愛情なんて込めません!鬼嫁たちの知られざる食卓事情とは?

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-06-28 06:00
投稿日:2019-06-28 06:00
「鬼嫁」と呼ばれる妻たちには「夫に愛情を込めた料理なんて、食べさせるつもりはない」とばかりに、手抜きしまくりの食事になっている女性も少なくないようです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきと、そんな鬼嫁たちの食卓事情を覗き見してみましょう。

1:毎日、夫に買い物&メニューを指示

毎日嫁の指示通りに買い物を(写真:iStock)
毎日嫁の指示通りに買い物を (写真:iStock)

「会社の先輩に、まさに“鬼嫁”って感じの女がいます。

 その人は、夕方になると『今日の夕食、何にしようかな〜』と言いながら、鼻歌まじりに夫にLINEを送り、買い物リストとメニューを指示。

 そう、多くの奥さんの『何にしようかな〜』は、自分で料理をする話なのに、その人は、ご主人に指示するだけなのです。

 コレが毎日なので、ハタで見ている私も、思わずご主人に同情……」(32歳女性/研究所職員)

  ◇  ◇  ◇

 自分の好きなものを毎日、LINEで指示して夫に作らせるとは、かなりのご身分。

 素直に指示どおりに動くご主人も、たいしたものです。

2:外食オンリー

“孤食”な上に不健康(写真:iStock)
“孤食”な上に不健康 (写真:iStock)

「友人が30代後半で結婚したのですが『私は、絶対に料理はしない!』と豪語しています。
共働きなので、毎日作る必要はないと思うけれど、その人は、外食オンリーの生活を自慢げに話してきます。

 それで、彼女と結婚してから、ご主人の健康診断の数値が、かなり悪くなったのだとか。

 聞けば、毎日、自宅近くの中華屋さんで食事をしているそうなので、きっと油っぽいものの食べ過ぎなんじゃないかなーって思います。

 奥さんが料理をしないって宣言したせいだと思うので、独身のときよりも食生活が乱れるなんて、ご主人カワイソウだな……って思っちゃいました」(40歳女性/小売)

  ◇  ◇  ◇

 妻が自炊をしない宣言をした結果、夫の身体に不調が出てくるとなれば、思わずご主人に同情してしまう人も多いのではないでしょうか。

3:レトルト食品の食べ放題

便利だし種類も多いけど毎日食べるのは…(写真:iStock)
便利だし種類も多いけど毎日食べるのは… (写真:iStock)

「飲み仲間の40代前半女性は、家にレトルト食品を大量に買いだめして、それを毎日、夫に食べさせているそうです。

 その女性はお酒が大好きなので、基本的には毎晩、誰かと飲みに出かけているようですが、ご主人には『外に飲みに行くな』とルールを作り、家でレトルトを食べさせているのだそう。

『いろんなバリエーションを揃えてあげているから、飽きないはず』って得意げに話していましたけど、飲みに行くのを禁止されて、レトルトを食べるなんて、どんなに種類があっても、悲惨じゃないですか!?

 その女性いわく『夫のほうが稼ぎが低いから、当然』って言っていましたけど、そういう問題じゃないような……」(36歳女性/美容)

  ◇  ◇  ◇

 いくらバリエーション豊富でも、毎日、レトルトをひたすら食べさせられるとなれば、ウンザリしそうです。

 素直に、鬼嫁のルールに従っているご主人を偉いと言うべきでしょうか……。

 食は、健康のみなもと。

 しかしそんな毎日の食卓事情が、およそ「健康的」とは言えない鬼嫁も。

 残念ながら、鬼嫁と結婚してしまえば、食べ物でも苦労する夫が多いのかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-06-07 04:16 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-06-06 06:28 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。あの人気俳優の竹内涼真さん(27)との熱愛が報じられていたビズリーチのCM女...
山崎世美子 2020-06-06 06:30 ラブ
FILM
「バツイチ」――。この言葉、結構重い響きですよね。他意はなくとも、バツイチって言われるとうっすらと傷ついてしまいます。 ...
七味さや 2020-06-05 06:00 ラブ
FILM
 好きな人ができた時、自分からアプローチしていいのかと悩んでしまう女性は多いでしょう。でも、男性は意外と女性からのアプロ...
恋バナ調査隊 2020-06-05 06:00 ラブ
FILM
 あなたは、どんな男性に惹かれますか? 「ガツガツしていて男らしい人がいい」と答える女性も多いかもしれませんね。しかし、...
恋バナ調査隊 2020-06-04 06:00 ラブ
FILM
 外出自粛により、さまざまな「リモート」での交流が予想以上に広がりました。仕事に始まり、料理、飲み会、運動など……。たぶ...
ミクニシオリ 2020-06-04 06:00 ラブ
FILM
 ステイホーム中にも、不倫に明け暮れた男性は、決して少なくない様子。非常事態を迎えて不倫を清算した人も多いなか、自由な時...
並木まき 2020-06-03 06:00 ラブ
FILM
 関東出身の女性というと、「センスがよく、流行の先端!」「お嬢様が多い」というイメージを持っている方は多いでしょう。でも...
FILM
 コロナ禍で3密を避けるため、合コンのオンライン化がものすごい勢いで進んでいる昨今。すでに多くの男女がオンライン上で出会...
田中絵音 2020-06-02 06:00 ラブ
FILM
 好きな人に女性からアプローチするって、なかなか勇気がいるものです。でも、LINEを使えば、恋愛経験が少ない人でも気軽に...
恋バナ調査隊 2020-06-02 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性や大好きなカレにLINEでガンガン連絡し、返ってこないとモヤモヤしていませんか? ホレた人にLINEしたく...
若林杏樹 2020-06-01 06:00 ラブ
FILM
 理想の男性との運命的な出会いをする……そんなシチュエーションを夢見る女性は多いでしょう。でも、星の数ほどいる男性の中で...
恋バナ調査隊 2020-06-01 06:00 ラブ
FILM
 付き合って4年、別れてから2年が経つ元彼がいます。  すでに元彼には2年、付き合ってる彼女がいます。元彼とは定期...
神崎メリ 2020-05-31 06:24 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。緊急事態宣言は解除されましたが、外出時にマスクは必須、ソーシャルディスタンス...
山崎世美子 2020-05-30 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があり...
並木まき 2020-05-30 06:22 ラブ