DV夫と別れた女性が密かに傷ついている 周囲の心ない言葉3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-05-27 06:00
投稿日:2019-05-27 06:00
 DV夫との離婚が成立し、前向きな気持ちで新しい人生を歩みだしている女性に、悪気がなくとも、傷つく言葉をかけてしまう人もいます。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな残念すぎるフレーズを3選ご紹介します。

1:「いい人そうだったのに」

DV夫からやっと逃げられたのに(写真:iStock)
DV夫からやっと逃げられたのに (写真:iStock)

「DV夫と、半年以上の離婚調停の末に、無事に離婚が成立しました。

 ホッとした気持ちと、これからひとりで生きていかなくてはいけない気持ちとが入り混じっていたころ、近所の人と立ち話になり、離婚したことを伝えると『あら〜、残念ね。いい人そうだったのに!』と言われたのは、地味に傷つきましたね。

 子供の学区の関係で、私が結婚当時に住んでいた家に暮らし続けることになったので、近所から好奇の目を向けられるのは覚悟のうえでしたけど、それでも、そんな言い方をされたことで、なんだか私に離婚原因があるみたいじゃないの……ってイライラしました」(39歳女性/販売)

  ◇  ◇  ◇

 DV夫であっても、外ヅラのいいタイプも多いと聞きます。

 離婚の真相は当人にしかわからないだけに、離婚相手を褒めるような不用意な発言は控えたほうがスマートでしょう。

2:「でも暴力はなかったんでしょ?」

友人の言葉がずっと忘れられない(写真:iStock)
友人の言葉がずっと忘れられない (写真:iStock)

「殴る蹴るなどの肉体的暴力はないものの、経済的、精神的DVが激しかった元夫とやっとのことで離婚しました。

 友人たちに離婚を報告していたときに、ある人から『でも、暴力はなかったんでしょ? なら、踏ん張ればよかったのに』と言われたのには、正直、かなり傷つきましたね。

 そりゃあ、離婚せずに済むならそれに越したことはないですし、自分でも相当に悩んだ末の結論としての離婚だったんですから、安易にそういう言葉をかけてほしくなかったです。

 それ以来、その友人とはなんとなく疎遠になりました」(35歳女性/美容師)

  ◇  ◇  ◇

 ひと口に「DV」と言っても、肉体的に傷つける行為だけでなく、精神的・経済的に追い詰める行為など、その内容は多岐にわたります。

「暴力がないなら、我慢せよ」は、気楽に発するべき言葉ではありませんよね。

3:「でも、これからどうするの?」

「これから」のことなんて考えられない(写真:iStock)
「これから」のことなんて考えられない (写真:iStock)

「気に入らないことがあると、物置に閉じ込めたり頭から水をかけたりするサイコパスっぽいDV元夫と離婚が成立したときには、身も心もボロボロでした。

 とにかく、元夫から離れたい一心で離婚に向けて動き、なんとか結果を勝ち得た矢先、職場の人から『でも、これからどうするの?』と言われたのは、正直、かなりキツかったです。

 離婚するためにがんばってきて、まだ先のことも考えられないし、DV被害に遭っている人は、将来を考えるより前に、相手から逃げることが最優先なのに。

 心配してくれての言葉だったのかもしれないけれど、心身ともに疲れている身には、かなり堪える言葉でした」(41歳女性/翻訳)

  ◇  ◇  ◇

 DVの被害に遭っている女性の多くは、まずは相手から逃げることが先決。

 ようやくDV男から離れられた矢先に、現実を突きつけるような言葉を耳にすれば、不安を煽る引き金になっても無理はありません。

 夫からDVを受けていた女性の多くは、離婚が成立した直後には身も心も疲れ果てているケースが多いです。

 また「私はDV被害者です」と公言せずに、離婚の報告だけをする女性も少なくありません。

 そんなときに、周囲からの安易な言葉でさらに苦しめることのないよう、配慮のある態度を心がけるに越したことはないでしょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 コロナによる経済不安や自粛による寂しさから、恋愛や結婚に関心の高まっている人も増えているのではないでしょうか。しかし、...
ミクニシオリ 2020-07-15 06:00 ラブ
FILM
 せっかく告白をするなら、誰だって「OK」をもらいたいものでしょう。告白に成功するためには、どんな伝え方をするかも重要。...
恋バナ調査隊 2020-07-15 06:00 ラブ
FILM
「彼氏を大事にしているはずなのに、なぜか浮気されやすい……」そんなお悩みはありませんか? 今回は、そんな女性に共通する特...
リタ・トーコ 2020-07-14 06:00 ラブ
FILM
 日本の生涯未婚率が上昇傾向にある一方で、「3組に1組が離婚している」と言われる昨今。新型コロナウィルスによる自粛期間に...
田中絵音 2020-07-14 06:00 ラブ
FILM
 職場でもパーティーでも気になるカレに対しても、男性から魅力的に見られたいですよね。「この人、なんか素敵かも」と思わせる...
若林杏樹 2020-07-13 06:00 ラブ
FILM
「尽くす女性」は、一昔前までは「いい女」の象徴のような言葉だったと思います。しかし、現在では「重そう」「恋愛が下手そう」...
孔井嘉乃 2020-07-13 22:49 ラブ
FILM
 ど本命の彼とのお付き合いを3年間続けています。ですが、つい先日、不安からくるど本命クラッシャー(※)をしてしまいました...
神崎メリ 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 長く付き合っていると、遅かれ早かれ二人の関係はマンネリをする傾向にあります。しかし、時に男性は女性に惚れ直す瞬間がある...
恋バナ調査隊 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。私の元に来られる相談者さんの7割近く占めるのが、「浮気問題」です。出会った男...
山崎世美子 2020-07-11 06:54 ラブ
FILM
 義母の性格に「難」があると、息子の妻は頭を抱えがちに…。嫁姑の人間関係は自分では選べないために、結婚後に想定外の悩みの...
並木まき 2020-07-11 06:47 ラブ
FILM
 用事を頼んだときに「子どものおつかい」しかできない夫と結婚してしまった妻は、日常生活でも苦労が絶えないようです。何もし...
並木まき 2020-07-11 06:43 ラブ
FILM
 離婚は当事者の人生史上、なかなかにシビアな局面です。かくいう筆者も人生の大ピンチに直面し「あ、これ一人じゃ戦えない……...
七味さや 2020-07-10 06:00 ラブ
FILM
 強気な態度やアプローチに惹かれてお付き合いを始めた男性が、実は「俺様系」だったなんてことはありませんか? あまりの俺様...
リタ・トーコ 2020-07-09 06:00 ラブ
FILM
 女性の中には、告白経験がない人もいます。「ひたすら、男性からの告白を待つ」という人もいるでしょう。しかし、せっかく好き...
恋バナ調査隊 2020-07-08 06:00 ラブ
FILM
「今の恋人はすべてが完璧!」そんな風に思える方は、ほんの一握り。きっと多くは、「かまってくれないけど、仕事面では尊敬して...
孔井嘉乃 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 コロナ禍の中で迎えた今年の夏は、いわば前代未聞の夏です。恋愛だっていつも通りというわけにはいきません。昨年と同じことを...
ミクニシオリ 2020-07-07 06:00 ラブ