結婚相手は「家庭的な女性がいい」という男性の恐るべき本音

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-07-02 06:10
投稿日:2019-07-02 06:00

「家庭的な女性」を好む男性の本音とゲスの極み

家庭的な女性は素敵だけど…(写真:iStock)
家庭的な女性は素敵だけど… (写真:iStock)

 男性が結婚相手に選ぶ女性のタイプとして人気な家庭的な女性。よく言われるところですと「結婚と恋愛は別」という言葉が示す通り、恋愛では見た目重視で、ドキドキするような相手がいい! といいながらも、結婚相手には家庭的な子がいい、という男性は結構いらっしゃいますよね?

「やっぱり家庭的な子がいいんだ、じゃあ私も料理とかをちゃんと勉強して家庭的な子になろう!」

 と思った方が見落としがちなポイントがあります。

 男性が「家庭的な子がいい」と発言する裏には何かあるのではと思い、家庭的な女性を結婚相手に選んだ男性をリサーチすることで、そこにある“恐るべき本音”を発見することができました。

 今回は「家庭的な女性」を好む男性の隠れた本音とそのゲスの極みについて解説させていただきます。

彼らが求める「家庭的な女性」の真実とは?

私はあなたの母親じゃない!(写真:iStock)
私はあなたの母親じゃない! (写真:iStock)

 男性が家庭的な女性がいいと発言しているとき、具体的に求めていることはどういうことでしょうか?

 男性にとっての家庭的な女性とは具体的な要素で説明すると、

・家事や料理が上手で、世話好き
・金銭感覚が派手ではなく無駄使いをしない
・あまり交友関係が広くなく、遊び好きではない

 という3つが主な部分かと思います。

 これら、それぞれの要素に実際に男性が求めていることを深掘りしてみると、実は次のようなことなのではないでしょうか?

家事や料理を文句を言わずにしてくれる……え!母親の代わり?

 男性のほとんどは程度の差があれマザコンなのでは、といわれていますが、家庭的な女性を求める男性には実はマザコン傾向が強いのです。

 自分の世話をしてくれて、甘やかしてくれる女性は男性にとっては安住の地です。ある程度分別のある男性はいつまでたっても母親に甘え続けるわけにもいかないことを理解しているため、そこで必要となるのが母親の代わりをしてくれる「家庭的な女性」であるのです。

 最初のうちは、ご飯を作ってあげるだけで「おいしいよ、ありがとう」と言っていた男性も、時間の経過とともに、「なんか味付けがうちと違うんだよね、もう少し薄味でお願いできるかな?」などと、“おふくろの味”との比較コメントが顔を出してきます。

 こうしたことが積み重なると、「私はあなたの母親じゃないわよ!」と感じてしまいますよね。

 特に、マザコン男にトラウマのある女性は注意をするべきでしょう。

俺が稼いだお金、ムダ遣いするなよ

 お金使いが荒そうな女性が敬遠され、財布の紐が堅い女性が好まれることの本音は、「俺が稼いだお金をムダ遣いするなよ」

 というものでしょう。これは仮に専業主婦ではなく共働きの夫婦であっても同様。

 仕事ができる男性ほど、自分が損をすることを嫌がる傾向にあるため、こうした感覚は強く持っています。したがって、家庭的な女性とは、自分が稼いだお金を堅実に使わず守ってくれそう、という点で好まれるのです。

 自分は趣味や交際に躊躇なく支出をするくせに、妻のお金の使い方には口うるさい男性は、「家庭的な女性」が好き属性が強いでしょう。

家庭的な女性を選ぶ男性は外で遊ぶ気が満々

 そして、家庭的な女性を求め、女性にあまり外で遊んでほしくない、と思う男性の本音は、「自分は外で浮気するけど、お前はするなよ」というものなのです。

「家庭的な女性」を選ぶ男性に最も多かったのが、俺は恋愛をずっとしていたいけど、家庭はまた別だからね、という発言。

 嫁のことを女性として見られないから、外で恋愛相手を探すという考え方は、多くの男性に共通していました。

 子供が生まれて数年もたつと、そうした夫婦のほとんどはセックスレスに。自分はさんざん外で放出しているくせに、「嫁の浮気は絶対イヤ!」という、ダブルスタンダードもはなはだしい発言を平気でする男性は非常に多いのです。

「いや、男と女は違うからさ」

 そんな悟ったようなセリフを発してみても、基本的には完全にOUT!

まとめ

「家庭的な女性」好きに多い、ゲスの極み男子はいかがでしたでしょうか?

 よく男性が発言しがちな言葉だけに、婚活中の女性の皆様は、その言葉に裏に潜むものをよくよく考えてみましょうね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM