「ウチの嫁は鬼嫁!」と言い張る夫のピントがズレた主張3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-09-22 06:00
投稿日:2019-09-22 06:00
「うちの嫁って、鬼嫁なんですよ…」と打ち明けてくる男性からよくよく話を聞くと「それって鬼嫁なんじゃなくて、夫が悪いのでは…!?」と感じる話もチラホラ。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな“自分勝手な夫からの鬼嫁認定エピソード”をご紹介します。

1:家に帰るとU字ロックが……

たび重なる飲み会にウンザリ(写真:iStock)
たび重なる飲み会にウンザリ (写真:iStock)

「うちの嫁、マジで鬼です。飲んで家に帰ると、U字ロックをかけられていたことが、何回もあるんです。え? 俺が飲み歩きすぎなんじゃないかって? 確かにお酒を飲む機会は多いですけど、全部仕事絡みですよ!

 それなのに『もう帰ってこなくていいから! お酒と結婚すれば?』って冷たいLINEをしてきて、U字ロックを開けてくれない嫁はサイアクです。仲間たちの奥さんはそんなことしないし、うちの嫁をなんとかしてほしいです!」(36歳男性/IT)

 夫のたび重なる飲み会に、妻のウンザリが止まらなくなり、制裁を下したのであろうエピソード。夫から見て「鬼嫁」に映ったかもしれないけれど、そこまでされるなんて、飲み過ぎでもあるのでは……? とも思わざるをえませんよね!

2:おかずがない夕食……

理想の食卓はこんな感じだけど…(写真:iStock)
理想の食卓はこんな感じだけど… (写真:iStock)

「結婚2年目ですけど、まだ子供はいなくて夫婦ふたり暮らしです。最近、妻の料理が手抜きすぎて、家に帰ってもおかずがない夕食が多いんです…。共働きだし、炊事は大変なのかもしれないけど、ご飯と味噌汁とサラダだけの食卓って、虚しいですよ。

 え? 新婚当初から、そんなだったのかって? いいえ、最初の頃はちゃんとした料理を作ってくれたんですが、嫁の味付けはとにかく濃くて、食べられたものではなくて。毎回、塩辛すぎて残していたんですけど、それでもないよりはマシじゃないですか。なのに、このところ肉や魚を使ったおかずは出してくれなくなりました」(33歳男性/建設)

 作った料理を毎回派手に残されれば、面白くないのも妻心。味付けが合わないのであれば、それとなく好みの味を伝えれば、なんとかなりそうなものですが……。鬼嫁というよりも、妻なりに「食べないなら、いらないかな」と判断してのことのような気がしますよね。

3:行動を逐一LINEで報告する義務が……

それもこれも自分のせい(写真:iStock)
それもこれも自分のせい (写真:iStock)

「ウチはカミさんがマジで怖いです。その日の予定を頻繁にLINEしないといけないルールがあって、これに少しでも不審な点があると、速攻で電話がかかってきます。飲み会なんかも、誰とどこで何の目的で飲むのかを伝えないといけないし、帰宅の見込み時間も伝えないと怒られます。

 え? 昔からずっとそうなのかって?いやー、実は以前に僕が浮気をしたのがバレてからなんです。だけど、それってもう4年も前の話ですよ! 浮気バレ直後ならわかりますけど、4年も経つのにまだ信用されてないのかって感じじゃないですか。カミさんは怒るとかなり面倒な性格だから、仕方なしにやってますけど、毎回『鬼だよなー』って思ってます」(43歳男性/サービス)

 過去に夫が浮気していた家庭では、信頼回復に向けて家庭内ルールが強化されるのもありがちな話。この夫は「4年も経って」と言っているけれど、妻にしてみれば「4年しか経ってないし」「またやるかも」と思っている可能性も大ですよね。一度失った信頼を取り戻すのは、そう簡単な話ではありません。

どちらかだけの問題ではないかも(写真:iStock)
どちらかだけの問題ではないかも (写真:iStock)

「ウチの嫁は鬼です」と平然とうそぶく男性の話をよくよく聞いてみると「それって夫にも問題アリでは…」なケースだって珍しくありません。物事は表裏一体であることが常ですが、“鬼嫁認定”とて例外ではない場合もあるのです。

ラブ 新着一覧


ハロワで不採用続出!子育て真っ最中・転勤族妻の働き方事情
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
少女漫画さながら“胸キュン”シチュエーションで心に栄養を!
 恋愛では「シチュエーション」って大切ですよね。告白シーンなんかも、どんなシチュエーションかによって成功率が変わってくる...
恋バナ調査隊 2022-08-09 06:00 ラブ
おもちゃを使いたくて…彼氏へのプレゼントで失敗しちまった
 誕生日や記念日には、プレゼントで彼氏を喜ばせようと考える人が多いですよね。しかし彼の気持ちを汲み取ることができないと、...
恋バナ調査隊 2022-08-08 18:22 ラブ
男性が思わず周囲に紹介したくなる女性の特徴~行動&外見編
 長くお付き合いをしているのに、彼がなかなか友達や家族に紹介してくれなかったら、なんだか不安になってしまいますよね。男性...
恋バナ調査隊 2022-08-08 06:00 ラブ
“在宅ワーク+歯医者”の謎解き 不倫発覚妻のボロ出たLINE3選
 不倫をしている女性って「絶対にバレない」という謎の自信がある人が多いようです。でも、そう思っていたのに、些細なLINE...
恋バナ調査隊 2022-08-07 06:00 ラブ
愛情表現or独占欲? “やたらとキス魔な男性”特徴5つと対処法
 大好きな男性からキスをされると嬉しいもの。でも、場所や状況を考えずに何度もキスをされると、さすがに嫌気がさしてしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-08-07 06:00 ラブ
浮気を見破るプロが分析!“絶対に浮気しない”男たちの共通点
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。男女の問題はさまざまですが、一番胸を痛めてしまうのは「浮気」かもしれません。...
山崎世美子 2022-08-06 06:00 ラブ
「喧嘩より100倍マシ」恋人に何でも確認するバツ1男性の理屈
「冷酷と激情のあいだvol.102〜女性編〜」では、恋人のコウジさん(仮名・39歳)がなんでも自分に質問をしてからでなけ...
並木まき 2022-08-06 06:00 ラブ
「今日はする?」夜の生活も指示待ちする恋人に面食らう女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-06 06:00 ラブ
男を見る目ない自分にイラッ! 無神経な彼氏に冷めたエピ3選
 今回は、女性の「無神経な彼氏に冷めたエピソード」をご紹介します。あなたも、付き合ったあとに「そんな人だったの……?」と...
恋バナ調査隊 2022-08-06 06:00 ラブ
初めての女が激白!息子のカテキョは“童貞大学生”でした #1
 オスカー・ワイルドの喜劇「つまらぬ女」に次のような格言がある。 「男はいつも最初の男になりたがり、女は最後の女に...
蒼井凜花 2022-08-05 06:00 ラブ
デート中のスマホは“チラ見”が肝! 彼が萎える彼女の行動6選
「最近彼が冷たくなった」と感じる女性は必見! 今回は男性が「マジで萎えるからやめて」と思う、ガッカリ&冷める彼女の行動を...
恋バナ調査隊 2022-08-05 06:00 ラブ
積極的な男性と消極的な男性 どちらを選んだら幸せになれる?
 大勢の参加男性の中から、たった1人の真実の愛する人を見つける恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ2』が最終回を迎えまし...
内藤みか 2022-08-04 06:00 ラブ
「男に嫌われる男」は恋人候補でもアカン…特徴知ると納得!
 女性からはモテているのに、なぜか同性の友達が少ない男性っていますよね……。でも、好きになった男性に同性の友達がいないと...
恋バナ調査隊 2022-08-04 06:00 ラブ
もう致しません!セフレから本命彼女にじわじわ昇格する方法
「最初は自分も遊びのつもりだったのに……」 「これ以上の関係を、望んじゃダメだとわかっているのに……」  カラダの関...
若林杏樹 2022-08-03 06:00 ラブ
男を虜に、女を敵に!“あざとい女”4大あるある、彼の本音は
 あなたは「あざとい女」と聞いてどのような女性をイメージしますか? あざとい女は男性を虜にしますが、同性からは嫌われる傾...
恋バナ調査隊 2022-08-03 06:00 ラブ