今のキャバ嬢が30歳を迎えても「オワコン」じゃない理由

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2019-07-04 06:00
投稿日:2019-07-04 06:00
「キャバ嬢なんて若いうちだけじゃん。30代になってから後悔すると思う」
 これが世間の、水商売やキャバクラ嬢に対する一般的意見でしょう。しかし、実際に30歳までキャバ嬢として働くということの現状を知っての意見ですか?
 歌舞伎町は今、インバウンド効果でどんどん盛り上がっています。今回は、某キャバ嬢ファッション誌でライターをしていた筆者が考える「30歳でキャバクラ嬢をするという現実」についてお話します。

30歳で崩壊するかどうかは働く理由次第

 30歳を迎えてもキャバ嬢として働いている人は世間が思うより多いです。キャバクラでは多くの女性が実際の年齢よりも若くサバを読んでキャバ嬢をしています。

 しかし、日々接客業に携わる彼女たちは、誰よりも美容に気を配って生活しています。お酒を飲み夜更かしをする仕事ですが、スタイルキープには気を使っていますし、自分のお手入れも仕事のうち。しっかり自己投資をしているのでキレイな方も多く、年齢のサバ読みも気にならないし、当たり前として受け入れられているのです。

 もちろん誰もが若く見えるわけではありませんが、職業としてのキャバ嬢に誇りを持つ女性はみんな美しいです。惰性でやっている子や、ホストにハマってしまった子、中には精神的に追いつかなくなってきて、どんどん老けていってしまう人たちもいます。変わらない若さをキープする子たちは、年齢など気にせず働いています。

寝る時間も早い? 都会のキャバはホワイト職場

 キャバ嬢といえば、朝まで飲み明かすことが日常茶飯事だと思っていませんか?

 東京では今、風俗営業法の取り締まりがしっかりと行われています。風営法では風俗店は午前0時以降、営業ができません。なので、しっかりしたお店は基本的に深夜になる前に閉店します。

 もちろん閉店後も多少お店に残ることもありますが、それでも午前2時くらいには帰宅できるのが基本です。

 出勤前は準備も多く、夕方には職場に向かうような感じですが、睡眠時間は十分に取れます。そういう意味では意外とホワイトな職場なんですよね。

素敵な出会いやセカンドキャリアへの道も

 みなさんがキャバ嬢という職業を軽く見る一番の理由は、若いうちしか働けずキャリア形成がしづらい、と感じるところでしょう。または、キャバクラでの稼ぎに慣れて金銭感覚がマヒし、昼職への復帰が難しそう……そんな風に感じていませんか。

 確かに、キャバ嬢の中にはセカンドキャリアにつまずく女性も多くいますが、上手くやっている女性も多くいます。キャバクラを利用するお客さんにはお金持ちや権力者、顔の広い男性も多く、キャバクラでの出会いを上手く活用すれば、セカンドキャリアにもつながりやすいのです。

 なぜなら、人事権限を持っている男性との出会いも多いからです。夜のお酒の席での出会いをどう生かすかは自分しだい。仕事に真剣に取り組んでいれば、引き抜きの声がかかることも珍しくありません。

キャバ嬢は思うより不幸ではありません

 キャバ嬢たちのことを「ドロップアウト組」とか「売女」とか、そんなイメージで見ている人も多いでしょう。しかし近年は、女性が男性に売り込む方法も“ギャラ飲み”や“パパ活”など、素人化が進んでいます。

 そんな中であえてキャバ嬢の道を選択する女性たちには、職業としての魅力を感じている人もいるのです。なので、接客業の一つとして堂々と選択する人もいます。

 一昔前と比べて、最近はキャバ嬢も職業人として認められつつあるようです。比較的、誰でも始めやすい仕事であり、場合によっては週末のみの副業に向いている、という女性も少なくありません。

 女性が稼ぐための方法の一つとして、再評価してもいいのかもしれませんね。

ミクニシオリ
記事一覧
フリーライター
フリーランスの取材ライター・コラムニスト。ファッション誌や週刊誌、WEBSITEメディアなどで幅広く活動。女性向けのインタビュー取材や、等身大なコラム執筆を積極的に行う。いくつになってもキュンとしたい、恋愛ドラマと恋バナ大好き人間。
XInstagram

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


モテモテ“たまたま”に熱愛発覚! ロマンチックな鼻チューにドキッ♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
シゴデキだけどなかなか厄介!? 高学歴部下を持つメリットとデメリット
 自分の部下を好きに選べるなら、どんな人がいいですか? 「ポンコツはイヤ! 高学歴で聡明な、シゴデキの部下が欲しい!」と...
酷暑で園芸瀕死でも夏のお助け花「ペンタス」、どんだけ咲いてくれるのw
 暑いです。ただでさえ更年期のお年頃のワタクシ、この厳しい暑さは格別でございます。  猫店長「さぶ」率いる...
あの上司が“うさぎスタンプ”で甘えてるっ!職場への誤爆&赤面LINE10選
 職場のグループLINEは、仕事を円滑に進めるために、今や欠かせないものでしょう。でも、あろうことかそんな職場LINEに...
予約必須店で失態!食い意地が勝り、朝10時からフルコースの“敗者復活”
 汗ばむ気温のとある週末、筆者は湖畔の景色を見ながら、優雅にフルコースをいただいておりました。時計の針はまだ午前10時を...
“面倒くさい”ママ友って本当に必要?メリットとデメリットを検証してみた
 あなたにとって、ママ友は必要ですか? それとも不要ですか?「仲良しのママ友を作って、一緒に子育てを楽しみたい」と思う人...
暑い日こそIN・鍋!のんびり“たまたま”君の大あくびをパチリ
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
心をすり減らす“毒友”と縁を切る3つの方法 その違和感に目を背けないで
 自分にとって毒になる友人、毒友。一緒にいて違和感を抱くあの人も、あなたにとって毒友なのかもしれません。今回は、毒友の特...
3歳娘にアタマジラミ!? 我が家を救ったアナログな退治法と意外な美容家電
 2人の保育園児を育てる我が家では先日、ちょっとした“事件”がありました。下の子どもの頭にアタマジラミが住み着いてしまっ...
女友達へのディスり誤爆!《純粋アピールのフルコンボだったじゃんね笑》深夜LINEの後悔が止まらない…
 深夜に誰かへLINEを送るときはくれぐれもご注意を。“深夜テンション”でネガティブになりすぎたり、ヤケクソになっていた...
「女人禁制」の読みは「にょにんきんせい」とは限らない?
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
「明日は何時?」親の老いをLINEでも実感…切ないけれど受け入れる!
 人間誰しもいつかは老いがやってくるものです。ただ、これまでたくさんの愛情と安心を与えてくれた絶対的な存在の「親の老い」...
アラフォーが若者とのカラオケで失敗しない方法3つ 10年前の選曲はあり?
 職場での飲み会後、二次会としてよくあるのがカラオケ。アラフォーともなると、若〜い後輩を引き連れてカラオケに行くこともあ...
「スナック常連客に嫌われるNG行為」初めての店ではマジ注意して!
 いわゆる夜のお店というのは、「大人の社交場」と言われることがあります。昔からなんとなく納得してはいたんですけど、最近や...
キィー!羨ましい! 実はめらめらとママ友に嫉妬している6つの瞬間
 子どもがいると切っても切れない仲になるのが、ママ友。母として生きている女同士、話が盛り上がりますよね。その一方で、近い...
美しすぎる方向転換…国宝級“たまたま”にどこまでもついて行きます
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...