不倫で本気にならないためには? 不倫男性に学ぶ女性の心得

リタ・トーコ ライター
更新日:2019-06-21 06:00
投稿日:2019-06-21 06:00
 不倫中の女性にありがちなのが、「彼は本気なの?」と相手の気持ちを量ろうとしてしまうこと。でも、大前提として、不倫をしている以上は「浮気の中の本気」であることを忘れちゃダメ! 甘い逢瀬を重ねて引き返せなくなる前に、本気にならないための方法を頭に入れておきましょう。

不倫中は「本気」だとしても「浮気」

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 不倫相手から、「本気になった」「妻よりも愛している」、なんて言われてしまったら、つい信じてしまいたくなるのが女性。

 でも、そんな時には、ぜひ反芻してください!そもそも、どんなに「本気」だと言っていても、彼がしていることは間違いなく「浮気」であるということを。

不倫における「本気」とは? 男女での違い

女性の「本気」は1mmもブレない(写真:iStock)
女性の「本気」は1mmもブレない (写真:iStock)

 そうはいっても、男性が「本気になる」というケースは多々あります。ベッドで囁く「本気」の言葉は決して嘘ではありません。

 不倫とはいえ、好きな人ができるという喜び、誰かを愛するワクワク感は甘く幸せなものです。ただ、残念ながら、男性の「本気」は、「(その瞬間は)本気」という、とても刹那的な感情で発した言葉。

 でも、女性は本気になったらどこまでも先を見ます。この先起こるかもしれない別れを考えて落ち込んだり、将来2人でいる姿をどんどん想像します。「本気」は1mmもブレない「本気」。もうこれは、仕方がないこと。それが女性の、いじらしくも不器用なところなのですが。

不倫男性に学ぶ! 不倫で本気にならないための女性の心得

不倫の恋に縛られすぎてない?(写真:iStock)
不倫の恋に縛られすぎてない? (写真:iStock)

 男女の違いを見ると分かるように、不倫において「本気かどうか」を確認することは、とてもナンセンス! じゃあ、どうすれば良いのか?それは、男性が自己陶酔に浸ってしまうほどの「本気」を、女性側も真似してみれば良いと思うんです。

息抜きをできる場所を持つ

 好きな人と付き合い、「誰かのもの」になれるって、少し良い気分になれますよね。(「誰のものでもない」という本質は、一旦置いておいて)

 しかし、不倫の場合は別。女性は不倫相手に縛られるべきではありません。スケジュールの全てを伝えて次に会える日を待ち望んで生きる、これをするから見えない糸で縛られて息苦しくなり、どんどんハマっていくんです。

 個人的には秘密を持つのがオススメ! 不倫男性にとってのあなたのように、息抜きができる場所を作ること。友達以上恋人未満でも良いですし、第二の男性でも良いでしょう。一歩引いた目で見続けることができますし、もしも、不倫相手と別れた時に寂しくありませんから。要は、万が一の時のための「保険」ですね。

 でも、不倫とはいえ、男性は女性を「自分のもの」だと思っています。自分のことは棚に上げて、嫉妬をする人も多くいますから。とにかく、やるからには上手な嘘をついてください。

自分のリズムを崩さない

 不倫中の女性が陥りがちなのが、いつでも不倫相手を最優先に考えて行動してしまうこと。なにかと忙しい不倫男性の「会いたい」の一言で、仕事やプライベートをおろそかにして会いに行った経験がある女性は多いでしょう?

 でも、これは相手にとって「都合が良い女性」になってしまうばかりか、自分自身を余計にドツボへと向かわせる行動でもあると思うんです。

 自分のリズムはしっかりと確保した上で、余力で会いに行く。そのくらいが絶対良い!って、これがまた難しいのですが。とにかく、自制しましょう。

先のことを考えない

 1人の女性だけを愛して添い遂げることができない。だけど、手放す勇気も意志もない。それが、不倫男性の本質。

 だからこそ、不倫男性は「今」しか見ないのです。そして、自分にとって不都合が生じたら、すぐに別れを切り出す冷たさを持ち合わせています。中には、女性が別れたくなるように仕向けるツワモノもいます。そう、不毛なのが不倫。

 だからあなたも、先のことを考えるのはやめましょう。「いつかの話」をしてしまいそうになったらぐっと堪えて、楽しいことだけに目を向ければ良いんです。

 不倫は世間的にも「してはいけない」こと。男性だけではなく、もちろん、あなたも同罪。メリットを求めること自体間違っていますが、それでも敢えて言うなら不倫で得られるものは「経験」です。良いことも悪いことも、必ず糧になりますから。

不倫の「本気」の形は1つだけ! レアケースはある

分かり合えないから…(写真:iStock)
分かり合えないから… (写真:iStock)

 恋愛の良いとこ取り。それが「不倫」です。普通の恋愛の果てに発生する「責任」が欠如しているからこそ、楽しいものなんです。

 不倫の場合、本当の「本気」の形は1つだけ。相手と生涯を共にしたいと「離婚」を考えて行動することでしか証明することができません。でも、そんなのはかなりレアケースだと断言しても良いでしょう。

 でも、私は本当の「本気」の不倫を見たことがあります。男友達の話ですが、不倫相手に本気になり、思い余ってパートナーと離婚しました。男性は彼女を好きだからこそ、実現できるか分からない「離婚する」の発言を1度もせずに。

 全てが終わった後に彼女に打ち明けたら、「望んでなかったのに」と笑っていたそう。しばらく関係は続きましたが、数年後にその女性に振られ、今は独り身です。保険をかけずに動いた男性に拍手を送りたい。(笑)

 分かり合えないから惹かれて埋め合う。それが男女ではあるものの、相手の気持ちが透けて見えたら楽なのに……なんて、豊かなセンチメンタル気分に浸れるのも、不倫のメリットかも?と、思う今日この頃です。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


マッチングアプリで選ぶべき男性は? ポイント3つを押さえる
 感染症が拡大すると増えるのが、マッチングアプリをする女性たち。婚活イベントが中止になったり、規模が縮小され、出会いの機...
内藤みか 2022-08-11 06:00 ラブ
【苦痛】夫婦喧嘩、マジ疲れた…意外な原因を知っていますか
 大好きな人との結婚生活とはいえ、時には喧嘩をしてしまうこともあるでしょう。しかし、夫婦喧嘩が増えていくにつれて関係が悪...
恋バナ調査隊 2022-08-11 06:00 ラブ
私のことまだ好き? 彼氏との温度差を感じちゃった時の対処法
「尽くしていても、相手からは気持ちが感じられない……」  交際中、自分とパートナーとの間に気持ちの温度差を感じると不安...
若林杏樹 2022-08-10 06:00 ラブ
「この人はATM」夫が大嫌いでも絶対に離婚しない妻の本音
 まったく家事をする気がない、何歳になってもマザコン……。結婚生活を経て「年々夫を嫌いになっていく」なんて人もいるでしょ...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
彼氏の体臭がきつい(涙)傷つかない3つの対処法を考えた
 40代の同世代カップルに多い悩みが「彼氏の体臭がきつい」というもの。理由は、40代を過ぎた男性は、特に加齢臭も強くなり...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
ハロワで不採用続出!子育て真っ最中・転勤族妻の働き方事情
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
少女漫画さながら“胸キュン”シチュエーションで心に栄養を!
 恋愛では「シチュエーション」って大切ですよね。告白シーンなんかも、どんなシチュエーションかによって成功率が変わってくる...
恋バナ調査隊 2022-08-09 06:00 ラブ
おもちゃを使いたくて…彼氏へのプレゼントで失敗しちまった
 誕生日や記念日には、プレゼントで彼氏を喜ばせようと考える人が多いですよね。しかし彼の気持ちを汲み取ることができないと、...
恋バナ調査隊 2022-08-08 18:22 ラブ
男性が思わず周囲に紹介したくなる女性の特徴~行動&外見編
 長くお付き合いをしているのに、彼がなかなか友達や家族に紹介してくれなかったら、なんだか不安になってしまいますよね。男性...
恋バナ調査隊 2022-08-08 06:00 ラブ
“在宅ワーク+歯医者”の謎解き 不倫発覚妻のボロ出たLINE3選
 不倫をしている女性って「絶対にバレない」という謎の自信がある人が多いようです。でも、そう思っていたのに、些細なLINE...
恋バナ調査隊 2022-08-07 06:00 ラブ
愛情表現or独占欲? “やたらとキス魔な男性”特徴5つと対処法
 大好きな男性からキスをされると嬉しいもの。でも、場所や状況を考えずに何度もキスをされると、さすがに嫌気がさしてしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-08-07 06:00 ラブ
浮気を見破るプロが分析!“絶対に浮気しない”男たちの共通点
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。男女の問題はさまざまですが、一番胸を痛めてしまうのは「浮気」かもしれません。...
山崎世美子 2022-08-06 06:00 ラブ
「喧嘩より100倍マシ」恋人に何でも確認するバツ1男性の理屈
「冷酷と激情のあいだvol.102〜女性編〜」では、恋人のコウジさん(仮名・39歳)がなんでも自分に質問をしてからでなけ...
並木まき 2022-08-06 06:00 ラブ
「今日はする?」夜の生活も指示待ちする恋人に面食らう女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-06 06:00 ラブ
男を見る目ない自分にイラッ! 無神経な彼氏に冷めたエピ3選
 今回は、女性の「無神経な彼氏に冷めたエピソード」をご紹介します。あなたも、付き合ったあとに「そんな人だったの……?」と...
恋バナ調査隊 2022-08-06 06:00 ラブ
初めての女が激白!息子のカテキョは“童貞大学生”でした #1
 オスカー・ワイルドの喜劇「つまらぬ女」に次のような格言がある。 「男はいつも最初の男になりたがり、女は最後の女に...
蒼井凜花 2022-08-05 06:00 ラブ