DV夫と別れた女性が密かに傷ついている 周囲の心ない言葉3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-05-27 06:00
投稿日:2019-05-27 06:00
 DV夫との離婚が成立し、前向きな気持ちで新しい人生を歩みだしている女性に、悪気がなくとも、傷つく言葉をかけてしまう人もいます。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな残念すぎるフレーズを3選ご紹介します。

1:「いい人そうだったのに」

DV夫からやっと逃げられたのに(写真:iStock)
DV夫からやっと逃げられたのに (写真:iStock)

「DV夫と、半年以上の離婚調停の末に、無事に離婚が成立しました。

 ホッとした気持ちと、これからひとりで生きていかなくてはいけない気持ちとが入り混じっていたころ、近所の人と立ち話になり、離婚したことを伝えると『あら〜、残念ね。いい人そうだったのに!』と言われたのは、地味に傷つきましたね。

 子供の学区の関係で、私が結婚当時に住んでいた家に暮らし続けることになったので、近所から好奇の目を向けられるのは覚悟のうえでしたけど、それでも、そんな言い方をされたことで、なんだか私に離婚原因があるみたいじゃないの……ってイライラしました」(39歳女性/販売)

  ◇  ◇  ◇

 DV夫であっても、外ヅラのいいタイプも多いと聞きます。

 離婚の真相は当人にしかわからないだけに、離婚相手を褒めるような不用意な発言は控えたほうがスマートでしょう。

2:「でも暴力はなかったんでしょ?」

友人の言葉がずっと忘れられない(写真:iStock)
友人の言葉がずっと忘れられない (写真:iStock)

「殴る蹴るなどの肉体的暴力はないものの、経済的、精神的DVが激しかった元夫とやっとのことで離婚しました。

 友人たちに離婚を報告していたときに、ある人から『でも、暴力はなかったんでしょ? なら、踏ん張ればよかったのに』と言われたのには、正直、かなり傷つきましたね。

 そりゃあ、離婚せずに済むならそれに越したことはないですし、自分でも相当に悩んだ末の結論としての離婚だったんですから、安易にそういう言葉をかけてほしくなかったです。

 それ以来、その友人とはなんとなく疎遠になりました」(35歳女性/美容師)

  ◇  ◇  ◇

 ひと口に「DV」と言っても、肉体的に傷つける行為だけでなく、精神的・経済的に追い詰める行為など、その内容は多岐にわたります。

「暴力がないなら、我慢せよ」は、気楽に発するべき言葉ではありませんよね。

3:「でも、これからどうするの?」

「これから」のことなんて考えられない(写真:iStock)
「これから」のことなんて考えられない (写真:iStock)

「気に入らないことがあると、物置に閉じ込めたり頭から水をかけたりするサイコパスっぽいDV元夫と離婚が成立したときには、身も心もボロボロでした。

 とにかく、元夫から離れたい一心で離婚に向けて動き、なんとか結果を勝ち得た矢先、職場の人から『でも、これからどうするの?』と言われたのは、正直、かなりキツかったです。

 離婚するためにがんばってきて、まだ先のことも考えられないし、DV被害に遭っている人は、将来を考えるより前に、相手から逃げることが最優先なのに。

 心配してくれての言葉だったのかもしれないけれど、心身ともに疲れている身には、かなり堪える言葉でした」(41歳女性/翻訳)

  ◇  ◇  ◇

 DVの被害に遭っている女性の多くは、まずは相手から逃げることが先決。

 ようやくDV男から離れられた矢先に、現実を突きつけるような言葉を耳にすれば、不安を煽る引き金になっても無理はありません。

 夫からDVを受けていた女性の多くは、離婚が成立した直後には身も心も疲れ果てているケースが多いです。

 また「私はDV被害者です」と公言せずに、離婚の報告だけをする女性も少なくありません。

 そんなときに、周囲からの安易な言葉でさらに苦しめることのないよう、配慮のある態度を心がけるに越したことはないでしょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 鬼嫁がつくる家庭ルールの中には、思わず夫に同情したくなるほど過酷なものも少なくありません。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-27 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼がいます。付き合う前や付き合い始めの頃はLINEを頻繁にしていました。必ずどちらかから〈おはよう〉...
神崎メリ 2020-01-26 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。私の相談室に来られる方の3大テーマは、「浮気された」「離婚を考えている」「彼...
山崎世美子 2020-01-25 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁には、夫に容赦なくダメ出しをするタイプも少なくありません。  魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とす...
並木まき 2020-01-25 06:00 ラブ
FILM
 世界情勢がきな臭くなってきた感じがいたしますが、身近な世界における不毛な戦いの一つが、男女の「おごりおごられ論争」。 ...
しめサバ子 2020-01-24 06:00 ラブ
FILM
 恋のライバルが出現した時、誰もが心穏やかではいられないはず。しかも相手が年下の女性だった場合、勝てる気がしないと感じる...
内藤みか 2020-01-24 08:38 ラブ
FILM
 なぜ男性は、彼女と毎日LINEするのを嫌がるのでしょう。LINEの頻度の認識の違いで、大きなケンカになってしまうカップ...
ミクニシオリ 2020-01-23 16:31 ラブ
FILM
「恋愛と仕事の両立ができない……」、そんな悩みを抱えていませんか?中には、「仕事ができなくなるから恋愛しない!」というキ...
孔井嘉乃 2020-01-25 07:57 ラブ
FILM
 ドM男性なんて本当にいるの?と思われがちですが、実はたくさんいます!でも、相手がSかMかなんて、一目見ただけで見抜くこ...
リタ・トーコ 2020-01-22 06:00 ラブ
FILM
「類は友を呼ぶ」とも言われるように、鬼嫁のまわりには鬼嫁が集まるケースも少なくないようです。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-21 06:00 ラブ
FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ