老後のための貯金にこだわらなくて良い理由!今を優先してOK

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-11-13 06:00
投稿日:2019-11-13 06:00
 老後のために、貯金をしようと思っている人は多いでしょう。しかし、老後の貯金にばかり拘って、今を見失うのは本末転倒ではないですか?なぜなら、高齢者になってからの100万円と30代の100万円では、使い方が大きく変わるからです。そこで、どのように老後のお金を向き合えばいいのかをチェックしてみましょう。

老後のための貯金にこだわらなくていい3つの理由

老後の備えは必要だけど…(写真:iStock)
老後の備えは必要だけど… (写真:iStock)

 ネットや本を見ると、びっくりするような金額をできるだけ早く貯めることが推薦されています。生きているだけで税金や毎月の出費があるのに「老後の貯金まで考える余裕はない」と思うのは、多くの人が感じること。焦る必要はないのです。むしろ、介護士をしていた筆者は老後の貯金にこだわる必要すらないと感じています。その理由を紹介しましょう。

1. 現金以外の財産も増えているから

 老後の蓄えというと現金のイメージが強いですよね。でも、たとえばマイホームなど、現金に換算することができる財産もあります。さらに、親の財産を受け継いだり、子どもが自立したことによってかかっていたお金が浮く場合もあるでしょう。マイカーも高齢者になったら必要がなくなるかもしれません。さまざまな財産は高齢になるにつれて、意外にも増えていくのです。

2. 医療や制度が大きく変わる可能性も

 現在は、介護保険制度や年金制度があります。しかし将来は、この制度自体が大きく変わる可能性もあるでしょう。マイナスなイメージばかりが先行してしまうかもしれませんが、介護に関するAIの普及でコストがもっと減っているかもしれないのです。

 今は高齢化社会ですから、格安で利用できる老人ホームの場合には待機する必要があるかもしれません。しかし、20年後にはまた状況が変わっているでしょう。現状でも介護状態になった時の手厚いサポートは増えていますが、医療面から見ても将来はもっとコストがかからない治療法が確立しているかもしれません。

3. 健康保険や生命保険もある

 すべての病気や入院費を現金で対応する必要はありません。若いうちに加入しておけば60歳までに生命保険を払い込んでいますよね。後期高齢者医療制度もありますし、年間10万を越すと医療費控除も使えます。ちなみに、紙おむつ代も医療費控除の対応商品。必要以上に、医療費や介護費に怯える心配はないのです。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 ひどい二日酔いの朝、グロッキーな中で「もう二度と飲まない!」と決意した経験がある方は多いはず。でも、そんな人に限って、...
FILM
 冷え込む日が増えて「冬がきた」と実感する日も多くなりましたね。芯から冷えた身体は、女性の大敵。日頃からしっかり温活をケ...
FILM
 もうすぐ楽しいクリスマス。  大好きなあの人に、気の利いたクリスマスプレゼントを考え中なら!  リンリンリ...
FILM
 女子の友人関係は環境で変わります。いえ、男女関わらず、環境によって友人は変わっていくものです。  例えば結婚する...
FILM
 介護施設について、「介護のプロが集まっているから大丈夫」と考えてもらえることは、私たち介護士にとってすごく嬉しいことで...
FILM
 私は42歳で子宮頸部腺がんステージ1Bを宣告された未婚女性、がんサバイバー2年生です(進級しました!)。がん告知はひと...
FILM
 親戚のおじさんから、たまたま電車で隣に座ったおじさん、職場にいる上司がおじさん、etc……。身の回りには数えきれないほ...
FILM
 付き合った当初はラブラブだったのに、気づくとあまり会えてなかったり、返信がそっけなかったり……。恋人との関係の継続って...
FILM
 きょうは、とっても立派なにゃんたまω!!! あっぱれ!  多くのにゃんたまωを撮影していても、このサイズのにゃん...
FILM
 日本は不妊治療の件数は世界一なのに、体外受精で赤ちゃんが産まれる確率は最下位。そんな状況を変えるために、ミレニアル世代...
FILM
 節約する際、自分の金銭の使い道を見直すことってありますよね。その度、「なんで買ったんだろう」と思う不可解な買い物を後悔...
FILM
 今年のクリスマス、あなたはどう過ごされますか? とあるネットリサーチ会社の統計では、近年ではクリスマスの過ごし方の定番...
FILM
 長男が0歳の時、地域の保育園の空き状況の問題もあって保育園の入所を決意した時、「そんなに早く入れる必要はない」とか「保...
FILM
 にゃんたマニアのみなさまこんにちは。  きょうは静かな港町で出逢った、哀愁の見返りにゃんたまωにロックオン。 ...
FILM
 かわいい我が子を初めて抱いた時、「この子は何がなんでも守る」と決意したママがほとんどでしょう。夜泣きでつらい夜も、料理...
FILM
 近年続く猛暑により、「熱中症にならないように」というリスク管理の意識から、夏場は意識的に水分を取ろうとする人が増えたよ...