ピルの価格はどれくらい? ピルを安く購入する4つのポイント

リタ・トーコ ライター
更新日:2023-01-26 20:24
投稿日:2019-10-30 06:01
 これまで、ただの「避妊薬」ではないピルのメリットや効果について連載の中でお話ししてきましたが、うっかりお伝えし忘れていたのがピルの価格について!
 基本的に毎月1シートずつ消費するピルですが、高いのか、安いのか、継続できる価格なのか、ぜひ押さえておきましょう。

ピルの価格相場はどれくらい? 高い?安い?保険適用される?

ピルの一般的な相場は?(写真:iStock)
ピルの一般的な相場は? (写真:iStock)

 ピルでツルツル肌に? 知っておきたい8つのメリットと危険性でお伝えしましたが、基本的にピルは、女性にとって良いメリットをたくさん持っている薬だと思います。ただ、やはり気になるのは毎月どれくらいの費用がかかるのか?ということ。まずは、ピルの価格相場をチェックしていきましょう。

1シート2,000円〜3,500円が一般的な相場

 今回、産婦人科のある病院やピル外来があるクリニックなどの価格を十数カ所リサーチしてみたところ、種類によっても変わってきますが、およそ1シートあたり2,000〜3,500円が一般的な相場のようでした。

初診料や再診料、検査代がかかる

 現在、日本では医師からの処方箋がないとピルを入手することができません。そのため、単にピル単体の費用だけではなく、初診料や再診料、定期的に行う血液検査代などが必要となります。

自由診療なので医療機関によって価格に差がある

 上記で挙げたピルの価格を見ると、価格に大きな差があるのが分かるでしょう。実はピルは自由診療のため、医療機関によって価格がまちまち。厚生労働省の認可を得ているジェネリックのピルもありますが、病院によっては先発医薬品(ジェネリックではないピル)よりも高い場合もあります。

避妊目的では保険適応されない場合もある

 各病院の考え方によっても左右されるところがありますが、ピルは避妊目的の場合、保険が適応されないこともあるようです。同じ病院でも、子宮内膜症や月経困難症などの治療薬として処方される場合には適応可能になる場合もあるため、事前に確認してみましょう。

経験者が語るピルを安く購入する方法!注意するポイント

医師との信頼関係は欠かせない(写真:iStock)
医師との信頼関係は欠かせない (写真:iStock)

 同じ薬を処方されるのであれば、できるだけ安い方法で購入したいですよね。これまで5回ほど病院を変えてきた私ですが、その中で学んだ“ピルを安く購入するための方法”をお伝えしていきます。

1. 1回の診療で何シートまで処方が可能なのかを確認しておく

 ピルは1回の診療で1シートしかもらえない病院、対して6カ月〜1年分のシートをまとめてもらえる病院など、処方方法は病院によってさまざま。当たり前のことですが、再診料は通院した分だけかかります。通院時間をかけないためにも、1回の診療で何シートまで処方が可能なのかを事前に確認しておくことをおすすめします。

 ちなみに、現在私が通院中の病院では、1回の診療で3シートまでの処方となっていますが、個人的には「3シートくらいが最適かな」と、思います。なぜなら、ピルを飲むことで起こる体の変化について医師に気軽に相談できますし、血液検査などを忘れずに行うことができるから。ぜひ、参考にしてくださいね。

2. どんな目的で飲むのかを医師に伝え、費用を相談する

 ピルはたくさんのメーカーからいろんな種類が発売されていますが、各医療機関が扱うピルの種類には違いがあります。

 少し詳しい話をすると、含まれる黄体ホルモン(プロゲステロン)の種類で「第1世代・第2世代・第3世代」と分類されていて、ホルモンの量が少ないために副作用が起こりにくいタイプや、男性ホルモンの作用が少なくニキビを軽減できるタイプなど、種類によって特性は変わります。(どの種類も避妊効果に期待できます)

 ただし、ピルの種類によって価格は変わります。どんな目的で飲みたいのかを医師に伝えて、費用についても相談してみましょう。ただし、病院によっても取り扱いピルの種類は異なります。中には1種類しか処方していないというような病院もあるため、注意しましょう。

3. 医療機関までの距離、時間を考える

 ピルユーザーとしての私の意見ですが、頻繁に病院を変えることはおすすめできません。ピルを処方してもらう病院は、生理不順や避妊などのデリケートな話をする場所でもあるため、やはり医師との信頼関係は欠かせないものではないかと思うのです。特に、後々妊娠を考えている女性の場合には、気軽に相談できる医師がいると安心できますよね。

 たとえば、一気に半年分の処方をしてもらえたとしても、距離的に通いづらい病院であったり、待ち時間が長かったりすると、どうしても足が遠のいてしまう可能性があります。そして、「時は金なり」ではないですが、かかる時間はお金に換算することもできるのです。

 近場であること、親身になって考えてくれる医師であるかどうかは、大切なチェックポイントですよ。

4. 安いからと言って海外輸入品のピルには手を出さない

 連載の中でお伝えしましたが、海外輸入品のピルには手を出さないことが鉄則。確かに、個人輸入代行業者から入手できるピルは安いです。まとめ買いができるし、ポチッと購入するだけで手元に届くのですから。でも、偽造品や模造品の可能性は否めません。万が一のことがあっても、「自己責任」という言葉で片付けられてしまうのです。

 女性が避妊目的でピルを飲む場合、効果を持続させるためには1日1錠、自分の責任で飲み続けなければなりません。飲み忘れてひやっとしてしまうこと、うっかり病院に行き忘れてピルが切れてしまうことなど、意外なストレスもあります。

 でも、その対価として「望まない妊娠をしない」という絶対的な安心があるのがピルのメリットでもあるのです。診療を受けて、体調のケアをしながらピルを続ける。これがベストな選択ではないでしょうか? その安全を得るためにも、海外輸入品のピルは避けておくべきでしょう。

ピルの価格はまちまち! 安さよりも都合の良さを優先してみては?

購入時の領収書(写真:リタ・トーコ)
購入時の領収書 (写真:リタ・トーコ)

 お話ししてきたように、ピルの価格は種類や目的、医療機関によってもまちまち。もちろん、ピル費用は安いに越したことはありませんが、どんなペースでもらいに行けるのか、どんな目的で使いたいのかを考えて、自分にとっての都合の良さを優先してみても良いと思います。

 ちなみに、一例として。領収書を持ってきました。現在私が飲んでいる超低用量ピル、“フリウェル配合錠ULC「トーワ」”、3カ月分の値段です。フリウェル配合錠ULC「トーワ」は、先発医薬品である“ルナベルULD”のジェネリックのピル。

 以前は“トリキュラー28”を飲んでいましたが、値段だけ見ると約半額です。保険適応されているとはいえ、これは今までの病院の中でも最安値。「◯円で安心を買える」、そう思えば、面倒な通院も問診も安いものだと思いませんか?

リタ・トーコ
記事一覧
ライター
引きこもり既婚ライター。夫とのゆるい幸せを楽しみつつ、つい浮つく。類は友を呼ぶのか、周りに似た友人が多い。人生1回きり。興味に負け続ける女。好きな言葉は「自己責任」。

ライフスタイル 新着一覧


友達褒めるはずが「シェイシェイのワンピ可愛い」で自滅…知ったか、恥っ
 人間誰しも知ったかぶりをしてしまった経験があるはず。知ったかぶりでその場を乗り切れるならいいものの、中にはボロが出て顔...
控えめな家族葬が200万ってマジ? 祖母急死で痛感!葬儀業者の“こっそり上乗せ”テク
 幼い頃に両親が離婚し母方の実家で暮らすことになりました。そんな筆者を優しく迎えてくれた祖母が2023年の11月に他界。...
2024-05-27 06:00 ライフスタイル
「楽しく暮らしています」“たまたま”が遠く離れた母上に一筆啓上
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
幸せの価値、そして――。
 家族親子恋人たちお年寄りも若者も桜に埋もれて過ごす時、人は皆幸せそうだ。  季節はもうすぐ梅雨――。
ほっこり癒し漫画/第74回「ヘルプみーこ」(中編)
【連載第74回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
今さら聞きにくい? 英語の新敬称「Mx.」や「X」って何
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
夫の胸ポケからキャバ名刺→子の刻に家出!?いいから落ち着けが止まらない
 LINEの文面だけでも、意外と「焦ってる」「取り乱してる」と分かるものですよね。今回は、そんな慌ただしいLINEを3つ...
すげえ!BoA完コピおじいに喝采。スナック常連の濃ゆいエピソード3選
 みなさんの職場には癒しキャラはいますか? スナックで働いているといろんな人を見るのですが、癒しキャラもとっても多いんで...
好きを仕事にしても「しんどい」よ。憧れだけではない現実との向き合い方
 キャリアについてよく聞くフレーズが「好きを仕事に」。確かに、好きなことでお金を稼げたら一挙両得! 幸せな毎日が送れそう...
「マタニティハイ」要注意! おブスな振る舞いが誰かを傷つける可能性も
「妊娠して幸せの絶頂です!」と感じている女性必見! 今回は、マタニティハイでやりがちなNG言動を4つ紹介します。  妊...
クネクネの正体はおとうさん!“たまたま”が真実を知った瞬間
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
【花屋実践】春から秋まで眼福♡ずぼら激推し良コスパの姫リョウブって?
 今年も自らの無計画さを後悔する季節がやってきました。  猫店長「さぶ」率いる我がお花屋の店横にある屋外LAB(「植物...
「ぼっち・ざ・ろっく!」のぼっちちゃんも仰天!承認欲求モンスター図鑑
 承認欲求は、人間であれば持っている自然な欲求。誰だって「自分の話を聞いて欲しい」「自分を認めて欲しい」と感じることがあ...
気まずい既読スルー後は演技力が命!《文章未完+矢印》で打ち途中を装う
 友達や知り合いからLINEが届いても、LINEの内容や忙しさによってはつい返信を後回しにしてしまいがち。そのまま忘れて...
6月病とは? 実は5月よりもタチ悪い説が…早め対策がマスト
「GWが明けてからも5月病にならず元気だったのに、6月になってからなんだかやる気が出ない…」「6月に入ってから、体も心も...
2024-05-21 06:00 ライフスタイル
【調香師監修】頭のにおいは“武器”!愛され頭皮になるヘアケア&香り術
 男性から女性への愛情行為のひとつに「頭皮のにおいを嗅ぐ」しぐさがあります。カレが貴女の頭のにおいを嗅いできたら、それは...