愛情なんて込めません!鬼嫁たちの知られざる食卓事情とは?

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-06-28 06:00
投稿日:2019-06-28 06:00
「鬼嫁」と呼ばれる妻たちには「夫に愛情を込めた料理なんて、食べさせるつもりはない」とばかりに、手抜きしまくりの食事になっている女性も少なくないようです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきと、そんな鬼嫁たちの食卓事情を覗き見してみましょう。

1:毎日、夫に買い物&メニューを指示

毎日嫁の指示通りに買い物を(写真:iStock)
毎日嫁の指示通りに買い物を (写真:iStock)

「会社の先輩に、まさに“鬼嫁”って感じの女がいます。

 その人は、夕方になると『今日の夕食、何にしようかな〜』と言いながら、鼻歌まじりに夫にLINEを送り、買い物リストとメニューを指示。

 そう、多くの奥さんの『何にしようかな〜』は、自分で料理をする話なのに、その人は、ご主人に指示するだけなのです。

 コレが毎日なので、ハタで見ている私も、思わずご主人に同情……」(32歳女性/研究所職員)

  ◇  ◇  ◇

 自分の好きなものを毎日、LINEで指示して夫に作らせるとは、かなりのご身分。

 素直に指示どおりに動くご主人も、たいしたものです。

2:外食オンリー

“孤食”な上に不健康(写真:iStock)
“孤食”な上に不健康 (写真:iStock)

「友人が30代後半で結婚したのですが『私は、絶対に料理はしない!』と豪語しています。
共働きなので、毎日作る必要はないと思うけれど、その人は、外食オンリーの生活を自慢げに話してきます。

 それで、彼女と結婚してから、ご主人の健康診断の数値が、かなり悪くなったのだとか。

 聞けば、毎日、自宅近くの中華屋さんで食事をしているそうなので、きっと油っぽいものの食べ過ぎなんじゃないかなーって思います。

 奥さんが料理をしないって宣言したせいだと思うので、独身のときよりも食生活が乱れるなんて、ご主人カワイソウだな……って思っちゃいました」(40歳女性/小売)

  ◇  ◇  ◇

 妻が自炊をしない宣言をした結果、夫の身体に不調が出てくるとなれば、思わずご主人に同情してしまう人も多いのではないでしょうか。

3:レトルト食品の食べ放題

便利だし種類も多いけど毎日食べるのは…(写真:iStock)
便利だし種類も多いけど毎日食べるのは… (写真:iStock)

「飲み仲間の40代前半女性は、家にレトルト食品を大量に買いだめして、それを毎日、夫に食べさせているそうです。

 その女性はお酒が大好きなので、基本的には毎晩、誰かと飲みに出かけているようですが、ご主人には『外に飲みに行くな』とルールを作り、家でレトルトを食べさせているのだそう。

『いろんなバリエーションを揃えてあげているから、飽きないはず』って得意げに話していましたけど、飲みに行くのを禁止されて、レトルトを食べるなんて、どんなに種類があっても、悲惨じゃないですか!?

 その女性いわく『夫のほうが稼ぎが低いから、当然』って言っていましたけど、そういう問題じゃないような……」(36歳女性/美容)

  ◇  ◇  ◇

 いくらバリエーション豊富でも、毎日、レトルトをひたすら食べさせられるとなれば、ウンザリしそうです。

 素直に、鬼嫁のルールに従っているご主人を偉いと言うべきでしょうか……。

 食は、健康のみなもと。

 しかしそんな毎日の食卓事情が、およそ「健康的」とは言えない鬼嫁も。

 残念ながら、鬼嫁と結婚してしまえば、食べ物でも苦労する夫が多いのかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 大好きな彼氏が浮気をしていたら、とてつもなくショックを受けますよね。裏切られた悲しさや怒りで、動揺してしまう女性も多い...
東城ゆず 2019-12-06 06:00 ラブ
FILM
「片思い」って、何歳になってもなかなか慣れないものですよね。ハッと我にかえると「私、どうかしてる!」と自分に呆れてしまう...
FILM
 歳を重ねていくと、「そろそろ結婚しないの?」という周囲の圧力を感じることってありますよね。また、素敵なプロポーズを受け...
東城ゆず 2019-12-05 06:00 ラブ
FILM
「なんとなくお互いに惹かれ合っている」、そんなお付き合い前のデートの際、あなたは割り勘を申し出たことはありますか? もち...
リタ・トーコ 2019-12-05 06:00 ラブ
FILM
 帰宅が遅くなった夫に対しては、イヤミや文句のひとつを口にする女性も少なくありませんよね。  しかし相手が鬼嫁となると...
並木まき 2019-12-04 06:00 ラブ
FILM
 毎年、街がドレスアップするこのシーズン。LEDが開発されたことで昔よりもイルミネーションの輝きが増していますし、色とり...
東城ゆず 2019-12-03 06:00 ラブ
FILM
「いつか付き合えたら……!」そんな一心で片思いをしている方は多いでしょう。でも、どんなに頑張ってアプローチを続けても、ど...
リタ・トーコ 2019-12-02 06:27 ラブ
FILM
 最近は「男子高生ミスターコン」や「ジュノンボーイコンテスト」など、ネット上での人気度がコンテスト結果を左右するイベント...
内藤みか 2019-12-02 06:24 ラブ
FILM
 よく、「恋愛と結婚は別」と言われますが、そんな簡単に割り切れないのが男女のお付き合いでしょう。でも、恋愛と結婚には決定...
孔井嘉乃 2019-12-01 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子です。皆さん、「7秒ハグ」のCM、ご存じですか。冬用の保温インナーのCMで、家族や彼氏など大...
山崎世美子 2019-11-30 06:00 ラブ
FILM
「サイコパス」は、人の気持ちがわからない気質として知られますが、社会生活にはなんらの問題がなくとも、こと恋愛シーンでパー...
並木まき 2019-11-30 06:00 ラブ
FILM
 一般的に「早婚願望」がある女性は30歳までに結婚を考えます。とはいえ、最近はその時期が遅れがちなのも致し方ありません。...
ミクニシオリ 2019-11-29 06:00 ラブ
FILM
 イケメン有名人の交際や結婚が発覚する時、相手女性の「匂わせ」が話題になることがあります。匂わせとは、公表する以前から彼...
内藤みか 2019-11-28 06:00 ラブ
FILM
 いつも周りに女性がいるけれど、特定の彼女はなかなか作らない……そんな女友達が多い男性っていますよね。実はそんな彼らには...
FILM
 好きな人といると、なぜか眠くなってしまうことってありませんか? せっかく会えたから起きていたいのに……そんな風に落ち込...
孔井嘉乃 2019-11-27 06:00 ラブ
FILM
 あなたは今どのような形で婚活をしていますか? 私は「婚活はマーケティングとブランディングが特に重要だ」とお伝えしていま...
山本早織 2019-11-26 06:00 ラブ