愛人は不幸じゃない 非モテ女子は彼女たちにスキルを学んで

リタ・トーコ ライター
更新日:2019-05-27 06:06
投稿日:2019-05-27 06:00
 昔から、なぜ「愛人=不幸そう」と思われるのでしょう?そもそも「愛人」という単語がなんとなく後ろめたい感じだったり、淫美な感じだったりするので仕方がないですが。でも、本当の愛人は、実は真似できないほどの女子力を持つ幸せな存在だったりすると思うんですよね。

「愛人」を経験すると女性はモテる!?得られるスキル

「愛人」経験で得られるスキルとは(写真:iStock)
「愛人」経験で得られるスキルとは (写真:iStock)

 愛人を経験している女性って、なぜかモテます!隙がないようであったり、ツンとしているようで溢れる笑顔は、女の私から見てもグッとくるものがある。

 これは、一般的な「モテない女性」にはないもの。「愛人」を経験したことによって、彼女たちはいくつものスキルを身につけているんです。具体的に、どんなスキルが手に入るのか見ていきましょう。

肝が座る

 法律上、世間的にも、不倫や浮気はもちろんNG。でも、そこをぴょんと飛び越えて「愛人」の座に収まる女性は、とにかく肝が座ってる。

 動く上で、相手や自分の家族のことなんて気にしません。「自分が相手を好き」という気持ちさえあれば良いので、何が起こっても動じません。リスクなんて始める前から頭の奥底にまで叩き込んでいるし、それでも興味や本能で進んでしまう潔さ。浮気がバレた時に奥さんに平謝りする男性とは、ここが違う。

 一度肝が座ると、人生で荒波が何度来ても乗り越えられるんです。これは恋愛だけじゃなくて、全ての事柄に応用できるスキルでしょう。

相手に依存しない

 世の女性がなぜ結婚したいか、それは、「婚姻届」によって、経済面であったり、妻の座だったり、とかく繋がることで安心したいから。

 そういった意味で愛人たちは、何1つ好きな男性と繋がっていません。中には子どもができて迷わずシングルマザーになる女性もいますが、「男性のお世話になんかならない」「好きな人の子どもを産んだだけ」という人生一度くらいは言ってみたいセリフを自信たっぷりに言いのけてしまいます。

 男性に依存しない、これはなかなかできないこと。逆を返せば、依存しなくても立っていられる経済力、男前さを持っているということ。まぁ、中にはお金で繋がる愛人もいますが、そこは今回省きます。あまりお勧めできないから。

小さな幸せで満足できる

 女性は慣れてくると我儘になるもの。でも、愛人を経験した女性は、いつになっても小さな幸せでとても満足します。このスキルは、例えいつか愛人ではなくなって、普通の男性と恋愛に落ちた時にとてつもないメリットになります。

 少しの時間しか会えなくても満面の笑顔を浮かべられる、ドタキャンをしても軽く許してくれる、コンビニのスイーツでもはしゃげる。など、とにかく男性からしたら可愛いこと(都合が良いこと)この上ない。

 ただし「安い女になる」というわけではないのです。愛人を経験した女性たちは「自分のことを考えて動いてくれた男性の愛情」に対して一定の評価を示すことができるので、いつもフラット。

 男性が自然と大きな幸せを与えて笑ってほしくなる、それが「愛される人=愛人」なのです。

いつでも手を抜かない

 愛人である以上、いつも自分の都合で男性と会えるわけではありません。だからこそ、彼女たちはいつでもスタンバイをしています。

 すっぴんでも耐え得る肌を、脱いだ時に恥ずかしくないスタイルをきちんと保っている、これは女子力が高いという言葉に置き換えても良いのではないでしょうか。

 10〜20年選手の愛人たちを知っていますが、みんな本当に若くて綺麗。女性ホルモンがだだ漏れてますから。「おばちゃん」の時期なく年を重ねていけるって、女性にとってこの上なく嬉しいことではないでしょうか。

失うことを恐れない

「飽きたら終わり」と、平然と言うのが長年愛人をしていた私の友人。愛人というと、「どっぷり」という感じがしますが、失うことを恐れないのも彼女たちの強み。

 今日終わるかもしれない、永遠ではない、そう知っているからこそ、今ある全ての力を今日の恋愛に注ぐことができるのです。

 いつか飽きてさっと離れた彼女たちを追いかける困った男性の姿を目にしたことがありますが、まぁ、これこそどっぷりというか。離れる覚悟もないなら愛人なんて持つ器ではない、と言いたい。

時間の使い方がプロフェッショナル

 愛人は待ってばかり、妻の元にいる男性を想って泣き暮らしていると思いますか?いえ、愛人たちはとにかく時間を上手に使います。なぜなら、少しでも魅力的でいたいから。

 自分磨きかもしれないし、見聞を広めているかもしれない、だけど、その合間にもしも呼ばれたら二つ返事で行ける、そんな毎日を送っている女性が多いです。

 男性を尊敬している時、その力は特に働きます。少しでもびっくりさせたい、頑張る姿は見せたくない、水中で足をばたつかせて、でも水面では優雅な姿を見せる白鳥のよう。そんな男性がもしいたら、一瞬で惚れるでしょう?そんな魅力があるのが、彼女たちなのです。

「愛人=不幸そう」は周りの勝手なイメージ

自分で幸せを見つけられる、「愛人」ってそんな女性(写真:iStock)
自分で幸せを見つけられる、「愛人」ってそんな女性 (写真:iStock)

 そういえば、「愛人顔」なんて言われる顔の特徴がありますね。一重で目がきつく、薄い唇。よく言えば色っぽく、悪く言えば不幸そう、みたいな。

 でも、私の会ってきた愛人たちは、そんな「愛人顔」と言われるような感じではなく、長年愛人をしている女性ほど柔和なイメージ。そして、線の細い体のどこからこんなパワーが!?と思うほどに強い。何もしなくてもモテるけれど、ほいほいと男性に付いて行ったりはしません。理由は「好きな人がいるから」、と。

 要は、愛人=不幸そうというのは、周りの勝手なイメージではないかと思うんです。強い愛を持って自分の足で立ち、自分で幸せを見つけられる魅力的な女性、というのが私の思う愛人像。

 持論ですが、とにかく世のモテない女性たちは愛人になってみたら良いのかと。そうしたら、もう少しだけ愛され女子が増えると思うのですが。試してみる価値あるかもないかも?そこは自己責任でお願いします。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM