“愛人顔”と呼ばれる女の顔の特徴…派手なワケじゃないのに

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-08-29 06:04
投稿日:2019-03-08 06:00

メイクの色使いや古臭さ、仕上げが理由?

メイク一つで印象が変わる(写真:iStock)
メイク一つで印象が変わる (写真:iStock)

「あの子って、愛人っぽい」「ちょっと押せば浮気相手になってくれそうだ」など、その人が醸し出す雰囲気によって“愛人顔”と勝手に評される女性もいます。

 筋金入りの愛人として生きていく覚悟を決めた女性以外は、初対面や付き合いが浅い段階での印象で「愛人顔だよね」なんて思われるのは、避けたいと思うのも女心ではないでしょうか。

 しかしながら、世間には、まわりの勝手な推測で「愛人顔」と言われる人もいるのが実情。そこで、そんな顔の特徴に迫ってまいります。

1:メイクの色使いが少なく、悪い意味ですっぴん見え

「愛人」と聞くと、瞬時に派手めな顔立ちをイメージする人も、少なくないかもしれません。

 しかし、実際に「愛人っぽい」と評される女性の中には、メイクの色使いが少なく、悪い意味ですっぴん見えする人も多い傾向です。

 こういった顔からは“愛人”や“浮気相手”特有の「日陰な雰囲気」「疲れた雰囲気」を連想させることが、愛人顔に見えやすい理由であるのも否めません。

2:手をかけているが古臭いメイク

 手をかけているのはわかっても、その仕上がりが古臭い印象を与える顔も「愛人っぽい顔」と表現される場合が少なくありません。

 メイクに手間をかけているところはなんら問題はないはずですが、“古臭い”のあたりに特定の男と長く交際を続けている背景が連想されやすく、さらに“古いメイク”からはうんと年上な男が背後にいる様子も推測しやすいことから、それらのイメージが相乗的に「愛人顔」と思わせるリスクを高めるのではないでしょうか。

3:しっかりメイクできつめの仕上げ

 ベースメイクから目もとまで、しっかりめにメイクをし、さらにその仕上げが“きつめ”になっている女性も「愛人顔」と言われやすい面は否めません。

 このところは、ふわっとしたナチュラルメイクがリアルトレンドとして幅をきかせているなか、“ばっちりフルメイク”は、それだけでも男に媚びているイメージやどこか浮世離れした印象を強める傾向にも。

 さらには、細めの眉や目尻が際立ったアイラインによって「きつい顔」となると、嫉妬や不安などに満ちた壮絶な毎日を送っている雰囲気も際立ちます。

 なにかと常に戦っている顔にも見えやすく、おっとりしたイメージが薄いことも「愛人顔だね」などと言われやすい理由かもしれません。

よからぬ男が寄ってくるリスクも…

まともな男が寄ってこない?(写真:iStock)
まともな男が寄ってこない? (写真:iStock)

 人の生き様は、顔に出るとも言われます。

 顔の印象によって「あの人って愛人っぽい」なんて噂になれば、よからぬ男が寄ってくるリスクも上がれば、まともな男が寄ってこないことにもなりかねません。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


二枚爪コンプレックスに“補強&やすり”投入!2022.12.3(土)
 これから本格的に乾燥が気になる季節がやってきます。冬が誕生日の筆者は手がカサカサになりやすいタイプで、それを見かねた友...
超怖~い「40代の運動不足」老後のために今日からできること
 30代までは元気に過ごしていたけれど、40代になってから運動不足が顕著で、体力が激しく低下したと感じる人は多いですよね...
「NMN」配合化粧品で“若返り肌”も夢じゃない?【医師監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
篠原涼子完全プロデュース「ペルルセボン」は匂いがキツっ!
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
ノーパン生活の実態! 解放感と掃除面倒を天秤にかけたら…
 芸能人でも、ノーパン生活を公言している人は多いですよね。気が楽そうな気はしますが、やはり防犯面では心配なことも……。果...
まずは真似っこから! 綺麗な人が実践する8つの“ゼロ円”習慣
 年齢問わず、「綺麗だな」と思う女性に出会うと、「私も、あんなふうになりたいなぁ」と思うもの。けれど、実際に何をすればそ...
白髪が多く老け見え!これ以上増やしたくない【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!アラフォー女性の“残念アイライン”を画像で解説
 毎日のアイライン、どんな感じでメイクしていますか?  年齢を重ねていくと目元にしわが増えたり、たるんできたりもあ...
「食べても太れない」やせ型な人だけが分かる“あるある”7つ
 世の中には、太りやすい体質の人がいる中でいくら食べても太らない「やせ型」の人もいます。でも、さまざまなダイエット方法は...
腹巻きも愛用して♡「40代の温活」取り入れたい食事&グッズ
「冷えは万病のもと」といいますが、実際に体が冷えるといろいろと悪影響が現れます。免疫力も下がるので、風邪をひきやすくなっ...
「よもぎ温座パット」で心も体も温めよ♡ 2022.11.19(土)
 いつの間にやら、11月も半ばを過ぎ秋が深まってきました。冬に近づくにつれ、つらくなってくるのが、手足の冷え。「血、通っ...
古い下着は運気が下がる?「着用期限3年、処分時に感謝」を
 皆さんは、同じ下着を何年くらい使いますか? 半年で替える人もいれば、3年以上使っている人もいますよね。実は、風水では古...
数年後の自分のために…“美容モチベーション”を上げる5カ条
 美容に関して、モチベーションが高い女性は同性から見ても素敵に映りますよね。「私も、あんな女性になりたい」なんて気持ちは...
化粧ノリの悪さは便秘!?お通じ改善に「進化系オートミール」
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!残念なアラフォーリップメイクを画像で解説
 メイクは、リップの色や種類によってかなり顔の印象を変えてしまうもの。マットやティント、ツヤなど多くの種類があり、それぞ...
育児中の体の不調 のどの違和感と帯状疱疹 2022.11.15(火)
 妊娠と出産。そして、その先に待つ子育て――。ひとりの人間を育てるのはとても尊い行為だと思いますが、同時にハードで孤独な...