DV夫と別れた女性が密かに傷ついている 周囲の心ない言葉3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-05-27 06:00
投稿日:2019-05-27 06:00
 DV夫との離婚が成立し、前向きな気持ちで新しい人生を歩みだしている女性に、悪気がなくとも、傷つく言葉をかけてしまう人もいます。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな残念すぎるフレーズを3選ご紹介します。

1:「いい人そうだったのに」

「DV夫と、半年以上の離婚調停の末に、無事に離婚が成立しました。

 ホッとした気持ちと、これからひとりで生きていかなくてはいけない気持ちとが入り混じっていたころ、近所の人と立ち話になり、離婚したことを伝えると『あら〜、残念ね。いい人そうだったのに!』と言われたのは、地味に傷つきましたね。

 子供の学区の関係で、私が結婚当時に住んでいた家に暮らし続けることになったので、近所から好奇の目を向けられるのは覚悟のうえでしたけど、それでも、そんな言い方をされたことで、なんだか私に離婚原因があるみたいじゃないの……ってイライラしました」(39歳女性/販売)

  ◇  ◇  ◇

 DV夫であっても、外ヅラのいいタイプも多いと聞きます。

 離婚の真相は当人にしかわからないだけに、離婚相手を褒めるような不用意な発言は控えたほうがスマートでしょう。

2:「でも暴力はなかったんでしょ?」

「殴る蹴るなどの肉体的暴力はないものの、経済的、精神的DVが激しかった元夫とやっとのことで離婚しました。

 友人たちに離婚を報告していたときに、ある人から『でも、暴力はなかったんでしょ? なら、踏ん張ればよかったのに』と言われたのには、正直、かなり傷つきましたね。

 そりゃあ、離婚せずに済むならそれに越したことはないですし、自分でも相当に悩んだ末の結論としての離婚だったんですから、安易にそういう言葉をかけてほしくなかったです。

 それ以来、その友人とはなんとなく疎遠になりました」(35歳女性/美容師)

  ◇  ◇  ◇

 ひと口に「DV」と言っても、肉体的に傷つける行為だけでなく、精神的・経済的に追い詰める行為など、その内容は多岐にわたります。

「暴力がないなら、我慢せよ」は、気楽に発するべき言葉ではありませんよね。

3:「でも、これからどうするの?」

「気に入らないことがあると、物置に閉じ込めたり頭から水をかけたりするサイコパスっぽいDV元夫と離婚が成立したときには、身も心もボロボロでした。

 とにかく、元夫から離れたい一心で離婚に向けて動き、なんとか結果を勝ち得た矢先、職場の人から『でも、これからどうするの?』と言われたのは、正直、かなりキツかったです。

 離婚するためにがんばってきて、まだ先のことも考えられないし、DV被害に遭っている人は、将来を考えるより前に、相手から逃げることが最優先なのに。

 心配してくれての言葉だったのかもしれないけれど、心身ともに疲れている身には、かなり堪える言葉でした」(41歳女性/翻訳)

  ◇  ◇  ◇

 DVの被害に遭っている女性の多くは、まずは相手から逃げることが先決。

 ようやくDV男から離れられた矢先に、現実を突きつけるような言葉を耳にすれば、不安を煽る引き金になっても無理はありません。

 夫からDVを受けていた女性の多くは、離婚が成立した直後には身も心も疲れ果てているケースが多いです。

 また「私はDV被害者です」と公言せずに、離婚の報告だけをする女性も少なくありません。

 そんなときに、周囲からの安易な言葉でさらに苦しめることのないよう、配慮のある態度を心がけるに越したことはないでしょう。

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

関連キーワード

ラブ 新着一覧


夫婦喧嘩は“自ら折れる”で片付ける!賢い妻は謝罪感謝をポチってハイ終了
 夫婦喧嘩をする時、自分から折れるのは悔しいと感じてしまいがち…。  でも実は、夫婦喧嘩は自ら謝ったほうが問題は解...
恋バナ調査隊 2024-07-24 06:00 ラブ
「レス離婚」は夫に慰謝料請求可能?弁護士に相談したら意外な答えが…
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  実は先日...
豆木メイ 2024-07-23 06:00 ラブ
封筒の中からオンナの毛髪が…もう恋愛したくない! ゾッとした体験談4選
 あなたは、恋愛で怖い思いをした経験があるでしょうか?  今回は、女性たちに“ゾッとした体験談”について話してもらいま...
恋バナ調査隊 2024-07-22 06:00 ラブ
すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ
友情か恋愛か。友達と同じ人が好きになり“カマかけLINE”を送ったら…
 友達と同じ人が好きになってしまい、友情か恋愛かを選べずに苦しんでいる人は多いようです。  中には、自分の気持ちを...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ