ハイスペ男子と結婚したい!本命彼女になるための戦略とは?

伊藤早紀 恋愛メディア編集長
更新日:2019-07-05 06:00
投稿日:2019-07-05 06:00
ハイスペ男子と付き合いたい?(写真:iStock)
ハイスペ男子と付き合いたい? (写真:iStock)

「お金持ちなハイスペ男子と結婚したい!」

 結婚相手として「低依存・低姿勢・低燃費・低リスク」の4低男子の株が上がりつつありますが、「高学歴・高収入・高身長」の3高男子、特に「高収入」のセレブ男子との結婚は、誰もが一度は憧れるものではないでしょうか?

 ハイスペ男子は女性への理想も高いし、周りにはライバルも多いから難しそう……? 実は正しい戦略を立てれば、本命彼女になるチャンスは誰にでもあります。

 今回はハイスペ男子の本命彼女になる方法をご紹介したいと思います。

非モテハイスペは狙い目好物件

狙い目は非モテハイスペ男子(写真:iStock)
狙い目は非モテハイスペ男子 (写真:iStock)

 まずは、「ハイスペ」の定義付けをします。

 イケメン、優しい、面白い……スペックを挙げたらキリがありませんが、ここではハイスペ男子を高学歴かつ年収1000万円以上を稼ぐ高収入男子としましょう。

 そうすると、ハイスペ男子は大きく2種類に分けられます。それは、モテるハイスペ男子と、非モテハイスペ男子です。

 モテるハイスペ男子とは顔面偏差値は普通以上、抜群のコミュニケーション能力を持ち、生まれながらにしてモテてきた男性です。

 一方、非モテハイスペ男子は、男子校出身、大学は理系大学、職場に女性もいなくて、女性経験が極端に少ない男性です。

 この2種類のうち、ハイスペ男子の本命彼女になりたい人におすすめなのは非モテハイスペ男子です! 非モテハイスペ男子はモテません。チェックシャツやサイズ感の合わないパンツを履き、女性慣れしていないので会話もうまくありません。しかし、稼ぐ力はあります。

 なにより、頭は良いので学習能力がとても高い。つまり、惚れさせてしまえば見た目からエスコートまで、自分好みの男性に成長させることが可能です。女性経験が少ないので、女性から積極的にデートへ誘ったりアプローチをして彼らを虜にし、あとは自分でモテるハイスペ男子を作り上げましょう。

モテるハイスペには“第二の女”戦略

「私は非モテハイスペなんて嫌! モテるハイスペ男子がいい!」

 そんなワガママは、叶えることができるのでしょうか?

 モテるハイスペの周りには、女性が多く集まり、ライバルも多いです。ちなみに30代前半で1000万円以上稼ぐ未婚男性はたったの1%です。

 また、彼らはずっとモテてきたため、女性への理想がとても高いのです。美人で育ちがいいことは大前提、自分の子供をしっかり育てられるか、同じレベルで話ができるか、など様々な視点で女性を選びます。

 そんな希少価値が高く、競争倍率も高く、理想も高いハイスペ男子の本命彼女は狭き門。特別美人だったり、頭が良かったり、コミュニケーション力が高くないと正直厳しいです。

 しかし、それでもどうしてもモテるハイスペ男子の彼女になりたい人に、とっておきの裏技があります。それが「戦略的第二の女」作戦です。

 モテる男性に複数の彼女や遊び相手がいるのは普通のこと。まずは本命彼女じゃなくてもいいいので彼に恋愛対象としてみてもらうために、第二の女になりましょう。そして、本命彼女と別れるまで、虎視眈々と待つのです。

 大事なのは、徹底的に都合の良い女になること。深夜23時の呼び出しに応じ、デートは自分でもプランを考え、お店の手配をし、家では美味しい家庭料理を振る舞います。

 モテるハイスペ男子は、仕事や人付き合いにかなり忙しく、彼女に対する優先順位が自然と低くなりがちです。私の周りにいるモテるハイスペ男子に話をきくと、みんな口を揃えて「面倒臭い女は容赦無く切る。だって他に代わりの女はたくさんいるから。」と言います。

 会った時にいかにストレスをなくし、癒すことができるかが勝負の鍵となります。

1人の男性に4人の彼女、最後に残ったのは……

 あるIT企業を経営する知人社長には4人の彼女がいました。実家も裕福で家庭的な女医さん、モデル、キラキラ広報女子、そして一般職の女性でした。

 一般職の女性以外は、容姿もキャリアもきらびやかに輝いていました。もちろん、彼の一般職の彼女に対する優先順位もかなり下。しかし、彼女は他の女性に比べ、断トツでその彼のことが大好きで、とにかく尽くし続けたのです。

 その結果、他の女性たちと彼がうまくいかず別れていき、彼が選んだのは最後に残った一般職の女性。「結局、彼女といると疲れないし居心地が良いから」と言っていました。見事、セカンド女が本命彼女に上り詰めた好例です。

 裏話として、その一般職女性は新卒で、まだまだ先がありました。時間があるから、焦らずじっくり彼のことを好きでいられたのですね。第二の女作戦は、時間と忍耐力が必須です。

本当にハイスペが必要ですか?

ハイスペ男子が最後に戻ってくるのは…(写真:iStock)
ハイスペ男子が最後に戻ってくるのは… (写真:iStock)

 ハイスペの本命彼女になる方法を紹介してきました。

 しかし、モテるハイスペ男子の彼女になりたい女性のみなさんは、こうまでしてハイスペと付き合いたいと思いますか?

 これを機に、本当に自分が求めているのはなにか、もう一度じっくり考えてみるのもいいかもしれません。みなさんの恋愛、応援しています!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


推しメンは誰?バチェロレッテS2にみるあなたの恋愛&結婚観
 Amazon Prime Videoで7月より配信中の婚活リアリティ番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン2。1人の...
ミクニシオリ 2022-08-15 06:00 ラブ
うざい!何様?「彼氏の女友達」マウントあるある&対処法
 付き合いはじめた彼氏に仲の良い女友達がいる場合、すぐに仲良くなれるタイプの女性なら問題ありませんが、マウントを取ってく...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
離婚寸前!?「夫婦の危機」乗り越え方&関係修復の3ステップ
 3組に1組が離婚すると言われる日本。まったく違う環境で育った他人が家族になるのですから、かなりお互いに歩み寄らないと離...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
仕事帰りの隙間が正解! 警戒する彼を自然に誘うLINEテク3選
 気になる彼ができた時、あなたは積極的に誘うほうですか?  実は男性の中には、下心が見え隠れするあからさまな誘いには...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「少人数結婚式」意外なメリット 財布に優しいだけじゃない
 長引くコロナ禍で、今までのように盛大な結婚式を挙げにくくなってしまいましたよね。そこで今、人気なのが「少人数結婚式」で...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「相手男だろ?」って嫉妬!?寝る前に届いた甘い胸キュンLINE
 好きな男性からキュンとするLINEが届いて眠れなくなった……なんて経験をしている女性は意外と多いようです。  今回は...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
「僕の妻はよく分からない人」空虚な夫婦関係を正当化する男
「冷酷と激情のあいだvol.103〜女性編〜」では、夫のユウキさんに対して“演じている自分”を崩せないまま8年もの歳月が...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
ハイスぺ男との結婚を逃すな!自分を偽り続けた40歳妻の限界
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
若さアピールは危険! 年上男性に恋を意識させる6つのテク♡
 恋した相手が年上男性だった場合、「恋愛対象だと思われていないかも……」と不安になってしまいますよね。  今回は年上男...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
その手があった!物欲のない彼が喜ぶプレゼントを考えてみる
 付き合いが長くなってくると、彼への誕生日プレゼントをあげ尽くしてしまい、どうしたらいいのかわからないと悩む人も多いです...
恋バナ調査隊 2022-08-12 06:00 ラブ
マッチングアプリで選ぶべき男性は? ポイント3つを押さえる
 感染症が拡大すると増えるのが、マッチングアプリをする女性たち。婚活イベントが中止になったり、規模が縮小され、出会いの機...
内藤みか 2022-08-11 06:00 ラブ
【苦痛】夫婦喧嘩、マジ疲れた…意外な原因を知っていますか
 大好きな人との結婚生活とはいえ、時には喧嘩をしてしまうこともあるでしょう。しかし、夫婦喧嘩が増えていくにつれて関係が悪...
恋バナ調査隊 2022-08-11 06:00 ラブ
私のことまだ好き? 彼氏との温度差を感じちゃった時の対処法
「尽くしていても、相手からは気持ちが感じられない……」  交際中、自分とパートナーとの間に気持ちの温度差を感じると不安...
若林杏樹 2022-08-10 06:00 ラブ
「この人はATM」夫が大嫌いでも絶対に離婚しない妻の本音
 まったく家事をする気がない、何歳になってもマザコン……。結婚生活を経て「年々夫を嫌いになっていく」なんて人もいるでしょ...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
彼氏の体臭がきつい(涙)傷つかない3つの対処法を考えた
 40代の同世代カップルに多い悩みが「彼氏の体臭がきつい」というもの。理由は、40代を過ぎた男性は、特に加齢臭も強くなり...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
ハロワで不採用続出!子育て真っ最中・転勤族妻の働き方事情
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...