強い女性になるには? ポジティブ思考でいるための5つの方法

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-07-03 19:53
投稿日:2019-07-03 06:00
「強い女性」というと、どんな女性を思い浮かべますか? 気の強い女性? アスリートのような筋肉隆々の女性? って、違いますよね。誰もが憧れる「強い女性」になるために不可欠な要素、それは「ポジティブ思考」ではないでしょうか。

ポジティブがカギ! 強い女性になる5つの方法!

周りに流されず、自分をコントロールすることができる(写真:iStock)
周りに流されず、自分をコントロールすることができる (写真:iStock)

 恋愛に限らず、環境の変化など、何かと周囲に振り回されがちな生き物である「女性」。だからこそ、多少のことでは揺らがない「強い女性」になりたいと思う方は多いでしょう。このような精神的に強い女性になるためには、ネガティブ→ポジティブへと心を素早く切り替えられるかが大きなポイント! そこで、今すぐ実践できる「強い女性になる5つの方法」をお伝えします。

1. ネガティブに考える時間は「◯分だけ!」と決める

 どんなに強い女性でも、ネガティブ思考になることはあります。ただ、そんなネガティブな思考を上手に消化して、自分の力に変えられるのが強い女性。

 気持ちの切り替えが上手にできない時におすすめなのが、「ネガティブ時間にタイムリミットを設ける」こと。例えば「5分だけ!」と決めて、どっぷり落ち込む。マイナスな感情になる時間をできるだけ排除することで、ウジウジとしたネガティブから素早く抜け出すことができます。

2. 自分を満足させるルーティンを持つ

「これをしたらポジティブになれる」という「ルーティン」を持つのも、強い女性がよく行っていること。ルーティンとは、トップアスリートなども実践しているパフォーマンス向上&リラックスするための「儀式」のようなものです。

 美味しいコーヒーを飲みながら読書をする、1人でドライブに行く、メイクの研究をするなど、どんなことでも構いません。「これをしている時が1番幸せ!」と感じられるような、満足できることを見つけてください。

 ネガティブ思考に傾いた時、この「ルーティン」を行うと多幸感を得ることができるため、ポジティブ思考へと意識を向けやすくなります。

3. 誰かと比べず、客観的に自分を見る

 誰かと比べて嫉妬する、これほど無意味なものはありません。強い女性は、嫉妬をする前に努力して現状改善に動き、手に入らないものであればじっと堪えて先を見つめます。つまり、強い女性は「今の自分の能力で、何をどれくらいこなせる」ということを常に把握して、自制したり一歩踏み出したり、自分をコントロールできる能力に長けているとも言えますね。

 そうなるためには、自分が今どんな状況にいるのか、客観的に見る視点を身につけることが大切です。自分に何が足りないかを見極めて、まずは肯定することから始めてみましょう。難しく悔しいことでもありますが、認めるからこそ前向きに現状改善を行うことができるのですから。

強い女性は変化することを恐れない(写真:iStock)
強い女性は変化することを恐れない (写真:iStock)

4. 好き嫌いの線引きをして、心のままに動く

 女性は幼少期の頃からグループを作りたがります。大人になっても女子会やママ会へと発展して、横の繋がりを広げていきますよね。それがストレスにならないのであれば良いですが、弱い女性は周りと違う意見を持つことを隠したり、評価を気にしたり、要は「浮く」ことを恐れてしまいがち。

 でも、強い女性は他人に左右されません。間違っていると思った時に自分の意見をきちんと伝えたり、長いものに巻かれることなく行動することができます。

 そんな強い女性を目指すなら、まずは好き嫌いの線引きをすることが肝心。誰かの悪口を言ったり愚痴をこぼしたりなどのネガティブな話題に便乗しないなど、「好き or 嫌い」をはっきりさせて、心の向くままに動いてみる習慣をつけましょう。

 ただし、他人の意見を聞かないというわけではありませんよ。人の意見を自分なりに噛み砕いてポジティブ思考に変えられるのも、強い女性の特性なのです。

5. 変化するために、1つ1つの目標を達成する

 精神的に強い女性は、過去の栄光に満足せずに変化していく習性があると思います。「変化」と一言で言っても、必ずしも良い変化だけが訪れるとは限りません。でも、たとえ悪い変化が起こったとしても、強い女性は新しいアイデアを出して順応し、昨日よりも良い状態に持って行こうと努力を重ねます。

 提案できる手軽な方法としては、小さなタスクから大きな目標までを書き出して、1つ1つを確実にこなしていくこと。1つ達成できたら、自分を褒めて認めて次の目標に向かう。有言実行を重ねることで自信に根拠が生まれ、精神的に強くなれるのです。

「強い女性」は作られるもの!

はじめから「強い女性」なんていない(写真:iStock)
はじめから「強い女性」なんていない (写真:iStock)

 常にポジティブ思考でいられる人なんて、きっといないでしょう。でも、ネガティブに偏った時に素早く抜け出す技を知っていたら、ポジティブでいられる時間が増えますよね。客観的に冷静に、欲望や衝動と向き合いながらチャレンジを続ける、この繰り返しをすることで強い女性って作られるのではないかな、と思います。

 そんな私も、昔から「強い女性」に憧れる1人。予想外のトラブルが起こったら現実逃避したくなるし、恋をしただけで何も手につかなくなるし。「強い女性」になるには、まだまだ研究と実践が必要です。悩みながらも1歩ずつ、共に理想の強さを身につけていきましょう!

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 およそ1ヶ月の「自粛」があったからこそ今の感染者数で収まっているのか、あるいは、実は殆ど意味なんて無かったのか……。個...
FILM
 一昔前までは、女性は結婚したら家庭を守るのが当たり前でしたが、今では結婚後も仕事を続ける女性がほとんど。兼業主婦として...
FILM
 米アカデミー賞4冠に輝いた韓国映画「パラサイト 半地下の家族」は、半地下に住む家族が金持ちに“パラサイト”していくスト...
FILM
 きょうは、仲良しωωにゃんたま兄弟です。  真っ黒なあんこ玉君と、白黒のタオ君、  ふたりはずっとくっつき...
FILM
 Gをセクハラパワハラで訴えるか否か。現在、弁護士たちと協議を重ねているところです。つくづく、訴訟を起こすには多大な時間...
FILM
 日々の生活の中で、気づけばイライラしてしまっている人も多いのではないでしょうか。できることなら、小さなことで心を乱され...
FILM
 潜在的な患者も含めるとおよそ30〜60人にひとりの女性がかかると言われている甲状腺疾患。バセドウ病は、甲状腺機能が亢進...
FILM
 周りが新しいことにチャレンジし始めたり、環境が変わって進んでいると「本当に自分がこのままでいいのか」と、モヤモヤするこ...
FILM
 富士山の麓、朝霧高原を闊歩する「ふじお」。一見、強面のルックスですが、裏腹に女性にはめっぽう弱いのです。  富士...
FILM
 普段より家にいる時間が増え、ストレスを感じている人も散見されます。新型コロナのニュースや対策で疲弊しがちな今、在宅時間...
FILM
 ある日、ワタクシのお店に懇意にしていただいている大学教授がフラリと立ち寄ってくださいました。  ニコニコと人懐っ...
FILM
 マンションを買おうと決心したものの、新築がいいのか中古がいいのか、やっぱり借り続けた方がいいのかな、と悩む人も少なくな...
FILM
 きょうは富士山の麓、広大な縄張りを持つ「ふじお」。  私が猫だったら、抱かれたい男にゃんばーわん!  強く...
FILM
 突然ですが、皆さんは結婚・妊娠についての時期を決めていますか? 「いつ頃までには.....」と漠然と考えている女性は多...
FILM
 私がGにセクハラ、パワハラを受けている事実に、気づいてくれる人がいた。言えば、信じてくれる人がいた。このことは、ひとり...
FILM
 潜在的な患者も含めるとおよそ30〜60人にひとりの女性がかかると言われている甲状腺疾患。バセドウ病は、甲状腺機能が亢進...