新たなモテ男?本当はダメじゃない“ファッションダメ男”とは

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-07-20 06:00
投稿日:2019-07-20 06:00
バリキャリ女性の増加がダメ男ブームを生んだ?(写真:iStock)
バリキャリ女性の増加がダメ男ブームを生んだ? (写真:iStock)

 時代は今、空前絶後の「ダメ男」ブームです!

 バリキャリ女性が増えて十分な収入がある自立した女子が増えてきていることもあると思いますが、一方で「意識高い系男子」への疲れも背景にあるのではないでしょうか?

 意識高い系男子、まぁ一緒にいて疲れますよね? 人からどう見られるかを常に気にしていたり、自分が結果を出すと謎のマウンティングを仕掛けてきたり。

 そうなると、ダメ男はありのままの自分を受け入れている感が素敵! 一緒にいて楽! 逆に人間力高そう! といった「逆に!」ベクトルが働き、ダメ男の価値が相対的に上昇しているのです。

 そこで、ダメ男好き女性に聞いてみたダメ男のメリットや、最近新たに登場した「ファッションダメ男」についてご紹介いたしましょう。

そもそも、ダメ男の魅力とは?

ダメ男は甘え上手(写真:iStock)
ダメ男は甘え上手 (写真:iStock)

その1. 元来のスペックが高いイケメンが腐ったパターン

 ダメ男系によくいるのが、元来はジャニーズでもいけるんじゃない?というくらいの顔面スペックを誇った男子。あまり努力をしないか、努力の方向を大幅に間違えた結果、ダメ男になってしまったパターンです。

 したがって、顔の造形だけ見れば、かなりの高スペック!

「自分で稼げるようになったし、イケメンならそれで十分!」と開き直ったバリキャリ女子が、もはやペット感覚で飼育することがあるようです。

 また、意外と学歴が高いパターンもあるので、そうした点もダメ男コレクターの所有欲をくすぐるポイントなのでしょう

その2. キャラ崩壊の甘え上手

 ダメ男は、甘え上手。犬でいうと、完全におなかを上にするタイプ。基本的に外面が良いため、最初に会った時の印象とは全く違う甘えっぷりに、「私には素の自分を見せてくれている」と、プライドの高いバリキャリ女子の心をくすぐりがち。

 通常であれば気持ちの悪い赤ちゃん言葉も、イケメンであればなぜか許せてしまうようです。

 ただし、イケメンに限る――。ここでも健在です。

その3. ギャップ演出力が高い

 ダメ男に共通するスキルとしてあるのが、ずばりギャップ演出力です。

 基本的に人間性はクズなのに、「優しさ」とか「気配り」などで、いいタイミングでヒットを打つのに長けています。空気を読むのがうまいのでしょう。

 例えば、仕事でトラブルがあって疲れて帰ってきたときに限って、ちゃんと部屋を掃除して待っていてくれたり、風邪を引いた時には看病してくれたり。普段ダメな分、いざというところでちゃんとポイントをとってくるのです。

 これは“沼力”が高いですよね。ハマったら抜け出せなくなりそうです。

その4. マイナスからのスタートだからこれ以上は落ちない

 ダメ男は、ゼロではありません。マイナスです。どうやら人間というのは、一度マイナスになると、ある種の開き直りができてしまうようです。例えば、借金って一度するまでは躊躇するんですが、一回してしまうと抵抗感がかなり下がってしまうんですよね。

 これと同じ作用がダメ男にはあり、一度受け入れてしまうと、「マイナスからのスタートだったらこれ以上落ちることないし、上がるだけだよね!」と、なぜかポジティブな気持ちに。

 人間の感情、不思議です。

ファッションダメ男で新たなダメ男ブーム到来

ファッションダメ男の得意技「期待値のコントロール」(写真:iStock)
ファッションダメ男の得意技「期待値のコントロール」 (写真:iStock)

 さて、そんなダメ男ですが、最近は“新種”として、本当は全然ダメじゃないのに、ダメ男ブランディングをするファッションダメ男がSNSには登場してきました。

 実はやり手なのに、実作業が苦手とかコミュ障をアピールする起業家も多いですし、なぜか「俺はADHD(注意欠陥・多動性障害)だからさー」という申告も、何やらかっこいい風な自己主張に使われています。

 何かをおごられたり、何もしないといった行為も、ダメ感をスマートに表す表現手段として活用されたりもしますよね。

 さて、こうしたファッションダメ男がやっていることは、ズバリ「期待値のコントロール」です。

 期待値は上げすぎると人はガッカリしやすくなるもの。逆に下げすぎると興味を失われてしまいますよね。ファッションダメ男は、この期待値コントロールが絶妙に上手な皆さんなのです。

「リバウンドを制するものはゲームを制する」のごとく、「期待値を制するものは恋愛を制する」のです。

ラブ 新着一覧


FILM
 女性の中には、告白経験がない人もいます。「ひたすら、男性からの告白を待つ」という人もいるでしょう。しかし、せっかく好き...
恋バナ調査隊 2020-07-08 06:00 ラブ
FILM
「今の恋人はすべてが完璧!」そんな風に思える方は、ほんの一握り。きっと多くは、「かまってくれないけど、仕事面では尊敬して...
孔井嘉乃 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 コロナ禍の中で迎えた今年の夏は、いわば前代未聞の夏です。恋愛だっていつも通りというわけにはいきません。昨年と同じことを...
ミクニシオリ 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 20代の頃は多少ワガママを言っても許されたのに、30歳を超えてから急に風当たりが強くなりますよね。それでも私たちは妥協...
若林杏樹 2020-07-06 06:00 ラブ
FILM
 片思い中の女性は、「できることなら彼から告白されたい」と思っているでしょう。「彼も私に気がある」と、察しているのであれ...
恋バナ調査隊 2020-07-05 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-07-06 00:47 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-07-06 00:47 ラブ
FILM
 仕事などでしばらく会えていなかった彼に、久しぶりに会えるデートの日♡ それなのに、生理が来てしまった……なんて時もあり...
ミクニシオリ 2020-07-04 06:00 ラブ
FILM
 友人や近しい人の離婚。自分が離婚を経験していないと、何て言葉をかければいいかわからないですよね。何を言っても傷つけてし...
七味さや 2020-07-03 06:00 ラブ
FILM
「異性と遊ぶ」というと、男性をイメージする方が多いと思いますが、男遊びをする女性はたくさん存在します。今回は、そんな女性...
リタ・トーコ 2020-07-03 06:00 ラブ
FILM
 前回に続き、浮気男に対処する妻(彼女)たちのエピソードです。  昔から「男の胃袋をつかめ」という言葉がありますが、多...
うかみ綾乃 2020-07-02 06:00 ラブ
FILM
 彼氏との旅行は本当に楽しみでドキドキしますよね。その反面、長い時間一緒にいることでボロが出てしまわないか不安な部分もあ...
恋バナ調査隊 2020-07-02 06:00 ラブ
FILM
 恋人と別れる理由は人それぞれですが、ある程度時間が経って冷静になると「やっぱり好き」「ヨリを戻したい」という気持ちにな...
恋バナ調査隊 2020-07-01 06:00 ラブ
FILM
 今や出会いは、マッチングアプリで見つけられる時代。  マッチングアプリを利用した人の約7割が「出会えた!」、そし...
田中絵音 2020-06-30 06:25 ラブ
FILM
 気になる男性とのドキドキのLINE交換! その後、一生懸命にアプローチをしている女性は多いでしょう。しかし、そんな女性...
恋バナ調査隊 2020-06-30 06:07 ラブ
FILM
 恋愛教本やモテ術など、世間にはたくさんの恋愛テクニックで溢れています。よく私も参考にするのですが、男性側のモテ本には何...
若林杏樹 2020-06-29 10:21 ラブ