夫が離婚調停でぶっ放した アンフェアすぎるドン引き発言3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-10-07 07:03
投稿日:2019-10-07 06:00
 モラハラ男との離婚は、協議が調わずに、調停にもつれこむパターンも少なくありません。さらには、調停の場で驚きのアンフェア発言をぶっ放すモラ夫も……。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、モラ男が調停で口にしたという、アンフェアすぎるドン引き発言をご紹介します。

1:「家にタダで住んでいたんですよ?」

どうしたら「タダで住んでいた」という発想になるのか(写真:iStock)
どうしたら「タダで住んでいた」という発想になるのか (写真:iStock)

「調停で離婚しましたが、元夫は調停員も呆れるほど、非常識な発言が多い人で…。

 一番やばかったのは『僕の家に3年もタダで住んでいた』発言でしょうか。

 結婚して3年目に離婚調停をしているのですが『結婚後、僕の家に家賃も払わずに住んでいたのだから、その分は財産分与で考慮すべきだ!』と何度も主張し、話し合いが難航しました。

 その分こっちは家事や育児を担っていたし、“タダで”なんて言われる筋合いないですよね」(Jさん・35歳女性)

  ◇  ◇  ◇

 モラ男は、なんでも自分の都合のいいように解釈するのも傾向。夫婦が共同体である意識も薄い人が多いために、調停であっても、こんな仰天発言を平然と口にするのでしょう。

2:「“手切れ金”なら払います」

お金の名前にこだわるのはなぜ?(写真:iStock)
お金の名前にこだわるのはなぜ? (写真:iStock)

「モラハラだけでなく精神的・経済的なDVもひどかった前の夫とは、調停で別れました。

 DVに関しては数々の証拠があり、調停の場でもこっちに有利に進んでいたのですが、いざ慰謝料の話になった段階で、前夫は暴走。

『慰謝料を払うってことは、まるで僕が悪い人みたいじゃないですか!』と調停の場で怒鳴り散らしたそうで、慰謝料は断固として払わないとゴネ始めました。

 結局、最後まで慰謝料としての支払いは拒否し続け、調停が不成立になりかけた段階で、こちらが『ならばお金の名目はなんでもいいです』と折れたところ、なんとか話し合いが成立。でも、そのお金の名目が“手切れ金“……。

 それ以外の名目では絶対に払わないとゴネられたので、しぶしぶ応じましたけど、最後まで気分の悪い男でした」(Eさん・40歳女性)

  ◇  ◇  ◇

 モラ男には、自分のしたことを棚に上げて、プライドだけが妙に高い男も少なくありません。

「お金に色はない」とはいえ、最後まで不快な思いをさせられるなんて、やれやれですね……。

3:「証拠が出ないのは、僕が善人である証拠ですよね?」

証拠がないことを逆手に取る往生際の悪さ(写真:iStock)
証拠がないことを逆手に取る往生際の悪さ (写真:iStock)

「ひどいモラハラを受け続け、心身ともにダメージをくらった私。

 調停を申し立て、モラハラ元夫と離婚したのですが、相手があまりにも不誠実で、1年もかかりました。

 調停では、結婚生活中の出来事をいろいろと伝えるのですが、私がやられたことに対して、元夫はいちいち『証拠を出せ』と要求。

 調停員は裁判官ではないので『相手は、こう言っています』と伝えてくるだけで、水掛け論ばかりで離婚の話し合いが進みませんでした。

 家庭内での当時の嫌がらせの全てに証拠があるわけでもないのに、元夫は『証拠が出てきたものに対しては認めるし、慰謝料も払う。だけど他のことで証拠が出ないのは、僕が善人である証拠ですよね』と主張し続け、結局、LINEの履歴などで証拠が残っていたもの以外は、すべて否認。

 早く離婚したかった私は、最終的に、LINEによるモラハラ慰謝料の10万2,300円という、元夫が提案した慰謝料に合意。新生活の足しにもならない金額ですよね。しかもその額、モラ夫がLINE1通100円で換算して、提案してきた額でした。

 モラ夫からの慰謝料なんて、そもそも期待していなかったけど、万事そんな調子なので、調停中も本当に疲れましたね…」(Yさん・35歳女性)

  ◇  ◇  ◇

 いざ離婚、となっても往生際が悪いモラ男が多いために、話し合いは難航しがち。

 証拠があったものに慰謝料を払ってくれたのはひと安心ですが、1通100円換算で10万円を超えるモラハラっぷりにも驚きますよね。

まとめ

 モラ夫に誠意を求めるのが無理な話かもしれませんが、調停の場であっても、モラ節が炸裂する男も少なくないのが現実です。

 一度、モラ男と縁をもってしまったら、別れ際においても苦労するのは女性であるのは間違いありません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM