月吹友香さん<前> 私がR-18文学賞で高齢者の性を描いた真意

コクハク編集部
更新日:2019-10-18 12:35
投稿日:2019-10-16 06:00
 読書の秋到来。直木賞や芥川賞、日本推理作家協会賞に本屋大賞……国内には数多の文学賞がある中で、「R-18文学賞」(※)は〈女による女のための文学賞〉として異彩を放ちます。同賞の応募資格は女性限定で選考委員も女性。第18回(2019年度)で大賞に輝いた月吹友香さん(41)は今年6月の贈呈式で「この賞しかない、この賞でしか受け入れてもらえないと思った」と語っていました。その真意について住まいがある大阪で話を伺います。
すみれ色のワンピースがとてもお似合いだった月吹友香さん(C)コクハク
すみれ色のワンピースがとてもお似合いだった月吹友香さん (C)コクハク

 選考委員で作家の辻村深月氏が「女による女のための戦いが感じられる」と評価した、月吹さんの大賞作「赤い星々は沈まない」のテーマは、ずばり、高齢者の性。老人介護施設のマドンナ・キヌ子(75)の尽きない性欲を描いています。

――なぜ「老女の性」をテーマに選んだのですか。

月吹 きっかけは私より10歳ほど年上の友人女性との雑談でした。年を重ねても女性の性欲は衰えず、身体が疼いたら自分で処理をするといった話だったのですが、正直に話せば、ショックでした。性欲は減退するものだと思っていましたし、母の顔も浮かべてしまって……。けれど、自分も年を取った時、ふいに首をもたげた性欲を否定したり憐れんだりしたくないという気持ちがふつふつと湧いてきたんです。誰もが性欲が高まるとは思わないけれど、老いたからといってその衝動を諦めなきゃいけないのは違う気がする。じゃあどうする? と考えたら、自然と物語の構想を練り始めていました。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 毎日定時で帰る人を見ると「羨ましいな」と思う半面、「定時で帰るなんて、ちゃんと仕事をしているのだろうか?」と思う人も多...
FILM
 にゃんたま君は、日が沈むこの時間が大好き。  地面はお日様のぬくもりが残っていてほんわか温かくて、海を渡って来る...
FILM
 SNSが当たり前の時代。今では、ほとんどの人がSNSを活用しているでしょう。しかし、SNSは便利な半面、トラブルに巻き...
FILM
 好感度の高い女性というと、「美人でスタイルが良い女性」というイメージを持っている人が多いでしょう。しかし、どんなに見た...
FILM
 きょうは、職業・猫フェチカメラマンのつぶやき。  神が作った最高傑作と云われる「にゃんたま」を、どのように記録し...
FILM
 ただいま世の中、「ドライフラワー流行り」でございます。  以前は、お花屋さんの片隅にちょっぴり「スキマ商売」感覚...
FILM
 “女の友情はハムより薄い”という言葉があるように、女性同士の交友関係はとても複雑で、難しいものですよね。昨日まで「私た...
FILM
 きょうも、にゃんたまωにロックオン♪  キリっとしたクールな眼差しに、栗饅頭のような癒しのフォルムω……。 ...
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。学生時代から付き合いがある相手なのに、なんとなく最近話が合わない。一緒にいる...
FILM
 この夏は新型コロナ禍の外出自粛で溜まったストレスの羽を伸ばす人たちが散見されました。しかし、秋、冬とインフルエンザの流...
FILM
 きょうは、にゃんたまを探せ!  写真の中に、にゃんたまωをスグに見つけたアナタはもう立派なニャンタマニアです。 ...
FILM
 猫店長「さぶ」率いる我が花屋に、某有名私立男子校の先生が本日もご来店でございます。  この先生、その筋では大変に...
FILM
 外出しなくても、おうちの中で気分転換する方法があるととっても便利です。自分に合ったストレス発散方法があると、気分の切り...
FILM
「機嫌悪い人がいると気になってしまう」「LINEを送ったら既読スルー、怒らせちゃったかな」「もはや生きているだけで疲れる...
FILM
 にゃんたまωカレンダー2020を飾って下さっている方々から、多くのラッキー報告を頂きました。ありがとうございます!!!...
FILM
 毎月の給与明細を見ると、ゴッソリ引かれている健康保険料。正社員の人はもちろん、夫の扶養を外れたり、パート勤務にも社会保...