彼氏と別れたくない! 男性が突然別れを告げる原因を知ろう

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-10-10 06:00
投稿日:2019-10-10 06:00
あなたの方にも原因がある(写真:iStock)
あなたの方にも原因がある (写真:iStock)

 彼氏に予期せぬタイミングで別れを告げられたら、きっと多くの女性は混乱しちゃいますよね。特に、結婚を意識していたタイミングでの別れ宣告はとても辛いものです。なんとか理由を知りたいと思っても、彼がその原因を話してくれないことも……。「傷つけないように」という配慮なのかもしれませんが、女性としては一番すっきりしない別れになること間違いありません。

「彼氏と別れたくない」と考える女性こそ、男性をイライラさせるポイントや、怒るタイミングを理解しておく必要があるでしょう。そこで今回は、別れを告げられる原因を4つ紹介します。

彼氏と別れたくない! 男性が別れを考えるポイント4つ

お互いの金銭感覚がずれている(写真:iStock)
お互いの金銭感覚がずれている (写真:iStock)

「彼氏との別れなんて考えたくもない!」と思う女性は多いでしょう。しかし、念のために男性の怒るポイントを理解しておくのは、今後の交際に優位に働きます。そこで、男性が別れを考えるポイントを4つ紹介しましょう。

優柔不断なところ

「この間、別れを告げた彼女ですが、とにかく優柔不断でした。“どこに行きたい?”と聞いても、“〇〇くんに任せる〜”と笑顔で言うんです。全て僕の言いなり。自分では決められないようで、買い物に付き合わされた日は拘束時間が長いし、自分の意見を言ってくれないのには困りました」(Mさん・28歳男性/看護師)

 優柔不断な様子は、男性をイライラさせます。相手に決定権を渡しているつもりなのかもしれませんが、毎回意見をまとめる彼は疲れてしまいます。それに、普段からきちんと意志を伝えないと人間性が見えてこないため、退屈な交際になりがちです。

金銭感覚がずれている

「好きな女性なので、奢ることについては文句ありません。だけど、僕がデート代を持つからなのか、彼女が予約してくるレストランはいつも高額ですし、テーマパークでも桁外れな額を使わされてしまう。人のお金ということもあるかもしれませんが、金銭感覚はまともじゃなさそう」(Kさん・31歳男性/保育士)

 金銭感覚がずれている女性は、相手への思いやりがないことも多く見受けられます。特に結婚を視野に入れている交際の場合には、男性も金銭面でのあなたの態度をよく見ているはずです。金銭感覚のずれは、どことなく大柄な態度にも見られてしまうため、注意が必要でしょう。

責め立てる口調になっている

「“だから、こうすればよかったのに……”と、彼女の責め立てる口調は僕にはすごく堪えます。本人は無意識に意見しているだけなのかもしれないですが、思いやりが欲しいです」(Wさん・38歳男性/弁護士)

 気心知れた彼ならついつい本音トークをしたくなるものですが、その内容が男性を責めていないかを配慮する必要があるでしょう。男性は女性より会話が上手にできません。「どういう意味?」と聞き返すことも少なく、無意識のうちに女性が会話上で優位になってしまうことも。女性らしい心配りをしたいものですね。

言っていることが一貫していない

「前のデートと今回のデートで、言ってる意見が違うんですよね。僕としては彼女の本心がどっちなのか気になり、人間不信になりそうなのでお別れしました。“相手はこう思ってるのかな?”と相手に歩み寄る姿勢が欠落しているんです」(Iさん・32歳男性/医師)

 言っていることが一貫していないと、相手は戸惑ってしまいます。人が好意を寄せる理由は、人間性であることがほとんどです。あなたが思っていることより、あなたの口から出た言葉それぞれに人間性があると言っても過言ではありません。その言葉が一貫していないと、信用を得るのは難しくなるでしょう。

彼氏と別れたくないなら〇〇すべき

彼のことを見ているようで実際は…(写真:iStock)
彼のことを見ているようで実際は… (写真:iStock)

「彼氏と別れたくない」と別れ際に話す女性は、とにかく必死です。その必死な様子ゆえに「だから、別れを告げられたんだろうなぁ」と筆者は常々思うんです。

 別れを告げられた女性は、「どこを直せばいいのか」「どうして彼を傷つけたのか」ということより、「どうしたら、彼が私のことを好きになってくれるか」ということばかりに意識を向けています。要は、別れたくない気持ちばかりが先行して、彼のことを全く考えていないんですね。

 彼氏と別れたくないなら、思いやりを常に持つこと。思いやりを惜しみなく体現できる人は、相手からも愛情を惜しみなく注がれるでしょう。普段から偽りのない愛情を、きちんと彼氏に“ギブ”してあげたいものですね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM