ラブラブからの婚約破棄! 子供が欲しい男vs産みたくない女

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2019-10-08 06:00
投稿日:2019-10-08 06:00
「恋愛と結婚は別モノ」とはよく言われることですが、その理由は種々様々にあるようです。今回は、相性ピッタリでお似合いカップルだと評判だった2人が、めでたく婚約するも突如破談になってしまったという、実に残念な #ザン恋 エピソードをご紹介します。

お似合いな美男美女カップル誕生

出会ってすぐに意気投合(写真:iStock)
出会ってすぐに意気投合 (写真:iStock)

 ある日、ITベンチャー会社を経営する旬介(29歳・仮名)が経営者仲間の男友達と飲んでいる時に、その友達が呼んで来てくれた女性陣の中に、モデルの仕事をしている理子(33歳・仮名)がいました。

 旬介はイケメンだし服装もおしゃれで、さらには若くして経営者でもあることから正直モテる人。ただ、そろそろ結婚も視野に入れて、ちゃんと彼女を作りたいと思っていたところでした。一方の理子も、そのビジュアルから日常的にモテてはいましたが、年齢的に「次に付き合う人とは結婚したい」と考えていました。

 2人は出会った瞬間から、話のテンポや食べ物の趣味が合うし、結婚への価値観やタイミングも合うので、運命を感じていたようです。すぐに交際することになりました。

結婚式場探しまでしていたのに……

このまま結婚かと思いきや…(写真:iStock)
このまま結婚かと思いきや… (写真:iStock)

 付き合ってから1年後には自然と結婚する流れになっていた2人は、交際3か月後から一緒に住み始め、半年後には両家の親にも挨拶を済ませ、結婚式場見学にもちょこちょこ行ってみては、結婚へのムードがどんどん高まっていました。

 まさにラブラブ状態の2人は、周りの友達からも公認のカップル! 誰もが「この2人は間違いなく結婚するだろう」と思われていましたね。ところが、意外なところで2人の意見がぶつかり合うことになったのです。

結婚後、子供は生むのか問題に直面

結婚前に決着がついて良かったのかも(写真:iStock)
結婚前に決着がついて良かったのかも (写真:iStock)

 それは、何気なく話題に上がった“子供”についての話でした。旬介は「結婚したら子供が欲しい」と、当たり前のように思っていました。むしろ、子供が大好きな旬介は「子供が欲しいから結婚する」と言っても過言ではないくらいの気持ちです。

 しかし理子は、「結婚しても仕事を続けたい」という思いが強く、妊娠出産で体型が崩れることや、仕事がなくなることをとても恐れていました。また旬介より年上の理子は、「自分が今33歳だから、結婚式をするのが34歳で、35歳に妊娠したとしたら36歳で出産か……高齢出産になるからリスクもあるのかも」などとシュミレーションをよくするようになり、次第に「子供は産みたくない」という結論に達していたのです。

 子供についての話は、どんなに夜通し2人で話し合っても、意見は一致しませんでした。それでも旬介は理子のことが好きだったので、どうにか結婚して一緒に家庭を築きたいと思っていましたが……。

 最終的に、理子から「私たち、結婚観が合わないね」とフラれてしまい、婚約は破談となってしまったのです。旬介はショックのあまり、生まれて初めて声を出して泣いてしまったのだそう……。でも、結婚してから子供を産む産まないの話で揉めるより、結婚前に話の決着がついて、良かったんではないかと筆者は思います。何より子供は授かり物ですしね。

【今日の一言メモ】重要なことは婚約前に話しておくべし!

 また次回の #ザン恋 もお楽しみに!

ラブ 新着一覧


FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
 風邪をひくと、家族に対しワガママを言い出す人は珍しい存在ではないものの…。相手が鬼嫁ともなると、そのワガママの度合いが...
並木まき 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって...
リタ・トーコ 2020-01-15 06:00 ラブ
FILM
「イイナと思った男性が既婚だった……」というのはよくある話。  結婚の実績があるだけあって魅力的だったり、独身男性には...
田中絵音 2020-01-14 06:24 ラブ
FILM
 買い物に行こうとした時、年下の男性に「一緒に行っていいですか」と言われたことがある年上女性は少なくないと思います。年上...
内藤みか 2020-01-13 06:00 ラブ
FILM
 彼氏が風邪を引いてしまったら、心配になってしまいますよね。特に一人暮らしの彼氏の場合、病状はどうなのか、お見舞いに行く...
孔井嘉乃 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼氏がいます。出会いはマッチングアプリで、初対面から好印象。デート中に次のデートが決まるなどトントン...
神崎メリ 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 お正月休みには家族の絆を深める人も多いなか、鬼嫁のせいで、面白くもおかしくもない年末年始休暇を過ごした夫もいるようです...
並木まき 2020-01-11 08:18 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。大人になると、相手に嫌なことがあっても波風立てずにフェードアウトして2人の関...
山崎世美子 2020-01-11 06:00 ラブ
FILM
 なぜ「他人のもの」はかくも魅力的に見えるものなのでしょう。友人の旦那様、職場の既婚男性……。他人のものだとわかった途端...
ミクニシオリ 2020-01-10 06:00 ラブ
FILM
 基本的に強引でワガママ、でも、そんなドS男性に惹かれる女性は多いよう。「ドM女性がモテるのはなぜ? 10項目で分かるド...
リタ・トーコ 2020-01-10 06:00 ラブ