苦手な女性上司と良い関係を築くには 押さえたいポイント4つ

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-04-14 06:08
投稿日:2019-04-14 06:00
 女性の管理職が増えている昨今ですが、「同性である女性上司はなんとなく苦手」と思う方も多いようです。「いつもピリピリしていて話しかけにくい」、そんな声もありますね。では、そんな女性上司とはどんな風に接したら良好な関係性を築けるのでしょうか。

苦手な女性上司と良い関係を築く4つのポイント!

女性上司とうまく付き合うコツは(写真:iStock)
女性上司とうまく付き合うコツは (写真:iStock)

 どんなに「苦手」だと思っても、職場で毎日のように顔を合わせる女性上司。楽しく仕事をするためにも、良い関係を築きたいですよね。

 そこで、女性上司と接する時に押さえておきたい4つのポイントをお伝えします!

1. 苦手意識は伝わる!まずは尊敬を

「嫌われてるかも?」「苦手かも?」、そう思うと、女性同士はなかなか仲良くなれないものです。女性上司がよっぽど鈍感ではない限り、あなたが感じる苦手意識は伝わってしまうでしょう。

「そうはいっても好きになれない」そう思うのであれば、まずは、女性上司を尊敬してみるところから始めてみましょう。

「出世をするほどに仕事を頑張ってきた」、「育児や家事との両立をしている」など、今ある事実だけをピックアップしてみると、きっと見えない努力が浮かび上がってくるはずです。

 関係性を築くには、まずは自分から。「好き」までいかなくとも、「尊敬」をすることは良い関係を築く上で大切だと思います。

2. 女性だからこそ体調不良に寄り添う

 女性同士じゃないと分からないことってありますよね。ツラい生理期間はもちろんのこと、女性ホルモンのバランスが崩れやすい30〜50代は、特に体調不良が起こりやすい時期でもあります。

 もしも、女性上司の顔色が悪かったり、風邪を引いていたりなど、体調不良が見受けられるのであれば「大丈夫ですか?」と、寄り添ってみましょう。

 いつもは強気な女性上司でも、同じ女性。女性だからこその気遣いを見せると、きっと好印象を抱かれると思います。

3. 見た目への誉め殺しは逆効果!仕事で媚びを売る

「メイクいつも綺麗ですよね!」「お洋服素敵ですね!」なんて、大袈裟な誉め殺しは女性上司には響きません。「社交辞令でしょ!」なんて、パチンと返されてしまう可能性もあるでしょう。

 そんなことに媚びるなら、仕事で媚びを売りましょう。仕事に関して相談をしたり、教えてもらう時、「分かりやすいです!さすがです!」「本当に勉強になりました!◯◯さんに相談して良かったです!」と、言われた方が、きっとグッとくるはずです。

 なんといっても、人一倍仕事を頑張ってきた女性上司ですから、あなたの仕事への意欲や努力を認めてくれるはずですよ。ただし、見せかけだけではNG。「この間教えたでしょ!」なんて言われないように、気を付けましょう。

4. 細やかな気配りには甘えつつ、しっかりお礼を

 女性上司が持つ、細やかな気配り力はすごいです。残業中に差し入れしてくれたり、家族のことを気にかけてくれたりなど。

 そんな時、恐縮し過ぎたり、強がってしまったりする気持ちも分かりますが、そこは上司の提案や好意を素直に受け取り、最大限に感謝して甘えることをおすすめします。甘えるのが苦手な方もいるかもしれませんが、「もしかしたら、自分との間合いを詰めたいのかもしれない!」と、ポジティブに考えてみると受け入れやすいはずです。

 そして、肝心なのはその後の対応です。しっかりお礼を伝えるようにしましょう。この時、ほんの気持ちとして、「ドリンク剤」や「お菓子」などをさりげなくデスクに置いておくと、なお良いかもしれません。

「苦手」が「意外と好きかも」に変わることもある

「お局様」には気をつけて(写真:iStock)
「お局様」には気をつけて (写真:iStock)

 同性の上司と良い関係性を築くってなかなかハードルが高い気がしますが、日々を過ごすうちに「苦手」が「意外と好きかも」に変わる可能性だって十分にあります。

 とにかく大切なのは、女性上司だからといって構えすぎないこと!仕事をする上で、女性も男性も関係ありませんから。

 ただし、女性上司の中には、いわゆる「お局様」がいることをお忘れなく。一挙手一投足全てにネチネチ何かを言われる。そんな場合には、深く関わらないのが懸命でしょう。ある程度の距離を置き、日々をやり過ごすしかありません。

 どんな女性なのかを見極めるアンテナをピンと立てて、ぜひ、上手な関係性を築いていってくださいね。

孔井嘉乃
記事一覧
作詞作曲家・ライター
3歳からピアノを始め、現在は作詞作曲家&シンガーソングライターとして活動中。2014年からウェブライターとしての活動を開始。得意ジャンルは美容、恋愛、ライフスタイル。コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、ベビーマッサージ資格、乳児心理+児童心理資格取得。
2016年、ママユニット「mamakanon」を結成。活動5年目にして、YouTube再生回数1,200万回達成。2020年、フレンチシンガーバイオリニストソングライターとのDuo「ellipsis」を結成。両者の絶対音感を活かしてカバー演奏などを行う。
1児のママ。特技は早起き。ウィスキーが好き。

◇孔井嘉乃公式サイトmamakanon公式 YouTubeチャンネルellipsis公式 YouTubeチャンネル

ライフスタイル 新着一覧


【45歳からの歯科矯正】ワイヤー装着し14カ月、別のワイヤー着けた!?
 昨年4月に歯科矯正(表側のワイヤー矯正)を始め、14カ月が経ちました。「やり始めてしまえば、あっという間ですよ」(主治...
【独自】ホスト嫌いのラッパーが歌舞伎町に喝!「ポンコツどもを俺が鍛える」RYKEY DADDY DIRTYインタ
 東京・八王子に生まれ、中学生の頃から暴走族やギャングといったアウトローの世界を生きてきたラッパー、RYKEY DADD...
【独自】全身タトゥーや元受刑者も⁉️ 歌舞伎町に誕生したラッパーだらけのホストクラブが異次元だった
 なにかと悪評が絶えないホストクラブ業界の聖地、新宿・歌舞伎町に斬新すぎるお店が誕生。人気ラッパーで発信力も持ち、インフ...
大バズり流行語5選、理解してる?40代でも話についていけるように解説
 2024年も半分が過ぎ、振り返ると今年の上半期もさまざまな流行語が登場しました。40代の皆さんが聞き馴染みのない言葉も...
330円って本気? 職人が作る高見えグッズ、ダイソー姉妹店で見つけた!
 ダイソーが提案する新しいブランド「スタンダードプロダクツ」で、日本が誇る職人技の商品をコスパ良くゲットしてきました。 ...
現金より危険な面も…「電子マネートラブル」よくある事例と3つの対策法
 近年、現金を持ち歩かず、電子マネーを利用する人が増えていますが、それに伴って急増しているのが、電子マネートラブルです。...
親子でしっぽシマシマ隊! チビ“たまたま”がすくすく育ちますように
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
命がけで庭の雑草駆除、今年もやるの?ローメンテを叶える夏の雑草対策
 雑草が気になる季節になりました。「雑草」という植物なんて無いねえ~と言われちゃえばそれまでですが、道端はまぁいいとして...
トレンド入り「猫ミーム」インフルエンサーの投稿じゃないのになぜバズる
 2024年春、突如日本のSNSシーンで流行し始めた「猫ミーム」というカルチャー。日本だけでなく、今世界で流行し、そして...
え、ハブられてる? ママ友に嫌われる言動ランキング&上手に付き合う術
 子育て中の女性が必ず直面する「ママ友との付き合い」。気の合う人に出会えれば、情報交換や悩みごとを共有できる仲間として心...
カスハラとクレームの違い 料理が30分経っても出ないから文句言ったら?
 パワハラ、セクハラ、モラハラ…。最近何かと「ハラスメント」という言葉を耳にしますよね。その中でもここ数年でよく見聞きす...
「風呂キャンセル界隈」失敗談 足の臭いでバレ!自分を奮い立たせる方法
 ネットスラングで「風呂キャンセル界隈」というワードが話題になっています。読者の皆さんの中にも、その日の入浴をキャンセル...
丸見え族、参上! うさぎシッポの“たまたま”君にロックオン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
何をそんなに怒っているのだ?
 何をそんなに怒っているのだ?  東京都庁近くにて。
ほっこり癒し漫画/第75回「ヘルプみーこ」(後編)
【連載第75回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
【難解女ことば】「小女子」ってなんて読む? ヒントはご飯が進むもの。
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...