今すぐマネしたい! 職場で好かれる女性の10個の共通点♪

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-09-04 06:46
投稿日:2019-09-04 06:00
 職場で憧れの女性っていませんか?その場の雰囲気を和ませたり、気配り上手だったり、仕事にも一生懸命に取り組んでいたり。そんな女性は異性同性問わず人気者で、正直ちょっと羨ましく感じてしまうこともありますよね。今回は、そんな彼女たちの共通点をお伝えします。

異性同性関係なく職場で好かれる女性の10個の共通点!

職場で好かれる女性の共通点とは(写真:iStock)
職場で好かれる女性の共通点とは (写真:iStock)

 さっそく、異性同性関係なく好かれる女性の10個の共通点を見ていきましょう。彼女たちを参考にすることで、今よりも良い仕事環境&人間関係を作れるかもしれませんよ。

1. いつもポジティブで笑顔

 単純ですが、場の雰囲気を一瞬にして明るくできるのは誰かの「笑顔」だったりします。いつもニコニコしている女性は、仕事に限らずどんな場面でも輝いて見えますよね。

 たとえプライベートで嫌なことがあっても、職場ではオンオフを上手に切り替えて!いつでもポジティブ思考でいることが大切です。

2. 人によって態度を変えない

 職場で人気のある女性は、人によって態度を変えません。上司、同僚、部下、異性同性関係なく損得勘定抜きで行動することも、周りの評価をアップさせるポイント。

 特に女性同士は、女性の「媚を売る」ような態度に敏感なもの。円滑な人間関係を作るためにも、誰にでも一貫した態度を取るようにしましょう。

3. 挨拶をきちんとする

 当たり前ですが、社会人として挨拶をするということは大切なこと。朝からテンションが上がらない……という気持ちは分かりますが、「おはようございます!」と、気持ち良く挨拶をすることで自分も相手も良い気分になれます。

 相手の目を見て笑顔で挨拶できるように、気持ちを整えておくと良いですね。

4. 悪口を言わない

 女性同士でいると、噂話で人の悪口を言うシーンに直面することがあります。でも、正直これって、気持ちが良いものではありません。

 職場で好かれる女性は、相手の良いところを見つけて褒めることが上手です。褒めることが苦手、という方は、せめて悪口に加担しない勇気を持ちましょう。

5. 上手にかわす

 どんな職場にも、気が合わない人は1人くらいいるものです。嫌味をいう先輩女性かもしれないし、きつくあたってくる上司かもしれません。

 でも、そんな時、嫌だと思う気持ちを悟られずに上手にかわせるのも、好かれる女性の共通点ではないでしょうか。機嫌を取れば良いということはありませんが、「仕事」として割り切って苦手意識を消すことも時には大切なことだと思います。

やりすぎネイルは要注意(写真:iStock)
やりすぎネイルは要注意 (写真:iStock)

6. 身だしなみをきちんとして品がある

 仕事をする上で見た目が重要!という訳ではありませんが、身だしなみをきちんとして品のある立ち居振る舞いをすることは、女性のスキルとして最低限持っておきたいものです。

 ただ、メイクやネイルをがっつりとしていれば良いというわけではありません。ポイントは、「清潔感」。TPOに合わせた身だしなみを意識するようにしましょう。

7. 気分にムラがない

 生理などの体調面ではもちろん、プライベートがうまくいっていないイライラを仕事に持ち込んでしまう女性も中にはいます。女性の体や心はデリケートですし、同じ女性としてとても理解できますが、その時々で態度が変わったりすると周りの人にも迷惑をかけてしまうので注意が必要。

 イライラはプライベートで発散!です。職場では、穏やかに冷静にいられるように努められると良いですね。

8. 自分に非がある時にはすぐに謝る

 仕事でミスをした時や、なにか不都合なことが起こった時こそ、人間性が問われるというもの。失敗してしまった事実に対して、誠意を持ってしっかり謝ることができるか、素直に反省をして、今後に繋げられるかは重要です。

 言い訳をしたり、感情的になったりすると、面倒に思われてしまう可能性も。謝った後には、二度と同じミスをしないように邁進する努力も大事です。

9. さりげなく気配りをする

 職場で好かれる女性は、さりげない気配りがとても上手。面倒な雑用を引き受けてみたり、残業をしているスタッフに「お手伝いしましょうか」など声がけをしたり、など、誰にでも気配りができる女性は人として魅力的に映ります。

 気配りは、誰かに褒めてもらうためのものではありません。でも、職場の雰囲気が良くなるようにする気配りは、きっと誰かの目に届いて、職場全体の雰囲気を良くすることにも繋がるはずですよ。

10. 仕事に対して真面目に取り組む

 どんなに好かれる女性であっても、仕事ができなければやっぱり残念……。仕事ができるできないは個人が持つ能力によっても変わってきますが、仕事に対して真面目に取り組む姿を見せるのは、誰にでもできること。

 スキルアップを目指して仕事に取り組んだり、分からないことがあれば謙虚に周りに聞く。そんな女性は周りからも信用されますし、責任のある仕事を任される機会もどんどん増えていくはず。仕事の面白さを、あらためて感じることができるかもしれませんよ。

当たり前のことをさらっとこなせる「デキる女性」に

どうせなら楽しく仕事をしたいよね(写真:iStock)
どうせなら楽しく仕事をしたいよね (写真:iStock)

 いかがでしょうか。1日のかなり長い時間を過ごす職場環境が心地良いものだと、仕事へのモチベーションもアップしますし、良いことづくめ。

 上記で挙げた「職場で好かれる女性」の共通点を見ると、人として当たり前のことが多く見られます。逆に考えると、当たり前のことができない人が多いからこそ、彼女たちが魅力的に映るのかもしれません。

 ぜひ、当たり前のことをさらっとこなせる「デキる女性」を目指して、円滑な人間関係を作っていってくださいね。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


なぜ黙ってたの?聞けば納得!大事な話を言わない大人の思惑
 皆さんは、相手から「実はね……」と話を切り出されて、「なんでもっと早く言ってくれなかったの!?」となる経験をしたことが...
専業主婦が抱える5つの不安と解消法 羨ましがられるけど…
 結婚や妊娠をきっかけに仕事をやめ、専業主婦になる人は多いです。しかし、いざ専業主婦として毎日家事や育児をこなす毎日を過...
“たまたま”のセルフマッサージ♡ 肉球とにゃんたまにキュン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「前髪全部焦がした」幹事ドン引き!同窓会の面白断り方LINE
 久しぶりに同級生から同窓会のお知らせが届いても、なんとなく行きたくない時ってありますよね。  今回は、そんな同窓...
夏の切り花“最大”の悩み!プロが解説&実践する花持ちの秘訣
 近年の暑い夏は本当に体にこたえます。  当然切り花にも厳しい夏で、お花屋は毎日が格闘でございますのよ。しかも、猫...
あなたは受け恋?追い恋? 8月8日~8月14日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
その言動に原因あり? 友達がいないアラサー女性の特徴5つ
 年齢を重ねていくにつれ、周りの環境はどんどん変化していきます。特に、女性は結婚や出産を機に変わる人が多いですよね。しか...
UFOと交信!? “たまたま”のサファイアブルーの瞳にうっとり♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「悪夢を見ない方法」4選 毎晩ぐっすり眠れないのはなぜ?
 毎晩悪夢にうなされてぐっすり眠れない人は、日常生活になんらかのストレスを抱えている可能性があります。  そこで今回は...
【無印良品】手軽な「日干しかご」見ーっけ!2022.8.6(土)
 天日干しして作る自家製「干し野菜」への関心は高まるばかり。野菜を無駄なくおいしく使い切る、調理方法の幅は広がる、そして...
「慰謝料やばいらしい」秘密情報も暴露!お局様のウザいLINE
 どんな会社にも、古くから居座るお局がいるものですよね。長く会社にいるお局は、いい人もいるのですが、中には態度が大きくな...
正直しんどい!メンタル不調の人に逆ギレされたらどうする?
 コロナ禍もあってか、ここ数年で急激にメンタルケアや心の病気に関する本やニュースが増えた気がします。  悩みを抱えてい...
これがないと困る!パルシステムのお勧め3品 2022.8.4(木)
 2人目の出産と引っ越しをきっかけにパルシステムに加入した我が家。「パルシステムがなければ、日々の食卓が成り立たない」と...
“たまたま”撮影は地面に腹ばいで!猫からの思わぬご褒美も♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
新盆の最新マナーを解説!猛暑&コロナ禍で故人を偲ぶには…
 8月になりました。  猫店長「さぶ」率いる我が花屋にも、ワクワクな夏休みがやってまいります。ですが、夏休みの直前...
「先生、会えそう♡」修羅場不可避!ズル休みが招く誤爆LINE
 みなさんは会社をズル休みしたことがありますか? 世の中には「浮かれ気分のズル休み」が原因で、身を滅ぼしてしまった人もい...