自分の恋を振り返り…また一歩成長できる胸ズンなエモい邦画

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2019-11-01 06:00
投稿日:2019-11-01 06:00
秋は映画の季節(写真:iStock)
秋は映画の季節 (写真:iStock)

 急激に秋も深まり、涼しい日が続くようになってきました。今年は台風も多く、週末の予定が定まらず家で暇してしまうことが多い人も多かったでしょうか。しかし、不安定な季節だからこそ、秋は映画の季節なのです。

 アクション映画でスリルも味わうのもいいけれど、一人で見るならちゃんと見る意義を感じることができる映画がいいですよね。ということで、今回はサブカルライターが送る、一人で見たら自分も色々考え直してみちゃうこと間違いナシのおすすめ「エモい恋愛映画」3選!

ヒモなバンドマン彼氏との共依存恋愛「南瓜とマヨネーズ」

ミュージシャン志望の恋人を支える女性が主人公(写真:iStock)
ミュージシャン志望の恋人を支える女性が主人公 (写真:iStock)

 臼田あさ美主演の映画「南瓜とマヨネーズ」は、同棲中の恋人の夢を応援するためにキャバクラで働く女性が主人公。

 ぼんやりと過ごしてしまう日常の中で、恋人との時間だけが主人公の特別な時間。彼がミュージシャンになる日まで、彼のためにお金を稼ぐ主人公は、とうとうキャバクラの客と愛人関係になってしまいます。

 大好きな人のためなら何でもできる、主人公のそんな強く重たい気持ちは、恋人との関係を壊していきます。恋人に依存してしまいがちな女性には刺さるものがあるはずです。

 愛が強すぎて、恋愛が上手くいかなかった経験がある人なら、自省のきっかけにもなるはず。

春に見逃した人は…目黒シネマで上映中「愛がなんだ」

友達以上恋人未満な関係にハマる(写真:iStock)
友達以上恋人未満な関係にハマる (写真:iStock)

 平成最後の春、ミニシアターでの限定上映から始まって、人気を博し全国ロードショーまで上り詰めた映画「愛がなんだ」。主人公(岸井ゆきの)の恋するマモちゃん(成田凌)とのエモすぎる友達以上恋人未満な仕草にはネットも騒然としました。

「愛がなんだ」はまだDVD化されていませんが、現在、東京・目黒シネマにて追加上映を行っています。春に見逃してしまった人は、スクリーンで「愛がなんだ」を鑑賞するチャンスですよ!

 主人公は、恋するマモちゃんのためなら何でもできます。マモちゃんの予定に合わせて仕事も放り出すし、マモちゃんが他の人のことが好きでも全くお構いなし。

 大好きな人に振り向いてもらえず、その失恋から立ち直れない人に見て欲しい映画。どれだけ報われなくても、「自分の恋愛」を貫き通す主人公の姿には、何か感じ入るものがあるかも。

 主人公を取り巻く人間関係の中には、「好きな相手に一途な人」や「一途に思ってくれる人のことをぞんざいに扱う人」も登場します。登場人物たちの気持ちを追いかける中で、あなたの失恋相手がなぜあなたを受け入れてくれなかったのかも見えてくるはずです。

まだまだ自分も頑張れる! 勇気をくれる「百円の恋」

自堕落な生活を送っていた主人公が…(写真:iStock)
自堕落な生活を送っていた主人公が… (写真:iStock)

百円の恋」は、“自分なんてダメダメだ〜”とよく考えてしまう、自己肯定感の低い人に見て欲しい映画。

 安藤サクラ演じる主人公は学歴なし、カネなし、人生で一度も彼氏なしの三重苦な女性。30歳を過ぎてからやっと実家を出て働き始めたコンビニで、さまざまな問題を抱える人々と、初めての「好きな人」に出会います。

 結局、主人公は好きな人にすぐに見捨てられてしまうのですが、そこから「自分を変える」ことを決意。みるみるカラダを絞っていく姿に胸打たれます。

「百円の恋」に出てくる人々は、お金もなく仕事や夢も上手くいかない、「底辺」な人々ばかり。そんな彼女たちが這い上がる姿は、生活や日常の「変化」を恐れてしまう人の心に刺さるはず。

 恋愛、仕事、将来……。不安はあるのに何も行動できない、自分なんかじゃ無理だ、と諦めてしまいがちな人に見て欲しいサクセスストーリーです。

邦画で胸キュン&胸ズン……!

自分の恋愛と重なるところも(写真:iStock)
自分の恋愛と重なるところも (写真:iStock)

 邦画は洋画に比べて規模感が小さく感じるかもしれませんが、日常感や共感性を感じやすいのがメリットです。一人で映画鑑賞して何かを考えたいなら、大人の女性主人公の邦画が一番自分と重ねやすいはず。

「自分が主人公ならどうしただろう?」「ああ、だから私もあの時上手くいかなかったのか」

 日常的な恋愛邦画のストーリーからは、登場人物の気持ちが連想しやすいものです。クリスマス前に恋愛映画を見て、自分のダメだったところを自省してみては? 次の恋を始める時に、あの映画のあのセリフが生きてくるかもしれませんよ。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 マッチアップ編集長伊藤です!  女性からの恋愛相談や恋バナでよく話題に上がるのが「付き合う前に彼に体を求められた...
伊藤早紀 2020-02-27 06:00 ラブ
FILM
 公園や街中で、パパとママが子どもを連れている光景は、微笑ましいですよね。そのファミリーが放つ幸せオーラに、ついつい目尻...
田中絵音 2020-02-26 06:00 ラブ
FILM
 彼氏とのデートは、本来楽しいもの。しかし、何らかの原因で気まずい空気になってしまうこともあります。そんな時、どう対応し...
恋バナ調査隊 2020-02-26 06:00 ラブ
FILM
 妻の鬼嫁っぷりに頭を抱える夫の中には「なんとかして、鬼になるのを、やめてもらえないだろうか……」と試行錯誤する人もいる...
並木まき 2020-02-26 06:00 ラブ
FILM
 お付き合いをする上で「癒し」ってとても大切なものでしょう。でも、あなたがもしも彼氏に「癒しを与えてあげられるかな?」と...
孔井嘉乃 2020-02-25 06:00 ラブ
FILM
「モラハラ」は精神的な暴力とも言われ、長い間モラハラを受け続けると心に深い傷ができてしまいます。一人で我慢しすぎると「強...
恋バナ調査隊 2020-02-25 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性との仲を深めたいなら、手っ取り早く2人きりでデートするのが◎。とはいえ、女性から男性をデートに誘うって、な...
リタ・トーコ 2020-02-24 15:01 ラブ
FILM
 私は3年半、彼女がいる方と付き合っていました。  同じ職場の人で、彼女も同じ会社でした。3年半のうち約1年は一緒...
神崎メリ 2020-02-23 11:30 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる女性でも、ふとした瞬間に「かわいげ」が、垣間見えることもあるみたいです。  魑魅魍魎(ちみもうりょう)...
並木まき 2020-02-23 06:00 ラブ
FILM
 どんなに理想的な相手と出会い、交際できたとしても、別れるという結果を迎えてしまうことがあります。付き合ってみなければ分...
恋バナ調査隊 2020-02-23 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。昨年11月に離婚が報じられたタレントのSHELLYさん(35)が、バラエティ...
山崎世美子 2020-02-22 06:00 ラブ
FILM
「ハックシュン! ズビズビ、ぶしゅ!」  2月の頭ごろから眠気や日差しとともにやってくる悩みのタネ……それは「花粉症」...
七海 2020-02-21 06:00 ラブ
FILM
 結婚相談所というと、「モテない人のいくところ」と思っている人もいるでしょう。そんなイメージから、興味があっても利用でき...
恋バナ調査隊 2020-02-21 06:00 ラブ
FILM
 不倫はなるべくなら避けたいもの。  でも、好きな男性ができ、男性も自分に想いを寄せているのであれば、燃え上がる恋...
うかみ綾乃 2020-02-21 06:00 ラブ
FILM
 最近の婚活パーティーは細分化され「バツイチ同士」が集まるものもあれば、「マンガ好き」同士が集まるもの、それから「ぽっち...
内藤みか 2020-02-20 06:00 ラブ
FILM
 好きな人と付き合った当初は別れなんて想像することもないでしょう。しかし、どんなに気の合うカップルも、別れが訪れることが...
恋バナ調査隊 2020-02-20 06:00 ラブ