性交時のアソコのひきつれは膣の乾きが原因?【専門家監修】

コクハク編集部
更新日:2023-04-13 06:00
投稿日:2023-04-13 06:00
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、ちょっとした有名人。でもって、タヌキか妖怪の噂も囁かれるなか、健康に関する知識はズバ抜けている――。
 そんなえりのボスのもとにはウワサを聞きつけ、今日も悩みを抱えた女性が、ふらりと立ち寄ったようですよ。

納豆や冷や奴もれっきとした料理です(漫画:腹肉ツヤ子)
納豆や冷や奴もれっきとした料理です (漫画:腹肉ツヤ子)

1. 膣がひきつれる…この不快感なんとかしたい!

 今日のご相談者は、まどかさん(38歳女性・仮名)です。

「最近、アソコに痛みを感じてつらいんです」

 ちょっとお疲れ気味なまどかさん。顔色が悪く、あまり元気がないように感じられます。

「うんうん。どんな風に?」

 えりのボスが想像していたよりも柔らかい口調だったので、まどかさんは少しほっとして話はじめました。

「うーん……ひっぱられる? いや、ひきつれるような感じです。自転車をこぐときや、トイレットペーパーで拭いたあとにも違和感があります」

 えりのボスがじっと見るので、まどかさんは思わず目をそらしてしまいました。

 なにかを見透かしたような、そんな目です。

「……あとは主人との性交渉のときがとくにです」

 まどかさんは、ふうっとため息をつきました。

「昔はこんなことなかったのに」

「なるほど。それだと、ご主人との関係もうまくいかなくなっちゃうわね」

 まどかさんはハッと顔を上げました。

 どうやら図星のようです。これは放ってはおけません!

2. 膣のひきつれはエストロゲンの減少が原因かも

膣の違和感は改善できる?(写真:iStock)
膣の違和感は改善できる? (写真:iStock)

ひきつったような違和感は、膣のうるおい不足に関係してそうね」

「うるおい? 膣のですか?」

「ええ。肌や目、口が乾燥するでしょう。それと一緒で、膣も乾燥するのよ」

「でも若い頃はこんなことありませんでした」

「膣の乾燥にはさまざまな原因があるけど、まどかさんの場合は更年期が関係してそうね。正確には、更年期によるエストロゲンの減少よ」

「エストロゲン、聞いたことあります」

女性ホルモンのことね」

 卵巣から出るエストロゲンというホルモンには、膣の粘膜を厚くして強化したり、膣内を強い酸性に保ったり、うるおいを与えたりする役割があります。

 そのためエストロゲンが減少すると、粘膜のみずみずしさが失われ、膣周りが乾燥しやすくなるのです。

「更年期症状って、頭痛や肩こり、めまい、イライラ……そんなイメージでした」

「とくに膣の乾燥は、萎縮性膣炎という病気なこともあるから放置してはいけないのよ」

 萎縮性膣炎は、更年期以降の女性の膣トラブルに多くみられる疾患です。

 エストロゲンが減少すると、乾燥するだけでなく、膣粘膜上皮の細胞が萎縮したり、膣を守っている常在菌が減少したりします。その結果、自浄作用が弱まり、膣内に細菌が繁殖しやすくなるのです。

 症状は、腟周りの乾燥感、かゆみ、違和感、痛み、きついニオイや出血などさまざまです。

「でも、更年期なら防ぎようもないですね」

 まどかさんは2回目のため息をつきました。

「あら、自分できちんとケアすれば、症状の発症や悪化を防ぐことができる場合もあるのよ」

 えりのボスはにっこり笑いました。

「え! 自分で? 教えてください!」

「もちろんよ。準備はできてるかしら」

 まどかさんがバタバタとメモ帳を取り出すのを待って、ゆっくりとえりのボスの講義がはじまりました。

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

ビューティー 新着一覧


生理じゃないのに乳房痛い…乳がんの可能性は?【専門家監修】原因と対処
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
肉と納豆とキムチ常備! 空腹よりめんどいが勝つズボラダイエットの極意
「毎日の運動もストレッチもめんどくさい! ズボラでダイエットが続かない」と悩んでいる女性、必見! 今回は、ズボラさんだか...
40女、深いほうれい線とおさらば希望! 東大卒含む美容医療3軒はしご
 加齢が気になる40代、ほうれい線を改善するために美容クリニックの門を叩きました。人生初の美容医療、ヒアルロン酸を注入す...
中国発の大バズり「メイラードメイク」を徹底攻略、誰でも10分で完成!
「メイラードメイク」をご存知ですか?  食べ物に含まれる糖とタンパク質が加熱されることで褐色に色づく“メイラード反応”...
40代女性の「おじさん化」を食い止めたい! 今すぐ見直したい5つの習慣
 せっかく女性に生まれたのだから、「いつまでも女性らしくありたい」と思っている女性は多いもの。その一方で、「40代になっ...
令和ロマンが美容男子枠に殴り込み!VOCE付録よりお笑いを取った結果…
 VOCE5月号は『通常版と増刊版とSpecial Edition版』の3種類がありました。  本屋に行く前までは...
完全再現5選!わざわざ「デカ顔」に見せるメイクをしていませんか
 少しでも顔を小さく見せようと、メイクを工夫している人も多いのでは? ですが、せっかく小顔に見せようと頑張ったの...
美容師さんの失礼すぎる言動4選と対処法 もう二度と行かないからー涙
 素敵な髪型にしてもらいたくて、ウキウキした気持ちで行く美容院で美容師に失礼な言動をされたら気分も台無しですよね。  ...
夜のベッドで足がつる!【専門家監修】改善→安眠するにはどうする?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
KEYUCAのバズった「ストッキング靴下」パンプス履いたら何これー!
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。 「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」 「買ってみた...
40代赤ちゃん肌は無謀?いいえ、ベイビーフェイステクとアイテムで叶う
 赤ちゃんのようにみんなから愛されるベイビーフェイスになりたい人は多いですよね!  実は少しのメイクテクニックで、...
痩せ希望!「L-カルニチン」って何?【専門家監修】脂肪燃焼効果を解説
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
アラフォーは美脚の前に「美足」を目指す!<後>靴選びのテッパン3カ条
 春めいてきた今日この頃。厚手の靴下や80デニール以上のタイツを履き、足元の防寒対策に気が抜けない季節とは、ようやくおさ...
アラフォーは美脚の前に「美足」を目指す!<前>美足とは? 歩き方3カ条
 春めいてきた今日この頃。厚手の靴下や80デニール以上のタイツを履き、足元の防寒対策に気が抜けない季節とは、ようやくおさ...
値段それなりでは不満!辛口アラフォー“美人見え”最旬プチプラコスメ3選
 プチプラコスメの実力がぐんぐんと上がっている昨今は、そこまで期待せずに買ってみたコスメが、想像以上に良かった…! とい...
排尿痛さようなら!【専門家監修】トイレでつらい原因&病院いつ行く?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...