別れたくないけど別れた方がいいの?的な彼氏への対応策

神崎メリ 恋愛コラムニスト
更新日:2019-06-02 06:00
投稿日:2019-06-02 06:00
 電子書籍も含めて、発売たちまち6万部突破のベストセラー『魔法の「メス力」』の著者で恋愛コラムニストの神崎メリさんが、毎回、人にはなかなか相談できない恋愛のあれやこれやのお悩みに手厚く、そして、ズバッとお答えします!

Q1.遠距離2年目、復縁した彼との未来が描けません

(C)コクハク
(C)コクハク

 メリさんはじめまして、社会人3年目24歳のアイと申します。

「別れたくないけど別れた方がいいのか」と考えてしまう彼氏がいます。彼とは遠距離2年目に突入し、過去に一度、「未来が見えない」と振られた3日後に復縁したことがあります。

 その時の彼の主張は、

①私の家族仲がよく、自分のいる土地に来てほしいとはいえない

②もし仮に来てもらっても、私の転職先は現在の職場より悪条件になる

③私の人間性が弱い

 ①~③の理由を聞いて「未来は作るもの。私行くから!」と説得を試みたものの、「俺を目的に来られても困る。何か目標はないの?」と返されてしまいました。

 私はといえば……「ない」と答えました(汗)。彼は「じゃあ、なんとかするかー」と言ってはくれましたが、「一緒にいる人は尊敬できる人でお互いを高め合える人じゃないとな」とも。そして「あなたの尊敬できるところは優しいところ以外ない」と一刀両断されてしまいました。

 今でも復縁した時のやり取りを思い出してはこのまま付き合っててもいいのかな……と不安になってしまいます。でも、彼のこと、好きなんです!(24歳未婚♀・アイ)

A1.恋愛以外に何もないの? と思われたら、女は「負け」

リアルな本音は…(写真:iStock)
リアルな本音は… (写真:iStock)

アイさんはじめまして。神崎メリです。
今のアイさんと彼の関係を分析しましたので、お伝えしますね(辛口になります)。

★彼にとってアイさんはどの立ち位置にいる彼女なの?

まず男性は女性と出会った瞬間から、

「抱ける」
「抱けない」

と、ふるいにかけています。

そして、さらに「抱ける」の中からは、

「とりあえずの彼女(=セフレ)」
「本命」
「ど本命」

と、分別していきます。これは縦社会に生きる男性ならではの本能です。

彼の言動から察するにアイさんは「とりあえずの彼女」と「本命」の間くらいだと思います。

彼はアイさんのことが好きではあるけれど、

「結婚……うーん、他にもいい女がいるかも知れないしなぁ……」

これがおそらくリアルな本音ではないでしょうか。

このままの状態でムリヤリ彼のそばに移住したとしても、彼が「コレだ!」という女性を他に見つけてしまったら、貴女からカンタンに離れていくことでしょう。

では、どうしたらいいのか。

★尊敬される一面がなきゃ「ど本命」にはなれない!

「尊敬できる人がいい」

これってアイさんの彼に限った話ではなく、“全男性”の願いなんです。
男性から溺愛される「ど本命」になるためには、

「この子はそのへんの恋愛中毒の女の子とは違って、芯がある!」

そう一目置かれなくてはならないのです(それでいて、ちょっぴりHだと最高❤)。

アイさんはきっと優しくて思いやりがあるから、すべてを彼のペースや彼の思うように合わせてしまうのでしょう。

でもその姿は男性からしたら、自分を持ってない女性として映ってしまい、結果的に裏目に出ちゃってるんですよね。今のままだとどんな男性とお付き合いをしても同じことでつまずいてしまいます。

なので。

趣味や仕事といった恋愛以外で夢中になれることを本気で探してください。

貴女が恋愛以外のことに夢中になっていたら、男性は勝手に追ってきますよ。優しい女が芯の強さを身につけたとき、最強に輝きます!!

彼とのことはひとまず考えるのを止めて、自分が夢中になれるものを見つけてみてくださいね(今すぐには別れても別れなくてもどちらでもいいです)。

その先にほかに運命の彼氏が見つかるかもしれませんし(笑)。

Q2.50歳目前のバンドマンを本気で愛してしまいました

射止めたい!(写真:iStock)
射止めたい! (写真:iStock)

 仕事と趣味で忙しい50歳目前のバンドマンに片思いしています。

 彼も私に好意を持ってくれていてメールのやり取りはたまにしますが、その先に進むにはどうしたらいいでしょうか。私の想いは伝えてあります。彼はライブを見に行くと喜んでくれますが、ファンとして、ではなく、彼女になりたいです。

 この関係はかれこれ1年半続いていて、しかも遠距離。彼のことを本気で愛してしまって、毎日辛いです……(苦笑)。(44歳未婚♀・みう)

A2.ファンだと思われた時点で「恋愛対象外」

(C)コクハク
(C)コクハク

みうさんはじめまして。神崎メリです。
実は私の周りにも、あるアーティストの追っかけをしていた友人がいます。

その友人は小箱のイベントなどにせっせと通ってそのアーティストと顔見知りになり、「ファンなんです!!」とアピール。目が合えば、「よっ!」と声をかけてもらえるくらいの関係になりました。ですが、それ以降は一線を引かれて進展せず……。

イベントには同じように彼狙いの女の子たちがウヨウヨいたそうですが、彼はあくまで紳士にふるまい、皆をファン扱いしていたそうです。

そんなある日、イベントに見慣れない顔の女の子が来たのだそう。その場の流れで、友人と女の子、そしてアーティストの3人で会話をしたところ、

女の子は「え? お兄さん有名人なん? うちまったく知らなかった~」とケラケラ。緊張して萎縮している友人を尻目に自然体かつニコニコとおしゃべりを始めたそうです。

そのときのアーティストの瞳を見て、友人は「彼、この子に恋しそう! ヤバイ」と直感。

案の定、後日、そのアーティストの恋愛スクープが! 

週刊誌を開いて愕然……その女の子だったそうです(写真では“目隠し”が入っていても、知り合いにはバレるっちゅ~の)。

何が言いたいのかというと、男性は狩猟本能に従って生きているので、「ファンです!」「好きです」と女性からグイグイと来られてしまうと、恋心のスイッチは入りません!

自分から追いかける理由がないからです(たとえHしたとしても、有名人がそうそう本気にはならない理由はコレ)。

★最後に一回引いて見るべし

なので、もし私ならライブに行ってもあえて彼とは話さずに、他の人とニコニコしながら話をして帰ります。

(当てつけっぽいイチャイチャではなく、ニコニコ会話がポイント!)

それを何度か繰り返しているうちに、彼が「最近メリちゃん冷たいね~」なんて茶化してきたら、

「◯◯さん、まったく脈がないみたいなんで、諦めました(笑)。
でも、音楽は好きなので応援しますね~!」

とさわやかに笑って、お手洗いに行くフリをしてその場から去りましょう。

そこから万が一、彼が恋愛モードで追いかけてきても、焦らずに「少し考えさせてください」と様子をみます。追ってこなけば、本気で脈なしと判断して諦めます(笑)。

みうさんは今まで押してきた状況です。

一度引いて反応を観察してみましょう! 
くれぐれも舞い上がったふるまいは厳禁ですよ!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-27 06:00 ラブ
FILM
 意中の彼とLINEを交換したところまでは良かったのに、LINEをするたびに距離ができて自然消滅してしまった……なんてこ...
恋バナ調査隊 2020-10-27 06:00 ラブ
FILM
 将来的に結婚を考えている男性は、少し余裕のある女性を好む傾向があります。それまでの恋愛は同年代のワガママに付き合ってい...
若林杏樹 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 身長の低い女性は、基本的にはモテると言われます。小さくて可愛らしい動きにキュンキュンする男性も多く、実際にそれを自覚し...
恋バナ調査隊 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 恋愛中、片思いの彼に振り向いて欲しいからとLINEで駆け引きをする人って多いですよね。あえて未読スルーで焦らせてみたり...
恋バナ調査隊 2020-10-25 06:02 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。現在のシングルマザーの平均年齢は33歳、再婚率は26%と言われています。離婚...
山崎世美子 2020-10-24 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-24 07:48 ラブ
FILM
「冷酷と激情のあいだvol.18〜女性編〜」では、ダブル不倫の相手と再婚をしたくて夫に離婚を切り出した女性・Wさんの心情...
並木まき 2020-10-24 07:49 ラブ
FILM
 離婚後、新しい恋愛のチャンスがやってきた!?……と思ったのも束の間、元夫の方が自分に合ってたのかもしれないなぁ。そんな...
七味さや 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 あなたは恋人と別れ話をする時に、LINEや電話で話す派ですか? それとも会って話す派ですか?「重要な話ほど、きちんと話...
ミクニシオリ 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 今、かつてないほどの出張ホスト人気が起きています。コロナ禍で夜の街に行きづらくなった女性たちが、マンツーマンで相手をし...
内藤みか 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 好きな人とデートに行った後、「楽しかったね!」とLINEしたのに既読スルーされた……なんて経験はありませんか? 多くの...
恋バナ調査隊 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 則夫の内縁の妻の連れ子が不憫で、養護施設に寄付をしたいと加奈子さんが言ったとき、則夫は最初、そのお金は預かれない、そこ...
神田つばき 2020-10-21 06:00 ラブ
FILM
 失恋した時や彼氏がいない時、「そうだ! 何か習い事をして自分磨きをしよう」という思考になることがあります。それはとても...
田中絵音 2020-10-20 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-21 23:04 ラブ
FILM
 世間では草食男子の増殖に比例するように、グイグイ攻めることができる肉食女子も増えておりますね。自分から攻めずとも女性か...
若林杏樹 2020-10-19 06:50 ラブ