ハイスペ男子と結婚したい!本命彼女になるための戦略とは?

伊藤早紀 恋愛メディア編集長
更新日:2019-07-05 06:00
投稿日:2019-07-05 06:00
ハイスペ男子と付き合いたい?(写真:iStock)
ハイスペ男子と付き合いたい? (写真:iStock)

「お金持ちなハイスペ男子と結婚したい!」

 結婚相手として「低依存・低姿勢・低燃費・低リスク」の4低男子の株が上がりつつありますが、「高学歴・高収入・高身長」の3高男子、特に「高収入」のセレブ男子との結婚は、誰もが一度は憧れるものではないでしょうか?

 ハイスペ男子は女性への理想も高いし、周りにはライバルも多いから難しそう……? 実は正しい戦略を立てれば、本命彼女になるチャンスは誰にでもあります。

 今回はハイスペ男子の本命彼女になる方法をご紹介したいと思います。

非モテハイスペは狙い目好物件

狙い目は非モテハイスペ男子(写真:iStock)
狙い目は非モテハイスペ男子 (写真:iStock)

 まずは、「ハイスペ」の定義付けをします。

 イケメン、優しい、面白い……スペックを挙げたらキリがありませんが、ここではハイスペ男子を高学歴かつ年収1000万円以上を稼ぐ高収入男子としましょう。

 そうすると、ハイスペ男子は大きく2種類に分けられます。それは、モテるハイスペ男子と、非モテハイスペ男子です。

 モテるハイスペ男子とは顔面偏差値は普通以上、抜群のコミュニケーション能力を持ち、生まれながらにしてモテてきた男性です。

 一方、非モテハイスペ男子は、男子校出身、大学は理系大学、職場に女性もいなくて、女性経験が極端に少ない男性です。

 この2種類のうち、ハイスペ男子の本命彼女になりたい人におすすめなのは非モテハイスペ男子です! 非モテハイスペ男子はモテません。チェックシャツやサイズ感の合わないパンツを履き、女性慣れしていないので会話もうまくありません。しかし、稼ぐ力はあります。

 なにより、頭は良いので学習能力がとても高い。つまり、惚れさせてしまえば見た目からエスコートまで、自分好みの男性に成長させることが可能です。女性経験が少ないので、女性から積極的にデートへ誘ったりアプローチをして彼らを虜にし、あとは自分でモテるハイスペ男子を作り上げましょう。

モテるハイスペには“第二の女”戦略

「私は非モテハイスペなんて嫌! モテるハイスペ男子がいい!」

 そんなワガママは、叶えることができるのでしょうか?

 モテるハイスペの周りには、女性が多く集まり、ライバルも多いです。ちなみに30代前半で1000万円以上稼ぐ未婚男性はたったの1%です。

 また、彼らはずっとモテてきたため、女性への理想がとても高いのです。美人で育ちがいいことは大前提、自分の子供をしっかり育てられるか、同じレベルで話ができるか、など様々な視点で女性を選びます。

 そんな希少価値が高く、競争倍率も高く、理想も高いハイスペ男子の本命彼女は狭き門。特別美人だったり、頭が良かったり、コミュニケーション力が高くないと正直厳しいです。

 しかし、それでもどうしてもモテるハイスペ男子の彼女になりたい人に、とっておきの裏技があります。それが「戦略的第二の女」作戦です。

 モテる男性に複数の彼女や遊び相手がいるのは普通のこと。まずは本命彼女じゃなくてもいいいので彼に恋愛対象としてみてもらうために、第二の女になりましょう。そして、本命彼女と別れるまで、虎視眈々と待つのです。

 大事なのは、徹底的に都合の良い女になること。深夜23時の呼び出しに応じ、デートは自分でもプランを考え、お店の手配をし、家では美味しい家庭料理を振る舞います。

 モテるハイスペ男子は、仕事や人付き合いにかなり忙しく、彼女に対する優先順位が自然と低くなりがちです。私の周りにいるモテるハイスペ男子に話をきくと、みんな口を揃えて「面倒臭い女は容赦無く切る。だって他に代わりの女はたくさんいるから。」と言います。

 会った時にいかにストレスをなくし、癒すことができるかが勝負の鍵となります。

1人の男性に4人の彼女、最後に残ったのは……

 あるIT企業を経営する知人社長には4人の彼女がいました。実家も裕福で家庭的な女医さん、モデル、キラキラ広報女子、そして一般職の女性でした。

 一般職の女性以外は、容姿もキャリアもきらびやかに輝いていました。もちろん、彼の一般職の彼女に対する優先順位もかなり下。しかし、彼女は他の女性に比べ、断トツでその彼のことが大好きで、とにかく尽くし続けたのです。

 その結果、他の女性たちと彼がうまくいかず別れていき、彼が選んだのは最後に残った一般職の女性。「結局、彼女といると疲れないし居心地が良いから」と言っていました。見事、セカンド女が本命彼女に上り詰めた好例です。

 裏話として、その一般職女性は新卒で、まだまだ先がありました。時間があるから、焦らずじっくり彼のことを好きでいられたのですね。第二の女作戦は、時間と忍耐力が必須です。

本当にハイスペが必要ですか?

ハイスペ男子が最後に戻ってくるのは…(写真:iStock)
ハイスペ男子が最後に戻ってくるのは… (写真:iStock)

 ハイスペの本命彼女になる方法を紹介してきました。

 しかし、モテるハイスペ男子の彼女になりたい女性のみなさんは、こうまでしてハイスペと付き合いたいと思いますか?

 これを機に、本当に自分が求めているのはなにか、もう一度じっくり考えてみるのもいいかもしれません。みなさんの恋愛、応援しています!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


口癖がうつる?“彼氏に話し方が似てきた”と感じる瞬間6選
 彼氏との付き合いが長くなると、ふとした瞬間に「なんだか彼氏に似てきたな」と思う瞬間がありませんか? 口癖や話し方など、...
恋バナ調査隊 2021-02-26 06:00 ラブ
浮気、音信不通…恋愛のトラウマによる影響&克服する方法
「恋愛はただただ甘くて楽しいもの」そんなふうに思えるあなたは、とても幸せな人かもしれません。実は、元カレの浮気や突然の自...
リタ・トーコ 2021-02-26 06:00 ラブ
コロナ禍に元カノに連絡してしまう男性の心理を分析してみた
 新型コロナウイルスの影響で、男女の出会いのシーンもかなり制限された状態が続いています。そんななか、元カレから連絡が来た...
内藤みか 2021-02-25 06:00 ラブ
実はモテる♡ ツンデレ女子の恋愛の特徴&男性が惚れる瞬間
 いつもクールで冷たく、たまにしか笑わない“ツンデレ女子”。男性の前でも媚びを売らないので、一見モテなさそうなのですが、...
恋バナ調査隊 2021-02-25 06:00 ラブ
彼の部屋が汚い!片付けられない男と付き合うとキケンな理由
 カレの部屋に行ってみたら、ゴミ屋敷……とまではいかないけど、モノが散乱していてごちゃごちゃ。服を置いたらホコリまみれ。...
若林杏樹 2021-02-24 06:00 ラブ
自然消滅の期間はどれくらい?距離を置かれる原因&回避方法
 別れ話が出ているわけでもないのに、彼氏と連絡が途絶えてしまうと「もしかして自然消滅を狙われているの?」と不安に感じてし...
恋バナ調査隊 2021-02-24 06:00 ラブ
浮気やウソ発覚…彼から送られてきたドン引き“誤爆LINE”9選
 恋人やパートナーとの連絡ツールとして、ほとんどの人がLINEを活用していることでしょう。そんなカップルの中でも、今回は...
恋バナ調査隊 2021-02-23 06:00 ラブ
30代になると恋愛するのが難しくなる理由&楽しむポイント
 10代、20代の頃、たくさんの恋愛を経験をしている人は多いでしょう。「好き!」と思ったら、後先考えず、思いのままに行動...
恋バナ調査隊 2021-02-23 06:00 ラブ
相手に期待しすぎると陥る罠…希望をハッキリ言うべき理由!
 相手が自分の思うように動いてくれない……なんだか不満がたまってモヤモヤする! パートナーに対して、そう感じた経験はある...
七味さや 2021-02-22 06:00 ラブ
同性にも好かれる“ネオぶりっ子”って?男女にモテるコツ♡
 ぶりっ子と言えば、「男性からは好かれるけれど、女性からは嫌われる」というイメージがありますよね。でも、それはひと昔前の...
恋バナ調査隊 2021-02-22 06:00 ラブ
勘違い男の痛いLINE…ドン引きするめんどくさい内容7選
 LINEって顔が見えない分、気が大きくなってしまうんですよね……。それが原因なのか、勘違い男たちはめんどくさい痛いLI...
恋バナ調査隊 2021-02-23 03:55 ラブ
“たぬき顔・きつね顔診断”でどんな男性にモテるかチェック♡
 女性の顔のタイプを動物にたとえた時、“たぬき顔”や“きつね顔”で区別することがあります。実は、自分がどちらのタイプなの...
恋バナ調査隊 2021-02-21 06:44 ラブ
あなたも目指せる♡ 愛され女子の共通点&心掛けるポイント
 男性から愛される女性を見ると「羨ましいな」と思いながらも、「でも、どうせ私は美人じゃないし……」なんて諦めてしまう人も...
恋バナ調査隊 2021-02-20 06:00 ラブ
元CA作家が伝授!恋やビジネスに使える“魔法のフレーズ”3選
 コロナ禍においてこれまでの生活が一変し、恋人や夫婦、ビジネスでの人間関係もぎくしゃくしているという声が少なくありません...
蒼井凜花 2021-02-19 06:00 ラブ
不倫には落とし穴がいっぱい! 5つのリスク&卒業する方法
 恋愛をしている人の中には「実は、彼は既婚者」なんていう人もいるでしょう。一昔前までは不倫は秘め事であり、決してバレては...
恋バナ調査隊 2021-02-19 06:00 ラブ
可愛くヤキモチをやく5つの方法&“嫉妬”に変わるNG行動!
 彼氏ができると、「ほかの女性に奪われたくない」という気持ちが強くなり、ヤキモチを焼いてしまう女性も多いでしょう。彼がモ...
恋バナ調査隊 2021-02-18 06:00 ラブ