妻・寿恵子(浜辺美波)の頼もしさマシマシ! NHKの光る演出

桧山珠美 TVコラムニスト
更新日:2023-08-02 15:40
投稿日:2023-08-02 15:35

NHK朝ドラ「らんまん」~第18週「ヒメスミレ」#88

(C)NHK
(C)NHK

 博物館を訪れた万太郎(神木隆之介)。野田(田辺誠一)と野中(いとうせいこう)に田邊(要潤)を怒らせてしまった経緯を話し、とりなして貰えないかと相談する。

 が、大学で『植物図鑑』を刊行するなら、国費を使って進めることになり、大学の人間ではない万太郎が出入りするのは厳しいのでは、と言われる。

 さらに、博物館で研究を続けさせては貰えないか、と願うも、「大学と博物館は協力関係にある」と断られてしまう。が、「君の才能を評価する人はほかにもいる」と万太郎を応援。ロシアのマキシモビッチ博士のもとへ行ってはどうかと背中を押す。

 失意の万太郎のもとにマキシモビッチ博士から手紙が届く。そこには「このムジナモの植物画で槙野万太郎の名は世界中の植物学者たちに轟くだろう」と万太郎を絶賛する言葉が。

 万太郎は意を決し、寿恵子(浜辺美波)に「寿恵ちゃん、申し訳ない。ワシ、ロシアに行きたい」と頭を下げる。

【本日のツボ】

(C)NHK
(C)NHK

「ロシア? ……いいんじゃないですか。本当に大冒険だ」(寿恵子の台詞)

 ※※以下、ネタバレあります※※

 博物館で「マキシモビッチ博士の元に行け」と勧められた万太郎、「妻が身重で、幼い娘もおりますき」とその場を去ったのには正直驚きました。

 今までの万太郎なら、植物最優先で、人のことなどお構いなし、でしたから。さすがに家族を持ち、大黒柱としての自覚が芽生えてきたのかと思いきや、マキシモビッチからの手紙を読み、「博士の元で研究したい」と寿恵子に頼みます。

 少しは変わったかと思っていましたが、やっぱり万太郎は万太郎でした。

 そして、寿恵子もやっぱり寿恵子。頼もしさマシマシです。無謀な万太郎の願いも、即、OK。言葉も通じない、知り合いもいない異国について行こうというのですから。

 園子のことを気にする万太郎に、「ロシアにも子どもはいます。当たり前に暮らしてる。だったら長屋くらいありますよ。そんなことより、あなたを認めてくれる人がいる、それがなにより嬉しい」と。

夫婦の思いはひとつ!

 そういえば、「ロシア?」と「いいんじゃないですか?」のあいだ、少しだけ間がありました。

 その間に弦を弾く琵琶の音が聞こえました。寿恵子の脳裏に子どもの頃からの愛読書「南総里見八犬伝」が浮かんだのではないでしょうか。

 そして、自分を納得させるように、「本当に大冒険だ」と寿恵子。一瞬にしてそのことをわからせる演出、お見事です。

 万太郎のプロポーズを受け入れる際、「あなたは草花の道をひたすら突き進んでいく、全速力で。そんなあなたと並んで走るなんて大冒険です。あなたとなら毎日、今日を生きるだけでひたすら大冒険なんです」と言っていた寿恵子ですが、ここまでの大冒険になるとは思ってもみなかったのでは。

 ロシアに向かって、夫婦の思いはひとつ! めでたしめでたしで終わるかと思いきや、ラストの「ヒメスミレ」が萎れていたのが気になります。

 禍福は糾える縄の如しを地でいくこのドラマ、ハラハラドキドキが止まりません。

桧山珠美
記事一覧
TVコラムニスト
大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。読売新聞「アンテナ」、放送批評誌「GALAC」、日刊ゲンダイ「あれもこれも言わせて」などで連載中。

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


オードリーが「ラジオ界の覇王」と呼ばれるまで…異常人気の理由「気密性」とは?
 オードリーの若林正恭(45)と春日俊彰(45)が“真のラジオモンスター”となった。ニッポン放送の深夜ラジオ「オードリー...
2024-02-22 17:03 エンタメ
NHK春の改編で旧ジャニ排除し「新しい地図」は残留…ファン激怒で“受信料ボイコット”宣言
 NHKは春の番組改編で旧ジャニーズ事務所(現・SMILE-UP.)の所属タレントが出演する、Eテレ「バリューの真実」(...
2024-02-22 17:03 エンタメ
痛快すぎるりつ子のひと言、“眼鏡会計ババア”でざわつかせた女優登場!
 スズ子(趣里)は、羽鳥善一(草彅剛)に新曲にはブギの歌を書いてほしいとお願いする。  はじめは、ブギが続けば面白...
桧山珠美 2024-02-22 15:05 エンタメ
門脇麦「厨房のありす」に「セクシー田中さん」問題が重なる不運…難役続き《普通の演技見たい》の声も
 門脇麦(31)が主演を務める「厨房のありす」(日本テレビ系)が、世帯視聴率5%台と伸び悩んでいる。門脇が演じるのは、コ...
2024-02-21 17:03 エンタメ
SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁
「SMAP×SMAP」や「笑っていいとも!」など人気番組を手がけ、13日に54歳で亡くなったフジテレビの編成制作局バラエ...
2024-02-20 17:03 エンタメ
広末涼子のハマり役は「悪女」か「不倫妻」か…独立で鳥羽周作氏との再婚より“やっぱり芝居”
《私、広末涼子は、芸能事務所フラームとの専属契約が2024年2月16日をもって終了し、同事務所を退所いたしましたことを、...
2024-02-20 17:03 エンタメ
松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ
《番組出演を休止せざるを得ない状況になり、CMも放送中止となるなど、筆舌に尽くしがたい精神的損害を受けた》  自らの性...
2024-02-19 18:48 エンタメ
デカッ!急成長を遂げた2歳の愛子にびっくり、愛助さん似?
「東京ブギウギ」に続き、「ジャングル・ブギー」もヒットさせたスズ子(趣里)は、仕事に育児に大忙しの日々を送っている。 ...
桧山珠美 2024-02-19 17:00 エンタメ
平野レミは今、テレビで一番面白いタレント 「歩く放送事故」の異名はむしろ勲章
 12日のNHKはさながら「平野レミ祭り」だった。  朝ドラ終わりの8時15分から「平野レミの早わざレシピ!2024早...
2024-02-18 17:03 エンタメ
「ふてほど」磯村隼斗の白ブリ姿がマッチ! 錦戸亮出演にアノ人も続く?
 あれからムッチ先輩の白ブリーフ姿が頭から離れません(笑)。ほどよく均整の取れたムッチ先輩の細マッチョな肉体に清潔感あふ...
さくらももこさん元夫が明かした“名誉棄損”ドラマ…出版社との裁判で思い出される「NHK制作」の闇
 日本テレビは15日、昨年10~12月に放送したドラマ「セクシー田中さん」の原作者・芦原妃名子さんが脚本を巡って苦心し、...
2024-02-17 17:03 エンタメ
中島健人まさかの大炎上 熱愛報道時の“友人の1人”発言が矛盾ではない訳
 Sexy Zoneからの卒業を発表している中島健人に熱愛スキャンダルが発覚し、彼の発言の矛盾を指摘する声が相次いでいま...
堺屋大地 2024-02-17 06:00 エンタメ
ベストセラー「舟を編む」が初のドラマ化 原作者・三浦しをんさんは言葉とどう向き合っているのか
【注目の人 直撃インタビュー】  三浦しをん(作家)   ◇  ◇  ◇  辞書作りにかける編集者の情熱を描いたベ...
2024-02-16 17:03 エンタメ
「キターーーー!」で思い出す目薬のCM、趣里の細体型が映えたヒョウ柄
 スズ子(趣里)は、タイ子(藤間爽子)と語り合う。夢を叶えたスズ子と、どん底にいる自分を比べると惨めで恥ずかしいというタ...
桧山珠美 2024-02-16 15:43 エンタメ
テイラー・スウィフト5年3カ月ぶり来日でガッポリ! “モノ申す歌姫”の経済効果は340億円ナリ
 テイラー・スウィフト(34)が7日から10日まで、東京ドームで5年3カ月ぶりの来日公演を開催した。4日に最新アルバム「...
2024-02-15 17:03 エンタメ
山田涼介効果で「開運神社」に旧ジャニオタ殺到し長蛇の列…数珠を高値転売する不届き者も
《今日は断念してまた必ず来ます!》  10日、自身のブログにこうつづったのが、元横綱・若乃花でタレントの花田虎上(53...
2024-02-15 17:03 エンタメ