恋愛ご無沙汰女子がドン引き…“恋心が一瞬で冷めた”彼の行動

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2020-05-20 11:25
投稿日:2019-09-24 06:00
 はじめは「ちょっといいかも」と思っていた男性を意識して見ていたら、ちょっとした言動で一気に冷めてしまうことって、意外とありますよね。周りから見たら「えっ、何でそこがダメだったの?」とツッコミたくなることでも、本人の琴線に触れるNGポイントがきっと何かあったのでしょう。
 今回は、せっかく出来た彼氏だったにも関わらず、一瞬にして恋が冷めてしまった残念すぎる恋(#ザン恋)エピソードをご紹介します。

恋愛ご無沙汰を打破するため婚活アプリ登録

休みの日は家にこもって絵を(写真:iStock)
休みの日は家にこもって絵を (写真:iStock)

 27歳の由香里(仮名)は、見た目も可愛らしくて愛嬌もあり、初めて会った人からは「モテそう」と言われる独身OL。でも実は、大学生の時に付き合ったのが最後の彼氏で、社会人になってからは一度も彼氏ができたことがありませんでした。

 それもそのはず、由香里の趣味は“絵を描くこと”で、休みの日には家にこもって絵を描きまくるのが最大のリフレッシュでありストレス発散。そうしているうちに出不精になっていき、合コンにも誘われず、出会いもないまま恋愛ご無沙汰女子と化していたのです。

 結婚していく友達もチラホラと出てきはじめて、「このままではヤバい!」と思った由香里は、慌てて婚活アプリに登録。すると意外にも男性からのお誘いが結構来たので、厳選してとりあえず3人の男性と会ってみることにしました。

やっと会えた「好きになろう」と思える男性

デートを重ねて付き合うことに(写真:iStock)
デートを重ねて付き合うことに (写真:iStock)

 1人目、2人目と、マッチングした男性と会ってみるも、「写真と違う」とか「上から目線で喋ってくる」とかで、もう全然ダメ。やっぱり婚活アプリではイイ人と出会えないのかな……なんて気落ちしていた由香里ですが、会う日程も既に決まっていたので3人目の男性とも一応会うことに。

 すると、初めて「もう一回会ってもいいかな」と思える広志くん(仮名・32歳)に出会えたのです。彼は物腰柔らかな雰囲気で話しやすく、メーカー勤務で仕事も安定してそうだったので、“結婚向き”だと由香里は確信しました。ただ、見た目は正直イケメンには程遠く、服装もギリギリダサくはない(?)というライン。

 でもここでリセットしたら、また恋愛ご無沙汰生活に舞い戻ってしまうという恐怖と、婚活の焦りもあり、「頑張って広志くんを好きになろう!」と思いながらデートを繰り返して、めでたく2人は付き合うことになりました。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


女性からの告白は大アリ! 成功率を高めるシチュエーション
 気になるカレとデートを重ね、連絡のやりとりも続いているけど、進展しそうでなかなか進展しない時ってありますよね。「付き合...
若林杏樹 2021-08-04 06:00 ラブ
厄介…男性に近づく“相談女”の特徴&彼を狙われた時の対処法
 男性に相談を持ちかけて、無理に恋愛に持っていこうとする「相談女」。厄介な彼女たちには、どのような特徴があるのでしょうか...
恋バナ調査隊 2021-08-04 06:00 ラブ
離れたいのに離れられない男性の特徴5つ&関係を解消するには
 彼氏がいるからといって、誰もが幸せというわけではありません。中には、「彼氏と離れたいのに離れられない……」と、苦しんで...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
大人の恋愛がしたい…進め方の4つのコツ&避けるべきNG行動
 若い頃は、後先考えずに恋愛していた人も多いでしょう。しかし、大人になるにつれて、勢い任せで恋愛することって難しくなりま...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
悲しみから立ち直るために…自分を責めることをやめてみよう
 喪失のどん底にいるときって、ついつい自分を責めてしまいますよね。自分に自信がなくなって、耐えられない後悔に胸がちぎれそ...
七味さや 2021-08-02 06:00 ラブ
長続きの秘訣かも♡ 彼と“ちょうどいい関係”の作り方4つ
 恋愛での男女の距離感って、とても難しいですよね。好きだからこそもっと近くにいたいのに、求めれば求めるほど不安になったり...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:01 ラブ
本当にモテるのは性格美人な女性♡ 特徴&心がけるべきこと
 モテるために、外見を磨こうとする女性は多いですよね。でも、外見と内面を天秤にかけたら、最終的には内面が美しい女性が選ば...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:00 ラブ
告白の返事はどのくらい待つべき?男性が保留にする4つの理由
 勇気を出して告白した彼に「少し考えさせてほしい……」と言われたら、がっかりしてしまう人も多いでしょう。しかし、保留にさ...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
ひどい男に仕返しする5つの方法&怒りと悲しみの乗り越え方
「二股をかけられた」「お金だけ払わされてフラれた」など、本当にひどい男はいます。仕返ししたい!と思うのも無理ありませんが...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
結婚直後から不幸続き…奇妙な出会いをした夫を見限った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-30 06:11 ラブ
彼ママに挨拶する際の基本マナー&やりがちな5つのNG行動
 彼氏との交際が順調に進んだら、相手の両親に会うこともあるでしょう。女性にとって彼ママというのは厄介な存在ではありますが...
恋バナ調査隊 2021-07-30 06:16 ラブ