今のキャバ嬢が30歳を迎えても「オワコン」じゃない理由

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2019-07-04 06:00
投稿日:2019-07-04 06:00
「キャバ嬢なんて若いうちだけじゃん。30代になってから後悔すると思う」
 これが世間の、水商売やキャバクラ嬢に対する一般的意見でしょう。しかし、実際に30歳までキャバ嬢として働くということの現状を知っての意見ですか?
 歌舞伎町は今、インバウンド効果でどんどん盛り上がっています。今回は、某キャバ嬢ファッション誌でライターをしていた筆者が考える「30歳でキャバクラ嬢をするという現実」についてお話します。

30歳で崩壊するかどうかは働く理由次第

30を過ぎても変わらない若さをキープ(写真:iStock)
30を過ぎても変わらない若さをキープ (写真:iStock)

 30歳を迎えてもキャバ嬢として働いている人は世間が思うより多いです。キャバクラでは多くの女性が実際の年齢よりも若くサバを読んでキャバ嬢をしています。

 しかし、日々接客業に携わる彼女たちは、誰よりも美容に気を配って生活しています。お酒を飲み夜更かしをする仕事ですが、スタイルキープには気を使っていますし、自分のお手入れも仕事のうち。しっかり自己投資をしているのでキレイな方も多く、年齢のサバ読みも気にならないし、当たり前として受け入れられているのです。

 もちろん誰もが若く見えるわけではありませんが、職業としてのキャバ嬢に誇りを持つ女性はみんな美しいです。惰性でやっている子や、ホストにハマってしまった子、中には精神的に追いつかなくなってきて、どんどん老けていってしまう人たちもいます。変わらない若さをキープする子たちは、年齢など気にせず働いています。

寝る時間も早い? 都会のキャバはホワイト職場

意外と十分な睡眠時間が取れる(写真:iStock)
意外と十分な睡眠時間が取れる (写真:iStock)

 キャバ嬢といえば、朝まで飲み明かすことが日常茶飯事だと思っていませんか?

 東京では今、風俗営業法の取り締まりがしっかりと行われています。風営法では風俗店は午前0時以降、営業ができません。なので、しっかりしたお店は基本的に深夜になる前に閉店します。

 もちろん閉店後も多少お店に残ることもありますが、それでも午前2時くらいには帰宅できるのが基本です。

 出勤前は準備も多く、夕方には職場に向かうような感じですが、睡眠時間は十分に取れます。そういう意味では意外とホワイトな職場なんですよね。

素敵な出会いやセカンドキャリアへの道も

「ようこそ、わが社に」なんてこともあるかも(写真:iStock)
「ようこそ、わが社に」なんてこともあるかも (写真:iStock)

 みなさんがキャバ嬢という職業を軽く見る一番の理由は、若いうちしか働けずキャリア形成がしづらい、と感じるところでしょう。または、キャバクラでの稼ぎに慣れて金銭感覚がマヒし、昼職への復帰が難しそう……そんな風に感じていませんか。

 確かに、キャバ嬢の中にはセカンドキャリアにつまずく女性も多くいますが、上手くやっている女性も多くいます。キャバクラを利用するお客さんにはお金持ちや権力者、顔の広い男性も多く、キャバクラでの出会いを上手く活用すれば、セカンドキャリアにもつながりやすいのです。

 なぜなら、人事権限を持っている男性との出会いも多いからです。夜のお酒の席での出会いをどう生かすかは自分しだい。仕事に真剣に取り組んでいれば、引き抜きの声がかかることも珍しくありません。

キャバ嬢は思うより不幸ではありません

堂々と“夜の蝶”を名乗る女性も(写真:iStock)
堂々と“夜の蝶”を名乗る女性も (写真:iStock)

 キャバ嬢たちのことを「ドロップアウト組」とか「売女」とか、そんなイメージで見ている人も多いでしょう。しかし近年は、女性が男性に売り込む方法も“ギャラ飲み”や“パパ活”など、素人化が進んでいます。

 そんな中であえてキャバ嬢の道を選択する女性たちには、職業としての魅力を感じている人もいるのです。なので、接客業の一つとして堂々と選択する人もいます。

 一昔前と比べて、最近はキャバ嬢も職業人として認められつつあるようです。比較的、誰でも始めやすい仕事であり、場合によっては週末のみの副業に向いている、という女性も少なくありません。

 女性が稼ぐための方法の一つとして、再評価してもいいのかもしれませんね。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


せめて俺が手向けたい…あるホームレスに捧げる友情の花束
 “花屋”とは、誠に興味深いお商売でございます。 「花」という不思議な生き物に「人間」というこれまた複雑な生き物が...
毎月の美容代を節約! 特別価格でキレイになれるサービス3選
 女性であれば誰しも、「できることなら、もっと綺麗になりたい!」「年齢に負けず、いい状態をキープしたい」と思っているので...
超レアな「ポケふた」を“捕獲”してみた! 2021.4.20(火)
 マンホールの蓋が好きです。よく見るととても凝った作りになっているんですよね。マンホールの蓋のデザインはおよそ1万200...
4月19日~4月25日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
既婚vs独身問題に終止符を!境遇の違う友人と付き合うには?
 既婚女性vs独身女性。子ありvs子なし……アラサー以降の女性の定番とも言える、境遇や立場の違いによる断絶。さまざまなマ...
大好きなおんにゃの子の匂い? クンクンする“にゃんたま”君
 一斉に花が咲き始めて、にゃんたまωも大きく膨らむ春が来た!  きょうは、やわらかな陽射し、パトロール中のにゃんた...
保護猫2匹、真夏の夜の“クローゼット閉じ込め”事件に遭う
 この4月にわが家の猫たちは2歳のお誕生日を迎えました。無事に大きくなって本当によかったです。子猫時代に一度会いに来て以...
誕生日にお母さんから届いた…ほっこり笑える不思議LINE5選
 世の中のお母さんたちって、面白くて不思議な楽しい言動で、私たちをほっこりさせてくれますよね。今回は、そんな愛すべきお母...
無言の時間が怖い…複数人との会話でも気疲れしないコツ
 仕事の飲み会など複数の人と会話していると、気まずい無言の時間が訪れることってありますよね? そんな時、どうにか場を盛り...
ウシ柄ブームの最前線!地味色でも存在感抜群の“にゃんたま”
 今年は丑年。この春のファッショントレンドといえば……ウシ柄!  きょうは、そんなウシ柄ブームの最前線をゆくにゃん...
“リア充”にあなたもなれる! 真似したい5つの特徴&目指し方
 プライベートでも仕事でも充実している人を見ると、「いつも楽しそうで羨ましい」と思う人が多いでしょう。しかし、そんな“リ...
悲しみを忘れて…高貴な佇まいの「ミヤコワスレ」は心を癒す
 女性らしいことに憧れていた、若かりし頃のワタクシ。仕事に忙殺された日々の現実逃避に、ご縁があってある有名な茶人のお稽古...
香りのナイトルーティンはいかが?快適な睡眠に導く3アイテム
 デスクワークやSNSによる脳の疲れや興奮を、香りによってリフレッシュ&リラックス! 自分を癒してあげましょう♪ 香りの...
4月12日~4月18日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
出会いと別れの季節…去りゆく“にゃんたま”に一抹の寂しさ
 春は出会いと別れの季節。縁とは不思議なもの、いままで多くのにゃんたま君たちとの出会いと別れがありました。  きょ...
トホホ、猫って夜行性なんですね…子猫運動会実況中継!
「下痢パネル」の結果は動物病院から電話で伺いました。「猫コロナウイルス陽性です」と、先生がめちゃくちゃ深刻そうにお話する...