運命の歯車? 鬼嫁と結婚してしまった男性の悲劇的な経緯3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-07-06 06:00
投稿日:2019-07-06 06:00
「鬼嫁」と評される女性と結婚してしまった男性には、どんな経緯があるのでしょうか。魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな男性たちに、まさかの「鬼嫁」を選んだ結婚への道のりをリサーチしました。

1:外堀を埋められて……

鬼嫁の“長期計画”にハメられた?(写真:iStock)
鬼嫁の“長期計画”にハメられた? (写真:iStock)

「今、思えば全部元嫁が仕組んだ話だなって思います。最初は、カラダの関係をもって3ヶ月ほどしたときに、元嫁がうちに転がり込んできて、そこから事実上の同棲がスタート。その後、同棲してちょうど1年経ったころに『両親が、同棲なんて破廉恥なことしてないで入籍しなさいって怒っている』と元嫁に詰められ、結婚しました。

 でも実際に会ってみると、あちらのご両親は『まさかうちの娘が結婚できるなんて……』って感じで、同棲に怒っているような雰囲気は皆無。そのときに『あれ?』とは感じたのですが、つまるところ、元嫁が結婚したい一心で、長期計画の末にハメられたっぽいです」(40歳男性/IT)

 同棲まで持ち込めれば、あとはいかようにもなると考えたのでしょうか。既成事実があると、鬼嫁との結婚から逃れられなくなるパターンもあるようです。

2:年齢的な理由で……

子供好きかと思いきや…(写真:iStock)
子供好きかと思いきや… (写真:iStock)

「4歳年上の鬼嫁と離婚しましたが、結婚するときも、かなりあっちのペースに巻き込まれた形でしたね。4歳年上だったので、“出産リミット”を出してきて『だから早く責任をとれ』と言われ、しぶしぶ結婚に応じました。実際に結婚してみたら『子供なんていらない』と夜の営みも一方的に拒絶され、後から思えば、単なる口実だったっぽいです。誰でもいいからとにかく結婚したかったんだろうなって思うような元妻だったので、俺の若さゆえに騙された気分です」(35歳男性/飲食)

 女性の婚活では、出産リミットが頭をよぎるのも確か。しかし、それを口に出す女性のすべてが子供を望んでいるわけでもないようです。これは、男性は騙されても無理はないのかも……。

3:式場を勝手に予約され……

なぜ結婚前に気付けなかったのか…(写真:iStock)
なぜ結婚前に気付けなかったのか… (写真:iStock)

「今振り返れば、ありえないって思うけど、当時は、元嫁はそこまでして俺と結婚したいのかーなんてアホなこと思ってました。最強の鬼嫁だった元妻と結婚したのは、元妻が勝手に式場を予約してきたからです。ある日、なんの前触れもないままに『あ、5ヶ月後の●月△日に、式場予約したよ!』って言われて、そのまま結婚する流れになったんです。ちなみに、予約していた式場は僕の地元にある神社で、元妻は実際に式場を見ることなく予約をしてました。

 僕の地元で、っていうあたりに本気度を感じましたし『それなら親御さんに説明しやすいでしょ?』って言われて、そこからは言われるがままに結婚準備を進めたんですが、振り返れば、ただハメられただけですよね(苦笑)。強引なことをする性格は変わらないようで、結婚生活中も、なんでも自分の思ったように勝手に決める女で本当に疲れました」(41歳男性/マスコミ)

 式場は、プロポーズ後にふたりで決めるカップルも多いなか、彼氏の地元で勝手に予約とは、かなりの強引さ。しかしここまでされると、なんとなく流れに乗ってしまう男性もいるのでしょう。

 鬼嫁と結婚するハメに陥ってしまった男性たちには、やっぱりそれなりに特異な経緯が存在するようです。鬼嫁は、結婚前から鬼嫁になる資質が見え隠れしているものなのでしょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 鬼嫁がつくる家庭ルールの中には、思わず夫に同情したくなるほど過酷なものも少なくありません。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-27 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼がいます。付き合う前や付き合い始めの頃はLINEを頻繁にしていました。必ずどちらかから〈おはよう〉...
神崎メリ 2020-01-26 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。私の相談室に来られる方の3大テーマは、「浮気された」「離婚を考えている」「彼...
山崎世美子 2020-01-25 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁には、夫に容赦なくダメ出しをするタイプも少なくありません。  魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とす...
並木まき 2020-01-25 06:00 ラブ
FILM
 世界情勢がきな臭くなってきた感じがいたしますが、身近な世界における不毛な戦いの一つが、男女の「おごりおごられ論争」。 ...
しめサバ子 2020-01-24 06:00 ラブ
FILM
 恋のライバルが出現した時、誰もが心穏やかではいられないはず。しかも相手が年下の女性だった場合、勝てる気がしないと感じる...
内藤みか 2020-01-24 08:38 ラブ
FILM
 なぜ男性は、彼女と毎日LINEするのを嫌がるのでしょう。LINEの頻度の認識の違いで、大きなケンカになってしまうカップ...
ミクニシオリ 2020-01-23 16:31 ラブ
FILM
「恋愛と仕事の両立ができない……」、そんな悩みを抱えていませんか?中には、「仕事ができなくなるから恋愛しない!」というキ...
孔井嘉乃 2020-01-25 07:57 ラブ
FILM
 ドM男性なんて本当にいるの?と思われがちですが、実はたくさんいます!でも、相手がSかMかなんて、一目見ただけで見抜くこ...
リタ・トーコ 2020-01-22 06:00 ラブ
FILM
「類は友を呼ぶ」とも言われるように、鬼嫁のまわりには鬼嫁が集まるケースも少なくないようです。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-21 06:00 ラブ
FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ