彼が見せる別れのサイン! マンネリを感じたら注意すべき4つ

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-09-07 06:11
投稿日:2019-09-07 06:00
 彼が見せる別れの合図を度外視して、「とにかくあなたが必要なの」というアピールをしていませんか? 倦怠期は、どのカップルにも存在するものです。しかし、そこで見当違いな対応をしてしまうと、彼から別れを切り出されてしまう可能性があります。
 マンネリを感じているカップルに使える、彼が見せる別れのサインを紹介しましょう。

エピソードからみる!彼が見せる別れのサインとは

もしかして別れたがっている?(写真:iStock)
もしかして別れたがっている? (写真:iStock)

 別れのサインをいくつかのエピソードと共にシェアします。最近、彼とマンネリ気味の女性は、いくつ当てはまるかチェックしてみてくださいね。

返事に緩急がない

「別れる1カ月前に彼氏とデートした時ですが、いつものように会話をしていたのを覚えています。ただ心当たりがあるとすれば、彼の返事に緩急がなかったんですよね。まるで棒読み。もともと口数が多い彼氏じゃないので気にも留めなかったんですけど、返事のテンションが低いのは早めに対処すべきでしょうね」(Mさん・28歳女性/教師)

  ◇  ◇  ◇

 男性はもともと口数が少ない人も多くいるので、それが別れのサインなのか検討がつかない女性も多くいるはず。ならば、返事のテンションや緩急で彼のご機嫌度を測ってみては。いつもと同じ彼の返事でも、そのテンションでどう思っているかを測ることは可能です。

デートに積極的じゃない

「私がデートに誘っても、積極的にプランを決めてくれないんです。“どこでもいいや”とか言って。デートの最中もそんなに楽しそうじゃない。私が誤解してしまったのは、デート終わりのホテルには誘われるところ。女からすれば“好きな人だから”という感覚ですが、男性は案外誰でもいいみたいですね。そのデートの帰り道に別れを切り出されました」(Sさん・34歳女性/経理)

  ◇  ◇  ◇

 デートに積極的じゃない彼氏の様子が見受けられたら、「どうして、そんなにつまらなさそうなの?」と畳み掛けるのではなく、楽しめる方法を一緒に考えましょう。もともとデートにマンネリを感じてしまっている可能性もあります。二人で楽しめるデートのプランを考えましょう。

 具体的には、カップルの多くがしたことがないデートプランがいいでしょう。釣りやパラグライダーなども、1日から体験できるところがありオススメです。アクセスが悪い立地に存在することがほとんどですが、レンタカーを借りればそんな悩みも解消できるはずです。

買い物デートに彼はうんざりしてるかも(写真:iStock)
買い物デートに彼はうんざりしてるかも (写真:iStock)

SNSの内容が充実し始める

「付き合った当時は、彼は私にいつも連絡をくれていました。私とのデートで行ったところをSNSにアップしてくれたり、私の気配を匂わせたりも。倦怠期が訪れてからは、他の男友達や同窓会などで女性も写ってる集合写真ばかり。全体的に更新頻度も上がったし、私のことを排除しようとしているのが見え見えでした」(Aさん・35歳女性/システムエンジニア)

  ◇  ◇  ◇

 彼のSNSが充実しはじめると、距離を感じてしまう人も多いはず。卑屈になってしまうこともありますよね。彼氏はあなたに対抗するように「彼女がいなくても平気」という強がりをしたいだけかもしれませんし、そう肩を落とす必要はありません。対抗するように、自分のSNSを頑張ってみましょう。焦った彼氏が、必死になって追いかけるというパターンも狙えるからです。

連絡が遅くなる

「すごくオーソドックスですが、連絡が遅くなる点ですね。倦怠期だからこそ、私はすぐに彼氏からの連絡が欲しい。倦怠期といっても、心のどこかでは彼氏と元の関係に戻れることを期待していると思うんです。彼と別れる半月前には、毎日来ていたLINEが2日に1回。嘘をつけないのが男性の性分なのか、これは明らかに私のことを避けてました」(Hさん・31歳女性/事務)

  ◇  ◇  ◇

 連絡が遅くなるのも彼氏があなたへの関心を弱めた証拠。しつこくしてしまうと、「俺のことが好きらしい」と図に乗ってしまいますので、気にも留めないようにしましょう。彼の友達と遊んでみたりして存在感を出しつつ、自分のルックスや知識なども蓄えて。

「倦怠期だったけど、いい女かも」と彼の感情を再燃させるために、魅力的になる必要があります。くれぐれも彼にしつこくしないようにしてくださいね。

彼氏の別れのサインを早めに読み取って

別れを覚悟で話し合ってみては(写真:iStock)
別れを覚悟で話し合ってみては (写真:iStock)

 彼氏の別れのサインを早めにくみ取っておくことで、対処を素早くすることができます。

「倦怠期は、どのカップルでも通る道だから」と軽視してはいけません。倦怠期をちゃんと乗り越えるカップルも多くいます。そんなカップルこそ、早めに真摯に向き合っている証拠です。

 時には真剣に話し合って、自ら傷つきに行く思い切りも倦怠期の打破には必要でしょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


モテる♡ “あざと可愛い”女性の5つの特徴&目指すポイント
 “あざと可愛い”女性というと、同性から見るとあまり良いイメージは湧かないかもしれません。でも、あざと可愛い女性は男性に...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:00 ラブ
彼からのサプライズの結婚指輪が気に入らない…対処法4つ
 結婚指輪は、一生つけるもの。だからこそ、妥協せずに選びたいですよね。でも、中には彼がサプライズで用意してくれていたとい...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:01 ラブ
失恋から立ち直る時間が早い人と遅い人の違い&立ち直る方法
 失恋は、誰にとっても辛いもの。どんなにモテる人でも、愛する人との別れはダメージが大きいでしょう。しかし、その失恋から立...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
まさかのプロポーズ失敗…相手をがっかりさせた体験談5選
 プロポーズは男性からする場合も女性からする場合も、一世一代の大勝負!でも、念入りに計画を立てて、いざプロポーズをしたの...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
脈なしかも…片思いを諦めるべきタイミング&諦める方法
 片思いを続けていると、諦めるタイミングがわからなくなることがあります。そこで今回は、辛い片思いを諦める方法や、諦めるべ...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
男性がうんざりする女性の行動7選!LINE方法にも要注意
 男性は、女性の行動にうんざりしてしまうことがあります。女性側としては、男性に一生懸命尽くしているつもりでも、かえって逆...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
浮気じゃないと言うけど…女性部下を可愛がる夫に募る苛立ち
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
妻が嫌がるのは承知も…女性部下はソウルメイトと開き直る夫
「冷酷と激情のあいだvol.48〜女性編〜」では、特定の女性部下を特別扱いする夫に苦慮する妻・Fさんの悲痛な声をご紹介し...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
ナルシスト男性を攻略♡ 上手な落とし方&疲れない付き合い方
 ナルシストな男性と聞くと、悪いイメージを持つ人も多いですよね。でも中には、努力家で自信に満ちている魅力的な男性も多いの...
恋バナ調査隊 2021-07-23 06:00 ラブ
彼からずっと愛される女性は何が違う? 5つの特徴&NG行動
 多くの女性が、大好きな彼からずっと愛される女性でいたいと思っているでしょう。しかし、現実は価値観の違いやマンネリ化が原...
恋バナ調査隊 2021-07-23 06:00 ラブ
逆効果! 間違いモテ仕草4つ&モテるorモテないの境界線は?
 男性がドキッとする「モテ仕草」は、多くの雑誌やサイトでも紹介されていますよね。でも実はそれ、男性から見るとただの下心見...
恋バナ調査隊 2021-07-22 06:00 ラブ
“ご褒美彼女”になって彼を癒す存在になる♡ 4つのポイント
 社会で戦う男性たちの疲れを、包み込んで癒す「ご褒美彼女」。女性から会いたいと言わなくても、「頑張ったから会いたい!」「...
恋バナ調査隊 2021-07-22 06:00 ラブ
イケてる男性を自分のトリコにして浮気もさせない方法とは?
 皆さん、浮気をされたことはありますか? 浮気されるととてもツライですよね。競争率が高い男性を見事GETしても、この先ま...
若林杏樹 2021-07-21 06:00 ラブ
はじめての待ち合わせデート♡印象をアップさせる方法まとめ
 大好きな彼と、はじめての待ち合わせデート♡ ウキウキドキドキしてしまいますよね! 「このデートを成功させて、絶対に恋を...
恋バナ調査隊 2021-07-21 06:00 ラブ
なぜか惹かれてしまう…性悪な男性の5つの特徴&モテる理由
 性悪な男性だとわかっているのに、なぜか惹かれてしまった……という経験がある女性も多いはずです。しかし、性悪な男性を好き...
恋バナ調査隊 2021-07-21 06:00 ラブ
彼氏が欲しい人必見♡ 友達の紹介で恋人を作る方法&注意点
 恋人を作るためには、男性との出会いが必要不可欠。同じ会社や紹介、マッチングサイトなど、さまざまな出会いがある中で、もっ...
恋バナ調査隊 2021-07-20 06:04 ラブ