげちゃん)
(漫画:おくげちゃん)

人間関係の9割はうわべで完結する

 広く浅いつきあい方ができる人って、すごく羨ましいなと思います。

 それは他人に対して、ものすごくフレンドリーじゃないとできない接し方じゃないですか。

 エネルギーを使うから、うまく分散できないと疲れるだろうし、本当にタフですよね。ただ昔の私は、このスゴさに気付けていなくて、あまり良いイメージがありませんでした。

 なんなら「狭く深いつきあいができている私の方が優れてる!」くらいに思ってましたから、穴があったら入りたい……。

 “うわべのつきあい”って言葉は悪い意味で使われがちですが、まったく悪くないですよね。だって、ほとんどの人間関係はうわべで完結しませんか? 9割うわべと言ってもいい。

ゆるく繋がれば世界が広がる

 広く浅いつきあい方ができる人でも、深いつきあいになる人はごく一部。その一部を除いた9割と人間関係を築けるんだから、やっぱりお得だと思います。

 狭く深く派の人は、「うわべ=うすっぺらい人づきあい」のように感じて、ちょっと抵抗があるかもしれません。だけど、ほとんどの人間関係は浅瀬の部分で事足ります。それは、全然悪いことじゃないんです。

 例えば、SNSの投稿に全部リアクションしなくてもいいねだけして、コメントまではしないとか、そのくらいの軽い感覚でOK! ゆるーく繋がる人間関係を始めてみませんか? でももちろん、深くつきあえる人との関係はこれからも大事にしてくださいね。

登場人物紹介

マキさん、ママ(漫画:おくげちゃん)
マキさん、ママ (漫画:おくげちゃん)

マキさん:どろんぱのナンバーワンホステス。おっとりしてそうだが毒舌で、誰に対してもズバッとモノを言う。出勤日は少ないが、しっかり稼いで颯爽と帰っていく。3人の子持ち。

ママ:どろんぱのママ。ママになってもう何十年も経つが、今でも良い店づくりに心血を注いでいる。時々これまでを振り返っては、自画自賛するナルシスティックな一面も。

おくげちゃん
記事一覧
漫画家・イラストレーター
酒呑みまんが家。ふしぎで妖しい話を描いています。就活が嫌すぎて3年間ドイツに逃亡するなど放浪癖あり。京都市出身、東京在住。水商売歴10年。XInstagramでは毎日漫画を更新中。実績などはこちら

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


惚れてまうやろー♡そのへんの男よりカッコいい同性にキュン
 今回は「同性にキュンとした話」を集めてみました。中には、女性同士で恋愛感情に似た好意が湧いた人もいるようですよ! どん...
女坂と男坂の違いって? 山道・寺社仏閣の参道どっちを選ぶと楽チンか
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
産休クッキー炎上 善意でも地雷的気遣いとは?心理学・マナー講師に聞く
「産休クッキー」がXのトレンドワード入りし、大炎上した件。発端は、4月15日に一般女性が投稿した《職場の人に配るクッキー...
彼優先しドタキャン⇒「まさみの親指」は勘弁…友達だから通じるルール
 気の合う友達や同じ趣味の友達とグループLINEでやりとりするのは楽しいですよね! 毎日やりとりを続けているうちに、グル...
ルポ:ギャラ飲み額はトップ級の30分1.35万円!看護師の夢と新たな野望
 経営者や著名人、人気のインフルエンサーも利用する「ギャラ飲み」なるサービスって知っていますか? 東京都内のみならず、全...
これが330円? 3COINSジェルネイルの凄さよ!物価高の今にありがたい
 3COINS(スリーコインズ)で「UV LEDネイルライト」が330円で買えると知り、おうちでジェルネイルデビューをし...
甘えっこ“たまたま”の「マズル、シッポ、にゃんたま」3点セット♪
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
ハーブ育てるなら一択!虫よけ・若返りにローズマリー、ほっぽらかしで◎
 猫店長「さぶ」率いる我がお花屋は、神奈川の片田舎にあります。4月とはいえ1日の寒暖差はすさまじく、朝晩はストーブ、日中...
不倫バレ。“妻の奈津と申します”に戦慄→“なに無視してんだよ”で眠れない
 あなたはこれまでに、緊張感がハンパないLINEのやりとりをした経験があるでしょうか?  今回は、不倫相手の妻や先...
「フェロモン診断」調香師が選ぶ GW旅行の疲れを癒すおすすめの香り
 もうすぐゴールデンウィーク、今年は旅行や帰省の予定を立てている人も多いのでは?  飛行機や電車での移動、長時間の...
新学期早々ピンチ! 子供の「学校に行きたくない」の最適解は?
 子供が「学校行きたくない」と言い出したら、親としてはとても不安になりますよね。理由は、いじめや人間関係、勉強の遅れや体...
黄・紫・桜♪
 春の三原色を見つました。
陽だまりでゴロゴロ♡ お日様パワーを吸収する“たまたま”君
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
ほっこり癒し漫画/第71回「はふはふぴたっ」
【連載第71回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
美人局の語源に「筒」と「陰茎」
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
結婚式前夜、娘の門出を祝う「親として最後の教え」の内容に涙腺崩壊!
 入学や卒業、就職による1人暮らしなど、門出は1つの節目。嬉しい反面、どこか寂しさや不安を感じる瞬間でもありますよね。 ...