節約の敵!「ボーナスで衝動買い」やめたい時の4つの対処法

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-12-01 06:00
投稿日:2019-12-01 06:00
 節約する際、自分の金銭の使い道を見直すことってありますよね。その度、「なんで買ったんだろう」と思う不可解な買い物を後悔する人も多いと思います。貯金するには計画が大事ですが、その計画が実行されない理由のほとんどは衝動的な買い物ではないでしょうか。
 でも、自分の物欲をコントロールして予算を守ることができれば、生きていくために必要最低限のお金で貯金もしっかりできるはずです。そこで、衝動買いしてしまう人に5つの対処法を紹介しましょう。

衝動買いしてしまう原因から対処法を決めよう!

心を惑わせる「SALE」の魔力(写真:iStock)
心を惑わせる「SALE」の魔力 (写真:iStock)

 衝動買いを後悔する人は多いでしょう。でも、衝動買いした心情を考えられる人は、意外にも少ないものです。まずは、つい、衝動買いした時のメンタルや状況から対処法を見つめ直していきましょう。

ショッピングをレジャーにしない

 ショッピングをレジャーと履き違えてしまうと、お金がいくらあっても足りない事態になってしまいます。特に欲しいものがないのに「暇だから」と繰り出す街には、さまざまな誘惑があります。

 綺麗にコーディネートされているマネキンや、お店の雰囲気に溶け込むディスプレイの仕方など、これらは買わせるためのテクニックを駆使しているといっても過言ではありません。これらを見て「素敵」だと思わない方がおかしく、思わず「買っちゃおうかな?」という気分になってしまうものです。

 自宅に戻った瞬間に「こんなもの必要だった?」と、我に返る人も多いでしょう。元気な店員さんの「お似合いですよ!」といった営業トークや魅力的な商品に「今日は自分へのご褒美♪」なんてテンションが上がりがちな人は、出かける前にクレジットカードやキャッシュカードを財布から抜きましょう。

必要なものをリストアップしておく

 さまざまなものに目移りする人は、「自分の必要なものを理解していない」ということになります。たとえば、自分の料理センスじゃ扱いきれないスパイスを店員さんにオススメされたからと買うのは、ナンセンスです。自分が扱えきれないものは、その時点で管理できないものとして家に転がるのは目に見えていますよね。「これを買えば、女力がアップしそう」とか「さらに家事が捗りそう」というのは幻想。そんな些細なことでやる気になるのであれば、とっくにプロ級ですし、物に頼る必要もないでしょう。

 本当に必要なものは、習慣に基づいています。「買ったから何とかする」ではなく「必要だから買う」という思考にするためにも、“欲しいものリスト”を作って優先順位を立てるといいでしょう。そして、本当に欲しいかどうかを見極めるため、数カ月してから購入するなど時間を作るべきです。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 さぶ店長率いる我がお花屋さんのこの時期は、お歳暮とクリスマスとお正月が乱れ打ちで、足の踏み場を探すほど。  もう...
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。今回は、ちょっと重いテーマかもしれませんが、「もしものとき」について考えてみ...
FILM
 デパコスの聖地・伊勢丹で新色リップを試した後にZARAで掘り出し物を物色♡といった具合に、コスメもファッションも大好き...
FILM
 美容と健康のためにジムに入会している人は多いですが、ジム通いが習慣づいている人は意外と少ないですよね。 「行かな...
FILM
 白黒猫のにゃんたまωは哲学的なマーブル模様、キジトラは美しいグラデーション。  茶トラは美味しそうな鈴カステラの...
FILM
 良くも悪くも「ママ友」には、すごくお世話になりますよね。ママ友問題と無縁の夫たちは「そんなの一時の話だろう」と、まとも...
FILM
 介護士をしていた筆者は、基本的に介護施設に入ることを肯定的に捉えています。介護施設には介護士はもちろん、理学療法士や作...
FILM
 初めてのお家デート。好きな男性が自分のひとり暮らしの部屋に来るとなったら、いつもよりも念入りに掃除をする女性は多いでし...
FILM
 最近、ネットカフェデートがかなり進化しています。今までのペアシート(カップルシート)に比べると、防音もあり、部屋にカギ...
FILM
 華奢見えテクや上目遣いなど、女の子がか弱く見えるテクニックがこの世には溢れています……が、はっきり言いましょう。「姑息...
FILM
 にゃんたマニアのみなさま、こんにちは。  きょうは、かわいいあの子ににゃんたまωをアピールするも、そっぽを向かれ...
FILM
 オリンピックが近づいていることや経済産業省の推進もあり、キャッシュレス決済が広く認知されることになりました。これまで現...
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。離婚は人生での大きな決断です。お互い好きになってくっつくのは簡単ですが、別れ...
FILM
「自分のオッパイが足りなくて、酷い目にあったわ」  ある日、ワタクシの知り合いが仕事の打ち合わせで会って早々、興奮...
FILM
 ひどい二日酔いの朝、グロッキーな中で「もう二度と飲まない!」と決意した経験がある方は多いはず。でも、そんな人に限って、...
FILM
 冷え込む日が増えて「冬がきた」と実感する日も多くなりましたね。芯から冷えた身体は、女性の大敵。日頃からしっかり温活をケ...