開運の実「イイギリ」はお正月限定ではない!クリスマスも守ってくれる

斑目茂美 開運花師
更新日:2023-11-29 06:00
投稿日:2023-11-29 06:00
 クリスマスやお正月などイベントづくしの12月。今回はお正月の生け込みには欠かせない開運素材「イイギリ」のお話です。名前に馴染みはなくても、たわわに実った小さな赤い実は誰でも一度は見たことがあるはず!

今年もあと少し

今年も平社員の爆買い入荷でワシの居場所がなくなった。アイツばかやな。byさぶ店長/無断転載禁止(C)コクハク
今年も平社員の爆買い入荷でワシの居場所がなくなった。アイツばかやな。byさぶ店長 /無断転載禁止(C)コクハク

 猫店長「さぶ」率いる我が愛すべきお花屋にも、年末に向けた商品が続々と業者さんから届き始め、早すぎる一年の流れに驚きながらも一気に“年末戦闘モード“になってまいりました。

 そうなると不思議なもので、猫店長も邪魔にならないための気遣いなのか、ご自分のハウスの中でぬくぬくと毛布に包まれて“年末ロングタイム昼寝モード”に突入しております。

 花市場で扱われる商品はお正月商品が増え、心なしか市場のお兄様たちの鼻息が荒くなってきた様子。フラフラと歩いていると、まさに山から切ってきたばかりの年末商材納品現場に遭遇。その場で仕入れた一年ぶりのキラキラ商材が、ワタクシのすっかり緩んだフンドシを締め直してくれました。

 今回は「今年もビッチリ実ってます! 開運の赤いイイギリの実」の解説でございます。

イイギリってなんですか

 イイギリとは樹高10~20mにもなるヤナギの仲間で、秋になるとブドウの房のような赤い実をたわわにつけ、とても目立つ存在の落葉樹でございます。

 お花屋さんの間では「南天桐(なんてんぎり)」と言われ、お正月商材として欠かせないものの一つ。南天桐というからには南天なのか桐なのか。

 南天桐の南天はイイギリの実が南天の実に似ているから。そして樹皮や木を桐の代替え品として使われていたこと。

 葉も桐の葉に似ていたためで、別にどちらとも全く関係ござらん「なんちゃって」ではあるものの、南天桐と聞いただけでものすごく格が上がった感じでございます。

 寒いのは少々苦手で、割と暖かい地方の山や街路樹、公園などで見かけるイイギリ。漢字では「飯桐」と書きます。昔はこの木の葉でおにぎりを包んだり、器にしていたことから付いた名前ですが、イイギリの木といえば、なんと言ってもたわわに垂れ下がった赤い実が魅力的!

 ではあるのですが、雌雄別株のイイギリは実が付くけど花がお地味な雌と、実が付かないけど花が綺麗な雄、花は綺麗で数年に一度実がなる“おいしいとこどり”の雄雌合体です。

店に野良猫がご飯食べやってくるが、なんでみんなパンダ猫なんや? byさぶ店長/無断転載禁止(C)コクハク
店に野良猫がご飯食べやってくるが、なんでみんなパンダ猫なんや? byさぶ店長 /無断転載禁止(C)コクハク

 とても大きくなる木なので庭木というわけにはいきませんが、街路樹や公園などに植えられたイイギリが春には緑の花が咲き、美しい紅葉を楽しんだあとには枝いっぱいに印象的な赤い実が残り、一年通して季節の移ろいを知らせてくれます。

 散歩の途中に暗い冬の空を見上げるとワクワク、たわわになった赤い実が視界に入るだけでも気分が上がる心持ちですな。

 お正月の大きな生け込みにも欠かせないイイギリ。ワタクシのお店では、毎年やたらと大きな樹形のものを大量に仕入れます。そのたびに店内には収まりきらず、大騒ぎしながら結局、店外の軒先にて保管。

 そして知らぬ間にやってくる「あるもの」と闘う日々でございます。それは可愛いけれど意外とデカい、鳥軍団!

イイギリはおそらくおいしくない

お正月の生け込みには欠かせない/無断転載禁止(C)コクハク
お正月の生け込みには欠かせない /無断転載禁止(C)コクハク

 お正月に飾る実物といえば千両・南天・万両がド定番ですが、どれも赤い実がついていて、赤色は厄除け・邪気除けとして知られております。

 厄除けに加え、商売繁盛や金運アップなどを願うものでもあり、庭木の開運植物として、その効果は東・南東・南に植えると良いとされています。

 とはいえ、お庭に植えた千両や南天の実は、鳥たちに食べられてお正月には無いー! なんて経験をなさってる方がとても多い。早い時期から網をかけたり、囲ったりしながら鳥たちに抵抗なさっている方も多しw。

 ワタクシは「たんとお食べなさいよ」と食べさせてしまう派ですが、千両や南天はあっという間に実がなくなってもイイギリは残っている。

 冬でも食べられることなく、たわわになっている……。おそらく相当マズイんだろうな、と思います。

 だがしかし! 猫店長「さぶ」がロングタイム昼寝中なのをいいことに、ヒヨドリやツグミなど近くで見ると割とデカい鳥たちが、せっせとワタクシのお花屋さんの軒先にやってきて売り物のイイギリをお召し上がりになっている――。

 止めるべきか否かを迷っているうちに枝のてっぺんがなくなって、短く切り詰めて無事店内に収納。なんてことを毎年繰り返しているのでございます。

お正月には大活躍

年末スワッグ教室は怒涛の人数を平社員1人でこなしているが…アイツ馬鹿だと思う byさぶ店長/無断転載禁止(C)コクハク
年末スワッグ教室は怒涛の人数を平社員1人でこなしているが…アイツ馬鹿だと思う byさぶ店長 /無断転載禁止(C)コクハク

 お正月の生け込みには欠かせない開運素材のイイギリですが、普段でも使うんですよ。いずれはドライフラワーになることを見越した、壁掛けなどのスワッグ材料として重宝します。

 これからの季節、クリスマスやお正月飾りを玄関の扉に装飾する方が増えてきますが、オススメは束ねたエバーグリーンにイイギリの実を付けただけのシンプルスワッグです。

 エバーグリーンは檜やヒムロ杉などを使えばクリスマスに。松を使えばお正月です。

 クリスマス用に束ねたエバーグリーンの束でも、これに100円ショップでも手に入る小さなしめ縄をプラスすれば、そのままお正月飾りに変身。花言葉はお正月に相応しい豊かな言葉「恵まれた人」「豊穣」です。

 難しいことは考えずアナタの心のおもむくままの花遊びでもなぜかオシャレに見えます。お試しあれ。

 イイギリの赤い実がアナタを災いから守ってくれますことを……遠いお空の向こうからお祈りしておりますよ~。

斑目茂美
記事一覧
開運花師
半導体エンジニアを経て花業界に転身。イベント・ホテルなどの装飾も手がける生花店を営む傍ら、コンテストで優勝・入賞を重ね、雑誌・新聞等に作品を発表する。神奈川各所にて花教室を開催。障害者支援も花で実践。悩ましくも素敵なお客様を「花」で幸せへと導く道先案内人。ブサかわ猫店長「さぶ」ともに奮闘中。Facebookやってます。

ライフスタイル 新着一覧


「レンジでゆたぽん」人気じわり..足を温めると眠りやすい!
「レンジでゆたぽん」を知ったのは、年末年始に長野県の義実家に行った時。寒がりな私を気遣って、義母が用意してくれたのです。...
青空にオレンジボディが映え“たまたま”の見返りメンチにキュン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
私って性格悪い? 自分のダークサイドを自覚した4つの瞬間
 誰の心にだって、優しい部分と優しくない部分が存在するもの。そうわかっていても、自分の心のダークサイドを自覚すると「もし...
卒入学、彼岸、送別会【花屋が教える】予算内で理想の花束を贈る7カ条
「斑目さん、今年こそは頑張って期限内にお願いしますよ!」  お正月がなんとなく終わったばかり、なんて思っていたら、我が...
「とにかく盛り上がるやつ頼むよ」ってさぁ 先輩の無茶ぶりLINEがすぎる
 お笑い芸人の松本人志とその後輩芸人たちによるアテンド飲み会が話題になっていますね。  ニュースの真偽はともかく、...
2024-02-21 06:00 ライフスタイル
仕事のサボりがバレた瞬間4選 リモートワークは意外と見られている!
 近年では、リモートワークやフレックスタイムなどの制度が導入されて、数年前よりも働きやすくなりました。  一方で、自由...
真似から始まったファッションも、いつか体に馴染むもの
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
年の差婚の弊害?夫の“昭和の価値観”を持つ息子の将来が不安すぎる件
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  私の夫は10...
仕事のモチベが上がらない!30女40女のやる気スイッチをONにするテク
 どんなに好きな仕事でもモチベーションが上がらない時だってありますよね。気持ちが乗っていない時は、ミスしたり、時間が永遠...
2月19日~2月25日あなたの全体運・恋愛運・ラッキーカラー
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
この子を育てるのは無理かも…発達障害児がストレスで鏡に刻みかけた言葉
 ステップファミリー6年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
菜の花の小道で一触即発! 道を譲るのはどっちの“たまたま”
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
今夜は誰と出合おうか…人で溢れる街の隅っこに転がる心
 先に仮想世界(?)でお互いを見つけて、そこから顔を合わせるって最初は気まずくないのかな? と昭和の世代は思っちゃうけど...
水商売の水は流水説 夜の街で働くホステスやホストだけが当てはまるの?
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
2月相次ぐ地震で“南海トラフ”がトレンド入り 専門家の警戒する地震は?
 2月15日午前10時8分、京都府南部で震度3(マグニチュード=M3.7)の地震が発生。14日にも同じ場所で震度4(M4...
贈り物に「無理して喜ぶ」はNG行動 本当にイイ女は“感動コスパ”の猛者
 誰かに喜んでもらえるのって嬉しいですよね。そして小さな労力でたくさん喜んでもらえたら、もっと嬉しいですよね。それが“感...