夫はア然呆然…鬼嫁が平然と放った“理不尽すぎる言い草”3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-09-30 06:55
投稿日:2019-09-30 06:55
 鬼嫁と言われてしまう女性は、夫に対して、理不尽すぎる言葉を発する場合も少なくないようです。
納得できない暴言を浴びせられた夫は、呆然……。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな鬼嫁たちの自分勝手すぎる言い草を3選ご紹介します。

1:「私のほうが、通勤時間が長いから…」

屁理屈は鬼嫁たちの得意技(写真:iStock)
屁理屈は鬼嫁たちの得意技 (写真:iStock)

「離婚した元嫁は、とにかく身勝手な話が多い人でした。

 ことお金に関してセコイというか、理不尽な言い訳をしては、好きに使いたがる人で…。

 当時、生活費は元妻が管理していたのですが、彼女の収入は僕の半分くらいなのに、やたらゲームだの洋服だのに散財するので、文句を言ったんです。

 すると『いや、私のほうが通勤時間が長いから、1日のうちで仕事にとられる時間はあなたより長い。でも通勤時間分は給料が出ないから、仕方なく家計費を使う割合で折り合いをつけている』ってイミフな理屈が返ってきました。

 最初は意味がわからなかったんだけど、どうやら家を出てから帰宅するまでの時間は“仕事”だから、家計への貢献度はそれで決まり、だから生活費を自由に使える割合も自分のほうが多いというメチャクチャな話でした。

 万事、こんな感じで屁理屈ばかり言う女だったので、本当にイライラさせられっぱなしでしたね…」(41歳男性/IT)

 自分勝手に振る舞うために、屁理屈を使おうとする女性は、男性をウンザリさせがち。当人は「うまく誤魔化した」つもりでも、夫のイラつきを募らせれば、最終的には離婚となっても無理はないでしょう…。

2:「自分の親も他人みたいなものだから…」

めちゃくちゃな理屈で義母を家に入れない(写真:iStock)
めちゃくちゃな理屈で義母を家に入れない (写真:iStock)

「元妻は、入籍した途端に俺の母親を毛嫌いし、とにかく顔を合わせないようにしたがるうえに、自宅に入れないよう要求してきました。

 なので、母が上京してもホテルに泊まらされて、当時は本当にかわいそうだった。

 ある日、俺の堪忍袋の緒が切れて、そんな元妻に苦言を呈したんですが『あなたの母親だから避けるわけじゃない。私は人見知りだし、家に他人が入るのが無理なだけ。だから友達も呼ばないし、自分の親だって、家には入れてないでしょ? 自分の親も、私から見れば他人みたいなものだから』と、メチャクチャな理屈で返されました。

 自分の親を家に入れないのは勝手だけど、問題はそこじゃないし、あまりにも屁理屈だと呆れましたね…」(39歳男性/サービス)

 問題をすり替えたり、都合のいい話にしたりするのは、鬼嫁の常套手段?

 本人は正しい理屈のつもりでも、道理が通らない話だってありますよね。

3:「私の猫がいないのはおかしい」

身勝手さに猫もソッポ(写真:iStock)
身勝手さに猫もソッポ (写真:iStock)

「結婚して4年で離婚した元嫁は、自分がやりたいことには屁理屈ばかりこねる女で、本当にウンザリでした。

 僕はもともと独身の頃から猫を飼っていたんですが、ある時に元嫁が『あなたの猫がいて、私の猫がいないのはおかしい。だから、私にも猫を飼ってくれ』って言うんです。

 まぁ理屈は変だけど、猫がもう一匹増えるのはウェルカムだったし、それでヒステリックな元嫁の精神が安定するなら…って思ったので『じゃ飼おうか』って快諾したんですね。

 すると、やれ『今の猫より、高級な猫がいい』だの、地方にある『どこそこのブリーダーに行きたいから連れてけ』だのって、言いたい放題。

 しまいには『これまであなたの猫を面倒見たお礼として、あなたが私の猫を買え』って言い出しました。

 当時、共働きで夫婦別財布にしていたんですが、猫を飼うためのお金を全部僕に出させたうえに、実際に猫がきたら先住猫の世話をしなくなり、もうメチャクチャ。

 もともとウンザリしていたのもありましたけど、その出来事から半年もせずに、離婚に踏み切りました。猫代が、手切れ金みたいになりましたね(苦笑)」(42歳男性/SE)

 結婚してから夫婦で飼っているペットに「どっちの猫」もない気がしますが、鬼嫁だけに、そこにこだわり、自分の意のままに操れるペットが欲しくなっちゃったのでしょうか。

 なんとも不可解な理屈で、自分の欲求を通す鬼嫁もいるみたいですね。

まとめ

 理不尽な主張でも、夫が思い通りに動いてくれれば、鬼嫁としては作戦成功なのでしょう。

 しかし、そんな屁理屈が一生通るわけでもなく、そのうちに夫の堪忍袋の緒が切れても因果応報ですね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 新型コロナウイルスによって始まったテレワークにより、コロナ破局や同棲解消が増えている、という話が取りざたされています。...
ミクニシオリ 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
 10〜20代の頃は好きな人のためにオシャレをして、髪をかわいく盛って、毎日楽しかった……。しかし、オトナ女子になった今...
若林杏樹 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性とやっとLINEを交換できたのに、あまりにそっけないと連絡を続けるべきかやめるべきか迷ってしまいますよね。...
恋バナ調査隊 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
「既婚男性との恋愛なんて絶対ムリ!」と思っているのにもかかわらず、熱心なアプローチを受けて不倫へと走ってしまう女性は少な...
リタ・トーコ 2020-09-29 06:54 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-28 17:53 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-29 14:55 ラブ