「生ごみの悩み」を解消する2つの便利グッズ 2023.4.25(火)

コクハク編集部
更新日:2023-04-25 06:00
投稿日:2023-04-25 06:00
 調理中に出る生ごみ、どうしていますか? 昔ながらの三角コーナーを使っている人もいれば、最近は水切りができる紙袋などの便利グッズも色々ありますよね。筆者は試行錯誤の末、自分なりに「キッチンでの生ごみの一時置き」の最適解を見つけた気がするのでご紹介します。

蓋付きのゴミ箱を探していた

奥は以前使っていたもの、手前が蓋付きゴミ箱(C)コクハク
奥は以前使っていたもの、手前が蓋付きゴミ箱 (C)コクハク

 これまで我が家では、数年前に購入したtowerの「ポリ袋エコホルダー」という卓上ゴミ箱を使っていました。

 ポリ袋を四隅に掛けて使うタイプで、ガバッっと袋の口を大きく広げてポンポンと放り込めるのが便利なんですが、袋が開けっ放しなので、ちょっとキッチンを離れる際にいちいち袋の口を縛るのが少し面倒に感じていました。

 折りたためるし、ペットボトルなど干すのにも使えるので、現在はサブ的に使っています。

 それで、「蓋付きでシンプルな見た目のおしゃれなゴミ箱があったらな~」と思っていたところ発見したのが、同じくtowerの「蓋付きポリ袋エコホルダー蓋付きポリ袋エコホルダー」(1870円・税込み/以下同)という卓上の小さなゴミ箱です。これが我が家にはぴったりだったんです!

さすがtower! シンプルなデザインで使い勝手も抜群

シンプルなデザインでお手入れしやすい(C)コクハク
シンプルなデザインでお手入れしやすい (C)コクハク

 本体の素材はスチールでしっかり安定感があり、蓋はABS樹脂でできています。使い方は簡単で本体にポリ袋をかぶせるだけ。

 箱状になっているわけではないので、ポリ袋がパンパンになるまでゴミを入れても大丈夫。手前が空いているので、取り出すのもスムーズです。

 色はホワイトとブラックがありました。うちのキッチンのワークトップが白なので「ホワイト」をチョイス。高さは16.5センチ、開口部は12×13.5センチで切った野菜の残りをポイポイ入れるのにちょうどいいサイズです。

 上からゴミが見えないので、キッチンが少しスッキリして見えます。

小さめのニンジンと並べるとこんな感じ(C)コクハク
小さめのニンジンと並べるとこんな感じ (C)コクハク

 そして、筆者が熱望していた「蓋」ですが……。

 先にお伝えしておくと、密封性はないため匂いなどが全く漏れない、というわけではありません。ですが、調理中にちょっとだけキッチンを離れたりする時に、さっと蓋ができるのは本当に便利!

 我が家の使い方は、朝にポリ袋をセットして、朝食や昼食(夫は会社、子どもたちは保育園にいるため昼食は私ひとり分)、そして夕食の野菜クズや食べ残しを捨て、お皿を洗い終えた後にポリ袋の口を閉め、オムツ用の密閉性の高いゴミ箱に捨てています。

 今のところ不便はありませんが、気温が高くなったら、もう少しこまめに袋を入れ替えた方がいいかも? と思っています。

生ごみ、おむつに対応…「臭わない袋」がすごい!

色やサイズは色々あるけれど、袋の素材はすべて同じだとか(C)コクハク
色やサイズは色々あるけれど、袋の素材はすべて同じだとか (C)コクハク

 そして、この蓋付きのゴミ箱を使うなら一緒に買ってもらいたいのが、BOSの「生ゴミが臭わない袋」です。名前の通り、防臭効果のある高機能素材で作られたポリ袋なんですが、これが本当に臭わない!

 もともとは医療向けの開発で生まれた素材で、オムツや生ごみ以外にもペット用や大きなゴミ袋など、様々なサイズや色の商品が展開されています。

Sサイズは20×30センチ。towerのゴミ箱にセットするとちょっとキツイので、次回はもうひとつ大きいサイズを買おうと思っています(C)コクハク
Sサイズは20×30センチ。towerのゴミ箱にセットするとちょっとキツイので、次回はもうひとつ大きいサイズを買おうと思っています (C)コクハク

 筆者がこの防臭袋を知ったのは出産してからのこと。オムツを捨てるゴミ箱をまだ購入していなかったため、しばらくの間は西松屋のオムツのコーナーで見つけた「おむつが臭わない袋」に毎回入れて普通の紙袋にためていたんですが、数日、置いても不思議と臭わない……。え、なんで?

 一瞬、「これがあればオムツのゴミ箱いらないんじゃ?」と思ったくらいです(笑)。

 Sサイズが100枚入りで972円と通常のポリ袋より値は張りますが、これで家事のストレスがひとつ解消されると思えば、検討する価値アリではないでしょうか?

小さな悩みが解消されるだけで…

生ごみのストレスが減りました(C)コクハク
生ごみのストレスが減りました (C)コクハク

 キッチンの生ごみの取り扱い……。人によっては取るに足らない小さな話かもしれませんが、毎日となるとストレスが溜まりますよね。

 家事に終わりはないので、自分を助けるためにもチョコチョコと新しいアイテムを取り入れて、アップデートしていきたいものです。

 現在の我が家は、towerのゴミ箱×BOSの防臭袋の組み合わせでおおむね満足していますが、また他の良い方法を見つけたら、ここでご紹介させていただきますね~!

(編集M)

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


黄・紫・桜♪
 春の三原色を見つました。
陽だまりでゴロゴロ♡ お日様パワーを吸収する“たまたま”君
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
ほっこり癒し漫画/第71回「はふはふぴたっ」
【連載第71回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
美人局の語源に「筒」と「陰茎」
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
結婚式前夜、娘の門出を祝う「親として最後の教え」の内容に涙腺崩壊!
 入学や卒業、就職による1人暮らしなど、門出は1つの節目。嬉しい反面、どこか寂しさや不安を感じる瞬間でもありますよね。 ...
占い好きな成功者と占い好きな非成功者の違い…占いライターで一攫千金も
 コミックや書籍など数々の表紙デザインを手がけてきた元・装丁デザイナーの山口明さん(63)。多忙な現役時代を経て、56歳...
豊洲の人生勝ち組妻でも幸せじゃない?彼女が裕福と引き換えに諦めた事
 独身時代は都心に暮らしていたが、結婚を機に武蔵境に暮らし始めた千佳。しかし、郊外のこの地を愛せない。そんな時、中学の同...
「夫の駐在時にね…」なぜあのコが?田舎の同級生“玉の輿婚”に心ざわつく
 独身時代は都心に暮らし、華やかな生活をしていた千佳。しかし、結婚を機に都内から離れ、武蔵境に住み始めた。しかし、妥協し...
メガバン妻が悟ったリーマンの限界値 吉祥寺より2駅下った中古マンション
 武蔵野の自然を携えそびえる瀟洒な白亜の建物は、まるでこの場所がヨーロッパの一都市であるかのような錯覚を与えてくれる。 ...
帰ったらお風呂に…夫「沸いてるよ!子供が入ってる」危機管理能力ゼロや
 子育て中のママにとって、子供の命と健康を守るのは一番大切な使命。だからこそ、危機管理能力は嫌でも高くなります。 ...
号泣しながら「愛の讃歌」を熱唱 なぜ人はスナックでダサい姿を晒すのか
 私はこれまで多くの夜の世界を見てきましたが、スナックは本当に不思議な場所です。  完全無欠のモテ人間ほど、なぜか...
大人は「さようなら」とハッキリ言わないけど…
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
春の行楽、御朱印集めはスタンプラリーと何が違う? 作法やタブーとは
 山形県東部にある山寺(山形市)で自らの行いについて考える出来事がありました。我よ、御朱印集めがスタンプラリーと化してい...
この勇姿もあとわずか…去勢手術予定“たまたま”を記念撮影!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「クリスマスローズ」で究極のほっぽらかし園芸!怠け者でも花いっぱい♡
 猫店長「さぶ」率いる我が花屋のある神奈川は地球温暖化の影響もあり、ここ近年の特徴は卒業式に桜咲くでしたが、今年は入学式...
人は「趣味が合わない相手」と恋に落ちることがある
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...