一生役立つ!「赤ワインの品種はたった4種」覚えればいい

市野瀬瞳 フリーアナウンサー
更新日:2023-03-22 06:00
投稿日:2023-03-22 06:00

「赤ならまかせて」と言えるようになる!?

普遍的においしい4品種(写真:市野瀬瞳)
普遍的においしい4品種 (写真:市野瀬瞳)

 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。前回「白ワインの基本4品種」をご紹介しましたが、今回は赤ワインバージョン!

 ワインを楽しむ席では、泡や白ワインから始まり、その後は必ずと言っていいほど赤ワインの流れになりますよね♪

 そんなとき「赤、何にする? お好みの品種は?」とか「赤ワイン、おまかせするから決めて!」な~んて振られてもあたふたしないように(コレ昔の私の姿・笑)、お店で買う、お店で飲む、おうちで飲む際に「絶対に役立つ王道の赤品種4種」をご紹介します!

絶対に役立つ!王道の赤品種4種

ピノ・ノワールは焼き鳥(塩・タレともに)と相性抜群!(写真:iStock)
ピノ・ノワールは焼き鳥(塩・タレともに)と相性抜群! (写真:iStock)

1. カベルネ・ソーヴィニヨン

 世界で最も人気のある「カベルネ・ソーヴィニヨン」(以下CS)。フランスのボルドー地方が原産の黒ブドウで、栽培面積も広いだけに世界中いたるところで栽培されています。

 ワインは色が濃く、ブラックベリーやカシス、ミントやスパイス香などの豊かなアロマで、タンニン強めの凝縮感ある味わい。木樽で熟成させたものはバニラやコーヒーのニュアンスも加わり、「品もありつつ力強い」風味です(こんな女性になりたい!笑)。

 飲みごたえのあるワインですので、やっぱりステーキなどしっかりめのお肉料理に合わせたいですね♪

2. ピノ・ノワール

 CSと並ぶ「二大高貴黒ブドウ」のひとつが、フランス・ブルゴーニュ地方原産の「ピノ・ノワール」「しなやかで官能的なワイン」と言われたりもします♡(私も言われてみたい…笑)

 色調は明るめのチェリーレッド。赤いベリー系果物やチェリーなどの果実香に加え、紅茶やバラの花といった華やかな香りを放ちます。

 渋みは穏やかで酸味が強いのが特徴で、フランスやドイツで造られるものは繊細でエレガントな味わい。ニューワールドといわれる、欧州圏と比べるとワイン造りの歴史が浅いニュージーランドやアメリカ、オーストラリアは完熟した果実の甘さが前面に出たジューシーなスタイルに。“新旧”ともに鶏肉料理とのペアリングがオススメです。

 ちなみに、フランスのシャンパーニュ地方で造られる最高級スパークリングワイン「シャンパン」の主要品種でもありますよ♪

3. メルロ

洋食屋さんでマスカット・ベーリーAを見つけたらぜひ(写真:iStock)
洋食屋さんでマスカット・ベーリーAを見つけたらぜひ (写真:iStock)

 そしてCSと同じくボルドー原産で世界中で栽培されている品種が「メルロ」。ボルドー地方でおなじみの品種といえば、CSと思いがちですが、メルロの栽培面積はその2倍以上! 多産で病気に強く、滑らかで包み込むような果実味が人気の秘訣です。

 色調は凝縮感ある黒みがかったダークチェリーレッド。甘美で肉厚な果実を思わせる香りで、酸味は低く、柔らかな心地よいタンニン。豊満・濃厚でまろやかな味わいが特徴です。デミグラスソースたっぷりのハンバーグのほか、赤味噌や甘辛いソースを使ったお料理にも最強に合います!

4. マスカット・ベーリーA

 やっぱり日本固有種もご紹介したい! 新潟原産の「マスカット・ベーリーA」。国内の赤ワイン用ブドウ品種の中で生産量が最も多く、その約半分が山梨県です。

 外観は明るく輝くチェリーレッドで、イチゴキャンディーや綿菓子を思わせる可愛らしい甘~い香りが広がります。味わいはフレッシュな赤い果実味でタンニンは穏やか、軽やかでフルーティーなやさしい口当たりです。

 この品種特有のイチゴ香の成分(フラネオール)はトマトにも含まれているので、トマトを使ったお料理はもちろん、オムライスなどケチャップを使用した家庭料理にもペアリングとしてよく合います♪

CS100%の「コレぞカベソー!」な神旨ワイン

赤身のステーキが食べたくなる(笑)/(写真:市野瀬瞳)
赤身のステーキが食べたくなる(笑) /(写真:市野瀬瞳)

 ……と、基本品種をざっくり頭に入れて飲みたくなったところで(笑)、本日オススメの1本は、伝統国フランスのCSを100%使用した「コレぞカベソー!」的な味わいの『La Gauphioe Cabernet Sauvignon(ラ・ゴフィーヌ・カベルネ・ソーヴィニヨン)』(税込み1529円)。成城石井で購入しました。

 濃縮感あるダークチェリーレッド色から放たれるカシスやバニラの香り。CSならではの濃厚な果実感とスパイシーなニュアンス。口の中全体にワインを行き渡らせて飲み込んだ後、その余韻に赤身肉を入れたくなります。ビターチョコなんかも良いですね♪

ウンチクは語らず、ワインがちょこっとわかるかわいいワインラバーに♡(写真:市野瀬瞳)
ウンチクは語らず、ワインがちょこっとわかるかわいいワインラバーに♡ (写真:市野瀬瞳)

「とりあえず!」の上記品種と味わいを頭の隅に入れておけば、飲み会の席で恥をかくことはございません(笑)! そしてアナタもかわいいワインラバーの仲間入り♪ 赤ワイン片手に豊かなワイン生活を……♡

 ※本文内のワイン価格等は著者購入時のデータとなります。

市野瀬瞳
記事一覧
フリーアナウンサー
1984年12月25日新潟県生まれ。横浜国立大学在学中、女子大生リポーターとしてテレビデビュー。大学卒業後、NST新潟総合テレビの局アナになり、2012年に中京テレビに移籍。2020年にフリーアナウンサーになる。ラジオのレギュラー出演をはじめ、2021年には日本テレビ「踊る!さんま御殿!」に出演し話題となった。

2021年10月にJ.S.A.認定ワインエキスパートの資格を取得。2022年7月にはワイン国際資格であるWSET(Wine & Spirit Education Trust)Level 3に合格。2021年11月、日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会認定の「唎酒師」、2022年10月、ドイツワインケナー、日本酒と焼酎の知識に特化した「J.S.A.認定SAKE DIPLOMA」、2023年1月に「NAPA VALLEY WINE EXPERT」、2023年2月「J.S.A.ワイン検定認定講師」、2023年4月「日本ワインアドバイザー」を取得。

現在、東海ラジオ「Saturday Flavor」、MBSラジオ「クリス松村のザ・ヒットスタジオ」のレギュラー、テレビCM「みどり法務事務所」に出演中。

XInstagramYouTubeオフィシャルブログ事務所HP

関連キーワード

フード 新着一覧


ファミマのPBと「神の雫」が合体!“名ばかりワイン”か否か購入ルポ
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-04-10 06:00 フード
スープも絶品「3種の貝のビール蒸し」いろんな銘柄でお試しあれ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・茅場町の「ギョバー茅場町店」の菊地博さんと...
「パルミジャーノサブレ」おなじみの粉チーズが簡単おしゃれに変身!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は京都・梅小路京都西の「西洋茶屋 山本」の山本智弘...
「紫キャベツのアチャール」はスピードが命!クミンシードで酒が進む
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・茅場町の「ギョバー茅場町店」の菊地博さんと...
“パン賢者”木南晴夏さんイチ押しの「キャロットケーキ」にありつけた!
 パン好きな女優といえば、木南晴夏さん。木南さんイチ押しの“神奈川NO.1店のキャロットケーキ”にありつく日を虎視眈々と...
“おいしくない”ペットボトルワインが進化していた!アレンジもご紹介♡
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-03-27 06:00 フード
山形県民の常備ソウルフード「味染み玉こんにゃく」はあたりめがマスト!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・下北沢の「大衆酒場 こみじ」の天津真弓さん...
これぞ正真正銘のジンジャーライス! ショウガ好きも満足させる唯一のコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・芝大門の「都映」の水谷大輔さんに、This...
ベトナムの定番「茹でキャベツ×茹で卵のヌックマムだれ添え」はヘビロテ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・浅草の「ベトナム料理★ビストロ オーセンテ...
KALDIのいちごスイーツALL500円以下!春満喫、レジ前まで気が抜けん
 まだまだ寒い日もありますが、ふいに花の香りが漂ったり、日の長さにハッとしたりと、着々と春が近づいてきているのを実感しま...
春満喫!KALDIで発見♡“お花見”ロゼワイン、1000円以下のお手頃価格
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-03-18 18:14 フード
安いお肉が…!「鶏むね肉の酒蒸し」ぱさぱさ回避、しっとりのコツは余熱
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・下北沢の「大衆酒場 こみじ」の天津真弓さん...
「ファミマのPB赤」が高級すぎる、ローソンの爆バズりワインより凄い!
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-02-28 06:00 フード
うま味爆弾!のりの佃煮バターパスタ。ズボラ飯こそ最強!!
「爆速レシピクリエイター」およねさんが考案する《最小限の工程で》《最低限の洗い物で》作れる、まんぷく連載「およねの爆速!...
およね 2024-02-26 06:00 フード
山形のソウルフード「どんどん焼き」家呑みはせめてお祭り気分で!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・下北沢の「大衆酒場 こみじ」の天津真弓さん...
時短&コク増し♡「手羽先のコーラ煮」は忙しい日の救世主
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・富士見ヶ丘の「HONGKONG DININ...