恋愛リアリティー番組 ここに注目すれば“恋愛上手”になれる

内藤みか 作家
更新日:2019-06-24 06:00
投稿日:2019-06-24 06:00
 恋愛リアリティーや恋愛バラエティーなどと言われるコンテンツが人気です。一緒に行動するうちに自然と恋愛感情が芽生える様子を、視聴者はあれこれツッコミを入れたくなりながら観察するというもの。実はこれらの番組、実は恋愛上手になれるヒントが満載なのです!

恋愛リアリティーはなぜ人気?

 恋愛リアリティー番組は民放の「あいのり」や「テラスハウス」、それにネット放送の「バチェラー」「今日、好きになりました。」などが有名です。最近はamazonの有料チャンネルで海外の恋愛リアリティー番組が配信されるようになるなど、まだまだ広がりを見せそうです。

 こうした番組はなぜ人気なのでしょう。台本がないリアルな展開がスリリングだからかもしれません。登場人物も多いので、あの彼はどの女性を選ぶの? この2人は結ばれるの? などとあちこちに気になる伏線が次々と仕込まれるので、目が離せないのです。普通の恋愛ドラマに飽きてきた層が、本音むき出しの生々しい番組を求めているのかもしれません。

相手に近づくタイミングを学ぶ

 せっかくの恋愛ショーなので、ただ見ているだけではなく、せっかくなら、出演者のふるまいを見て恋愛テクを学び取りましょう。番組のなかにはいくつもの注目ポイントがあります。そのひとつが「相手に近づくタイミング」。これが実はかなり大事なのです。彼が他の女性と楽しそうに盛り上がっている時に近づいてしまったら、お邪魔虫のように思われてしまいかねません。

 タイミングをしっかり見ている女性は、ほんのわずかな彼の隙を見逃しません。ドリンクが空になった瞬間に「おかわりいりますか?」と声をかけてみたり、女性に絡まれて困っている時に、さりげなく助けに入ったりなど、彼が「来てくれてありがとう!」と思わず言いたくなってしまうナイスタイミングで突撃しています。これをするためには、ずっと彼を見つめている必要があるので、実践できているのはかなり根性がある女性かもしれません。

脱落理由を分析してみる

 恋愛リアリティー番組のなかには、チェックポイントごとに誰かが脱落していく仕掛けが用意されているものがありますが、これも見逃せない大事なシーン。彼はどうしてあの女性を選ばなかったの? と不思議に感じる選択をする男性がいたら、それこそが男心と女心のズレかもしれません。しっかり分析し、男性の行動の裏に潜む本音を探るといろいろなことが見えてくるはずです。

 たとえば、美人タイプの女性は、中盤までは当然のように勝ち残ります。しかし中盤以降は苦しい戦いとなっていき、なかなかゴールインまではたどり着けません。恋愛や結婚というものは、毎日のようにお互いにやり取りをする関係になるので、やはり必要なのは日々の疲れが薄れていく癒しパワー。それが足りない女性は、男性の本命になりづらいのです。

最後の1人に選ばれるポイントとは?

 では、大勢のライバルの中を勝ち抜き、見事彼のハートを射止める女性のポイントとは、どういうものなのでしょうか。それは、意外かもしれませんが、自分から男性にボディータッチをしない女性が多いのです。じっと彼を見つめ、彼が思わず彼女に触れたくなるようなムード作りの達人が勝者になっているのです。男性は相手にアプローチされてお付き合いするよりも、「自分で落とした」という感覚を優先したいのかもしれません。

 あまりおしゃべりなタイプではないことも特徴のひとつかです。自分ばかり話し続けてアピールするよりは、彼の話にうなずき続ける聞き上手テクを持っています。なので癒しパワーもたっぷり持っているのです。毎日の暮らしは、楽しいことばかりではありません。時には疲れたり、苦しい思いをすることもあるでしょう。そんな時に優しく黙って寄り添ってくれるような女性を男性は最終的に選ぶのではないでしょうか。

 男心を巧みにくすぐるためにも、恋愛リアリティー番組でたくさんの恋テクを学び、しっかり自分のモノにして、恋の勝者を目指しましょう!

内藤みか
記事一覧
作家
著書80冊以上。大学時代に作家デビューし、一貫して年下男性との恋愛小説を書き綴る。ケータイ小説でも話題に。近年は電子媒体を中心に活動。著書に「あなたに抱かれたいだけなのに」など。イケメン評論家として、ホストや出張ホストなどにも詳しい。
XInstagram

関連キーワード

ラブ 新着一覧


夫婦喧嘩は“自ら折れる”で片付ける!賢い妻は謝罪感謝をポチってハイ終了
 夫婦喧嘩をする時、自分から折れるのは悔しいと感じてしまいがち…。  でも実は、夫婦喧嘩は自ら謝ったほうが問題は解...
恋バナ調査隊 2024-07-24 06:00 ラブ
「レス離婚」は夫に慰謝料請求可能?弁護士に相談したら意外な答えが…
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  実は先日...
豆木メイ 2024-07-23 06:00 ラブ
封筒の中からオンナの毛髪が…もう恋愛したくない! ゾッとした体験談4選
 あなたは、恋愛で怖い思いをした経験があるでしょうか?  今回は、女性たちに“ゾッとした体験談”について話してもらいま...
恋バナ調査隊 2024-07-22 06:00 ラブ
すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ
友情か恋愛か。友達と同じ人が好きになり“カマかけLINE”を送ったら…
 友達と同じ人が好きになってしまい、友情か恋愛かを選べずに苦しんでいる人は多いようです。  中には、自分の気持ちを...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ