もう2度と…子宮全摘&腸閉塞と全力で闘った30日間入院生活

コクリコ 編集者
更新日:2019-11-05 13:05
投稿日:2019-10-22 06:00
 私は42歳で子宮頸部腺がんステージ1Bを宣告された未婚女性、がんサバイバー2年生です(進級しました!)。がん告知はひとりで受けました。誰にも頼れず、心の内側にずっと不安を抱えながらがんと闘うのはとてもつらいこと。なぜ私が……と思う気持ちと向き合って、そして不確かな情報に惑わされないように、私の体験がお役に立てれば幸いです。

ようやく便秘も解消され始めた

孤独な闘いでもあった(写真:iStock)
孤独な闘いでもあった (写真:iStock)

【Note.25】

 2度目のイレウス管挿入で、さらに奥まで、190㎝のチューブが入った私は再び吐き気と戦います。でも今回はコツがつかめているので、比較的早めに慣れてきました。油断さえしなければ、大丈夫。そして、ようやく便秘も解消されてきました。

 お腹すっきり! 体重も減ってきた!

 こうして文章を書くにあたって、改めて、挿管していた時のメモを読み返してみました。それらには「気持ち悪いです、吐き気止めください」「しゃべれません」「気持ち悪いです、お腹が痛いです」「吐き気止めください」の言葉が繰り返し書かれており、看護士さんに見せていました。イレウス(腸閉塞)には二度となりたくないです。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM