“超年の差婚”で夫の死後に勃発する前妻とのトラブルとは?

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2019-11-17 12:04
投稿日:2019-11-17 06:00
 遺産を相続するには、乗り越えなくてはならない3つの山があると言われています。それは「書類の山」「分割協議の山」「相続税の山」です。25歳上の夫が急死したA子さんですが、自分にも前妻にも子がいないため、分割協議の山はありませんでした。書類の取り寄せ、税務署への申告と相続税支払いは、夫をよく知る行政書士が引き受けてくれてホッとしましたが……。

自分のものにならない遺産のために7年間お金を払い続けた?

保険証書にあった名前は…(写真:iStock)
保険証書にあった名前は… (写真:iStock)

 まず相続するA子さんが妻であることを証明する戸籍謄本と印鑑証明書、これは簡単に取れます。

 大変なのは亡くなった人に関する書類です。生まれてから死亡するまでのすべての戸籍(改正原戸籍)が必要になるので、生きているあいだに本籍地が変わっている場合は、あちこちから取り寄せます。

 最後に死亡した証明になる除籍謄本も必要です。行政書士さんはこれらの作業をすべて行ってくれましたが、一つだけ想定外のことがあったのです。

貸金庫のなかに眠っていた前妻の名前

 銀行口座の相続手続きが済み、貸金庫を開けたときのことです。

 金庫から出てきた2千万円の生命保険証書を見てA子さんは驚きました。夫が入っていたのは、一生涯保険料を払い続けるかわりに、何歳で死亡しても保険金が支払われる『終身保険』です。

 掛け捨ての『定期保険』に比べると、月々の保険料は高いが死亡保険金が大きく、貯蓄性の高い保険です。ところが、死亡保険金受取人の欄に書かれていたのはA子さんではなく、前妻の名前だったのです。

7年間他人のために払い続けた保険料

「これって…妻が受取人っていう意味でしょうか?」と、A子さんは行政書士にたずねました。保険料は前妻が払っているわけではなく、A子さん夫婦の生活費の口座から引き落とされているのです。

 しかし、行政書士は「生命保険金の支払いは、基本的に証書の名前の人に支払われます。社長は、忙しくて書き換えを忘れていたのでしょう」と、申しわけなさそうに言いました。

 前妻のために7年間も家計の中から保険料を払ってあげたことを知り、A子さんの心中は複雑でした。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
結婚直後から不幸続き…奇妙な出会いをした夫を見限った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-30 06:11 ラブ
彼ママに挨拶する際の基本マナー&やりがちな5つのNG行動
 彼氏との交際が順調に進んだら、相手の両親に会うこともあるでしょう。女性にとって彼ママというのは厄介な存在ではありますが...
恋バナ調査隊 2021-07-30 06:16 ラブ
10歳差でも…年上好きの男性は母親との関係が影響している?
 年上の彼女を求める男性が増えています。年上女性志向が高まっている理由には、社会不安による生活安定欲求や、地位向上を目指...
内藤みか 2021-07-29 06:00 ラブ
高学歴女子はなぜモテないの?4つの理由&あるあるな悩み
 努力して勉強をして、いい大学を卒業し、きちんとした仕事に就いている「高学歴女子」。一見、悩みのない人生を送っているよう...
恋バナ調査隊 2021-07-29 06:00 ラブ
知らないと怖い! 彼氏を“ダメ男化”する女性の行動パターン
 パートナーとの時間、ちゃんと取れていますか? 付き合い始めた当初は一緒にいる時間が長かったり、コミュニケーションが多か...
若林杏樹 2021-07-28 06:00 ラブ
辛い片思い…脈なしを見極める5つのポイント&抜け出す方法
 恋をするのは、楽しく幸せなことです。しかし、辛い片思いとなると話は別! 無理に続ける必要はないんです。そこで今回は、男...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
男性が追いかけたくなる女性の特徴&虜にするLINEテク♡
 どうせ恋愛をするなら、追いかける恋よりも追われる恋をしてみたいですよね♡ でも、そのためにはまず、「男性が追いかけたく...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
年下男性の6つの脈なしサイン…諦めずに射止める方法は?
 近年、年下男性と付き合う女性が増えています。年下男性というと、一見、頼りなさそうなイメージですが、だからこそ母性をくす...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
彼はどう? 結婚に向いていない男性の特徴5つ&今後の選択肢
 結婚できたからといって、必ずしも幸せになれるとは限りません。理想の結婚生活を叶えるためには、相手選びが重要! そこで今...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
モテる♡ “あざと可愛い”女性の5つの特徴&目指すポイント
 “あざと可愛い”女性というと、同性から見るとあまり良いイメージは湧かないかもしれません。でも、あざと可愛い女性は男性に...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:00 ラブ
彼からのサプライズの結婚指輪が気に入らない…対処法4つ
 結婚指輪は、一生つけるもの。だからこそ、妥協せずに選びたいですよね。でも、中には彼がサプライズで用意してくれていたとい...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:01 ラブ