心が蝕まれる…サイコパス夫が口にする“冷酷なフレーズ3選”

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-09-27 06:00
投稿日:2019-09-27 06:00
 サイコパス気質な夫ほど、背筋が凍るような冷たい言葉を妻に平然と浴びせます。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんなサイコパスっぽい夫の血も涙もない冷酷なフレーズを3選ご紹介します。

1:「君とは血が繋がっていないから」

サイコパス夫が放つ冷酷なセリフとは(写真:iStock)
サイコパス夫が放つ冷酷なセリフとは (写真:iStock)

「サイコパスっぽかった元夫は、何かと言えば『君とは、血が繋がっていないし』が口癖でしたね。

 結婚してみたら優しさのカケラもなく、実家べったりで、さらにはシスコン。

 家にお金を入れず妹にプレゼントばかり買っているのが不快でした。

 でも、そんな元夫にせめて家に生活費を入れるよう話すと、必ず言われたのがこのセリフです。

 彼の中では、本気で“血の繋がりのある人”と“そうでない人”に区分があるようで、妻といえども家族とは認めないって部分が強い人でした。

 なのに、なぜ結婚したがったのかいまだにわかりませんが、離婚できて、本当によかったです」(35歳女性)

 ◇  ◇  ◇

 血の繋がりを自分の行動を正当化するために持ち出す……とは、冷酷な上になんとも卑怯。

 しかしサイコパス男ほど、この言葉の冷淡さにも気づかないものかもしれません。

2:「君が僕の悪い面を引き出す」

相手を苦しめることに喜びを感じる(写真:iStock)
相手を苦しめることに喜びを感じる (写真:iStock)

「調停までして別れた元夫は、いわゆるサイコパスだったと思います。

 家庭に対する責任感はゼロで、気に入らないことがあると“お仕置き”という言葉のもとに、私に外出禁止令を出したりスマホを取り上げたり、私の私物を処分したりと、気味の悪い制裁を下す人でした。

 そんな元夫の口癖は『俺は根はいい人間だ。だけど君が俺の悪い面を引き出すんだ。だから、君は悪い人間だ』というもの。

 ほぼ毎日そんな風に言われて、私の頭がおかしくなりそうだったし、その言葉を口にする時の、元夫が笑って歪む口元が冷酷すぎて、今でも思い出すと吐き気がします」(41歳女性)

 ◇  ◇  ◇

 サイコパス気質な男には、自分の言葉によって相手が苦しむのを面白がるタイプも。

 あえて相手にダメージを与える表現を選ぶあたりは、本当に冷酷です。

3:「君の妊娠は、僕には関係ない」

妊娠中でさえ、家庭に関心を示さない(写真:iStock)
妊娠中でさえ、家庭に関心を示さない (写真:iStock)

「まさか自分がサイコパス男と結婚するとは思いもしなかったけど、元夫は、とにかく家庭への関心が薄く、自分さえ良ければいいって人でした。

 結局、流産したんですが、妊娠して体調が悪く寝込んでいたときにも毎晩飲み歩き続け、家のことはしてくれないうえに、私の食べるものすら買ってきてくれなくて……。

 どんどん私が弱ってしまい、せめて買い物だけでもお願いできないかと元夫に頼んだんですが『君の妊娠は君の体のことだから、僕には関係ない』と言われました。

 流産したあとに体が不調な間も、決して慰めてくれず、同じ言葉をずっと言われ、私は完全にメンタルを壊しました。

 その後すぐに離婚しましたが、世の中にはあんなに冷淡な男もいるんだ…と呆然としました」(34歳女性)

 ◇  ◇  ◇

 夫婦は支え合って生きていくのが当然なのに、サイコパス男ほど「僕には関係ない」を主張しがちです。

 その言葉のひとつひとつが、妻の心をえぐるんですよね……。

まとめ

 サイコパス気質な男は、冷酷な言葉を発しても、平然としているパターンが多いです。

 彼らには「思いやり」や「愛」は通用せず、自分以外の人の痛みには、どこまでも無関心という恐ろしい一面が。そんな言葉のひとつひとつが、ジワジワと、でも確実に妻の心を蝕んでいくのです。

ラブ 新着一覧


子どもの口グセで判明…悟ってしまったママ友の「鬼嫁事情」
 外ではどんなに取り繕っていても、家庭内では、“鬼嫁”っぷりを発揮している女性も散見されますよね。一方、子どもは正直なの...
並木まき 2021-12-06 06:00 ラブ
駆け引き上手な男性の特徴&振り回されない5つの対処方法
 男性からアプローチをされたら当然嬉しいものですが、もしも駆け引きだと感じたら戸惑う人も多いでしょう。たとえ好意を抱いて...
恋バナ調査隊 2021-12-06 06:00 ラブ
男性がバツイチ女性に惹かれる4つの理由&恋愛再開の注意点
 ひと昔前までは、離婚歴がある女性を偏見の目でみる男性もいましたが、今はバツイチの女性に魅力を感じる男性も多いそうです。...
恋バナ調査隊 2021-12-05 06:00 ラブ
男女関係がグッとよくなる〜ケンカについて真剣に考えてみた
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。全国100人の妻に聞いた夫婦のケンカの頻度調査の結果、約70%がケンカをする...
山崎世美子 2021-12-04 06:00 ラブ
想いを告げただけで…女性から交際を期待されて戸惑う男性
「冷酷と激情のあいだvol.67〜女性編〜」では、想いを告白してきた男性であるユウタさんと交際に至らずに、相手への不信感...
並木まき 2021-12-04 06:11 ラブ
告白してきたのに…交際に至らない関係に不信感を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-12-04 06:12 ラブ
「いま家の前に…」元彼からの身勝手でちょっと怖いLINE5選
 大好きだったころは、いつも楽しみに待っていた彼からのLINE。でも「元彼」になってしまうと一変、送られてきたLINEで...
恋バナ調査隊 2021-12-04 06:00 ラブ
付き合って後悔する男性の5つの特徴&後悔した時の対処方法
 ずっと思い続けていた男性と付き合えることになれば、誰だって嬉しいものです。しかし、中には彼のことをよく知らないまま好き...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
彼氏がほしくなる5つの時期♡ ほしくなったらすべきこと
 彼氏がほしいと思っている人の中には、「今まで、そんなことまったく思わなかったのに……」という人もいるでしょう。実は、彼...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
自分で引き寄せて♡ モテ期を呼びこむスピリチュアル行動4選
 人生に何度か訪れる「モテ期」を経験したことがある人も多いでしょう。中には「私のモテ期は終わった」なんて、思っている人も...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
見た目重視な「面食い男性」に隠れた心理&落とすテクニック
 女性と同じく、男性にもそれぞれ好みやタイプがあります。「人は見た目じゃない」とも言いながらも、中には明らかに女性を見た...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
恋人未満な関係はもうウンザリ…セフレと本命彼女の違いとは
「セフレと本命の彼女の違いってなんだろう……」  友人のアラサー女子に相談されたのですが、皆さんはどう答えますか? そ...
若林杏樹 2021-12-01 06:00 ラブ
仕事を優先する彼氏の隠れた心理&うまく付き合う5つの方法
 彼氏ができたら休日のたびにデートしたり、まったりとおうちで過ごしたいと考えている女性が多いでしょう。しかし、男性の中に...
恋バナ調査隊 2021-12-01 06:25 ラブ
浮ついた心に刺さる! 彼氏に浮気をやめさせる効果的な言葉
 大好きな彼氏がほかの女性と浮気をしていたら、本当に辛く、傷つきますよね。でも、感情に任せて責めたところで、逆効果になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-30 06:00 ラブ
自分のお金は自分だけのもの! 鬼嫁たちの呆れた金銭感覚
 鬼嫁は常に自分のことしか考えず、夫は「自分のために存在している人」でしかない様子。金銭的な面についても、“結婚”という...
並木まき 2021-11-30 06:00 ラブ
思わず胸キュン♡ 彼氏が彼女を「可愛い」と思う瞬間5選!
 世の中の男性たちは、彼女のことを「可愛い」と思う瞬間、愛情がさらに深まっていくそう。そこで今回は、彼氏が彼女を「可愛い...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ