夫はア然呆然…鬼嫁が平然と放った“理不尽すぎる言い草”3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-09-30 06:55
投稿日:2019-09-30 06:55
 鬼嫁と言われてしまう女性は、夫に対して、理不尽すぎる言葉を発する場合も少なくないようです。
納得できない暴言を浴びせられた夫は、呆然……。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな鬼嫁たちの自分勝手すぎる言い草を3選ご紹介します。

1:「私のほうが、通勤時間が長いから…」

屁理屈は鬼嫁たちの得意技(写真:iStock)
屁理屈は鬼嫁たちの得意技 (写真:iStock)

「離婚した元嫁は、とにかく身勝手な話が多い人でした。

 ことお金に関してセコイというか、理不尽な言い訳をしては、好きに使いたがる人で…。

 当時、生活費は元妻が管理していたのですが、彼女の収入は僕の半分くらいなのに、やたらゲームだの洋服だのに散財するので、文句を言ったんです。

 すると『いや、私のほうが通勤時間が長いから、1日のうちで仕事にとられる時間はあなたより長い。でも通勤時間分は給料が出ないから、仕方なく家計費を使う割合で折り合いをつけている』ってイミフな理屈が返ってきました。

 最初は意味がわからなかったんだけど、どうやら家を出てから帰宅するまでの時間は“仕事”だから、家計への貢献度はそれで決まり、だから生活費を自由に使える割合も自分のほうが多いというメチャクチャな話でした。

 万事、こんな感じで屁理屈ばかり言う女だったので、本当にイライラさせられっぱなしでしたね…」(41歳男性/IT)

 自分勝手に振る舞うために、屁理屈を使おうとする女性は、男性をウンザリさせがち。当人は「うまく誤魔化した」つもりでも、夫のイラつきを募らせれば、最終的には離婚となっても無理はないでしょう…。

2:「自分の親も他人みたいなものだから…」

めちゃくちゃな理屈で義母を家に入れない(写真:iStock)
めちゃくちゃな理屈で義母を家に入れない (写真:iStock)

「元妻は、入籍した途端に俺の母親を毛嫌いし、とにかく顔を合わせないようにしたがるうえに、自宅に入れないよう要求してきました。

 なので、母が上京してもホテルに泊まらされて、当時は本当にかわいそうだった。

 ある日、俺の堪忍袋の緒が切れて、そんな元妻に苦言を呈したんですが『あなたの母親だから避けるわけじゃない。私は人見知りだし、家に他人が入るのが無理なだけ。だから友達も呼ばないし、自分の親だって、家には入れてないでしょ? 自分の親も、私から見れば他人みたいなものだから』と、メチャクチャな理屈で返されました。

 自分の親を家に入れないのは勝手だけど、問題はそこじゃないし、あまりにも屁理屈だと呆れましたね…」(39歳男性/サービス)

 問題をすり替えたり、都合のいい話にしたりするのは、鬼嫁の常套手段?

 本人は正しい理屈のつもりでも、道理が通らない話だってありますよね。

3:「私の猫がいないのはおかしい」

身勝手さに猫もソッポ(写真:iStock)
身勝手さに猫もソッポ (写真:iStock)

「結婚して4年で離婚した元嫁は、自分がやりたいことには屁理屈ばかりこねる女で、本当にウンザリでした。

 僕はもともと独身の頃から猫を飼っていたんですが、ある時に元嫁が『あなたの猫がいて、私の猫がいないのはおかしい。だから、私にも猫を飼ってくれ』って言うんです。

 まぁ理屈は変だけど、猫がもう一匹増えるのはウェルカムだったし、それでヒステリックな元嫁の精神が安定するなら…って思ったので『じゃ飼おうか』って快諾したんですね。

 すると、やれ『今の猫より、高級な猫がいい』だの、地方にある『どこそこのブリーダーに行きたいから連れてけ』だのって、言いたい放題。

 しまいには『これまであなたの猫を面倒見たお礼として、あなたが私の猫を買え』って言い出しました。

 当時、共働きで夫婦別財布にしていたんですが、猫を飼うためのお金を全部僕に出させたうえに、実際に猫がきたら先住猫の世話をしなくなり、もうメチャクチャ。

 もともとウンザリしていたのもありましたけど、その出来事から半年もせずに、離婚に踏み切りました。猫代が、手切れ金みたいになりましたね(苦笑)」(42歳男性/SE)

 結婚してから夫婦で飼っているペットに「どっちの猫」もない気がしますが、鬼嫁だけに、そこにこだわり、自分の意のままに操れるペットが欲しくなっちゃったのでしょうか。

 なんとも不可解な理屈で、自分の欲求を通す鬼嫁もいるみたいですね。

まとめ

 理不尽な主張でも、夫が思い通りに動いてくれれば、鬼嫁としては作戦成功なのでしょう。

 しかし、そんな屁理屈が一生通るわけでもなく、そのうちに夫の堪忍袋の緒が切れても因果応報ですね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


ケンカの絶えない夫婦になる恐れも…「距離感」の相性とは
 人間関係を築く上でとても重要になってくる「距離感」。ここの価値観が合わないと、なかなか苦労することになります。距離感の...
七味さや 2021-01-25 06:00 ラブ
恋愛関係なのに即レスしないのはなぜ?男女の違いを徹底検証
 大好きな彼とやっと両思いになれた時、つい嬉しくて「いつも彼とつながっていたい」と、LINEをたくさん送ってしまうのが女...
恋バナ調査隊 2021-01-25 06:00 ラブ
彼は寂しくないの? 会えない時の不安を解消する5つの方法
「会えない時間が愛を育てる」なんて、恋愛の常套句がありますね。そうはわかっていても、実際彼に会えない時、不安な気持ちに苛...
孔井嘉乃 2021-01-24 06:00 ラブ
“モテるけどクズ”な男子を好きになる女子が言いがちなセリフ
 古今東西、モテる男子には理由があるもの。そして、モテる男子ばかり好きになってしまう女子にも、理由があるものです。あなた...
ミクニシオリ 2021-01-23 06:00 ラブ
天使?小悪魔?“隠れ肉食系女子”の特徴&出会った時の接し方
「肉食系女子」や「草食系女子」という言葉は、誰でも聞いたことがありますよね。しかし最近、「隠れ肉食系女子」という新たなカ...
恋バナ調査隊 2021-01-23 06:00 ラブ
本性はココに出る!付き合うべきではない男のLINE語尾3選
 LINEに表れるちょっとした“癖”に注目すると、送り主の本性が垣間見えるケースも少なくありません。少し気になっている男...
並木まき 2021-01-22 06:00 ラブ
彼氏と連絡が取れない…考えられる理由5つ&効果的な対処法
 いつも通りのデートを楽しんだはずなのに、その後急に彼氏と連絡が取れなくなったら、「何かあったのだろうか?」と心配になる...
恋バナ調査隊 2021-01-22 06:00 ラブ
婚活アプリで見つけた こじらせ中年男性3タイプの傾向と対策
 恋活・婚活アプリも多様化の時代。中高年が大勢登録しているところには、ややこじらせている男性の姿も。どんな感じのこじらせ...
内藤みか 2021-01-21 06:00 ラブ
LINEで告白を成功させる方法♡切り出し方やセリフも紹介
 好きな男性に告白するのは、誰でも勇気がいりますよね。そんな時にふと、「LINEで告白しちゃおうかな」と考える人も多いで...
恋バナ調査隊 2021-01-21 06:00 ラブ
共通の話題がなくても大丈夫!カレの心をつかむ恋愛心理テク
 気になる人ともっと仲良くなるには「共通の話題」があるとグッとお近づきになれるのですが、どうも趣味も職種も違って盛り上が...
若林杏樹 2021-01-22 17:37 ラブ
シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋...
恋バナ調査隊 2021-01-20 06:00 ラブ
70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ
不倫がバレて“二度としない男”と“また繰り返す男”の違いとは
 近ごろ、芸能ニュースで「4年ぶり2度目の不倫」などとスクープされているのは記憶に新しいかと思いますが、これは芸能人に限...
田中絵音 2021-01-19 06:00 ラブ
もっと私に興味を持って!パートナーへの関心がなくなるナゼ
 私のパートナー、自分に関心を持ってくれていないかも……そう感じた経験はありますか? 離婚の原因は元パートナーの無関心が...
七味さや 2021-01-18 06:00 ラブ
彼氏に仕返ししたい! 効果的な方法6選&確認するべき気持ち
 好きな人と付き合いはじめたばかりの頃には、何をしていても楽しく、幸せに感じるもの。しかし、交際期間が長くなると構っても...
恋バナ調査隊 2021-01-18 06:00 ラブ
男性とLINEの会話が続かない…原因&会話を広げるコツ♡
 気になる男性とせっかくLINEを交換したのに、全然会話が続かなくて困っていませんか? 何回送ってもそっけない返事や同じ...
恋バナ調査隊 2021-01-17 06:00 ラブ