マッチングアプリでの良縁GETに有効な「メス力」5カ条とは

神崎メリ 恋愛コラムニスト
更新日:2019-06-09 06:00
投稿日:2019-06-09 06:00
 電子書籍も含めて、発売たちまち6万部突破のベストセラー『魔法の「メス力」』(KADOKAWA)の著者で恋愛コラムニストの神崎メリさんが、毎回、人にはなかなか相談できない恋愛のあれやこれやのお悩みに手厚く、そして、ズバッとお答えします。今回は「マッチングアプリ」にまつわるお話です。手軽で便利な出会いのツールですが、本当ありますよね、いろいろと(苦笑)……。

Q1.出会いが極少、マッチングアプリを始めたのですが…

知らぬは損(写真:iStock)
知らぬは損 (写真:iStock)

 はじめまして! なると申します。私は社会人3年目の23歳なのですが、高校時代からほとんど女だらけでここまできました。

 社内でも男性とは所属部署が違うため、本当にすれ違う程度でメリ様の教えの“笑顔”は実践していますが、まだいまいち良い出会いがありません。

 そのため最近マッチングアプリを始め、何人かと会おうという話になっています。ご著書にもありましたが、マッチングアプリで有効なメス力(特にLINE!)をぜひ詳しく教えていただきたいです。(24歳未婚♀・なる)

A1.異性との出会いは千本ノック!

経験は糧になる(写真:iStock)
経験は糧になる (写真:iStock)

なるさん、はじめまして神崎メリです。

出会いを求めて自分から動くこと、素晴らしいと思います。
アプリで知り合った人とのやりとりで注意すべき「メス力」をお教えしますね!

■自分からデートに誘わない
まずは相手に誘ってもらいましょう。誘ってこない相手はそもそもあまり貴女に興味がありません。
また相手が乗り気で誘ってくるデートのほうがその後の関係がうまくいくケースが多く、女性側から前のめりで誘うと「来てやった感」を出されて虚しくなることが多いようです。

■信頼できるまで個人情報を教えない
名前(苗字は不要)と業種、年齢で充分です。住んでいる地域(最寄駅)などはボカしてください。
SNSでも繋がらないように!

■即レスしない&長文で返さない
がっつきすぎている印象を与えて、「カンタンに抱けるかも?」と勘違いされてしまいます(どんだけ単純なのかしらね・笑)。

■前向きな内容を短く時間差で返信する
貴女のことをLINEで知った気になってしまうと、「早く会っていろいろと話したいな」とは思ってもらえなくなってしまいます。
それと同時に、後ろ向きな内容を送るのも「めんどうな女っぽいな」と相手に不審がられてしまいがちです。

以上を踏まえて、

警戒心を持ちつつ、ひとつの出会いに期待しすぎず、テンポよくこなしていきましょう。

あとは、女性は「運命のど本命」を探しているけれど、男性の多くは「Hできる人」を探しているというギャップがあることを頭に入れておいてくださいね。

そもそもそんなものだと思っていれば、無駄に傷つくことにはなりませんし(期待した相手が遊び目的だとガッカリしますよね)、数をこなさなければいけないことも理解できるはずです。

出会いとは千本ノックです。

疲れたときはおやすみしながら、未来の自分のために頑張ってくださいね。

Q2.セフレを探している男性を好きになってしまいました

ひと肌は恋しいけれど…(写真:iStock)
ひと肌は恋しいけれど… (写真:iStock)

 マッチングアプリであるひとりの男性と出会い、最初はカフェだけだったのですが、何度かLINEをし合っているうちに、実は「セフレが欲しい」ということが分かりました。

 私は5年前に離婚し、2年前にお付き合いしていた元彼と別れてからはずっとエッチしておらず、「したい」と思っていました。

 一度だけでいいから、と割り切っていたつもりだったけれど、彼の優しさや相性の良さ、趣味が合う、そして一緒にいると落ち着く……などなどを含めて気が付いたら好きになってました。同じ県内に住んではいますが頻繁に会えるわけではなく、月イチペースで会っています。

 実は今月から彼が大阪へ異動になり、3年は帰らないんじゃないかと言っています。好きな気持ちが芽生えたところに月イチで会えなくなる寂しさ。それでも告白したら今までの時間がなくなってしまいそうで……。

 自分が種を蒔いたのは重々分かっています。会った時に自分の気持ちを伝えていいのか。それとも、このままずっと気持ちを抑えるべきなのか、悩んでます。(未婚♀・はるはるる)

A2.告白する…フラれる覚悟で

メス力を養いましょう!(C)コクハク
メス力を養いましょう! (C)コクハク

はるはるるさん、はじめまして神崎メリです。

その気がない相手とでも、カラダの関係を重ね続けると本気になってしまうのが、厄介な女のサガですね。

貴女の心にはすっかり彼が住んでしまっていることでしょう。
月1回会えることを励みにして、日々の生活を頑張ってきたことでしょう。

きっとこれからは、逢いたいがゆえに旅費を自分で捻出し、大阪まで抱かれに行ってしまうことになるのではないでしょうか。

でも一度、冷静に考えてみてください。
自分の心に問いかけてみてください。
彼の「ど本命」になれることを夢見て何年も過ごし、
ある日突然「俺、結婚することになったんだ」と言われたりしたら……?

男性は本気であれば、必ず「付き合う」というアクションを起こします。
最大限努力し、毎週会える環境を整えます。

このように考え、相手とのやり取りを振り返ってみると、夢を見た時間の長さだけ傷つくことになるとは思いませんか?

私なら、思い切って真っ直ぐに告白をします。
フラれる覚悟で、です。

離婚経験者である貴女だからこそ、次こそは幸せになると心に決めて相手を選ばないといけないと思うのです。
彼のことが大切だと感じる気持ち以上に、自分の人生を大切に考えてください。
彼に思いを伝えて、自分の思いにケジメをつける。
そうして前を向いて欲しいのです。

相手から離れられるよりも、自分から離れることを選んだ方が傷は浅くてすみますからね。

多くの女性がうっかりカラダの関係になってしまったばかりに、恋心が芽生え、相手に溺れ、でもど本命にはしてもらえずに苦しんでいます。

そう、貴女だけではありません。
そうして皆、実らない恋に涙を飲んでサヨナラし、
悔しさをバネにして生きているのです。

どうか勇気を出して!
新しい人生へ進んでいきましょう!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 鬼嫁がつくる家庭ルールの中には、思わず夫に同情したくなるほど過酷なものも少なくありません。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-27 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼がいます。付き合う前や付き合い始めの頃はLINEを頻繁にしていました。必ずどちらかから〈おはよう〉...
神崎メリ 2020-01-26 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。私の相談室に来られる方の3大テーマは、「浮気された」「離婚を考えている」「彼...
山崎世美子 2020-01-25 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁には、夫に容赦なくダメ出しをするタイプも少なくありません。  魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とす...
並木まき 2020-01-25 06:00 ラブ
FILM
 世界情勢がきな臭くなってきた感じがいたしますが、身近な世界における不毛な戦いの一つが、男女の「おごりおごられ論争」。 ...
しめサバ子 2020-01-24 06:00 ラブ
FILM
 恋のライバルが出現した時、誰もが心穏やかではいられないはず。しかも相手が年下の女性だった場合、勝てる気がしないと感じる...
内藤みか 2020-01-24 08:38 ラブ
FILM
 なぜ男性は、彼女と毎日LINEするのを嫌がるのでしょう。LINEの頻度の認識の違いで、大きなケンカになってしまうカップ...
ミクニシオリ 2020-01-23 16:31 ラブ
FILM
「恋愛と仕事の両立ができない……」、そんな悩みを抱えていませんか?中には、「仕事ができなくなるから恋愛しない!」というキ...
孔井嘉乃 2020-01-25 07:57 ラブ
FILM
 ドM男性なんて本当にいるの?と思われがちですが、実はたくさんいます!でも、相手がSかMかなんて、一目見ただけで見抜くこ...
リタ・トーコ 2020-01-22 06:00 ラブ
FILM
「類は友を呼ぶ」とも言われるように、鬼嫁のまわりには鬼嫁が集まるケースも少なくないようです。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-21 06:00 ラブ
FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ