小栗旬主演「人間失格」が描くデカダンスと女優3人の“艶技”

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2019-09-08 06:28
投稿日:2019-09-08 06:00
 甘美な欲望に貪欲かつ忠実なオトナ女子にオススメの作品を毎回紹介しています!

大盛況のマスコミ向け試写会

(C)2019「人間失格」製作委員会
(C)2019「人間失格」製作委員会

 38歳で早逝した天才作家、太宰治を俳優の小栗旬が演じている映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」。劇場公開前に行われたマスコミ向け試写会は大反響で、予約しないと入れないほどの大行列でした。

 筆者は本作の出演キャストを取材するため席をリザーブしましたが、それでも映画館へは入れず。結局、会議室のパイプ椅子に座って大画面テレビで見ました。ライター歴16年目ですが、試写会で映画館外まで人が並んでいるのは初めて見ました。

 公開前からなぜ、マスコミがこぞって関心を持ったのか。本作でメガホンを執った蜷川実花監督は、映画「さくらん」(07)や「ヘルタースケルター」(12)で、エロティックなシーンをゴージャスに美しく表現しました。

妖艶な蜷川ワールド

 個人的な意見ですが、タイトルにもある太宰を取り巻く「3人の女たち」が、蜷川監督の手によってどこまで“艶技”を魅せるのかを確認したかったのではないでしょうか。

 物語の軸は、文学史上最大のベストセラーである太宰の小説「人間失格」が誕生するまでの晩年1年半。彼自身の人生を象徴する言葉ともいわれている「恥の多い生涯を送ってきました」を本文内にしたためているように、映画内の太宰も生き方がデカダンス(退廃的な生活態度)!

 太宰の小説「ヴィヨンの妻」のモデルとされる正妻・津島美知子(宮沢りえ)という存在がありながら、太宰の小説「斜陽」のモデルとされる愛人で弟子の太田静子(沢尻エリカ)との間にできた子どもを認知。その後も“最後の愛人”、山崎富栄(二階堂ふみ)ともねんごろになります。

 途中、肺結核が悪化して喀血しても毎晩大酒をくらい、女性を求める。デカダンスの真骨頂的な生き方を貫くのです。

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM