女性起業家に迫り寄る 自称スーパーコンサルタントの魔の手

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-05-05 06:00
投稿日:2019-05-05 06:00
 IT起業家――。西麻布、六本木、恵比寿、銀座など華やかな繁華街でシャンパンを嗜み、有名女優らと浮名を流して世間を騒がせる、そんな存在の彼らですが、一皮むけばそこは魑魅魍魎の世界。
 今回は、自らの起業経験を活かしたコンサルティングを事業としながら、顧客の大半が「女性起業家」であり、クライアントから公私にわたって様々な「報酬」を得る、自称スーパーコンサルタントの事例についてご紹介させていただきます。

ターゲットは起業したばかりの女性起業家

 自称スーパーコンサルタントのHさん。日系大企業に勤めた後に、ITベンチャーを起業。会社を売却後は、これからの起業家をサポートしたい、という思いから起業家をサポートするコンサルティングの事業をスタートしました。

 これだけを聞くと、非常に素晴らしい人だ!という感じがするのですが、実はこうした思い自体も巧妙にマーケティングされた彼の手法だったのです。

 実は、彼のコンサルティングのターゲットの大半は、「女性起業家」。彼のSNSの投稿は起業家を支えたいという熱い思いや、顧問先とのミーティングで自分が提案したアドバイス等が定期的に投稿されています。これは彼にとっては、潜在顧客、すなわち女性起業家達へのアプローチなのです。

 起業したばかりで、不安がいっぱいの女性の起業家。どうやって売上をあげていったらいいのか、集客をどういやってしていったらいいのか。毎日わからないこととの闘いです。

 そんな状況の中で、起業家をサポートして実績を出している彼の姿は、「頼れる先輩起業家」として女性起業家の脳裏にインプットされていきます。

始まりは顧問契約から…

 そうして、ロックオンされた女性起業家の方々には、まずは軽めの「キックオフミーティング」が設定されます。こちらでは、彼の実績やこれまでサポートしてきた起業家たち、そして具体的な「顧問契約」の内容についての説明がなされます。

 過去の実績に裏付けされたこのプレゼンテーションはさすがの一言。女性起業家の心をわしづかみにし、いよいよ顧問契約のスタートです。

顧問パワーで「尊敬」をコントロール

 顧問契約が開始すると、月数回のミーティングが自動的にセットされていきます。最初はオフィスやカフェがメインだった打ち合せも、途中からは夜の会食に。相談の内容も事業の進捗や、課題に対する対策などから、プライベートの相談へと徐々にシフト。

 巧妙なのは、こうした「プライベートな下心」がチラホラと見え隠れしながらも、「顧問」としてのアドバイスを的確に行うことで、「親身になって相談に乗ってくれているんだ……」と、ポジティブに解釈されるよう仕向けて行く手法なのです。非常に巧みなマーケット・コントロール力。

報酬は「お金」だけではありません

 そして、顧問契約から2、3カ月たち関係が深まってくると、「いい人脈を紹介するよ」という名目で深夜の飲み会に呼ばれ出します。そして、終電もなくなり、お酒もいい感じに入ったところで、いよいよ「お持ち帰り」が発生いたします。

 そう、彼にとっては、「顧問料」に+αされる追加報酬のボーナスタイムです。

 しかしながら、このお持ち帰りの誘い方も非常に巧み。あくまで「顧問」として、「君の相談にもっと乗りたいから一緒にいよう」という感じに。まさか顧問サービスに夜のケアまで入っているとは、女性起業家も想像しなかったことでしょう。

顧客を〇〇ガールズと呼ぶその姿勢

 実はこの自称スーパーコンサルタントのHさん、夜の飲み会では「今度、○○ガールズ(○○は彼の名前)を連れてくるよー」とよく発言しているとか。彼の顧問契約の女性の中でも、とくに容姿の綺麗な女性たちをそう呼んでいるようです。

 女性起業家のみなさん、顧問契約をしていると、いつの間にかあなたも○○ガールズに入隊させられているかもしれません。

しめサバ子
記事一覧
マルチポテンシャライトライター
主に恋愛・性に絡むネタを執筆。ライター業以外にも法務や税務、イベント企画、プログラミング、起業、ひいては寿司を握るなど、興味を持ったことに手当たり次第に挑む。休日はシメサバ作りをこよなく愛する。
X

ラブ 新着一覧


夫婦喧嘩は“自ら折れる”で片付ける!賢い妻は謝罪感謝をポチってハイ終了
 夫婦喧嘩をする時、自分から折れるのは悔しいと感じてしまいがち…。  でも実は、夫婦喧嘩は自ら謝ったほうが問題は解...
恋バナ調査隊 2024-07-24 06:00 ラブ
「レス離婚」は夫に慰謝料請求可能?弁護士に相談したら意外な答えが…
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  実は先日...
豆木メイ 2024-07-23 06:00 ラブ
封筒の中からオンナの毛髪が…もう恋愛したくない! ゾッとした体験談4選
 あなたは、恋愛で怖い思いをした経験があるでしょうか?  今回は、女性たちに“ゾッとした体験談”について話してもらいま...
恋バナ調査隊 2024-07-22 06:00 ラブ
すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ
友情か恋愛か。友達と同じ人が好きになり“カマかけLINE”を送ったら…
 友達と同じ人が好きになってしまい、友情か恋愛かを選べずに苦しんでいる人は多いようです。  中には、自分の気持ちを...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ