“愛人顔”と呼ばれる女の顔の特徴…派手なワケじゃないのに

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-08-29 06:04
投稿日:2019-03-08 06:00

メイクの色使いや古臭さ、仕上げが理由?

メイク一つで印象が変わる(写真:iStock)
メイク一つで印象が変わる (写真:iStock)

「あの子って、愛人っぽい」「ちょっと押せば浮気相手になってくれそうだ」など、その人が醸し出す雰囲気によって“愛人顔”と勝手に評される女性もいます。

 筋金入りの愛人として生きていく覚悟を決めた女性以外は、初対面や付き合いが浅い段階での印象で「愛人顔だよね」なんて思われるのは、避けたいと思うのも女心ではないでしょうか。

 しかしながら、世間には、まわりの勝手な推測で「愛人顔」と言われる人もいるのが実情。そこで、そんな顔の特徴に迫ってまいります。

1:メイクの色使いが少なく、悪い意味ですっぴん見え

「愛人」と聞くと、瞬時に派手めな顔立ちをイメージする人も、少なくないかもしれません。

 しかし、実際に「愛人っぽい」と評される女性の中には、メイクの色使いが少なく、悪い意味ですっぴん見えする人も多い傾向です。

 こういった顔からは“愛人”や“浮気相手”特有の「日陰な雰囲気」「疲れた雰囲気」を連想させることが、愛人顔に見えやすい理由であるのも否めません。

2:手をかけているが古臭いメイク

 手をかけているのはわかっても、その仕上がりが古臭い印象を与える顔も「愛人っぽい顔」と表現される場合が少なくありません。

 メイクに手間をかけているところはなんら問題はないはずですが、“古臭い”のあたりに特定の男と長く交際を続けている背景が連想されやすく、さらに“古いメイク”からはうんと年上な男が背後にいる様子も推測しやすいことから、それらのイメージが相乗的に「愛人顔」と思わせるリスクを高めるのではないでしょうか。

3:しっかりメイクできつめの仕上げ

 ベースメイクから目もとまで、しっかりめにメイクをし、さらにその仕上げが“きつめ”になっている女性も「愛人顔」と言われやすい面は否めません。

 このところは、ふわっとしたナチュラルメイクがリアルトレンドとして幅をきかせているなか、“ばっちりフルメイク”は、それだけでも男に媚びているイメージやどこか浮世離れした印象を強める傾向にも。

 さらには、細めの眉や目尻が際立ったアイラインによって「きつい顔」となると、嫉妬や不安などに満ちた壮絶な毎日を送っている雰囲気も際立ちます。

 なにかと常に戦っている顔にも見えやすく、おっとりしたイメージが薄いことも「愛人顔だね」などと言われやすい理由かもしれません。

よからぬ男が寄ってくるリスクも…

まともな男が寄ってこない?(写真:iStock)
まともな男が寄ってこない? (写真:iStock)

 人の生き様は、顔に出るとも言われます。

 顔の印象によって「あの人って愛人っぽい」なんて噂になれば、よからぬ男が寄ってくるリスクも上がれば、まともな男が寄ってこないことにもなりかねません。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


【涙活】即実践!ガッツリ泣いた後に目が腫れないテク5つ
 失恋したり、感動するドラマを見たりして大泣き……そんな日もありますよね。とはいえ、翌朝鏡を見たら、目がパンパンに腫れて...
40代が似合う「くすみを隠すメイク」ファンデに頼りすぎない
 40代になると目立ってくる「くすみ」。隠そうとして厚塗りにすると崩れるし、薄くつけても全然隠れない……。そんな悩みを抱...
マスクにメイクが付いちゃった! ぶっちゃけ変える頻度は?
 コロナ禍ではじまったマスク生活。女性にとっての一番の悩みは、メイクの汚れが付いてしまうことではないでしょうか。マスクを...
メイクアイテムの正しい使用期限、知ってる? 目元は要注意
 メイクポーチの中を定期的に掃除していますか? よく見ると、中には使用期限を過ぎている古いアイテムが入っている人も……。...
朝だけじゃダメ! 日焼け止めをメイクの上から塗り直す方法
 日焼け止めはこまめな塗り直しをすることではじめて、十分な効果を得られます。でも、メイクをしてしまったら「どうやってメイ...
おフェロ度UP「モーヴ色」メイクで40代の大人可愛いを実現!
 今、大注目の「モーヴ色」を使ったメイク。もう試しましたか? モーヴ色は、使う人を選ばない色として人気ですが、加えて40...
【0円で復活】ディオールの口紅が折れた!2022.6.30(木)
 ポッキーン。ゲットして間もないディオールの口紅が、折れてしまいました。ショック過ぎる……。  このままポイする選...
「おばさん体型」疑惑!特徴は?スリムな40代に近づく対処法
 40代を超えたあたりから、体がだんだんと「おばさん体型」になってきていると感じたことはありませんか? 今回は、おばさん...
「夏の涼しいコーデ4選」見た目&着心地グーな楽ちんスタイル
 暑い夏でも、涼しいコーデをして軽やかに過ごしたいと思いませんか? でも、単純に肌の露出を増やすのは、体型に自信がない人...
「白髪染め」失敗した! 楽しみながら戻すにはどうする?
 染めても繰り返し生えてくる白髪に、白髪染めを使っている人は多いですよね。でも、真っ黒になりすぎてしまったり、明るくした...
人に言えない「尿漏れ」問題 大きな声で笑ったら“じゅん”!
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「夏の汗対策」汗っかきさんは“冷却ポイント5つ”を覚えて!
 暑い夏、汗による悩みは尽きませんよね。メイク崩れやニオイ、汗染みなど、困っている人も多いはず。そこで今回は、悩み別に4...
「オフィスカジュアル」でデニム着用 アリorナシ線引きは?
 近年、働き方の幅が広がり「オフィスカジュアルOK」の会社も増えてきていますよね。そこで毎回のように議論になるのが「デニ...
痛くないよね?40代でも「背中開きトップス」が着たいんです
 ヘルシーで涼しげなムードが魅力的な、背中開きトップス。夏のコーデに取り入れたい気持ちがある反面「大人の女性が着るのは痛...
【基本のスキンケア】物価高でケチる前に0円で見直せること
 物価高が家計に重くのしかかってきていて、日々の美容ではなるべく節約したい人も増えているよう。一方、梅雨になると「肌の調...