運命の歯車? 鬼嫁と結婚してしまった男性の悲劇的な経緯3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-07-06 06:00
投稿日:2019-07-06 06:00
「鬼嫁」と評される女性と結婚してしまった男性には、どんな経緯があるのでしょうか。魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな男性たちに、まさかの「鬼嫁」を選んだ結婚への道のりをリサーチしました。

1:外堀を埋められて……

鬼嫁の“長期計画”にハメられた?(写真:iStock)
鬼嫁の“長期計画”にハメられた? (写真:iStock)

「今、思えば全部元嫁が仕組んだ話だなって思います。最初は、カラダの関係をもって3ヶ月ほどしたときに、元嫁がうちに転がり込んできて、そこから事実上の同棲がスタート。その後、同棲してちょうど1年経ったころに『両親が、同棲なんて破廉恥なことしてないで入籍しなさいって怒っている』と元嫁に詰められ、結婚しました。

 でも実際に会ってみると、あちらのご両親は『まさかうちの娘が結婚できるなんて……』って感じで、同棲に怒っているような雰囲気は皆無。そのときに『あれ?』とは感じたのですが、つまるところ、元嫁が結婚したい一心で、長期計画の末にハメられたっぽいです」(40歳男性/IT)

 同棲まで持ち込めれば、あとはいかようにもなると考えたのでしょうか。既成事実があると、鬼嫁との結婚から逃れられなくなるパターンもあるようです。

2:年齢的な理由で……

子供好きかと思いきや…(写真:iStock)
子供好きかと思いきや… (写真:iStock)

「4歳年上の鬼嫁と離婚しましたが、結婚するときも、かなりあっちのペースに巻き込まれた形でしたね。4歳年上だったので、“出産リミット”を出してきて『だから早く責任をとれ』と言われ、しぶしぶ結婚に応じました。実際に結婚してみたら『子供なんていらない』と夜の営みも一方的に拒絶され、後から思えば、単なる口実だったっぽいです。誰でもいいからとにかく結婚したかったんだろうなって思うような元妻だったので、俺の若さゆえに騙された気分です」(35歳男性/飲食)

 女性の婚活では、出産リミットが頭をよぎるのも確か。しかし、それを口に出す女性のすべてが子供を望んでいるわけでもないようです。これは、男性は騙されても無理はないのかも……。

3:式場を勝手に予約され……

なぜ結婚前に気付けなかったのか…(写真:iStock)
なぜ結婚前に気付けなかったのか… (写真:iStock)

「今振り返れば、ありえないって思うけど、当時は、元嫁はそこまでして俺と結婚したいのかーなんてアホなこと思ってました。最強の鬼嫁だった元妻と結婚したのは、元妻が勝手に式場を予約してきたからです。ある日、なんの前触れもないままに『あ、5ヶ月後の●月△日に、式場予約したよ!』って言われて、そのまま結婚する流れになったんです。ちなみに、予約していた式場は僕の地元にある神社で、元妻は実際に式場を見ることなく予約をしてました。

 僕の地元で、っていうあたりに本気度を感じましたし『それなら親御さんに説明しやすいでしょ?』って言われて、そこからは言われるがままに結婚準備を進めたんですが、振り返れば、ただハメられただけですよね(苦笑)。強引なことをする性格は変わらないようで、結婚生活中も、なんでも自分の思ったように勝手に決める女で本当に疲れました」(41歳男性/マスコミ)

 式場は、プロポーズ後にふたりで決めるカップルも多いなか、彼氏の地元で勝手に予約とは、かなりの強引さ。しかしここまでされると、なんとなく流れに乗ってしまう男性もいるのでしょう。

 鬼嫁と結婚するハメに陥ってしまった男性たちには、やっぱりそれなりに特異な経緯が存在するようです。鬼嫁は、結婚前から鬼嫁になる資質が見え隠れしているものなのでしょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 コロナによる経済不安や自粛による寂しさから、恋愛や結婚に関心の高まっている人も増えているのではないでしょうか。しかし、...
ミクニシオリ 2020-07-15 06:00 ラブ
FILM
 せっかく告白をするなら、誰だって「OK」をもらいたいものでしょう。告白に成功するためには、どんな伝え方をするかも重要。...
恋バナ調査隊 2020-07-15 06:00 ラブ
FILM
「彼氏を大事にしているはずなのに、なぜか浮気されやすい……」そんなお悩みはありませんか? 今回は、そんな女性に共通する特...
リタ・トーコ 2020-07-14 06:00 ラブ
FILM
 日本の生涯未婚率が上昇傾向にある一方で、「3組に1組が離婚している」と言われる昨今。新型コロナウィルスによる自粛期間に...
田中絵音 2020-07-14 06:00 ラブ
FILM
 職場でもパーティーでも気になるカレに対しても、男性から魅力的に見られたいですよね。「この人、なんか素敵かも」と思わせる...
若林杏樹 2020-07-13 06:00 ラブ
FILM
「尽くす女性」は、一昔前までは「いい女」の象徴のような言葉だったと思います。しかし、現在では「重そう」「恋愛が下手そう」...
孔井嘉乃 2020-07-13 22:49 ラブ
FILM
 ど本命の彼とのお付き合いを3年間続けています。ですが、つい先日、不安からくるど本命クラッシャー(※)をしてしまいました...
神崎メリ 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 長く付き合っていると、遅かれ早かれ二人の関係はマンネリをする傾向にあります。しかし、時に男性は女性に惚れ直す瞬間がある...
恋バナ調査隊 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。私の元に来られる相談者さんの7割近く占めるのが、「浮気問題」です。出会った男...
山崎世美子 2020-07-11 06:54 ラブ
FILM
 義母の性格に「難」があると、息子の妻は頭を抱えがちに…。嫁姑の人間関係は自分では選べないために、結婚後に想定外の悩みの...
並木まき 2020-07-11 06:47 ラブ
FILM
 用事を頼んだときに「子どものおつかい」しかできない夫と結婚してしまった妻は、日常生活でも苦労が絶えないようです。何もし...
並木まき 2020-07-11 06:43 ラブ
FILM
 離婚は当事者の人生史上、なかなかにシビアな局面です。かくいう筆者も人生の大ピンチに直面し「あ、これ一人じゃ戦えない……...
七味さや 2020-07-10 06:00 ラブ
FILM
 強気な態度やアプローチに惹かれてお付き合いを始めた男性が、実は「俺様系」だったなんてことはありませんか? あまりの俺様...
リタ・トーコ 2020-07-09 06:00 ラブ
FILM
 女性の中には、告白経験がない人もいます。「ひたすら、男性からの告白を待つ」という人もいるでしょう。しかし、せっかく好き...
恋バナ調査隊 2020-07-08 06:00 ラブ
FILM
「今の恋人はすべてが完璧!」そんな風に思える方は、ほんの一握り。きっと多くは、「かまってくれないけど、仕事面では尊敬して...
孔井嘉乃 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 コロナ禍の中で迎えた今年の夏は、いわば前代未聞の夏です。恋愛だっていつも通りというわけにはいきません。昨年と同じことを...
ミクニシオリ 2020-07-07 06:00 ラブ