夫が離婚調停でぶっ放した アンフェアすぎるドン引き発言3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-10-07 07:03
投稿日:2019-10-07 06:00
 モラハラ男との離婚は、協議が調わずに、調停にもつれこむパターンも少なくありません。さらには、調停の場で驚きのアンフェア発言をぶっ放すモラ夫も……。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、モラ男が調停で口にしたという、アンフェアすぎるドン引き発言をご紹介します。

1:「家にタダで住んでいたんですよ?」

どうしたら「タダで住んでいた」という発想になるのか(写真:iStock)
どうしたら「タダで住んでいた」という発想になるのか (写真:iStock)

「調停で離婚しましたが、元夫は調停員も呆れるほど、非常識な発言が多い人で…。

 一番やばかったのは『僕の家に3年もタダで住んでいた』発言でしょうか。

 結婚して3年目に離婚調停をしているのですが『結婚後、僕の家に家賃も払わずに住んでいたのだから、その分は財産分与で考慮すべきだ!』と何度も主張し、話し合いが難航しました。

 その分こっちは家事や育児を担っていたし、“タダで”なんて言われる筋合いないですよね」(Jさん・35歳女性)

  ◇  ◇  ◇

 モラ男は、なんでも自分の都合のいいように解釈するのも傾向。夫婦が共同体である意識も薄い人が多いために、調停であっても、こんな仰天発言を平然と口にするのでしょう。

2:「“手切れ金”なら払います」

お金の名前にこだわるのはなぜ?(写真:iStock)
お金の名前にこだわるのはなぜ? (写真:iStock)

「モラハラだけでなく精神的・経済的なDVもひどかった前の夫とは、調停で別れました。

 DVに関しては数々の証拠があり、調停の場でもこっちに有利に進んでいたのですが、いざ慰謝料の話になった段階で、前夫は暴走。

『慰謝料を払うってことは、まるで僕が悪い人みたいじゃないですか!』と調停の場で怒鳴り散らしたそうで、慰謝料は断固として払わないとゴネ始めました。

 結局、最後まで慰謝料としての支払いは拒否し続け、調停が不成立になりかけた段階で、こちらが『ならばお金の名目はなんでもいいです』と折れたところ、なんとか話し合いが成立。でも、そのお金の名目が“手切れ金“……。

 それ以外の名目では絶対に払わないとゴネられたので、しぶしぶ応じましたけど、最後まで気分の悪い男でした」(Eさん・40歳女性)

  ◇  ◇  ◇

 モラ男には、自分のしたことを棚に上げて、プライドだけが妙に高い男も少なくありません。

「お金に色はない」とはいえ、最後まで不快な思いをさせられるなんて、やれやれですね……。

3:「証拠が出ないのは、僕が善人である証拠ですよね?」

証拠がないことを逆手に取る往生際の悪さ(写真:iStock)
証拠がないことを逆手に取る往生際の悪さ (写真:iStock)

「ひどいモラハラを受け続け、心身ともにダメージをくらった私。

 調停を申し立て、モラハラ元夫と離婚したのですが、相手があまりにも不誠実で、1年もかかりました。

 調停では、結婚生活中の出来事をいろいろと伝えるのですが、私がやられたことに対して、元夫はいちいち『証拠を出せ』と要求。

 調停員は裁判官ではないので『相手は、こう言っています』と伝えてくるだけで、水掛け論ばかりで離婚の話し合いが進みませんでした。

 家庭内での当時の嫌がらせの全てに証拠があるわけでもないのに、元夫は『証拠が出てきたものに対しては認めるし、慰謝料も払う。だけど他のことで証拠が出ないのは、僕が善人である証拠ですよね』と主張し続け、結局、LINEの履歴などで証拠が残っていたもの以外は、すべて否認。

 早く離婚したかった私は、最終的に、LINEによるモラハラ慰謝料の10万2,300円という、元夫が提案した慰謝料に合意。新生活の足しにもならない金額ですよね。しかもその額、モラ夫がLINE1通100円で換算して、提案してきた額でした。

 モラ夫からの慰謝料なんて、そもそも期待していなかったけど、万事そんな調子なので、調停中も本当に疲れましたね…」(Yさん・35歳女性)

  ◇  ◇  ◇

 いざ離婚、となっても往生際が悪いモラ男が多いために、話し合いは難航しがち。

 証拠があったものに慰謝料を払ってくれたのはひと安心ですが、1通100円換算で10万円を超えるモラハラっぷりにも驚きますよね。

まとめ

 モラ夫に誠意を求めるのが無理な話かもしれませんが、調停の場であっても、モラ節が炸裂する男も少なくないのが現実です。

 一度、モラ男と縁をもってしまったら、別れ際においても苦労するのは女性であるのは間違いありません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


悲しみから立ち直るために…自分を責めることをやめてみよう
 喪失のどん底にいるときって、ついつい自分を責めてしまいますよね。自分に自信がなくなって、耐えられない後悔に胸がちぎれそ...
七味さや 2021-08-02 06:00 ラブ
長続きの秘訣かも♡ 彼と“ちょうどいい関係”の作り方4つ
 恋愛での男女の距離感って、とても難しいですよね。好きだからこそもっと近くにいたいのに、求めれば求めるほど不安になったり...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:01 ラブ
本当にモテるのは性格美人な女性♡ 特徴&心がけるべきこと
 モテるために、外見を磨こうとする女性は多いですよね。でも、外見と内面を天秤にかけたら、最終的には内面が美しい女性が選ば...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:00 ラブ
告白の返事はどのくらい待つべき?男性が保留にする4つの理由
 勇気を出して告白した彼に「少し考えさせてほしい……」と言われたら、がっかりしてしまう人も多いでしょう。しかし、保留にさ...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
ひどい男に仕返しする5つの方法&怒りと悲しみの乗り越え方
「二股をかけられた」「お金だけ払わされてフラれた」など、本当にひどい男はいます。仕返ししたい!と思うのも無理ありませんが...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
結婚直後から不幸続き…奇妙な出会いをした夫を見限った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-30 06:11 ラブ
彼ママに挨拶する際の基本マナー&やりがちな5つのNG行動
 彼氏との交際が順調に進んだら、相手の両親に会うこともあるでしょう。女性にとって彼ママというのは厄介な存在ではありますが...
恋バナ調査隊 2021-07-30 06:16 ラブ
10歳差でも…年上好きの男性は母親との関係が影響している?
 年上の彼女を求める男性が増えています。年上女性志向が高まっている理由には、社会不安による生活安定欲求や、地位向上を目指...
内藤みか 2021-07-29 06:00 ラブ
高学歴女子はなぜモテないの?4つの理由&あるあるな悩み
 努力して勉強をして、いい大学を卒業し、きちんとした仕事に就いている「高学歴女子」。一見、悩みのない人生を送っているよう...
恋バナ調査隊 2021-07-29 06:00 ラブ
知らないと怖い! 彼氏を“ダメ男化”する女性の行動パターン
 パートナーとの時間、ちゃんと取れていますか? 付き合い始めた当初は一緒にいる時間が長かったり、コミュニケーションが多か...
若林杏樹 2021-07-28 06:00 ラブ
辛い片思い…脈なしを見極める5つのポイント&抜け出す方法
 恋をするのは、楽しく幸せなことです。しかし、辛い片思いとなると話は別! 無理に続ける必要はないんです。そこで今回は、男...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ