可愛いだけじゃ物足りない!「色気がある」女性の6つの特徴

七海 ライター
更新日:2019-09-13 16:54
投稿日:2019-09-13 06:00
「色気」の正体は見た目だけではない(写真:iStock)
「色気」の正体は見た目だけではない (写真:iStock)

 男性からモテる女性とはどんな人でしょうか。顔が可愛い、元気、明るい、スタイルがいい……そして何より「色気がある」こと。

「わたしは胸も小さいし背も低くて子供っぽい。セクシーさとは全くの無縁」

「セクシーさって結局ナイスボディかどうかが決めるんじゃないの?」

 確かに、セクシーのシンボルといえば「ルパン三世」の悪女ヒロイン・峰不二子が挙げられますが、彼女の色気は何も外的要素だけで成り立っているわけではないんです。色気がある女性には、特徴があります。

「知性」や「品」は必須項目!

色気は細部に宿る(写真:iStock)
色気は細部に宿る (写真:iStock)

1. 肌や髪に手入れが行き届いている

「美人じゃないと色気なんて感じてもらえないんじゃないの?」

 いいえ、色気と顔の造作は必ずしもイコールではありません。美人だけど色気がない、という人もたくさんいますし、当然その逆もありえます。

 大事なのは肌と髪です。にきびやクマ、吹き出物がある肌ではなく、水を弾くようなピンとした艶のある肌。思わず撫で回したくなるような、指通りのいいサラサラで天使の輪が浮かんだ髪。髪がプリン状態だったり、肌が荒れて乾燥しているのであれば、今すぐに手入れをするべきです。

 顔の造作よりも、髪や肌の印象が勝ることが多々あります。男性は女性が思っているよりずっと、髪と肌を見ているんです。橋本マナミさん、壇蜜さん、峰なゆかさん……セクシー路線のタレントさんは、ほら、全員綺麗なつやつやの黒い髪がトレードマークですよね?

2. 教養や知性がある

「バカなふりをした女の子の方がモテる」――誰しも聞いたことがあるモテテクニックですよね。

「知らなかった〜」「すご〜い」「教えて」。確かに男性の庇護欲や支配欲をくすぐる戦略ではありますし、バカなふりをすることによってモテてきた、という女性も少なくないかもしれません。ですが、それって果たして「セクシー」なんでしょうか。

 壇蜜さんがブレイクしたとき、ただ彼女の見た目がセクシーで発言が刺激的だったから人気を集めたわけではありません。彼女は教養があったからこそ、「賢い=セクシー」というイメージを作っています。色気は教養からにじむもの。湘南のビキニギャルはエロいけれど、図書館の黒髪の淑女は色っぽい、そう思いませんか?

3. 品がある

 下品な女性には色気がありません。谷間を露骨に見せたり、やたら性的なことにオープンすぎると下品なイメージを持たれるだけで、少しも色っぽくありません。

 仕草はゆったりと小さめに、笑うときも大口を開けるよりは手で少し隠しながら。和服が似合うバーのママになったつもりで、しっとりとした印象を心がけましょう。

 当然、ネットスラングや下品な単語は口にせず、猥談はあくまで受け身でさらっと流すことが大切です。

ピンヒールが似合う女性になりたいなら…

引き締まった体型はトレーニングの賜物(写真:iStock)
引き締まった体型はトレーニングの賜物 (写真:iStock)

4. 姿勢が良い

 日本人は猫背の人が多いですが、だからこそ日本刀のごとくぴんと背すじが伸びた人が、なんとかっこよく見えることか。デスクワーク中、ついつい背中が丸まって顔が突き出てしまう、という人も意識的に姿勢を正してみてください。

 姿勢が良いとそれだけでスタイルが良く見えますし、洋服も綺麗に着こなせます。色気を出すのに必須なピンヒールが似合うのも、姿勢が正しい人に限られたことです。さあ、顎を引いて肩を引いて、胸を前に出して。反り腰になりやすいのでそらしすぎには注意!

5. 体を鍛えている

 もちろん、ムキムキボディになれ、ということではありません。疑問に思ったことはありませんか? グラビアアイドルはむちむちしているのに、なぜか一般女性であるわたしたちのむちむちは、何かが根本的に違う……。

 それは、顔に肉がついているかどうか、手首や足首が締まっているかどうか、くびれがあるかどうか、適度な筋肉があるかどうか、なんです。そう、グラビアアイドルはつくべきところに肉がついていても、ちゃんと引っ込むべきところが引っ込んでいるのでメリハリがあるんです。

 ただ全身に肉がついているだけでは、「マシュマロボディ」とは言わず単純に肥満しているだけです。胸やお尻に肉がついているのは大歓迎ですが、締まるべきところはきちんと鍛えましょう。

6. 口元が綺麗

 女性のセクシーシンボルといえば、胸やお尻、脚に次いで「唇」があげられます。男性は女性の口元を本当によく見ている……。そんな唇がガサガサとかさついてめくれていたり、リップメイクが適当だと、「ガサツな人」だと思われてしまいます。それじゃあまったく「キスしたい」なんて思うはずがないし、そそられないですよね。

 あるいは、歯が黄ばんでいたり、歯列がガチャガチャだと、これも色っぽくないし、不潔な印象をあたえます。唇のケア、歯のケアを惜しんではいけません。真っ赤な口紅でセクシーアピールしても、笑った時に覗いた歯が汚かったら、すべてが台無しです。目を大きく、ばかり気になりがちですが、口元も魅力的な女性になりましょう。

まとめ

内面からにじむ色気を目指したい(写真:iStock)
内面からにじむ色気を目指したい (写真:iStock)

「わたし、童顔だから大人っぽい格好とか似合わない。ヒールもピッタリしたニットワンピースもしっくりこない。色気なんて出せるはずがない」

 もちろん、見た目から色気を出すことが一番容易ではあります。しかし、内面からにじむ色気も、同じくらい大切です。しっとりとした大人な女性の色気は、ブラに仕込むパッドの枚数ではなく、努力の積み重ねからできあがるもの。

「今日、色っぽいね」の一言は、いま正した姿勢から、始まるかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


婚活アプリとお見合いパーティーを並行して痛感したこと
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2021-01-26 06:00 ラブ
大好きだったのに…彼氏に幻滅する6つの瞬間&対処方法
理想の相手と交際できたからといって、すべてが思い通りにいくとは限りません。時には、思いもよらない一面を見て幻滅してしまい...
恋バナ調査隊 2021-01-26 06:00 ラブ
ケンカの絶えない夫婦になる恐れも…「距離感」の相性とは
 人間関係を築く上でとても重要になってくる「距離感」。ここの価値観が合わないと、なかなか苦労することになります。距離感の...
七味さや 2021-01-25 06:00 ラブ
恋愛関係なのに即レスしないのはなぜ?男女の違いを徹底検証
 大好きな彼とやっと両思いになれた時、つい嬉しくて「いつも彼とつながっていたい」と、LINEをたくさん送ってしまうのが女...
恋バナ調査隊 2021-01-25 06:00 ラブ
彼は寂しくないの? 会えない時の不安を解消する5つの方法
「会えない時間が愛を育てる」なんて、恋愛の常套句がありますね。そうはわかっていても、実際彼に会えない時、不安な気持ちに苛...
孔井嘉乃 2021-01-24 06:00 ラブ
“モテるけどクズ”な男子を好きになる女子が言いがちなセリフ
 古今東西、モテる男子には理由があるもの。そして、モテる男子ばかり好きになってしまう女子にも、理由があるものです。あなた...
ミクニシオリ 2021-01-23 06:00 ラブ
天使?小悪魔?“隠れ肉食系女子”の特徴&出会った時の接し方
「肉食系女子」や「草食系女子」という言葉は、誰でも聞いたことがありますよね。しかし最近、「隠れ肉食系女子」という新たなカ...
恋バナ調査隊 2021-01-23 06:00 ラブ
本性はココに出る!付き合うべきではない男のLINE語尾3選
 LINEに表れるちょっとした“癖”に注目すると、送り主の本性が垣間見えるケースも少なくありません。少し気になっている男...
並木まき 2021-01-22 06:00 ラブ
彼氏と連絡が取れない…考えられる理由5つ&効果的な対処法
 いつも通りのデートを楽しんだはずなのに、その後急に彼氏と連絡が取れなくなったら、「何かあったのだろうか?」と心配になる...
恋バナ調査隊 2021-01-22 06:00 ラブ
婚活アプリで見つけた こじらせ中年男性3タイプの傾向と対策
 恋活・婚活アプリも多様化の時代。中高年が大勢登録しているところには、ややこじらせている男性の姿も。どんな感じのこじらせ...
内藤みか 2021-01-21 06:00 ラブ
LINEで告白を成功させる方法♡切り出し方やセリフも紹介
 好きな男性に告白するのは、誰でも勇気がいりますよね。そんな時にふと、「LINEで告白しちゃおうかな」と考える人も多いで...
恋バナ調査隊 2021-01-21 06:00 ラブ
共通の話題がなくても大丈夫!カレの心をつかむ恋愛心理テク
 気になる人ともっと仲良くなるには「共通の話題」があるとグッとお近づきになれるのですが、どうも趣味も職種も違って盛り上が...
若林杏樹 2021-01-22 17:37 ラブ
シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋...
恋バナ調査隊 2021-01-20 06:00 ラブ
70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ
不倫がバレて“二度としない男”と“また繰り返す男”の違いとは
 近ごろ、芸能ニュースで「4年ぶり2度目の不倫」などとスクープされているのは記憶に新しいかと思いますが、これは芸能人に限...
田中絵音 2021-01-19 06:00 ラブ
もっと私に興味を持って!パートナーへの関心がなくなるナゼ
 私のパートナー、自分に関心を持ってくれていないかも……そう感じた経験はありますか? 離婚の原因は元パートナーの無関心が...
七味さや 2021-01-18 06:00 ラブ