恋人と知り合うきっかけ 米国は4人に1人がマッチングアプリ

内藤みか 作家
更新日:2020-05-20 11:22
投稿日:2019-07-08 06:00
 日本ではなんらかの婚活(恋活)サイトやアプリで知り合い、結婚に至った人が約5%いるそうです(「婚活実態調査2018」リクルートブライダル総研調べ)。
 しかし日本より先にこうしたサイトの流行が始まったアメリカでは、なんと35%もの人がサイトやアプリを通じて恋人と知り合っているのだとか(2013年USA TODAY)。恋愛アプリ最先端国・アメリカのマッチングアプリ考察本に書かれていた注意事項をご紹介します。

アメリカでは「とりあえず会う」のが主流!?

 知り合いのアメリカ在住の日本人女性から、日本のマッチングアプリ(出会い系サイト)とアメリカのそれとは随分雰囲気が違うという話を聞いたことがあります。彼女いわく、日本だとだらだら何日もメッセージのやりとりが続いて、なかなかデートに誘われないけれど、アメリカだと「とりあえず会ってみよう」とその日のうちにあっけなくアポが取れるのだとか。

 どちらがいいのかは人それぞれ考え方は違うとは思いますが、日本人はかなり慎重でシャイで、アメリカ人は現実主義者だというお国柄がサイトでの行動にも出ているのかもしれません。アメリカのマッチングアプリについて考察された書籍『当世出会い事情 スマホ時代の恋愛社会学』(アジズ・アンサリ・著/亜紀書房・刊)でも日本人の草食っぷりが挙げられていました。

笑顔のプロフィール写真にする

 本では、日本人がプロフィール写真に自分以外の画像を入れていることが多いことに驚いていました。

 アメリカでは笑顔の自撮り画像を載せることがほとんどなのだそうです。けれど日本人はペットの画像にしている人などが、結構います。これでは相手の顔が見えないので、コンタクトを取る気になる人などいないと思う人もいるかもしれませんが、連絡する女性はいるようです(同じ犬種を飼っていたりして、それで反応するのかどうかは私にはわかりません)。

 恥ずかしいかもしれませんが、確かにペットの画像よりは、自分の最高の笑顔の画像を載せたほうが、メールの件数は飛躍的に伸びるはずです。顔全体が恥ずかしいのであれば、下半分、もしくは目元だけ、またはマスクをした顔などで映るのもいいかもしれません。自分の顔に好感を持ってくれた人がコンタクトを取ってくるので、やりとりもスムースに行くでしょうし、顔画像はないよりもあったほうが断然いいはずです。

SNSをしていないと言う男性は要注意

 SNSを尋ねても「そういうのはしていないんだ」と返ってくる男性がいますが、こういう人物には注意するように、と本では呼びかけています。

 なぜならば「今どきSNSをしていない人は少数派だ。もしかしたら本当はSNSをしているけれど、あなたには知られたくない理由があるのかもしれない」からなのだとか。

 本では、SNSを男性の名前で検索したら彼のFacebookがヒットした女性の話が載っています。なんと恋活アプリに登録していたその男性は既婚者で、奥様と一緒の活動がアップされていたのだそうです。その女性は即、その彼とお別れしました。既婚者なのに独身と偽っていた時点でもうアウトだからそれでいいと思います。

名前を教えてもらえない場合の検索方法

 本では「その人に事前に会う前に、必ず名前を検索して」と呼びかけています。事前に検索したら過去に逮捕歴がある人だったことがわかり、交際をお断りすることができた、などという実例も出しています。どうやらアメリカではマッチングアプリを実名でする人が少なくないようなのです。けれど日本では実名でそうしたアプリをする人はかなりの少数派でしょう。

 だとしたら事前にどうやってその人の情報を得るか。それにはひとつの方法があります。彼のLINEのアカウントか、メールアドレスを教えてもらうのです。

 そしてそのアカウント名を検索してみるのです。LINEやメールアドレスのアカウント名は、他のSNSアカウントと同じであることが多いからです。そしてそこから浮かび上がったSNSに書かれていることを読めば、彼が会うべき人物かどうかも判断がつくのではないでしょうか。

 今後、日本もさらにマッチングアプリでの出会いが増加すると思われますが、やはり見知らぬ人と1対1で会うのですから、かなりのリスクがつきまといます。本気の婚活であるならなおさら、本人確認書類や独身証明書確認などがされ、既婚者をふるいにかけている安心できるサイトを選ぶほうがトラブルは回避できるのかもしれません。

内藤みか
記事一覧
作家
著書80冊以上。大学時代に作家デビューし、一貫して年下男性との恋愛小説を書き綴る。ケータイ小説でも話題に。近年は電子媒体を中心に活動。著書に「あなたに抱かれたいだけなのに」など。イケメン評論家として、ホストや出張ホストなどにも詳しい。
XInstagram

関連キーワード

ラブ 新着一覧


夫婦喧嘩は“自ら折れる”で片付ける!賢い妻は謝罪感謝をポチってハイ終了
 夫婦喧嘩をする時、自分から折れるのは悔しいと感じてしまいがち…。  でも実は、夫婦喧嘩は自ら謝ったほうが問題は解...
恋バナ調査隊 2024-07-24 06:00 ラブ
「レス離婚」は夫に慰謝料請求可能?弁護士に相談したら意外な答えが…
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  実は先日...
豆木メイ 2024-07-23 06:00 ラブ
封筒の中からオンナの毛髪が…もう恋愛したくない! ゾッとした体験談4選
 あなたは、恋愛で怖い思いをした経験があるでしょうか?  今回は、女性たちに“ゾッとした体験談”について話してもらいま...
恋バナ調査隊 2024-07-22 06:00 ラブ
すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ
友情か恋愛か。友達と同じ人が好きになり“カマかけLINE”を送ったら…
 友達と同じ人が好きになってしまい、友情か恋愛かを選べずに苦しんでいる人は多いようです。  中には、自分の気持ちを...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ