彼が見せる別れのサイン! マンネリを感じたら注意すべき4つ

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-09-07 06:11
投稿日:2019-09-07 06:00
 彼が見せる別れの合図を度外視して、「とにかくあなたが必要なの」というアピールをしていませんか? 倦怠期は、どのカップルにも存在するものです。しかし、そこで見当違いな対応をしてしまうと、彼から別れを切り出されてしまう可能性があります。
 マンネリを感じているカップルに使える、彼が見せる別れのサインを紹介しましょう。

エピソードからみる!彼が見せる別れのサインとは

もしかして別れたがっている?(写真:iStock)
もしかして別れたがっている? (写真:iStock)

 別れのサインをいくつかのエピソードと共にシェアします。最近、彼とマンネリ気味の女性は、いくつ当てはまるかチェックしてみてくださいね。

返事に緩急がない

「別れる1カ月前に彼氏とデートした時ですが、いつものように会話をしていたのを覚えています。ただ心当たりがあるとすれば、彼の返事に緩急がなかったんですよね。まるで棒読み。もともと口数が多い彼氏じゃないので気にも留めなかったんですけど、返事のテンションが低いのは早めに対処すべきでしょうね」(Mさん・28歳女性/教師)

  ◇  ◇  ◇

 男性はもともと口数が少ない人も多くいるので、それが別れのサインなのか検討がつかない女性も多くいるはず。ならば、返事のテンションや緩急で彼のご機嫌度を測ってみては。いつもと同じ彼の返事でも、そのテンションでどう思っているかを測ることは可能です。

デートに積極的じゃない

「私がデートに誘っても、積極的にプランを決めてくれないんです。“どこでもいいや”とか言って。デートの最中もそんなに楽しそうじゃない。私が誤解してしまったのは、デート終わりのホテルには誘われるところ。女からすれば“好きな人だから”という感覚ですが、男性は案外誰でもいいみたいですね。そのデートの帰り道に別れを切り出されました」(Sさん・34歳女性/経理)

  ◇  ◇  ◇

 デートに積極的じゃない彼氏の様子が見受けられたら、「どうして、そんなにつまらなさそうなの?」と畳み掛けるのではなく、楽しめる方法を一緒に考えましょう。もともとデートにマンネリを感じてしまっている可能性もあります。二人で楽しめるデートのプランを考えましょう。

 具体的には、カップルの多くがしたことがないデートプランがいいでしょう。釣りやパラグライダーなども、1日から体験できるところがありオススメです。アクセスが悪い立地に存在することがほとんどですが、レンタカーを借りればそんな悩みも解消できるはずです。

買い物デートに彼はうんざりしてるかも(写真:iStock)
買い物デートに彼はうんざりしてるかも (写真:iStock)

SNSの内容が充実し始める

「付き合った当時は、彼は私にいつも連絡をくれていました。私とのデートで行ったところをSNSにアップしてくれたり、私の気配を匂わせたりも。倦怠期が訪れてからは、他の男友達や同窓会などで女性も写ってる集合写真ばかり。全体的に更新頻度も上がったし、私のことを排除しようとしているのが見え見えでした」(Aさん・35歳女性/システムエンジニア)

  ◇  ◇  ◇

 彼のSNSが充実しはじめると、距離を感じてしまう人も多いはず。卑屈になってしまうこともありますよね。彼氏はあなたに対抗するように「彼女がいなくても平気」という強がりをしたいだけかもしれませんし、そう肩を落とす必要はありません。対抗するように、自分のSNSを頑張ってみましょう。焦った彼氏が、必死になって追いかけるというパターンも狙えるからです。

連絡が遅くなる

「すごくオーソドックスですが、連絡が遅くなる点ですね。倦怠期だからこそ、私はすぐに彼氏からの連絡が欲しい。倦怠期といっても、心のどこかでは彼氏と元の関係に戻れることを期待していると思うんです。彼と別れる半月前には、毎日来ていたLINEが2日に1回。嘘をつけないのが男性の性分なのか、これは明らかに私のことを避けてました」(Hさん・31歳女性/事務)

  ◇  ◇  ◇

 連絡が遅くなるのも彼氏があなたへの関心を弱めた証拠。しつこくしてしまうと、「俺のことが好きらしい」と図に乗ってしまいますので、気にも留めないようにしましょう。彼の友達と遊んでみたりして存在感を出しつつ、自分のルックスや知識なども蓄えて。

「倦怠期だったけど、いい女かも」と彼の感情を再燃させるために、魅力的になる必要があります。くれぐれも彼にしつこくしないようにしてくださいね。

彼氏の別れのサインを早めに読み取って

別れを覚悟で話し合ってみては(写真:iStock)
別れを覚悟で話し合ってみては (写真:iStock)

 彼氏の別れのサインを早めにくみ取っておくことで、対処を素早くすることができます。

「倦怠期は、どのカップルでも通る道だから」と軽視してはいけません。倦怠期をちゃんと乗り越えるカップルも多くいます。そんなカップルこそ、早めに真摯に向き合っている証拠です。

 時には真剣に話し合って、自ら傷つきに行く思い切りも倦怠期の打破には必要でしょう。

東城ゆず
記事一覧
ライター・エディター
1994年生まれ。11歳の頃からブログを運営。ライターやエディターとして、女性誌メディアや地元新聞のコラム枠まで幅広く活躍中。恋愛やママ友問題、介護士であった経験からリアルな介護問題まで幅広い知見がある。年子兄弟を連れ離婚の経験があり、現在は再婚に至る。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


モテるのに彼氏ができない 本命になれない30代女のガチ原因
「いいところまで行くのに彼氏ができない」 「もう数年間も、ちゃんとした恋人ができてない」  20代の時は彼氏彼女の関...
若林杏樹 2023-02-01 06:00 ラブ
モテるアラフィフ独身男は要注意? “難あり物件”に見られる5つの特徴
 昔に比べて、今はアラフィフでも若々しく魅力的な男性ってとても多いですよね。結婚相手を探している女性の中には、色気があり...
恋バナ調査隊 2023-02-01 06:00 ラブ
違和感は放置しない! 金銭感覚が合わない彼との付き合い方
 彼の金遣いの荒さにびっくりしたり、逆に財布のヒモの固さに引いたことはありませんか? 金銭感覚のズレを放置すると、後々苦...
恋バナ調査隊 2023-01-31 06:00 ラブ
既婚者マッチングアプリって?実際に使ってみた感想と注意点
 巷でひっそりと流行している「既婚者マッチングアプリ」をご存じですか?  その名の通り、既婚者専用のマッチングアプリで...
まめ 2023-01-31 06:00 ラブ
非・顔面国宝でなぜモテる?「雰囲気イケメン」特徴5つと落とすポイント
 男性の中には“顔面国宝”ってわけでもないのに、素敵なムードを醸し出していてなぜかモテる人がいます。それが雰囲気イケメン...
恋バナ調査隊 2023-01-30 06:00 ラブ
浮気も姑問題も解決!妻が夫に仕掛けた“わざと誤爆LINE”作戦
 いつの時代も、夫を上手に手のひらで転がしている賢い妻はいますよね。特に現代では、LINEを巧みに使って夫にわざと誤爆L...
恋バナ調査隊 2023-01-29 06:00 ラブ
実家が太い男“ほぼ100パー”特徴と見極め方 玉の輿乗れますか
 結婚相手を選ぶ時、「お金じゃない」なんて言いながらもリッチな男性につい惹かれてしまう女性は多いのではないでしょうか。不...
恋バナ調査隊 2023-01-29 06:00 ラブ
理系男子に告ぐ! イチイチめんどくさい恋愛エピ&対処法
 知的でクールな印象の理系男子って魅力的ですよね。でも、理系男子に惹かれてお付き合いをはじめた女性の中には、理系ならでは...
恋バナ調査隊 2023-01-28 06:00 ラブ
デート代、端数も計算してたんかい!ケチな男の仰天LINE3選
「好きなら男に経済力なんかなくてもいい!」と思っているそこのあなた。リアルに“ケチ”な姿を見ても、同じセリフを言えますか...
恋バナ調査隊 2023-01-28 06:00 ラブ
「アプリで見つけた彼女候補」と主張 一線越える気がない男
「冷酷と激情のあいだvol.127〜女性編〜」では、アプリで出会った恋人であるナオキさん(仮名)と半年間にわたって一度も...
並木まき 2023-01-28 06:00 ラブ
お金狙い?結婚前提なのにレスな彼にしびれを切らす45歳独女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-01-28 06:00 ラブ
めんどくさいと諦め寸前エピ…繊細彼氏→最高彼氏にバケる!?
 細かいところに気がついてくれる彼氏って素敵ですよね。「よく気が利く」「気持ちを察してくれる」と、はじめは魅力を感じるで...
恋バナ調査隊 2023-01-27 06:00 ラブ
私たちが事実婚を選んだ3つの理由 デメリットも忘れないで
 婚姻届を提出せずに、夫婦と同じような関係で生活を送る「事実婚」。内縁関係とも言われますね。女性なら、結婚して籍を入れる...
恋バナ調査隊 2023-01-27 06:00 ラブ
連チャン最優先!? ギャンブル好き彼氏の激ヤバエピ&上手に付き合う法
 どんなにイケメンで魅力的な彼氏でも、ギャンブル好きだとわかった時点でドン引きしてしまう女性も多いでしょう。今回は、ギャ...
恋バナ調査隊 2023-01-26 06:00 ラブ
ATMにされてない? ママ活男子のおねだりに必殺返しワザ3選
 パパ活の逆ヴァージョンであるママ活という言葉が生まれて数年が経ちました。  それ以降、マッチングアプリではお金目当て...
内藤みか 2023-01-26 06:00 ラブ
友達を好きになったら…告白で関係を壊したくない人の注意点
 今まで恋愛感情がなかった異性の友人に対して、ひょんなことで「自分はあいつが好きなんだ」と気づいてしまった……なんてこと...
若林杏樹 2023-01-25 06:00 ラブ