夫はア然呆然…鬼嫁が平然と放った“理不尽すぎる言い草”3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-09-30 06:55
投稿日:2019-09-30 06:55
 鬼嫁と言われてしまう女性は、夫に対して、理不尽すぎる言葉を発する場合も少なくないようです。
納得できない暴言を浴びせられた夫は、呆然……。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな鬼嫁たちの自分勝手すぎる言い草を3選ご紹介します。

1:「私のほうが、通勤時間が長いから…」

屁理屈は鬼嫁たちの得意技(写真:iStock)
屁理屈は鬼嫁たちの得意技 (写真:iStock)

「離婚した元嫁は、とにかく身勝手な話が多い人でした。

 ことお金に関してセコイというか、理不尽な言い訳をしては、好きに使いたがる人で…。

 当時、生活費は元妻が管理していたのですが、彼女の収入は僕の半分くらいなのに、やたらゲームだの洋服だのに散財するので、文句を言ったんです。

 すると『いや、私のほうが通勤時間が長いから、1日のうちで仕事にとられる時間はあなたより長い。でも通勤時間分は給料が出ないから、仕方なく家計費を使う割合で折り合いをつけている』ってイミフな理屈が返ってきました。

 最初は意味がわからなかったんだけど、どうやら家を出てから帰宅するまでの時間は“仕事”だから、家計への貢献度はそれで決まり、だから生活費を自由に使える割合も自分のほうが多いというメチャクチャな話でした。

 万事、こんな感じで屁理屈ばかり言う女だったので、本当にイライラさせられっぱなしでしたね…」(41歳男性/IT)

 自分勝手に振る舞うために、屁理屈を使おうとする女性は、男性をウンザリさせがち。当人は「うまく誤魔化した」つもりでも、夫のイラつきを募らせれば、最終的には離婚となっても無理はないでしょう…。

2:「自分の親も他人みたいなものだから…」

めちゃくちゃな理屈で義母を家に入れない(写真:iStock)
めちゃくちゃな理屈で義母を家に入れない (写真:iStock)

「元妻は、入籍した途端に俺の母親を毛嫌いし、とにかく顔を合わせないようにしたがるうえに、自宅に入れないよう要求してきました。

 なので、母が上京してもホテルに泊まらされて、当時は本当にかわいそうだった。

 ある日、俺の堪忍袋の緒が切れて、そんな元妻に苦言を呈したんですが『あなたの母親だから避けるわけじゃない。私は人見知りだし、家に他人が入るのが無理なだけ。だから友達も呼ばないし、自分の親だって、家には入れてないでしょ? 自分の親も、私から見れば他人みたいなものだから』と、メチャクチャな理屈で返されました。

 自分の親を家に入れないのは勝手だけど、問題はそこじゃないし、あまりにも屁理屈だと呆れましたね…」(39歳男性/サービス)

 問題をすり替えたり、都合のいい話にしたりするのは、鬼嫁の常套手段?

 本人は正しい理屈のつもりでも、道理が通らない話だってありますよね。

3:「私の猫がいないのはおかしい」

身勝手さに猫もソッポ(写真:iStock)
身勝手さに猫もソッポ (写真:iStock)

「結婚して4年で離婚した元嫁は、自分がやりたいことには屁理屈ばかりこねる女で、本当にウンザリでした。

 僕はもともと独身の頃から猫を飼っていたんですが、ある時に元嫁が『あなたの猫がいて、私の猫がいないのはおかしい。だから、私にも猫を飼ってくれ』って言うんです。

 まぁ理屈は変だけど、猫がもう一匹増えるのはウェルカムだったし、それでヒステリックな元嫁の精神が安定するなら…って思ったので『じゃ飼おうか』って快諾したんですね。

 すると、やれ『今の猫より、高級な猫がいい』だの、地方にある『どこそこのブリーダーに行きたいから連れてけ』だのって、言いたい放題。

 しまいには『これまであなたの猫を面倒見たお礼として、あなたが私の猫を買え』って言い出しました。

 当時、共働きで夫婦別財布にしていたんですが、猫を飼うためのお金を全部僕に出させたうえに、実際に猫がきたら先住猫の世話をしなくなり、もうメチャクチャ。

 もともとウンザリしていたのもありましたけど、その出来事から半年もせずに、離婚に踏み切りました。猫代が、手切れ金みたいになりましたね(苦笑)」(42歳男性/SE)

 結婚してから夫婦で飼っているペットに「どっちの猫」もない気がしますが、鬼嫁だけに、そこにこだわり、自分の意のままに操れるペットが欲しくなっちゃったのでしょうか。

 なんとも不可解な理屈で、自分の欲求を通す鬼嫁もいるみたいですね。

まとめ

 理不尽な主張でも、夫が思い通りに動いてくれれば、鬼嫁としては作戦成功なのでしょう。

 しかし、そんな屁理屈が一生通るわけでもなく、そのうちに夫の堪忍袋の緒が切れても因果応報ですね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


悲しみから立ち直るために…自分を責めることをやめてみよう
 喪失のどん底にいるときって、ついつい自分を責めてしまいますよね。自分に自信がなくなって、耐えられない後悔に胸がちぎれそ...
七味さや 2021-08-02 06:00 ラブ
長続きの秘訣かも♡ 彼と“ちょうどいい関係”の作り方4つ
 恋愛での男女の距離感って、とても難しいですよね。好きだからこそもっと近くにいたいのに、求めれば求めるほど不安になったり...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:01 ラブ
本当にモテるのは性格美人な女性♡ 特徴&心がけるべきこと
 モテるために、外見を磨こうとする女性は多いですよね。でも、外見と内面を天秤にかけたら、最終的には内面が美しい女性が選ば...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:00 ラブ
告白の返事はどのくらい待つべき?男性が保留にする4つの理由
 勇気を出して告白した彼に「少し考えさせてほしい……」と言われたら、がっかりしてしまう人も多いでしょう。しかし、保留にさ...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
ひどい男に仕返しする5つの方法&怒りと悲しみの乗り越え方
「二股をかけられた」「お金だけ払わされてフラれた」など、本当にひどい男はいます。仕返ししたい!と思うのも無理ありませんが...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
結婚直後から不幸続き…奇妙な出会いをした夫を見限った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-30 06:11 ラブ
彼ママに挨拶する際の基本マナー&やりがちな5つのNG行動
 彼氏との交際が順調に進んだら、相手の両親に会うこともあるでしょう。女性にとって彼ママというのは厄介な存在ではありますが...
恋バナ調査隊 2021-07-30 06:16 ラブ
10歳差でも…年上好きの男性は母親との関係が影響している?
 年上の彼女を求める男性が増えています。年上女性志向が高まっている理由には、社会不安による生活安定欲求や、地位向上を目指...
内藤みか 2021-07-29 06:00 ラブ
高学歴女子はなぜモテないの?4つの理由&あるあるな悩み
 努力して勉強をして、いい大学を卒業し、きちんとした仕事に就いている「高学歴女子」。一見、悩みのない人生を送っているよう...
恋バナ調査隊 2021-07-29 06:00 ラブ
知らないと怖い! 彼氏を“ダメ男化”する女性の行動パターン
 パートナーとの時間、ちゃんと取れていますか? 付き合い始めた当初は一緒にいる時間が長かったり、コミュニケーションが多か...
若林杏樹 2021-07-28 06:00 ラブ
辛い片思い…脈なしを見極める5つのポイント&抜け出す方法
 恋をするのは、楽しく幸せなことです。しかし、辛い片思いとなると話は別! 無理に続ける必要はないんです。そこで今回は、男...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ