脱ガサツ女子! 男性に「下品だな」と思われるNG行動とは?

七海 ライター
更新日:2019-09-06 06:00
投稿日:2019-09-06 06:00
「よく『残念な美人』って言われるんだけど、遠回しに『顔以外はブス』って言われてるってこと?」
 現代の女子は恋に仕事に趣味に大忙し。とはいえ、いつの時代もガサツな女子がモテたためしはありません。ギクッとしたあなたも、ぜひ“ガサツ女子”を脱して素敵女子に生まれ変わりましょう。

部屋や鞄の中が整理されていない

ぐちゃぐちゃなデスクはNG(写真:iStock)
ぐちゃぐちゃなデスクはNG (写真:iStock)

 部屋や机の上、鞄の中身はその人の心を表している……というのは、やはり本当のこと。

 仕事ができる人のデスクが散らかっていることなんてまずありませんし、物を失くすのは仕事ができない人ばかり。

「帰ってきたらついその場で服を脱いでスカートが輪になったまま放置されている」

「いつも定期をどこに入れたかわからなくなるから、何枚ムダに発行し直したことか」

 可愛いブランド物のカバンを使っていようが、中身がぐっちゃぐちゃに入り乱れていたら台無しです。「きっと部屋も荒れてるんだろうな……」と男性は引いてしまうことに。

 物を捨てられないのであれば、まずは断捨離から始めましょう。そのヨレヨレの、アイロンがかかっていないハンカチは本当にあなたにふさわしい持ち物ですか?

猫背やガニ股など姿勢が悪い

バレリーナをお手本に日頃から美姿勢を!(写真:iStock)
バレリーナをお手本に日頃から美姿勢を! (写真:iStock)

「**ちゃんってガニ股気味に歩くよね。遠くから来ても歩き方で分かるよ」

 そんな注意を受けていたら、今すぐ意識して改善するべきでしょう。

 確かにあぐらや猫背は楽です。楽ですが、ちっとも美しくないですよね。

 内股気味にしずしずと歩いたり、バレリーナのようにスッと正しい姿勢で立つように心がけると、スタイルがよく見えたり、服の着こなしもバシッと決まって見えます。

 特にヒールを履いている時に、ポコンと膝と顔を前に突き出して歩いていると(え、原始人ですか?)と思われかねません。身長が高い女性ほど悪目立ちするので、シャキッと姿勢を正す癖を身に付けましょう。

 うれしい副産物として、写真映りも格段によくなります。肩を後ろに引くようにするのがコツです。意外と筋肉を使う……!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


人生最悪の運気かも…そんな時に出会う人には注意すべき理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。身も心もボロボロの時に何かのキッカケで知りあった相手。その出会いで一時的に元...
山崎世美子 2021-01-16 06:00 ラブ
彼氏といちゃいちゃする6つの方法!サインを見逃さないで♡
恋人といちゃいちゃする時間は、とても幸せな時間です。どんなに付き合いが長くなっても、日々のいちゃいちゃタイムがあれば、マ...
恋バナ調査隊 2021-01-16 06:00 ラブ
いまだに関白宣言?九州出身男性の特徴&好きな女性のタイプ
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、九州出身の男性についてご紹介します。九州は、福岡...
彼氏が「キスしたい」と思うのはいつ? 6つの瞬間&サイン
 女性にとって、彼氏からの不意打ちのキスは驚きながらも嬉しいものです。しかし、時には「なぜこのタイミングで?」なんて思う...
恋バナ調査隊 2021-01-15 06:00 ラブ
緊急事態宣言中なのに?マッチングアプリの男性に聞いてみた
 首都圏は再び緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出の自粛が呼びかけられています。そんななかでも、マッチングアプリで知り...
内藤みか 2021-01-14 06:00 ラブ
彼氏の親に結婚の挨拶!女性の印象が決まる9つのポイント♪
 結婚の挨拶は、人生の中でも特に緊張するイベントですよね。どんな服装をしたらいいの? 会話は? 手土産は? と、疑問と不...
恋バナ調査隊 2021-01-14 06:00 ラブ
気を抜いたら…男性がドン引きするデート中の女性の行動とは
 待ちに待ったデート! 当日はお洒落して1%でも可愛い要素をプラスしてカレに会いたいですよね? 私は会う前、ついつい鏡を...
若林杏樹 2021-01-13 06:26 ラブ
恋の始まり!? 女性が思わず“胸キュン”する男性の行動9選
 恋愛対象として意識したことがなかった男性でも、ふとした行動や言葉で、思わず新鮮さを感じて「胸キュン」してしまうことって...
恋バナ調査隊 2021-01-13 06:29 ラブ
出会いはナンパ!他とは比較にならないほどカラダの相性が…
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-12 06:14 ラブ
喧嘩別れするカップルの5つの特徴! 後悔しないためには?
 恋人ができた時、誰も別れることなんて考えないでしょう。しかし、交際を続けていると思いがけないことで喧嘩になり、別れてし...
恋バナ調査隊 2021-01-12 06:00 ラブ
付き合ったらヤバい男性が送るLINEの特徴&見抜く方法
 世の中には、かっこいい顔をしていながらも、浮気男やマザコン、サイコパス男、ストーカーなど、中身がヤバい男性が存在します...
恋バナ調査隊 2021-01-11 06:00 ラブ
友人の“恋愛アドバイス”はどこまで聞く? 困った時の考え方
 アドバイスと言う名のダメ出しを食らったことってありませんか? 正しいことを言われているし、欠点は直すべきなんだろうけど...
七味さや 2021-01-11 06:00 ラブ
尽くされる女性の8つの特徴&彼氏にもっと愛される方法♡
 女性の中には、「男性に尽くす女性」と「男性から尽くされる女性」がいます。尽くし続ける恋愛に疲れてしまう女性もいる一方、...
恋バナ調査隊 2021-01-10 06:00 ラブ
頑張りすぎないで…絶対的に愛される“程よい手抜き”のススメ
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。愛されたい、大事にされたいという思いが強ければ強いほど頑張ってしまうものです...
山崎世美子 2021-01-09 06:00 ラブ
幸せだったのに…わずか結婚1年で妻に出て行かれた夫の困惑
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-01-09 06:00 ラブ
離婚の裏に2つのエピソード…結婚1年で軌道修正した妻の激白
「冷酷と激情のあいだvol.28〜男性編〜」では、わずか結婚1年で、年上妻から離婚された男性・Hさんの困惑をご紹介しまし...
並木まき 2021-01-09 06:06 ラブ