別居、DV、酒浸り…IT起業家の暗黒面あるある“7つの習慣”

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-05-23 06:00
投稿日:2019-05-23 06:00
 起業家――。華々しい響きを放ち、西麻布、六本木、恵比寿、銀座など煌びやかな繁華街でシャンパンをたしなみ、有名女優との交際というニュースで世間をザワつかせる。
 そんな表向きの顔とは裏腹に、起業家の中には“暗黒面”を持つケースも。今回はそんな彼らに焦点を当ててみましょう。ダークサイドに陥った起業家に共通する7つの習慣がそこにはあったのです。

多用なジャンルの女性でポートフォリオ分散

起業家の暗黒面を大公開(写真:iStock)
起業家の暗黒面を大公開 (写真:iStock)

 スティーブ・コビーの名著「七つの習慣」とは打って変わって、全く歓迎できない起業家の7つの習慣とは?さっそく、その闇をご紹介していきたいと思います。

習慣その1 アル中ばりの酒浸り

 起業家といえば会社の顔。当然、営業を兼ねた会食や接待もザラにあります。

 ところがそれにとどまらず、プライベートでも週8で飲み会を開催するような酒豪も。シャンパンの乾杯からスタートし、浴びるほどのテキーラが夜を加速させます。

 どれだけ酒に呑んで呑まれても、翌朝にはふらつきながら社員より前に出社する。そんな酒浸りデイズは起業家として当然の習慣です。

習慣その2 行き過ぎた内弁慶という名のDV

 社内外で見せるカリスマ性、時代を牽引するリーダーシップを持ち合わせる起業家たち。しかし、実は家庭では鬼畜なDV男(彼氏または夫)というケースがあることも噂されます。

 外でのストレスを発散させるかのように、身内やパートナーに暴言や暴力を振るうなんていうケースもあるというのです。

習慣その3 夜のポートフォリオ?彼女は多数

 起業家たるもの、目の前の人を大事にするのは当たり前。器の大きすぎる起業家の中には、「妻は1人だけど彼女は何人いても法的に問題ない。むしろ、優秀な遺伝子を拡散するのが責務」と“多毛作”に励み、多くの女性と交際を重ねる例もあるそうです。

 20代清楚系、20代後半丸の内OL系、30代バリキャリ系、30代後半人妻などさまざまなジャンルの女性でポートフォリオを分散させる上級者もいるのだとか。

習慣その4 エンジェル投資家?財源彼女

 すでに別記事でも触れたこの習慣も見過ごせません。有り余る財力がどこからきているのか?順風満帆に見える事業収益からかと思いきや、パートナーからお金を出資してもらい、豪遊するという驚きの習慣がこちらです。

 習慣その2、3などとの合わせ技で多数の彼女から出資を募り、シリーズA、Bと調達を重ねる事例もあるというから六本木は恐ろしいです。

SNSで闇をダダ漏れにするメンヘラ起業家も

起業家も人間だから…(写真:iStock)
起業家も人間だから… (写真:iStock)

習慣その5 パートナーとは別居

 そもそも、すでにパートナーからは三行半を突き付けられている事例もあります。

「俺、週の半分は大阪なんだよね。あと、海外出張もそこそこ入る」なんて一見バリバリに仕事をこなし、事業拡大に勤しんでいるように見せておいて、その実は帰るべき家がないなんてことも。

 忙しすぎる起業家ならではの課題かもしれませんね。

習慣その6 入れ食い?若いのにパパ活ライフ

 昨今、界隈をザワつかせるパワーワード「パパ活」。起業家界隈には若きパパが多数出現しているそうです。

 一般的な“パパ”よりも若い年代ながら財力を手にした起業家は、まさに無双状態、マッチングアプリやラウンジでも羽振り良く“お手当”を施し、パパ活嬢を手なずけるのもお手の物。

 上級者になると、「兄活」という”お手当”なしでの活動に励むツワモノも跋扈しているそうです。

習慣その7 SNSに闇投稿…メンヘラ起業家

 ここまで触れてきたように、闇深く病み深い習慣を持つ起業家たち。中には、SNSでついその闇をダダ漏れにしてしまうこともあるようです。

 経営者たる孤独に負けてしまうのでしょうか。寂しすぎる夜に誰からも誘われない時など、その愚痴をぽろっとつぶやいてしまう事例や、逆に満ち足りているときにリア充感満載な投稿が垣間見られる事例もあるようです。

 起業家も人間ですから、メンタルを健常に保つのは困難なのかもしれませんね。

まとめ

あ、この“起業家”はあかんやつや!(写真:iStock)
あ、この“起業家”はあかんやつや! (写真:iStock)

 いかがでしたか?起業家という特殊な生き方ゆえ、なかなか理解しがたい習慣を身につけてしまうケースも少なくないように見受けられます。

 その華やかな響きをフル活用し、夜な夜なうごめいている起業家に遭遇した際は、上記のような習慣に当てはまらないか、この記事のことを思い出してほしいと祈念しております。

しめサバ子
記事一覧
マルチポテンシャライトライター
主に恋愛・性に絡むネタを執筆。ライター業以外にも法務や税務、イベント企画、プログラミング、起業、ひいては寿司を握るなど、興味を持ったことに手当たり次第に挑む。休日はシメサバ作りをこよなく愛する。
X

ライフスタイル 新着一覧


「レンジでゆたぽん」人気じわり..足を温めると眠りやすい!
「レンジでゆたぽん」を知ったのは、年末年始に長野県の義実家に行った時。寒がりな私を気遣って、義母が用意してくれたのです。...
青空にオレンジボディが映え“たまたま”の見返りメンチにキュン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
私って性格悪い? 自分のダークサイドを自覚した4つの瞬間
 誰の心にだって、優しい部分と優しくない部分が存在するもの。そうわかっていても、自分の心のダークサイドを自覚すると「もし...
卒入学、彼岸、送別会【花屋が教える】予算内で理想の花束を贈る7カ条
「斑目さん、今年こそは頑張って期限内にお願いしますよ!」  お正月がなんとなく終わったばかり、なんて思っていたら、我が...
「とにかく盛り上がるやつ頼むよ」ってさぁ 先輩の無茶ぶりLINEがすぎる
 お笑い芸人の松本人志とその後輩芸人たちによるアテンド飲み会が話題になっていますね。  ニュースの真偽はともかく、...
2024-02-21 06:00 ライフスタイル
仕事のサボりがバレた瞬間4選 リモートワークは意外と見られている!
 近年では、リモートワークやフレックスタイムなどの制度が導入されて、数年前よりも働きやすくなりました。  一方で、自由...
真似から始まったファッションも、いつか体に馴染むもの
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
年の差婚の弊害?夫の“昭和の価値観”を持つ息子の将来が不安すぎる件
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  私の夫は10...
仕事のモチベが上がらない!30女40女のやる気スイッチをONにするテク
 どんなに好きな仕事でもモチベーションが上がらない時だってありますよね。気持ちが乗っていない時は、ミスしたり、時間が永遠...
2月19日~2月25日あなたの全体運・恋愛運・ラッキーカラー
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
この子を育てるのは無理かも…発達障害児がストレスで鏡に刻みかけた言葉
 ステップファミリー6年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
菜の花の小道で一触即発! 道を譲るのはどっちの“たまたま”
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
今夜は誰と出合おうか…人で溢れる街の隅っこに転がる心
 先に仮想世界(?)でお互いを見つけて、そこから顔を合わせるって最初は気まずくないのかな? と昭和の世代は思っちゃうけど...
水商売の水は流水説 夜の街で働くホステスやホストだけが当てはまるの?
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
2月相次ぐ地震で“南海トラフ”がトレンド入り 専門家の警戒する地震は?
 2月15日午前10時8分、京都府南部で震度3(マグニチュード=M3.7)の地震が発生。14日にも同じ場所で震度4(M4...
贈り物に「無理して喜ぶ」はNG行動 本当にイイ女は“感動コスパ”の猛者
 誰かに喜んでもらえるのって嬉しいですよね。そして小さな労力でたくさん喜んでもらえたら、もっと嬉しいですよね。それが“感...