運命の歯車? 鬼嫁と結婚してしまった男性の悲劇的な経緯3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-07-06 06:00
投稿日:2019-07-06 06:00
「鬼嫁」と評される女性と結婚してしまった男性には、どんな経緯があるのでしょうか。魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな男性たちに、まさかの「鬼嫁」を選んだ結婚への道のりをリサーチしました。

1:外堀を埋められて……

鬼嫁の“長期計画”にハメられた?(写真:iStock)
鬼嫁の“長期計画”にハメられた? (写真:iStock)

「今、思えば全部元嫁が仕組んだ話だなって思います。最初は、カラダの関係をもって3ヶ月ほどしたときに、元嫁がうちに転がり込んできて、そこから事実上の同棲がスタート。その後、同棲してちょうど1年経ったころに『両親が、同棲なんて破廉恥なことしてないで入籍しなさいって怒っている』と元嫁に詰められ、結婚しました。

 でも実際に会ってみると、あちらのご両親は『まさかうちの娘が結婚できるなんて……』って感じで、同棲に怒っているような雰囲気は皆無。そのときに『あれ?』とは感じたのですが、つまるところ、元嫁が結婚したい一心で、長期計画の末にハメられたっぽいです」(40歳男性/IT)

 同棲まで持ち込めれば、あとはいかようにもなると考えたのでしょうか。既成事実があると、鬼嫁との結婚から逃れられなくなるパターンもあるようです。

2:年齢的な理由で……

子供好きかと思いきや…(写真:iStock)
子供好きかと思いきや… (写真:iStock)

「4歳年上の鬼嫁と離婚しましたが、結婚するときも、かなりあっちのペースに巻き込まれた形でしたね。4歳年上だったので、“出産リミット”を出してきて『だから早く責任をとれ』と言われ、しぶしぶ結婚に応じました。実際に結婚してみたら『子供なんていらない』と夜の営みも一方的に拒絶され、後から思えば、単なる口実だったっぽいです。誰でもいいからとにかく結婚したかったんだろうなって思うような元妻だったので、俺の若さゆえに騙された気分です」(35歳男性/飲食)

 女性の婚活では、出産リミットが頭をよぎるのも確か。しかし、それを口に出す女性のすべてが子供を望んでいるわけでもないようです。これは、男性は騙されても無理はないのかも……。

3:式場を勝手に予約され……

なぜ結婚前に気付けなかったのか…(写真:iStock)
なぜ結婚前に気付けなかったのか… (写真:iStock)

「今振り返れば、ありえないって思うけど、当時は、元嫁はそこまでして俺と結婚したいのかーなんてアホなこと思ってました。最強の鬼嫁だった元妻と結婚したのは、元妻が勝手に式場を予約してきたからです。ある日、なんの前触れもないままに『あ、5ヶ月後の●月△日に、式場予約したよ!』って言われて、そのまま結婚する流れになったんです。ちなみに、予約していた式場は僕の地元にある神社で、元妻は実際に式場を見ることなく予約をしてました。

 僕の地元で、っていうあたりに本気度を感じましたし『それなら親御さんに説明しやすいでしょ?』って言われて、そこからは言われるがままに結婚準備を進めたんですが、振り返れば、ただハメられただけですよね(苦笑)。強引なことをする性格は変わらないようで、結婚生活中も、なんでも自分の思ったように勝手に決める女で本当に疲れました」(41歳男性/マスコミ)

 式場は、プロポーズ後にふたりで決めるカップルも多いなか、彼氏の地元で勝手に予約とは、かなりの強引さ。しかしここまでされると、なんとなく流れに乗ってしまう男性もいるのでしょう。

 鬼嫁と結婚するハメに陥ってしまった男性たちには、やっぱりそれなりに特異な経緯が存在するようです。鬼嫁は、結婚前から鬼嫁になる資質が見え隠れしているものなのでしょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 朝夕は冷え込む日が多くなり、いよいよ季節の移ろいを実感する頃となってきました。冬のファッションに衣替えすると同時に、メ...
時短美容協会 2019-11-15 06:00 ラブ
FILM
「今年も彼氏ができないまま年を越してしまう……いやクリスマスまでにまだ間に合うか?」  焦りにかられて予定を埋めるのも...
七海 2019-11-15 06:00 ラブ
FILM
 愛は、お金では買えないものとされています。その証拠にホストクラブでいくらお金を貢いだところで、そのホストの心までは手に...
内藤みか 2019-11-14 06:00 ラブ
FILM
 男と女の関係は、別れ際に人間性があらわれるのも傾向。別離を選んだカップルの双方から話を聞くと、同じ出来事への捉えかたが...
並木まき 2019-11-13 18:13 ラブ
FILM
 男と女の関係では、別れ際に本性が出るとも言われます。別離を選んだカップルの双方から話を聞くと、同じ出来事への捉えかたが...
並木まき 2019-11-14 04:50 ラブ
FILM
「なんとなく一緒にいて楽しいけど、いつ別れようかときどき考えてしまう」  女子が誰かと付き合う時、必ずしも「大好き! ...
七海 2019-11-13 06:00 ラブ
FILM
 大好きな彼の自宅に、“主張する私物”を置くと、他の女性への牽制にもなりますよね。以前のコラム「彼の家で“私の存在”を知...
並木まき 2019-11-12 06:00 ラブ
FILM
 筆者は現在25歳で結婚を二度経験していますが、正直「結婚ってめんどくさい」と思うことはありました。でも、幼い頃から「結...
東城ゆず 2019-11-12 06:00 ラブ
FILM
 男心を掴むには胃袋を掴むのがいい、と言われるこの頃ですが、手料理を食べさせるほど親しいわけじゃない。そんなときは、彼が...
内藤みか 2019-11-11 06:20 ラブ
FILM
 彼氏のことが大好きであればあるほど、彼氏に近寄ってくる女性に嫉妬してしまうことってあると思います。たとえ相手の女性にそ...
東城ゆず 2019-11-11 06:00 ラブ
FILM
 恋愛体質の女性は、いつも彼氏が途切れずにウキウキとしているようで、恋愛難民の方から見ると羨ましい存在かもしれません。で...
リタ・トーコ 2019-11-10 06:00 ラブ
FILM
 相席バーで、ある男性に出会いました。その男性は会社の飲み会の二次会でその店に訪れていたのですが、意気投合し、みんなでL...
神崎メリ 2019-11-10 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子です。AB型は、日本人の約1割という少数派。本日は、そんなAB型男性にスポットを当ててみたい...
山崎世美子 2019-11-14 19:25 ラブ
FILM
 隠れたる男尊女卑思考の持ち主なのか、単なるプライドの問題なのか……。世の“夫”と呼ばれる生き物の中には、妻に対して無意...
並木まき 2019-11-09 06:00 ラブ
FILM
 心理学の一つである恋愛学を学ぶと、恋愛が上手になる……とは限りませんが、「どうしたらいいか分からない」「相手の気持ちが...
ミクニシオリ 2019-11-08 06:00 ラブ
FILM
「別れたけれど、元彼のことがやっぱり好き」――。そんな気持ちを抱えている方は多いかもしれませんね。涙を飲んで別れを受け入...
リタ・トーコ 2019-11-08 06:00 ラブ