夫を嫌いになる前に!出産前からやるべき産後クライシス対策

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-08-27 06:00
投稿日:2019-08-27 06:00
 子どもが生まれる前は仲良し夫婦だったのに、子どもが生まれたら冷めきった関係になってしまった……。そんな悩みを抱える夫婦は多いでしょう。これは、出産後に夫婦の危機が起こる「産後クライシス」が原因になっているのかもしれません。

【基礎知識】産後クライシスってどんなもの? 特徴や原因

子どもが生まれる前は仲良しだったのに…(写真:iStock)
子どもが生まれる前は仲良しだったのに… (写真:iStock)

「産後クライシス」という言葉を、初めて聞いたという方は多いでしょう。まずは、基礎知識として特徴や原因をお伝えします。

「産後クライシス」とは? その特徴

「産後クライシス」とは、NHKの番組で提唱された言葉で、出産後に夫婦仲が急速に悪くなる状態のことを言います。

 産後クライシスは、第一子が2歳になるまでに発生することが多いという特徴があります。夫婦が離婚した時の子どもの年齢は0〜2歳が約4割、という厚生労働省のデータもあるほど。もちろん、産後クライシスだけが離婚の原因というわけではないですが、見過ごすことができない要因になっているのは否めないでしょう。

産後クライシスの原因

 産後クライシスの原因は一つではありません。人によっても、環境によっても発生する理由はさまざま。一般的に大きな原因とされるのが、夫の育児不参加、出産による女性ホルモンバランスの変化などが挙げられます。

 基本的に妻側が夫に不満を持つケースが多く、夫の労働時間が長い場合や、妻が仕事をしている場合に起こりやすいそう。

 また、夫側が妻に不満を持つ場合には、イライラしている妻の機嫌を損ねないように我慢を重ねていたりなど、どちらか片方の不満だけではなくお互いの関係性が「夫&妻→パパ&ママ」へと変化することによって起こる複合的な問題だとされています。

妻の愛情曲線の変化

 下のグラフは、東レ経営研究所ダイバーシティ&ワークライフバランス研究部長の渥美由喜さんが調査した「女性の愛情曲線」を表したグラフです。(東京都・東京ウィメンズプラザ「パパとママが描く みらい手帳」web版から)

(東京都・東京ウィメンズプラザ「パパとママが描く みらい手帳」web版から)
(東京都・東京ウィメンズプラザ「パパとママが描く みらい手帳」web版から)

 このグラフによると、結婚直後まで夫に向けて高まっていく妻の愛情は、出産直後に一気に子どもへと向かいます。しかし、その反面、夫への愛情は反比例するかのごとく急激に下降していきます。

 そう。まさにこの時期こそが、産後クライシスが発生しがちな時!

 ここからが注目すべき点なのですが、子どもが乳幼児期に差し掛かったところで、夫への愛情が徐々に回復していくグループと、その後ずっと低迷し続けるグループに二分化されます。この二つのグループの違いは何なのかというと、夫婦が上手に産後クライシス時期を乗り切るかどうか? にあるのです。

 そして、産後クライシスを乗り越えた夫婦のその後は、子どもが高校入学を迎えるころ、子どもへの愛情と夫への愛情がほぼ同等になります。でも、産後クライシスを抜け出せなかった夫婦のその後は、何らかの夫婦問題が勃発したり、最悪の場合には熟年離婚などが発生することも考えられます。

 出産直後〜乳幼児期に、いかに真摯に産後クライシス問題に向き合わなければならないかが顕著にわかるグラフだと思います。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 恋愛には「妥協が必要!」という声と、「妥協はしない方がいい!」という2つの声がありますね。でも、実際のところは「妥協は...
恋バナ調査隊 2020-04-04 06:00 ラブ
FILM
 恋人ができれば、友達や同僚に伝えたくなるもの。しかし、社内恋愛の場合には、バレてしまった時にデメリットがあるため、職場...
恋バナ調査隊 2020-04-03 06:00 ラブ
FILM
 恋が始まると、毎日が楽しくなるものです。その恋を叶えるためにする努力も、幸せに感じることができるでしょう。しかし、いつ...
恋バナ調査隊 2020-04-02 06:00 ラブ
FILM
「待てど暮らせど、男性から連絡が来ない……」「いつも連絡するのは私から……」そんな男性に、イライラしている女性も多いので...
恋バナ調査隊 2020-04-01 06:00 ラブ
FILM
「あの子、育ちが良さそうだよね。良いところのお嬢様って感じがする」  あなたの身の回りにもいませんか? ものすごく...
七海 2020-04-01 06:00 ラブ
FILM
 私のもとに婚活相談に来る女性の3割が、元彼が忘れられないという女性です。 「元彼のことが忘れられない→でも元彼か...
山本早織 2020-03-31 06:00 ラブ
FILM
「好きだから嫉妬する」、これは当たり前の感情です。でも、嫉妬をすると不安や罪悪感などネガティブな感情になってしまう……と...
リタ・トーコ 2020-03-31 06:00 ラブ
FILM
 恋人がほしいと思っている人にとって、マッチングサイトは魅力的な存在。マイペースに恋活をすることができますから、忙しい人...
恋バナ調査隊 2020-03-31 06:00 ラブ
FILM
 感染症拡大防止による外出自粛が呼びかけられている今日この頃ですが、マッチングアプリでも出会いは自粛されているのでしょう...
内藤みか 2020-03-30 06:00 ラブ
FILM
 異常気象や自然災害、ウイルス蔓延、高齢化社会など、将来が心配になるようなニュースが多い昨今。だからこそ、パートナーを選...
FILM
 あなたは、不倫にどんなイメージを持っていますか? 中には、「スリルを味わえる楽しい恋愛」と思っている人もいるかもしれま...
恋バナ調査隊 2020-03-29 06:00 ラブ
FILM
 最近、周りで非常にざわざわするトピックがあります。その感染力は、新型コロナウィルスに引けを取らぬ勢いで、出会う人、出会...
しめサバ子 2020-03-29 06:00 ラブ
FILM
 新型コロナへの不安は、国内でも日に日に増しています。ついにはウイルス対策のために、同棲解消を選んだカップルも……。魑魅...
並木まき 2020-03-28 06:00 ラブ
FILM
 誰しも、好きな人に対して少なからず「嫉妬」をするものでしょう。でも、それはある意味、愛情の裏返しでもありますよね。でも...
FILM
 あなたは、恋人に浮気をされたらどうしますか? きっと「許せないから別れる!」と、即答する人が多いのでは? しかし、実際...
恋バナ調査隊 2020-03-27 06:02 ラブ
FILM
 誰しも、大人になると社交辞令を言ってみたり、本音と建前を上手に使ったりするものです。でも、だからこそ、「好きな男性には...
リタ・トーコ 2020-03-27 06:00 ラブ