「ウチの嫁は鬼嫁!」と言い張る夫のピントがズレた主張3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-09-22 06:00
投稿日:2019-09-22 06:00
「うちの嫁って、鬼嫁なんですよ…」と打ち明けてくる男性からよくよく話を聞くと「それって鬼嫁なんじゃなくて、夫が悪いのでは…!?」と感じる話もチラホラ。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな“自分勝手な夫からの鬼嫁認定エピソード”をご紹介します。

1:家に帰るとU字ロックが……

たび重なる飲み会にウンザリ(写真:iStock)
たび重なる飲み会にウンザリ (写真:iStock)

「うちの嫁、マジで鬼です。飲んで家に帰ると、U字ロックをかけられていたことが、何回もあるんです。え? 俺が飲み歩きすぎなんじゃないかって? 確かにお酒を飲む機会は多いですけど、全部仕事絡みですよ!

 それなのに『もう帰ってこなくていいから! お酒と結婚すれば?』って冷たいLINEをしてきて、U字ロックを開けてくれない嫁はサイアクです。仲間たちの奥さんはそんなことしないし、うちの嫁をなんとかしてほしいです!」(36歳男性/IT)

 夫のたび重なる飲み会に、妻のウンザリが止まらなくなり、制裁を下したのであろうエピソード。夫から見て「鬼嫁」に映ったかもしれないけれど、そこまでされるなんて、飲み過ぎでもあるのでは……? とも思わざるをえませんよね!

2:おかずがない夕食……

理想の食卓はこんな感じだけど…(写真:iStock)
理想の食卓はこんな感じだけど… (写真:iStock)

「結婚2年目ですけど、まだ子供はいなくて夫婦ふたり暮らしです。最近、妻の料理が手抜きすぎて、家に帰ってもおかずがない夕食が多いんです…。共働きだし、炊事は大変なのかもしれないけど、ご飯と味噌汁とサラダだけの食卓って、虚しいですよ。

 え? 新婚当初から、そんなだったのかって? いいえ、最初の頃はちゃんとした料理を作ってくれたんですが、嫁の味付けはとにかく濃くて、食べられたものではなくて。毎回、塩辛すぎて残していたんですけど、それでもないよりはマシじゃないですか。なのに、このところ肉や魚を使ったおかずは出してくれなくなりました」(33歳男性/建設)

 作った料理を毎回派手に残されれば、面白くないのも妻心。味付けが合わないのであれば、それとなく好みの味を伝えれば、なんとかなりそうなものですが……。鬼嫁というよりも、妻なりに「食べないなら、いらないかな」と判断してのことのような気がしますよね。

3:行動を逐一LINEで報告する義務が……

それもこれも自分のせい(写真:iStock)
それもこれも自分のせい (写真:iStock)

「ウチはカミさんがマジで怖いです。その日の予定を頻繁にLINEしないといけないルールがあって、これに少しでも不審な点があると、速攻で電話がかかってきます。飲み会なんかも、誰とどこで何の目的で飲むのかを伝えないといけないし、帰宅の見込み時間も伝えないと怒られます。

 え? 昔からずっとそうなのかって?いやー、実は以前に僕が浮気をしたのがバレてからなんです。だけど、それってもう4年も前の話ですよ! 浮気バレ直後ならわかりますけど、4年も経つのにまだ信用されてないのかって感じじゃないですか。カミさんは怒るとかなり面倒な性格だから、仕方なしにやってますけど、毎回『鬼だよなー』って思ってます」(43歳男性/サービス)

 過去に夫が浮気していた家庭では、信頼回復に向けて家庭内ルールが強化されるのもありがちな話。この夫は「4年も経って」と言っているけれど、妻にしてみれば「4年しか経ってないし」「またやるかも」と思っている可能性も大ですよね。一度失った信頼を取り戻すのは、そう簡単な話ではありません。

どちらかだけの問題ではないかも(写真:iStock)
どちらかだけの問題ではないかも (写真:iStock)

「ウチの嫁は鬼です」と平然とうそぶく男性の話をよくよく聞いてみると「それって夫にも問題アリでは…」なケースだって珍しくありません。物事は表裏一体であることが常ですが、“鬼嫁認定”とて例外ではない場合もあるのです。

ラブ 新着一覧


FILM
 好きな人ができて交際することができれば幸せですが、交際がスタートすれば新たな悩みが出てくるもの。そんな時、「女友達に相...
恋バナ調査隊 2020-04-10 06:00 ラブ
FILM
 恋愛は本来、「1対1」で成り立つもの。しかし、中には二人の男性との交際を楽しんでいる女性もいます。「二人と交際できるな...
恋バナ調査隊 2020-04-09 06:00 ラブ
FILM
「女の勘はするどい」と、聞いたことがある方は多いでしょう。男性からしてみると厄介な“女の勘”ですが、実は不思議と当たって...
リタ・トーコ 2020-04-08 06:00 ラブ
FILM
 新型コロナウイルスの猛威が止まりません。小中学校の多くは休校となり、働く大人も在宅勤務に切り替えることで、家族全員が長...
田中絵音 2020-04-07 12:07 ラブ
FILM
 あなたは、結婚相手に何を望みますか? きっと「経済力」と、答える人も多いでしょう。そんな女性にとって、“お金持ち男性”...
恋バナ調査隊 2020-04-07 06:00 ラブ
FILM
 はじめまして、いつもコラムを見ています!  私は26歳で美容師をしているのですが、なかなか恋愛がうまくいきません...
神崎メリ 2020-04-05 06:00 ラブ
FILM
 結婚願望があるにも関わらず、「恋人ができても結婚話が出ない」「結婚相手が見つからない」という人もいるでしょう。でも実は...
恋バナ調査隊 2020-04-05 06:00 ラブ
FILM
 恋愛には「妥協が必要!」という声と、「妥協はしない方がいい!」という2つの声がありますね。でも、実際のところは「妥協は...
恋バナ調査隊 2020-04-04 06:00 ラブ
FILM
 恋人ができれば、友達や同僚に伝えたくなるもの。しかし、社内恋愛の場合には、バレてしまった時にデメリットがあるため、職場...
恋バナ調査隊 2020-04-03 06:00 ラブ
FILM
 恋が始まると、毎日が楽しくなるものです。その恋を叶えるためにする努力も、幸せに感じることができるでしょう。しかし、いつ...
恋バナ調査隊 2020-04-02 06:00 ラブ
FILM
「待てど暮らせど、男性から連絡が来ない……」「いつも連絡するのは私から……」そんな男性に、イライラしている女性も多いので...
恋バナ調査隊 2020-04-01 06:00 ラブ
FILM
「あの子、育ちが良さそうだよね。良いところのお嬢様って感じがする」  あなたの身の回りにもいませんか? ものすごく...
七海 2020-04-01 06:00 ラブ
FILM
 私のもとに婚活相談に来る女性の3割が、元彼が忘れられないという女性です。 「元彼のことが忘れられない→でも元彼か...
山本早織 2020-03-31 06:00 ラブ
FILM
「好きだから嫉妬する」、これは当たり前の感情です。でも、嫉妬をすると不安や罪悪感などネガティブな感情になってしまう……と...
リタ・トーコ 2020-03-31 06:00 ラブ
FILM
 恋人がほしいと思っている人にとって、マッチングサイトは魅力的な存在。マイペースに恋活をすることができますから、忙しい人...
恋バナ調査隊 2020-03-31 06:00 ラブ
FILM
 感染症拡大防止による外出自粛が呼びかけられている今日この頃ですが、マッチングアプリでも出会いは自粛されているのでしょう...
内藤みか 2020-03-30 06:00 ラブ