私は、子宮頸部腺がんステージ1Bを宣告された未婚女性です。

コクリコ 編集者
更新日:2019-05-23 01:37
投稿日:2019-05-07 06:00
 私は42歳で子宮頸部腺がんステージ1Bを宣告された未婚女性、がんサバイバー1年生です。がん告知はひとりで受けました。私のように今後、ひとりでがんを告知され、がんに立ち向かっていく方々に、私の経験をお伝えできればと思っています。
 誰にも頼れず、心の内側にずっと不安を抱えながらがんと闘うのはとてもつらいこと。なぜ私が……と思う気持ちと向き合って、そして不確かな情報に惑わされないように、私の体験がお役に立てれば幸いです。

本当に「2人に1人」は、がん?

花言葉は思いやり(写真:iStock)
花言葉は思いやり (写真:iStock)

【Note.01】

「2人に1人はがんに罹患する時代」とメディアは喧伝します。それは事実ですが、数字のからくりも、もちろん、あるわけです。

 その数字は現在の高齢化社会の縮図。たしかに60代を超えるとがん罹患率はぐんと上がるけれど、私のような40代でのがん罹患数は400人に1人(国立がん研究センター対策情報センター「がん登録・統計」参照)なのです。私の罹患した子宮頸がんの罹患数は40~44歳で3333人に1人(同)。結構大きな学校にも1人いないわけです。少なくとも私の世代ではがんを身近に感じている人はいません。

 かつての私もそうでした。家族の誰もがんになっていない、被爆者手帳を持っている89歳の祖母ですらぴんぴんしていました。

性交渉時の不正出血

半年に1度の検診は異常なし(写真:iStock)
半年に1度の検診は異常なし (写真:iStock)

 ただし、“予兆”はあったんです。

 40歳の終わりから、性交渉時の不正出血。量にすると、少ないときはベッドに3㎝ほどの血のシミができるくらい、多くなってくるとおよそ大さじ3(45ml)くらいでしょうか。

 その2年前にはグレープフルーツ大の子宮筋腫の摘出手術を受けていて、かつひどい切れ痔を抱えていたので人一倍「冷え」「痛み」「出血」には敏感。こまめに病院にも行っていました。

「性交渉時の出血は『子宮びらん』によるもの。子宮頸がん検査(細胞診)で異常も出ていないし、問題はありません。びらんはレーザーで焼くことができますが、焼いてもかさぶたが剥がれ、落ちればまた元に戻っていたちごっこになってしまいます。様子を見ましょう」

 子宮頸がん検診はクラスⅠ~Ⅴで診断され、Ⅲb以上を高度異形成と呼び、この先がんになる可能性のある「前がん状態」を疑われます。子宮頸がんは前がん状態で見つけられる数少ないがんなのです。そのうえで医師のお墨付きをもらうと、なんだか治ったような気がして、安心しきってしまいます。

 それでも、どんどんひどくなる生理痛に、不正出血。便座に座ると卵の白身のようなおりものがだらだら出てくる。そして、においもある。

 その後も子宮頸がん検診は、半年に1度受けていましたが、いずれも異常なし。私自身はこんなに異常を感じているのに……。

人一倍元気に働いている

ということは…?(写真:iStock)
ということは…? (写真:iStock)

 漢方、布ナプキン、よもぎ蒸しパット、生理食塩水による膣内洗浄、カンジダの薬も処方してもらいました。やれることはすべてやっていたはずなのに、ある時から排尿をするために便器に座ると血がしたたるようになったのです。

 切れ痔は手術済み。ということは……?

 そう、不正出血は性交渉時だけにとどまらず、日々の暮らしに侵食してきたのです。でも、生理痛以外はどこも痛くない。ジムにだって通っているし、人一倍元気に働いてもいました。

 でもでも、やっぱり、おかしい――。

 病院を訪れ、不正出血の話をし、内診をしてもらいます。

「異常は見られないけど、一応子宮頸がんの検査をしておきますね」

 安心するために受けたはずだった細胞診の、まさかの結果に、私の生活は一変していきます。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM