ラブラブからの婚約破棄! 子供が欲しい男vs産みたくない女

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2019-10-08 06:00
投稿日:2019-10-08 06:00
「恋愛と結婚は別モノ」とはよく言われることですが、その理由は種々様々にあるようです。今回は、相性ピッタリでお似合いカップルだと評判だった2人が、めでたく婚約するも突如破談になってしまったという、実に残念な #ザン恋 エピソードをご紹介します。

お似合いな美男美女カップル誕生

出会ってすぐに意気投合(写真:iStock)
出会ってすぐに意気投合 (写真:iStock)

 ある日、ITベンチャー会社を経営する旬介(29歳・仮名)が経営者仲間の男友達と飲んでいる時に、その友達が呼んで来てくれた女性陣の中に、モデルの仕事をしている理子(33歳・仮名)がいました。

 旬介はイケメンだし服装もおしゃれで、さらには若くして経営者でもあることから正直モテる人。ただ、そろそろ結婚も視野に入れて、ちゃんと彼女を作りたいと思っていたところでした。一方の理子も、そのビジュアルから日常的にモテてはいましたが、年齢的に「次に付き合う人とは結婚したい」と考えていました。

 2人は出会った瞬間から、話のテンポや食べ物の趣味が合うし、結婚への価値観やタイミングも合うので、運命を感じていたようです。すぐに交際することになりました。

結婚式場探しまでしていたのに……

このまま結婚かと思いきや…(写真:iStock)
このまま結婚かと思いきや… (写真:iStock)

 付き合ってから1年後には自然と結婚する流れになっていた2人は、交際3か月後から一緒に住み始め、半年後には両家の親にも挨拶を済ませ、結婚式場見学にもちょこちょこ行ってみては、結婚へのムードがどんどん高まっていました。

 まさにラブラブ状態の2人は、周りの友達からも公認のカップル! 誰もが「この2人は間違いなく結婚するだろう」と思われていましたね。ところが、意外なところで2人の意見がぶつかり合うことになったのです。

結婚後、子供は生むのか問題に直面

結婚前に決着がついて良かったのかも(写真:iStock)
結婚前に決着がついて良かったのかも (写真:iStock)

 それは、何気なく話題に上がった“子供”についての話でした。旬介は「結婚したら子供が欲しい」と、当たり前のように思っていました。むしろ、子供が大好きな旬介は「子供が欲しいから結婚する」と言っても過言ではないくらいの気持ちです。

 しかし理子は、「結婚しても仕事を続けたい」という思いが強く、妊娠出産で体型が崩れることや、仕事がなくなることをとても恐れていました。また旬介より年上の理子は、「自分が今33歳だから、結婚式をするのが34歳で、35歳に妊娠したとしたら36歳で出産か……高齢出産になるからリスクもあるのかも」などとシュミレーションをよくするようになり、次第に「子供は産みたくない」という結論に達していたのです。

 子供についての話は、どんなに夜通し2人で話し合っても、意見は一致しませんでした。それでも旬介は理子のことが好きだったので、どうにか結婚して一緒に家庭を築きたいと思っていましたが……。

 最終的に、理子から「私たち、結婚観が合わないね」とフラれてしまい、婚約は破談となってしまったのです。旬介はショックのあまり、生まれて初めて声を出して泣いてしまったのだそう……。でも、結婚してから子供を産む産まないの話で揉めるより、結婚前に話の決着がついて、良かったんではないかと筆者は思います。何より子供は授かり物ですしね。

【今日の一言メモ】重要なことは婚約前に話しておくべし!

 また次回の #ザン恋 もお楽しみに!

ラブ 新着一覧


子どもの口グセで判明…悟ってしまったママ友の「鬼嫁事情」
 外ではどんなに取り繕っていても、家庭内では、“鬼嫁”っぷりを発揮している女性も散見されますよね。一方、子どもは正直なの...
並木まき 2021-12-06 06:00 ラブ
駆け引き上手な男性の特徴&振り回されない5つの対処方法
 男性からアプローチをされたら当然嬉しいものですが、もしも駆け引きだと感じたら戸惑う人も多いでしょう。たとえ好意を抱いて...
恋バナ調査隊 2021-12-06 06:00 ラブ
男性がバツイチ女性に惹かれる4つの理由&恋愛再開の注意点
 ひと昔前までは、離婚歴がある女性を偏見の目でみる男性もいましたが、今はバツイチの女性に魅力を感じる男性も多いそうです。...
恋バナ調査隊 2021-12-05 06:00 ラブ
男女関係がグッとよくなる〜ケンカについて真剣に考えてみた
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。全国100人の妻に聞いた夫婦のケンカの頻度調査の結果、約70%がケンカをする...
山崎世美子 2021-12-04 06:00 ラブ
想いを告げただけで…女性から交際を期待されて戸惑う男性
「冷酷と激情のあいだvol.67〜女性編〜」では、想いを告白してきた男性であるユウタさんと交際に至らずに、相手への不信感...
並木まき 2021-12-04 06:11 ラブ
告白してきたのに…交際に至らない関係に不信感を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-12-04 06:12 ラブ
「いま家の前に…」元彼からの身勝手でちょっと怖いLINE5選
 大好きだったころは、いつも楽しみに待っていた彼からのLINE。でも「元彼」になってしまうと一変、送られてきたLINEで...
恋バナ調査隊 2021-12-04 06:00 ラブ
付き合って後悔する男性の5つの特徴&後悔した時の対処方法
 ずっと思い続けていた男性と付き合えることになれば、誰だって嬉しいものです。しかし、中には彼のことをよく知らないまま好き...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
彼氏がほしくなる5つの時期♡ ほしくなったらすべきこと
 彼氏がほしいと思っている人の中には、「今まで、そんなことまったく思わなかったのに……」という人もいるでしょう。実は、彼...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
自分で引き寄せて♡ モテ期を呼びこむスピリチュアル行動4選
 人生に何度か訪れる「モテ期」を経験したことがある人も多いでしょう。中には「私のモテ期は終わった」なんて、思っている人も...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
見た目重視な「面食い男性」に隠れた心理&落とすテクニック
 女性と同じく、男性にもそれぞれ好みやタイプがあります。「人は見た目じゃない」とも言いながらも、中には明らかに女性を見た...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
恋人未満な関係はもうウンザリ…セフレと本命彼女の違いとは
「セフレと本命の彼女の違いってなんだろう……」  友人のアラサー女子に相談されたのですが、皆さんはどう答えますか? そ...
若林杏樹 2021-12-01 06:00 ラブ
仕事を優先する彼氏の隠れた心理&うまく付き合う5つの方法
 彼氏ができたら休日のたびにデートしたり、まったりとおうちで過ごしたいと考えている女性が多いでしょう。しかし、男性の中に...
恋バナ調査隊 2021-12-01 06:25 ラブ
浮ついた心に刺さる! 彼氏に浮気をやめさせる効果的な言葉
 大好きな彼氏がほかの女性と浮気をしていたら、本当に辛く、傷つきますよね。でも、感情に任せて責めたところで、逆効果になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-30 06:00 ラブ
自分のお金は自分だけのもの! 鬼嫁たちの呆れた金銭感覚
 鬼嫁は常に自分のことしか考えず、夫は「自分のために存在している人」でしかない様子。金銭的な面についても、“結婚”という...
並木まき 2021-11-30 06:00 ラブ
思わず胸キュン♡ 彼氏が彼女を「可愛い」と思う瞬間5選!
 世の中の男性たちは、彼女のことを「可愛い」と思う瞬間、愛情がさらに深まっていくそう。そこで今回は、彼氏が彼女を「可愛い...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ