心が蝕まれる…サイコパス夫が口にする“冷酷なフレーズ3選”

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-09-27 06:00
投稿日:2019-09-27 06:00
 サイコパス気質な夫ほど、背筋が凍るような冷たい言葉を妻に平然と浴びせます。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんなサイコパスっぽい夫の血も涙もない冷酷なフレーズを3選ご紹介します。

1:「君とは血が繋がっていないから」

サイコパス夫が放つ冷酷なセリフとは(写真:iStock)
サイコパス夫が放つ冷酷なセリフとは (写真:iStock)

「サイコパスっぽかった元夫は、何かと言えば『君とは、血が繋がっていないし』が口癖でしたね。

 結婚してみたら優しさのカケラもなく、実家べったりで、さらにはシスコン。

 家にお金を入れず妹にプレゼントばかり買っているのが不快でした。

 でも、そんな元夫にせめて家に生活費を入れるよう話すと、必ず言われたのがこのセリフです。

 彼の中では、本気で“血の繋がりのある人”と“そうでない人”に区分があるようで、妻といえども家族とは認めないって部分が強い人でした。

 なのに、なぜ結婚したがったのかいまだにわかりませんが、離婚できて、本当によかったです」(35歳女性)

 ◇  ◇  ◇

 血の繋がりを自分の行動を正当化するために持ち出す……とは、冷酷な上になんとも卑怯。

 しかしサイコパス男ほど、この言葉の冷淡さにも気づかないものかもしれません。

2:「君が僕の悪い面を引き出す」

相手を苦しめることに喜びを感じる(写真:iStock)
相手を苦しめることに喜びを感じる (写真:iStock)

「調停までして別れた元夫は、いわゆるサイコパスだったと思います。

 家庭に対する責任感はゼロで、気に入らないことがあると“お仕置き”という言葉のもとに、私に外出禁止令を出したりスマホを取り上げたり、私の私物を処分したりと、気味の悪い制裁を下す人でした。

 そんな元夫の口癖は『俺は根はいい人間だ。だけど君が俺の悪い面を引き出すんだ。だから、君は悪い人間だ』というもの。

 ほぼ毎日そんな風に言われて、私の頭がおかしくなりそうだったし、その言葉を口にする時の、元夫が笑って歪む口元が冷酷すぎて、今でも思い出すと吐き気がします」(41歳女性)

 ◇  ◇  ◇

 サイコパス気質な男には、自分の言葉によって相手が苦しむのを面白がるタイプも。

 あえて相手にダメージを与える表現を選ぶあたりは、本当に冷酷です。

3:「君の妊娠は、僕には関係ない」

妊娠中でさえ、家庭に関心を示さない(写真:iStock)
妊娠中でさえ、家庭に関心を示さない (写真:iStock)

「まさか自分がサイコパス男と結婚するとは思いもしなかったけど、元夫は、とにかく家庭への関心が薄く、自分さえ良ければいいって人でした。

 結局、流産したんですが、妊娠して体調が悪く寝込んでいたときにも毎晩飲み歩き続け、家のことはしてくれないうえに、私の食べるものすら買ってきてくれなくて……。

 どんどん私が弱ってしまい、せめて買い物だけでもお願いできないかと元夫に頼んだんですが『君の妊娠は君の体のことだから、僕には関係ない』と言われました。

 流産したあとに体が不調な間も、決して慰めてくれず、同じ言葉をずっと言われ、私は完全にメンタルを壊しました。

 その後すぐに離婚しましたが、世の中にはあんなに冷淡な男もいるんだ…と呆然としました」(34歳女性)

 ◇  ◇  ◇

 夫婦は支え合って生きていくのが当然なのに、サイコパス男ほど「僕には関係ない」を主張しがちです。

 その言葉のひとつひとつが、妻の心をえぐるんですよね……。

まとめ

 サイコパス気質な男は、冷酷な言葉を発しても、平然としているパターンが多いです。

 彼らには「思いやり」や「愛」は通用せず、自分以外の人の痛みには、どこまでも無関心という恐ろしい一面が。そんな言葉のひとつひとつが、ジワジワと、でも確実に妻の心を蝕んでいくのです。

ラブ 新着一覧


10歳差でも…年上好きの男性は母親との関係が影響している?
 年上の彼女を求める男性が増えています。年上女性志向が高まっている理由には、社会不安による生活安定欲求や、地位向上を目指...
内藤みか 2021-07-29 06:00 ラブ
高学歴女子はなぜモテないの?4つの理由&あるあるな悩み
 努力して勉強をして、いい大学を卒業し、きちんとした仕事に就いている「高学歴女子」。一見、悩みのない人生を送っているよう...
恋バナ調査隊 2021-07-29 06:00 ラブ
知らないと怖い! 彼氏を“ダメ男化”する女性の行動パターン
 パートナーとの時間、ちゃんと取れていますか? 付き合い始めた当初は一緒にいる時間が長かったり、コミュニケーションが多か...
若林杏樹 2021-07-28 06:00 ラブ
辛い片思い…脈なしを見極める5つのポイント&抜け出す方法
 恋をするのは、楽しく幸せなことです。しかし、辛い片思いとなると話は別! 無理に続ける必要はないんです。そこで今回は、男...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
男性が追いかけたくなる女性の特徴&虜にするLINEテク♡
 どうせ恋愛をするなら、追いかける恋よりも追われる恋をしてみたいですよね♡ でも、そのためにはまず、「男性が追いかけたく...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
年下男性の6つの脈なしサイン…諦めずに射止める方法は?
 近年、年下男性と付き合う女性が増えています。年下男性というと、一見、頼りなさそうなイメージですが、だからこそ母性をくす...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
彼はどう? 結婚に向いていない男性の特徴5つ&今後の選択肢
 結婚できたからといって、必ずしも幸せになれるとは限りません。理想の結婚生活を叶えるためには、相手選びが重要! そこで今...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
モテる♡ “あざと可愛い”女性の5つの特徴&目指すポイント
 “あざと可愛い”女性というと、同性から見るとあまり良いイメージは湧かないかもしれません。でも、あざと可愛い女性は男性に...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:00 ラブ
彼からのサプライズの結婚指輪が気に入らない…対処法4つ
 結婚指輪は、一生つけるもの。だからこそ、妥協せずに選びたいですよね。でも、中には彼がサプライズで用意してくれていたとい...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:01 ラブ
失恋から立ち直る時間が早い人と遅い人の違い&立ち直る方法
 失恋は、誰にとっても辛いもの。どんなにモテる人でも、愛する人との別れはダメージが大きいでしょう。しかし、その失恋から立...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
まさかのプロポーズ失敗…相手をがっかりさせた体験談5選
 プロポーズは男性からする場合も女性からする場合も、一世一代の大勝負!でも、念入りに計画を立てて、いざプロポーズをしたの...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
脈なしかも…片思いを諦めるべきタイミング&諦める方法
 片思いを続けていると、諦めるタイミングがわからなくなることがあります。そこで今回は、辛い片思いを諦める方法や、諦めるべ...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
男性がうんざりする女性の行動7選!LINE方法にも要注意
 男性は、女性の行動にうんざりしてしまうことがあります。女性側としては、男性に一生懸命尽くしているつもりでも、かえって逆...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
浮気じゃないと言うけど…女性部下を可愛がる夫に募る苛立ち
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
妻が嫌がるのは承知も…女性部下はソウルメイトと開き直る夫
「冷酷と激情のあいだvol.48〜女性編〜」では、特定の女性部下を特別扱いする夫に苦慮する妻・Fさんの悲痛な声をご紹介し...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
ナルシスト男性を攻略♡ 上手な落とし方&疲れない付き合い方
 ナルシストな男性と聞くと、悪いイメージを持つ人も多いですよね。でも中には、努力家で自信に満ちている魅力的な男性も多いの...
恋バナ調査隊 2021-07-23 06:00 ラブ