ピルをもらう方法と病院選びのコツ…“避妊”が理由でも良い?

リタ・トーコ ライター
更新日:2019-08-28 17:16
投稿日:2019-07-28 06:00
 第1回「日本はピル後進国!『ピル=避妊』の考え方は遅れています」、第2回「ピルで確実に避妊するなら?心構えや男性任せの避妊の危うさ」を見て、もしかしたら、「ピルを飲んでみようかな?」って、思った方もいるかもしれませんね。そこで第3回目の今回は、「病院でのピルのもらい方」について考えてみたいと思います。

どこで買えるの?ピルのおもな入手方法!

病院での処方が安心(写真:iStock)
病院での処方が安心 (写真:iStock)

 もしも、ピルを飲みたいと思うのであれば、どのように入手すれば良いのでしょうか。

基本的に医師の処方箋がないと入手できない

 現在、日本でピルを入手するためには、基本的に医師の処方箋がないと入手することができません。なぜなら、ピルは誰でも飲んで良いというわけではなく、たとえば血栓症になりやすい方、高血圧の方など、飲むことでリスクを伴う方も中にはいるからです。

 きちんと診察を受けた上で「ピルを飲んでも良い」と医師が判断した場合のみ、処方されるということを覚えておきましょう。

個人輸入代行業者からの入手は可能だがリスクが伴う

 実は、ピルは個人輸入代行業者から入手できるのも事実。実際、私の周りにも、何シートかまとめてネットで購入している人はいます。でも、これは非常に危険なことだと理解しておきましょう。

 大きな理由は、偽造品である可能性です。厚生労働省検疫所のホームページでも、「ニセ薬について」の注意喚起がされていました。しかも、ピルの場合には、妊娠した時点でしか偽造品であったと判断することができないため、取り返しがつかないことになるケースも。

 また、もしも体調不良などなんらかの副作用があった場合に自己責任で対応しなくてはならないというリスクもあるため、やはりきちんと病院でピルの処方をしてもらうのが賢明だと思います。

病院でのピルのもらい方!「避妊目的」と言っても良い?

面倒でも定期健診は自分のためだから…(写真:iStock)
面倒でも定期健診は自分のためだから… (写真:iStock)

 友人から「ピルを飲んでみたいけど、どう言えば処方してもらえるの?」と質問を受けた私。「避妊目的ならそう言ったら?」と伝えると、「それ、言いづらいなぁ」なんて言って、結局、先延ばしにしているよう。実際のところ、ピルの処方について、産婦人科の先生はどう思っているのでしょうか?

私が産婦人科医師から言われた一言

 今、私がピルを処方してもらっている病院は、産婦人科と美容クリニックが併設されている病院です。先生はとても話しやすく、ピルについての知識を教えてくれる方。

 初診の時に「ピルの処方をしていただきたいです。」というと、「ピルを自分からもらいに来るなんて珍しいね。」と、開口一番。「現時点で妊娠を考えていません。」と正直に言うと、「うん、いいんじゃない?アフターピルをもらいに来るよりずっと良い。」なんて仰っていました。

 妊娠・出産のプロでもある産婦人科医は、望まぬ妊娠をするくらいであればピルを飲んだ方が良いと思っているのかな?なんて思った次第。「今後、妊娠したくなったら、その時やめたら良いね。」と、問診&検査の後にあっさりと処方。もちろん、今も3カ月おきに通っています。

定期検診は自分を守るためにある

 ピルを病院でもらう時、必ずすすめられるのが検査です。婦人科診察や血液検査など、半年に1度ほどのペースで行う場合が一般的でしょう。

 これは、正直言うと少し面倒臭い。時間もお金もかかりますし。でも、ピルを続行できる体の状態なのかを確認してもらうことは、自分にとって決してマイナスにはなりません。自分を守るためと割り切って、ピルの服用とセットで考えるようにしましょう。

ストレスなくピルをもらえる病院選びの4つのコツ

処方実績が多い病院を調べておこう(写真:iStock)
処方実績が多い病院を調べておこう (写真:iStock)

 引越しや職場の環境などで、今まで5回ほどピルを処方してもらう病院を変えている私。感じるのは、やはり病院との相性はあるということ。そこで、どんな病院だったらストレスなくピルをもらえるか、独自目線でお伝えしたいと思います。

1. 診療予約ができる産婦人科がベスト

 ピルは、定期検診さえ受ければ、受付で処方してもらえる病院もあります。でも、大抵の病院は、医師の診察を受けるのが必須。

 でも、ただピルをもらいに行くだけなのに、何時間も待つのはかなり面倒ですよね。だから、できれば診療予約ができる産婦人科を選ぶのがポイント。また、逆になぜか患者さんが少なく、空いている病院も狙い目です。

 また、ニキビ治療の一環として、皮膚科などのクリニックでピルを処方してくれる場合もあります。事前に確認してみましょう。

2. ピルの処方実績が多い

 ピルの処方は、どの病院でも行っているわけではありません。産婦人科では処方をしてもらえるところがほとんどですが、婦人科では取り扱っていない、という病院もあるようです。

 そのため、処方実績があるかを事前に確認してから、受診することをおすすめします。処方実績の多い病院は、大抵ホームページなどでピルについて触れています。万が一、ピルを飲む上でトラブルが起こった場合にも、スムーズに対処してもらえるので安心ですよ。

3. 親身になってくれる医師がいる

 ピルをもらうって、女性にとってはかなりデリケートなことです。そのため、医師との信頼関係も大切な要素。

 ちなみに、私のかかりつけ医は、かなりざっくばらん。「セックスをするなら、◯日後からにしてね」なんて言うような。私にとっては話しやすく、体に関しての不安などを気軽に質問できるためストレスと感じたことはありませんが、でも、人によっては苦手かもしれません。

 親身に感じられるかどうかは、それこそ相性だと思いますが、なんでも話せる医師がいると心強いのは確かです。

4. 通いやすい

 大抵の場合、ピルは継続して飲む場合が多いでしょう。何シートかまとめて処方してくれる病院は多いですが、少なくとも年に3〜4回は通院しなければなりません。でも、気づけば手持ちのシートがなくなるのが「ピル」なんです。

 次のシートをもらいに行くのが遅れたら、その分妊娠のリスクは上がるのは必至。距離的に通いやすいか、診療日や診療時間が自分の生活スタイルに合っているかを確認しておくのも、ピルを安心して続ける秘訣だと思います。

妊娠の心配に耐えるより、ピルをもらう勇気を持つ方が楽!

妊娠したかも…って不安に思うよりは(写真:iStock)
妊娠したかも…って不安に思うよりは (写真:iStock)

 私のように生理不順などの理由がきっかけでなく、避妊目的でピルの服用を検討する女性も多いはず。でも、性に関してなかなかオープンではない日本では、初対面の医師相手でも「言うのが恥ずかしい」と勇気が出ない方もいるでしょう。

 確かに、「避妊目的でピルをもらいたい=セックスのためにピルを飲む」と言っているようなものなので、抵抗を感じてしまうのも分かりますが。でも、毎回のセックスのたびに妊娠の可能性を心配して耐えるよりも、ピルをもらう勇気を持つ方が楽ではないかな?と思うのです。女性医師がいて気楽に通える病院もたくさんあるので、ぜひ、服用を検討しているのであればリサーチを!

 次回は、ピルの持つ避妊以外の優れた効果について、詳しくご紹介できたらと思います。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


熟年夫婦のLINEが面白すぎる♡ 誰もが憧れるやりとり5選
 世の中には数多くの夫婦がいますが、ラブラブ夫婦が長い年月を一緒に過ごして熟年夫婦になると、2人だけにしかわからない世界...
町田薬師池公園で大賀ハスのロマンに酔う 2021.7.24(土)
 東京・町田市の薬師池公園の大賀ハスが見ごろということで、早起きして行ってきました! 「大賀ハス」は植物学者・大賀...
これもダメ?年下に“おばさんLINE”と思われる特徴5つ
 普段、何気なく送っているLINE、もしかしたら年下の友人や彼氏に「おばさんLINE」だと思われているかもしれません。流...
初恋の気持ちを思い出す…ミステリアスな“にゃんたま”青年
 いつかどこかで出逢ったにゃんたまω青年は、美しい佇まいにセンチメンタルな眼差しでした。ちょっとミステリアスな雰囲気で、...
コロナ禍で転業を考え始めたイケメンカフェ店員の胸の内
 緊急事態宣言が発令され、街の人出が減るなか、密やかに営業を続けて穴場となっているスポットはいくつもあります。実は、イケ...
大きな葉っぱが幸運を招き入れる「モンステラ」のスゴイ威力
「あんたが寝てる部屋の下には、水脈が走っている」  実年齢の割に元気に働くことが自慢だったワタクシでございますが、...
真似できる気がしない…お手入れ中の猫ヨガな“にゃんたま”
 きょうは、お腹いっぱいごはん後の、お手入れにゃんたまωにロックオン。  これぞ、“本家”猫ヨガ?……真似できる気...
7月19日~7月26日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
猫がとろける季節になりました 2021.7.19(月)
 7月も半ばを過ぎ、暑い日も増えてきました。気温の上昇とともに、だらしなくなっていく我が家の猫たちをご紹介します。
幸せホルモン放出!猫と一緒にいるだけで多幸感に包まれる♡
 樹木希林さんの遺作映画「日日是好日」の原作者として知られる森下典子さんのエッセイに「猫といっしょにいるだけで」という作...
思わず吹き出しちゃう♡ センスに溢れるLINE返信5選
 文章でやりとりするLINEは、声も聞こえず、表情も見えないけれど、相手の性格が出るもの。特に、頭の回転が早い人は、「お...
何も続かない…熱しやすく冷めやすい女性の特徴6つ&対処法
「恋愛が長く続かない……」「これ!という趣味が見つからない」と感じている女性には、熱しやすく冷めやすい性格の人が多いです...
お母さんが帰ってくる!早く甘えたくて駆け寄る“にゃんたま”
 夕刻の船着き場で出会ったにゃんたま君。  汽笛が聞こえ、もうすぐみんなの大好きなお母さんが帰ってくる!  ...
“なんじゃこりゃ?”なお花が大人気!「エキナセア」の魅力
「やっぱりキテルわ~! すぐに仕入れて!」  猫店長「さぶ」率いる我が花屋。生け花の取り合わせ担当の通称「みっちゃ...
鎌倉のCafé&Meal MUJIでちょっと優雅にお仕事 2021.7.14(水)
 先日、鎌倉での取材の後、偶然こんな看板を見つけました。  え? こんな所にワークスペース? しかも無印良品? ...
リモートワークの悩みを解消!6つのアイデアで効率アップ♪
 コロナ禍で仕事がリモートワークになり、出勤する手間が省けて嬉しいと思う人は多いよう。でも、その反面、「集中できない」「...