20代の小娘が失礼を承知で…「アラフォーアイメイク」3つの残念すぎる

時短美容協会 一般社団法人
更新日:2023-04-26 06:00
投稿日:2023-04-26 06:00
(C)コクハク
(C)コクハク

 街を歩いていると、まだまだマスクをつけている人が多いですよね。マスクをつけていると、どうしても人の視線は目元に集中しがちに。だからこそ、まだまだアイメイクの仕上がりが侮れません。

 電車の中などは人と人との距離も近く、ほぼ移動せずにじっとしているので、近くにいる人がどんなメイクをしているかが丸わかりなんですよね〜。

 時短美容協会の美容ライターである20代の筆者が、実際に見かけたアラフォー女性の残念なアイメイクを再現していきます。

 残念メイクから脱却するポイントについてご紹介するので、ぜひ最後までお付き合いくださいね!

残念1:二重幅にべったりアイシャドウ

ブラウンお化けかな?(C)コクハク
ブラウンお化けかな? (C)コクハク

 二重幅いっぱいに、濃いブラウンのアイシャドウを塗りつぶしていませんか? 筆者が見かけたアラフォー女性は、ブラウンのペンキをベタ塗りしたかのような目元になっていて、まるでブラウンお化けのような様相に……。

MAC「スモールアイシャドウ×15 インザフレッシュ」13200円(税込・以下同)(C)コクハク
MAC「スモールアイシャドウ×15 インザフレッシュ」13200円(税込・以下同) (C)コクハク

 このパターンは、アイシャドウパレットに入っている薄い色はアイホール全体に塗って、そのあとに濃い色はとりあえず二重幅にのせちゃえ! というアイメイクを普段からしているアラフォーは注意が必要です。

 チップを使って濃い色のアイシャドウをのせてしまうと、濃淡を調整できません。目元が強調されすぎて、少し怖いイメージになってしまうのと、二重幅に濃い色をのせることで二重幅がつぶれて見えてしまうんですよね……。

解決策はこちら!

濃淡を意識して(C)コクハク
濃淡を意識して (C)コクハク

 残念なべったりアイシャドウから脱却するには、濃淡を意識することがポイントです。

 二重幅にアイシャドウを塗るときは、指で塗ってぼかしながら濃淡をつけてグラデーションを作っていくと、抜け感がでて今風の引き算アイメイクになりますよ。

時短美容協会
記事一覧
一般社団法人
「時短美容」を単なる「省略美容」「ながら美容」ではないものと定義し、多忙な現代女性が「美容の時間を効率的に確保するため」に欠かせない正しい美容知識の普及に努めるとともに、美容にまつわる正確な時短知識を有する「時短美容家」「時短美容協会認定美容家」ならびに、薬機法(旧薬事法)を遵守する「美容ライター」の育成および普及活動を行っています。
WEB:https://fastbeauty.biz

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


20代男性が“僭越ながら”大告白!アラフォー女性の3大「痛いメイク」
 メイクや髪型の変化にネイルなど、細かい部分は見ていないようで意外とチェックしているという男性たち。アラフォー女性に対し...
40代女性が嬉しかった褒め言葉 やっぱり「肌が綺麗」に勝るものなし?
 褒め上手な人は、人間関係もうまくいっている人が多いですよね。特に40代は子育てや仕事に忙しく、人と接する機会が増える世...
「運動したくないけど痩せたい!」は可能です。夢のようなダイエット術5選
 ダイエットといえば、「運動は不可欠」だと考えている人はたくさんいるはず。でも、中には運動が大の苦手という人もいますよね...
生理中、タンポンの経血モレは膣のゆるみを疑え?セルフチェック&膣トレ
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
入学式のママコーデ失敗談5つ 黒スーツ×黒ストッキングでまさかの赤っ恥
 今年も、たくさんの子供たちが入学式で新たな門出を迎えました。でも、華やかでおめでたい舞台の裏では、ママたちがどんな入学...
40女、ヒアルロン酸で若返る?12万円をほうれい線治療にブッ込んだら…
 40代の深いほうれい線を改善するために、美容クリニックを受診。カウンセリングで勧められたのは「ヒアルロン酸注入」でした...
その失敗、バレてます! 残念アイメイク&即席お直し術3選
 目元を彩るはずのアイメイクが、たまに「おや?」と思ってしまうような失敗メイクをしている方も…。 「このくらいなら...
生理じゃないのに乳房痛い…乳がんの可能性は?【専門家監修】原因と対処
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
肉と納豆とキムチ常備! 空腹よりめんどいが勝つズボラダイエットの極意
「毎日の運動もストレッチもめんどくさい! ズボラでダイエットが続かない」と悩んでいる女性、必見! 今回は、ズボラさんだか...
40女、深いほうれい線とおさらば希望! 東大卒含む美容医療3軒はしご
 加齢が気になる40代、ほうれい線を改善するために美容クリニックの門を叩きました。人生初の美容医療、ヒアルロン酸を注入す...
中国発の大バズり「メイラードメイク」を徹底攻略、誰でも10分で完成!
「メイラードメイク」をご存知ですか?  食べ物に含まれる糖とタンパク質が加熱されることで褐色に色づく“メイラード反応”...
40代女性の「おじさん化」を食い止めたい! 今すぐ見直したい5つの習慣
 せっかく女性に生まれたのだから、「いつまでも女性らしくありたい」と思っている女性は多いもの。その一方で、「40代になっ...
令和ロマンが美容男子枠に殴り込み!VOCE付録よりお笑いを取った結果…
 VOCE5月号は『通常版と増刊版とSpecial Edition版』の3種類がありました。  本屋に行く前までは...
完全再現5選!わざわざ「デカ顔」に見せるメイクをしていませんか
 少しでも顔を小さく見せようと、メイクを工夫している人も多いのでは? ですが、せっかく小顔に見せようと頑張ったの...
美容師さんの失礼すぎる言動4選と対処法 もう二度と行かないからー涙
 素敵な髪型にしてもらいたくて、ウキウキした気持ちで行く美容院で美容師に失礼な言動をされたら気分も台無しですよね。  ...
夜のベッドで足がつる!【専門家監修】改善→安眠するにはどうする?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...