月吹友香さん<前> 私がR-18文学賞で高齢者の性を描いた真意

コクハク編集部
更新日:2019-10-18 12:35
投稿日:2019-10-16 06:00
 読書の秋到来。直木賞や芥川賞、日本推理作家協会賞に本屋大賞……国内には数多の文学賞がある中で、「R-18文学賞」(※)は〈女による女のための文学賞〉として異彩を放ちます。同賞の応募資格は女性限定で選考委員も女性。第18回(2019年度)で大賞に輝いた月吹友香さん(41)は今年6月の贈呈式で「この賞しかない、この賞でしか受け入れてもらえないと思った」と語っていました。その真意について住まいがある大阪で話を伺います。
すみれ色のワンピースがとてもお似合いだった月吹友香さん(C)コクハク
すみれ色のワンピースがとてもお似合いだった月吹友香さん (C)コクハク

 選考委員で作家の辻村深月氏が「女による女のための戦いが感じられる」と評価した、月吹さんの大賞作「赤い星々は沈まない」のテーマは、ずばり、高齢者の性。老人介護施設のマドンナ・キヌ子(75)の尽きない性欲を描いています。

――なぜ「老女の性」をテーマに選んだのですか。

月吹 きっかけは私より10歳ほど年上の友人女性との雑談でした。年を重ねても女性の性欲は衰えず、身体が疼いたら自分で処理をするといった話だったのですが、正直に話せば、ショックでした。性欲は減退するものだと思っていましたし、母の顔も浮かべてしまって……。けれど、自分も年を取った時、ふいに首をもたげた性欲を否定したり憐れんだりしたくないという気持ちがふつふつと湧いてきたんです。誰もが性欲が高まるとは思わないけれど、老いたからといってその衝動を諦めなきゃいけないのは違う気がする。じゃあどうする? と考えたら、自然と物語の構想を練り始めていました。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 女性ウケと男性ウケが違うのはわかるんですが、男性からモテたいと思ったとき、避けては通れない要素、それは「色気」。はぁ…...
FILM
 新学期、転校生と校門で目が合って、声を掛けようとしたらサッと行ってしまった…….  きょうは、そんなことを思い出...
FILM
 A氏からのメールには、写真の仕上がりを見せたいから事務所に来てほしい、と書いてありました。「新しい優紀が誕生したよ。俺...
FILM
 あなたは、“媚び”を上手に使っていますか?「媚びを売る」というと、異性の前でぶりっこをしたり、色目を使ったりと何かとマ...
FILM
 およそ1ヶ月の「自粛」があったからこそ今の感染者数で収まっているのか、あるいは、実は殆ど意味なんて無かったのか……。個...
FILM
 一昔前までは、女性は結婚したら家庭を守るのが当たり前でしたが、今では結婚後も仕事を続ける女性がほとんど。兼業主婦として...
FILM
 米アカデミー賞4冠に輝いた韓国映画「パラサイト 半地下の家族」は、半地下に住む家族が金持ちに“パラサイト”していくスト...
FILM
 きょうは、仲良しωωにゃんたま兄弟です。  真っ黒なあんこ玉君と、白黒のタオ君、  ふたりはずっとくっつき...
FILM
 Gをセクハラパワハラで訴えるか否か。現在、弁護士たちと協議を重ねているところです。つくづく、訴訟を起こすには多大な時間...
FILM
 日々の生活の中で、気づけばイライラしてしまっている人も多いのではないでしょうか。できることなら、小さなことで心を乱され...
FILM
 潜在的な患者も含めるとおよそ30〜60人にひとりの女性がかかると言われている甲状腺疾患。バセドウ病は、甲状腺機能が亢進...
FILM
 周りが新しいことにチャレンジし始めたり、環境が変わって進んでいると「本当に自分がこのままでいいのか」と、モヤモヤするこ...
FILM
 富士山の麓、朝霧高原を闊歩する「ふじお」。一見、強面のルックスですが、裏腹に女性にはめっぽう弱いのです。  富士...
FILM
 普段より家にいる時間が増え、ストレスを感じている人も散見されます。新型コロナのニュースや対策で疲弊しがちな今、在宅時間...
FILM
 ある日、ワタクシのお店に懇意にしていただいている大学教授がフラリと立ち寄ってくださいました。  ニコニコと人懐っ...
FILM
 マンションを買おうと決心したものの、新築がいいのか中古がいいのか、やっぱり借り続けた方がいいのかな、と悩む人も少なくな...