“愛人顔”と呼ばれる女の顔の特徴…派手なワケじゃないのに

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-04-05 02:13
投稿日:2019-03-08 06:00

メイクの色使いや古臭さ、仕上げが理由?

メイク一つで印象が変わる(写真:iStock)
メイク一つで印象が変わる (写真:iStock)

「あの子って、愛人っぽい」「ちょっと押せば浮気相手になってくれそうだ」など、その人が醸し出す雰囲気によって“愛人顔”と勝手に評される女性もいます。

 筋金入りの愛人として生きていく覚悟を決めた女性以外は、初対面や付き合いが浅い段階での印象で「愛人顔だよね」なんて思われるのは、避けたいと思うのも女心ではないでしょうか。

 しかしながら、世間には、まわりの勝手な推測で「愛人顔」と言われる人もいるのが実情。そこで、そんな顔の特徴に迫ってまいります。

1:メイクの色使いが少なく、悪い意味ですっぴん見え

「愛人」と聞くと、瞬時に派手めな顔立ちをイメージする人も、少なくないかもしれません。

 しかし、実際に「愛人っぽい」と評される女性の中には、メイクの色使いが少なく、悪い意味ですっぴん見えする人も多い傾向です。

 こういった顔からは“愛人”や“浮気相手”特有の「日陰な雰囲気」「疲れた雰囲気」を連想させることが、愛人顔に見えやすい理由であるのも否めません。

2:手をかけているが古臭いメイク

 手をかけているのはわかっても、その仕上がりが古臭い印象を与える顔も「愛人っぽい顔」と表現される場合が少なくありません。

 メイクに手間をかけているところはなんら問題はないはずですが、“古臭い”のあたりに特定の男と長く交際を続けている背景が連想されやすく、さらに“古いメイク”からはうんと年上な男が背後にいる様子も推測しやすいことから、それらのイメージが相乗的に「愛人顔」と思わせるリスクを高めるのではないでしょうか。

3:しっかりメイクできつめの仕上げ

 ベースメイクから目もとまで、しっかりめにメイクをし、さらにその仕上げが“きつめ”になっている女性も「愛人顔」と言われやすい面は否めません。

 このところは、ふわっとしたナチュラルメイクがリアルトレンドとして幅をきかせているなか、“ばっちりフルメイク”は、それだけでも男に媚びているイメージやどこか浮世離れした印象を強める傾向にも。

 さらには、細めの眉や目尻が際立ったアイラインによって「きつい顔」となると、嫉妬や不安などに満ちた壮絶な毎日を送っている雰囲気も際立ちます。

 なにかと常に戦っている顔にも見えやすく、おっとりしたイメージが薄いことも「愛人顔だね」などと言われやすい理由かもしれません。

よからぬ男が寄ってくるリスクも…

まともな男が寄ってこない?(写真:iStock)
まともな男が寄ってこない? (写真:iStock)

 人の生き様は、顔に出るとも言われます。

 顔の印象によって「あの人って愛人っぽい」なんて噂になれば、よからぬ男が寄ってくるリスクも上がれば、まともな男が寄ってこないことにもなりかねません。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM