心が蝕まれる…サイコパス夫が口にする“冷酷なフレーズ3選”

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-09-27 06:00
投稿日:2019-09-27 06:00
 サイコパス気質な夫ほど、背筋が凍るような冷たい言葉を妻に平然と浴びせます。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんなサイコパスっぽい夫の血も涙もない冷酷なフレーズを3選ご紹介します。

1:「君とは血が繋がっていないから」

サイコパス夫が放つ冷酷なセリフとは(写真:iStock)
サイコパス夫が放つ冷酷なセリフとは (写真:iStock)

「サイコパスっぽかった元夫は、何かと言えば『君とは、血が繋がっていないし』が口癖でしたね。

 結婚してみたら優しさのカケラもなく、実家べったりで、さらにはシスコン。

 家にお金を入れず妹にプレゼントばかり買っているのが不快でした。

 でも、そんな元夫にせめて家に生活費を入れるよう話すと、必ず言われたのがこのセリフです。

 彼の中では、本気で“血の繋がりのある人”と“そうでない人”に区分があるようで、妻といえども家族とは認めないって部分が強い人でした。

 なのに、なぜ結婚したがったのかいまだにわかりませんが、離婚できて、本当によかったです」(35歳女性)

 ◇  ◇  ◇

 血の繋がりを自分の行動を正当化するために持ち出す……とは、冷酷な上になんとも卑怯。

 しかしサイコパス男ほど、この言葉の冷淡さにも気づかないものかもしれません。

2:「君が僕の悪い面を引き出す」

相手を苦しめることに喜びを感じる(写真:iStock)
相手を苦しめることに喜びを感じる (写真:iStock)

「調停までして別れた元夫は、いわゆるサイコパスだったと思います。

 家庭に対する責任感はゼロで、気に入らないことがあると“お仕置き”という言葉のもとに、私に外出禁止令を出したりスマホを取り上げたり、私の私物を処分したりと、気味の悪い制裁を下す人でした。

 そんな元夫の口癖は『俺は根はいい人間だ。だけど君が俺の悪い面を引き出すんだ。だから、君は悪い人間だ』というもの。

 ほぼ毎日そんな風に言われて、私の頭がおかしくなりそうだったし、その言葉を口にする時の、元夫が笑って歪む口元が冷酷すぎて、今でも思い出すと吐き気がします」(41歳女性)

 ◇  ◇  ◇

 サイコパス気質な男には、自分の言葉によって相手が苦しむのを面白がるタイプも。

 あえて相手にダメージを与える表現を選ぶあたりは、本当に冷酷です。

3:「君の妊娠は、僕には関係ない」

妊娠中でさえ、家庭に関心を示さない(写真:iStock)
妊娠中でさえ、家庭に関心を示さない (写真:iStock)

「まさか自分がサイコパス男と結婚するとは思いもしなかったけど、元夫は、とにかく家庭への関心が薄く、自分さえ良ければいいって人でした。

 結局、流産したんですが、妊娠して体調が悪く寝込んでいたときにも毎晩飲み歩き続け、家のことはしてくれないうえに、私の食べるものすら買ってきてくれなくて……。

 どんどん私が弱ってしまい、せめて買い物だけでもお願いできないかと元夫に頼んだんですが『君の妊娠は君の体のことだから、僕には関係ない』と言われました。

 流産したあとに体が不調な間も、決して慰めてくれず、同じ言葉をずっと言われ、私は完全にメンタルを壊しました。

 その後すぐに離婚しましたが、世の中にはあんなに冷淡な男もいるんだ…と呆然としました」(34歳女性)

 ◇  ◇  ◇

 夫婦は支え合って生きていくのが当然なのに、サイコパス男ほど「僕には関係ない」を主張しがちです。

 その言葉のひとつひとつが、妻の心をえぐるんですよね……。

まとめ

 サイコパス気質な男は、冷酷な言葉を発しても、平然としているパターンが多いです。

 彼らには「思いやり」や「愛」は通用せず、自分以外の人の痛みには、どこまでも無関心という恐ろしい一面が。そんな言葉のひとつひとつが、ジワジワと、でも確実に妻の心を蝕んでいくのです。

ラブ 新着一覧


FILM
 新型コロナウイルスによって始まったテレワークにより、コロナ破局や同棲解消が増えている、という話が取りざたされています。...
ミクニシオリ 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
 10〜20代の頃は好きな人のためにオシャレをして、髪をかわいく盛って、毎日楽しかった……。しかし、オトナ女子になった今...
若林杏樹 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性とやっとLINEを交換できたのに、あまりにそっけないと連絡を続けるべきかやめるべきか迷ってしまいますよね。...
恋バナ調査隊 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
「既婚男性との恋愛なんて絶対ムリ!」と思っているのにもかかわらず、熱心なアプローチを受けて不倫へと走ってしまう女性は少な...
リタ・トーコ 2020-09-29 06:54 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-28 17:53 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-29 14:55 ラブ