ハイスペ男子と結婚したい!本命彼女になるための戦略とは?

伊藤早紀 恋愛メディア編集長
更新日:2019-07-05 06:00
投稿日:2019-07-05 06:00
ハイスペ男子と付き合いたい?(写真:iStock)
ハイスペ男子と付き合いたい? (写真:iStock)

「お金持ちなハイスペ男子と結婚したい!」

 結婚相手として「低依存・低姿勢・低燃費・低リスク」の4低男子の株が上がりつつありますが、「高学歴・高収入・高身長」の3高男子、特に「高収入」のセレブ男子との結婚は、誰もが一度は憧れるものではないでしょうか?

 ハイスペ男子は女性への理想も高いし、周りにはライバルも多いから難しそう……? 実は正しい戦略を立てれば、本命彼女になるチャンスは誰にでもあります。

 今回はハイスペ男子の本命彼女になる方法をご紹介したいと思います。

非モテハイスペは狙い目好物件

狙い目は非モテハイスペ男子(写真:iStock)
狙い目は非モテハイスペ男子 (写真:iStock)

 まずは、「ハイスペ」の定義付けをします。

 イケメン、優しい、面白い……スペックを挙げたらキリがありませんが、ここではハイスペ男子を高学歴かつ年収1000万円以上を稼ぐ高収入男子としましょう。

 そうすると、ハイスペ男子は大きく2種類に分けられます。それは、モテるハイスペ男子と、非モテハイスペ男子です。

 モテるハイスペ男子とは顔面偏差値は普通以上、抜群のコミュニケーション能力を持ち、生まれながらにしてモテてきた男性です。

 一方、非モテハイスペ男子は、男子校出身、大学は理系大学、職場に女性もいなくて、女性経験が極端に少ない男性です。

 この2種類のうち、ハイスペ男子の本命彼女になりたい人におすすめなのは非モテハイスペ男子です! 非モテハイスペ男子はモテません。チェックシャツやサイズ感の合わないパンツを履き、女性慣れしていないので会話もうまくありません。しかし、稼ぐ力はあります。

 なにより、頭は良いので学習能力がとても高い。つまり、惚れさせてしまえば見た目からエスコートまで、自分好みの男性に成長させることが可能です。女性経験が少ないので、女性から積極的にデートへ誘ったりアプローチをして彼らを虜にし、あとは自分でモテるハイスペ男子を作り上げましょう。

モテるハイスペには“第二の女”戦略

「私は非モテハイスペなんて嫌! モテるハイスペ男子がいい!」

 そんなワガママは、叶えることができるのでしょうか?

 モテるハイスペの周りには、女性が多く集まり、ライバルも多いです。ちなみに30代前半で1000万円以上稼ぐ未婚男性はたったの1%です。

 また、彼らはずっとモテてきたため、女性への理想がとても高いのです。美人で育ちがいいことは大前提、自分の子供をしっかり育てられるか、同じレベルで話ができるか、など様々な視点で女性を選びます。

 そんな希少価値が高く、競争倍率も高く、理想も高いハイスペ男子の本命彼女は狭き門。特別美人だったり、頭が良かったり、コミュニケーション力が高くないと正直厳しいです。

 しかし、それでもどうしてもモテるハイスペ男子の彼女になりたい人に、とっておきの裏技があります。それが「戦略的第二の女」作戦です。

 モテる男性に複数の彼女や遊び相手がいるのは普通のこと。まずは本命彼女じゃなくてもいいいので彼に恋愛対象としてみてもらうために、第二の女になりましょう。そして、本命彼女と別れるまで、虎視眈々と待つのです。

 大事なのは、徹底的に都合の良い女になること。深夜23時の呼び出しに応じ、デートは自分でもプランを考え、お店の手配をし、家では美味しい家庭料理を振る舞います。

 モテるハイスペ男子は、仕事や人付き合いにかなり忙しく、彼女に対する優先順位が自然と低くなりがちです。私の周りにいるモテるハイスペ男子に話をきくと、みんな口を揃えて「面倒臭い女は容赦無く切る。だって他に代わりの女はたくさんいるから。」と言います。

 会った時にいかにストレスをなくし、癒すことができるかが勝負の鍵となります。

1人の男性に4人の彼女、最後に残ったのは……

 あるIT企業を経営する知人社長には4人の彼女がいました。実家も裕福で家庭的な女医さん、モデル、キラキラ広報女子、そして一般職の女性でした。

 一般職の女性以外は、容姿もキャリアもきらびやかに輝いていました。もちろん、彼の一般職の彼女に対する優先順位もかなり下。しかし、彼女は他の女性に比べ、断トツでその彼のことが大好きで、とにかく尽くし続けたのです。

 その結果、他の女性たちと彼がうまくいかず別れていき、彼が選んだのは最後に残った一般職の女性。「結局、彼女といると疲れないし居心地が良いから」と言っていました。見事、セカンド女が本命彼女に上り詰めた好例です。

 裏話として、その一般職女性は新卒で、まだまだ先がありました。時間があるから、焦らずじっくり彼のことを好きでいられたのですね。第二の女作戦は、時間と忍耐力が必須です。

本当にハイスペが必要ですか?

ハイスペ男子が最後に戻ってくるのは…(写真:iStock)
ハイスペ男子が最後に戻ってくるのは… (写真:iStock)

 ハイスペの本命彼女になる方法を紹介してきました。

 しかし、モテるハイスペ男子の彼女になりたい女性のみなさんは、こうまでしてハイスペと付き合いたいと思いますか?

 これを機に、本当に自分が求めているのはなにか、もう一度じっくり考えてみるのもいいかもしれません。みなさんの恋愛、応援しています!

伊藤早紀
記事一覧
恋愛メディア編集長
マッチングアプリ総合メディア「マッチアップ」の編集長・恋愛婚活ラボの所長。結婚相談所の仲人をしながらマッチングアプリ経験者800人以上に取材。恋活や婚活の実態をTwitterYouTubeで配信中。マッチングアプリのご意見番として多数テレビ出演。著書に「出会い2.0」がある。

ラブ 新着一覧


サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-17 06:00 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ
「将来見据えて倹約したいのに…」妻のお出かけ願望が理解できない30代男
「冷酷と激情のあいだvol.194〜女性編〜」では、結婚早々に節約生活を強いられている生活に嫌気が差している新妻・果穂さ...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
非正規雇用のアラフォーが結婚した男は、“夜のベッド”が生き甲斐のケチ夫
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
「子供欲しい」が夫に言えない…タイムリミットに焦る妻の複雑事情
 夫婦であれば、夫に「子供欲しい」と言うのはそう難しくないはず。でも、言えずにモヤモヤしている女性もいるようです。今回は...
恋バナ調査隊 2024-05-10 06:00 ラブ
結婚に優柔不断な彼はいつ見限るべき?「時間を返して」と嘆く女性たち
 定期的に会い続けている仲の男性がいるけれど、今後のことについて話をしようとすると避けられてしまう。そんな悩みを抱えてい...
内藤みか 2024-05-09 06:00 ラブ
①ナル②浮気③競う④群れ サッカー部だった男の嫌いな特徴5、ラス1は
 モテる男の部活といえば、何を思い浮かべますか? そうですね、サッカー部です。学生時代、サッカー部のイケイケ男子に憧れて...
恋バナ調査隊 2024-05-08 06:00 ラブ
幸せになれるのは超わずか…セフレの終わりは突然やって来る
 付き合ってはいないものの体の関係を持つセフレ。「割り切った関係」「楽な関係」であるため、恋愛が億劫になっている人は憧れ...
恋バナ調査隊 2024-05-07 06:00 ラブ
父が浮気している…? 大人になった今だからできる4つの家庭崩壊回避術
 あなたは自分の父が浮気していると知ってしまった時、どうしますか? もし知ったのが未成年の頃であれば、誰に相談していいか...
恋バナ調査隊 2024-05-06 06:00 ラブ
え、彼氏いたの?処女のままの私と、処女を喪失していたオタ友への嫉妬。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかった私ですが、これまで処女...
mirae.(みれ) 2024-05-06 06:00 ラブ
サレ妻「不倫相手に会う」の巻 ママ友、かばう夫…ただで済むと思うなよ
 夫に不倫された“サレ妻”。「ただで済むと思うなよ!」と、怒りや憎しみMAXで不倫相手に会いに行く人もいます。  ...
恋バナ調査隊 2024-05-05 06:00 ラブ