節約の敵!「ボーナスで衝動買い」やめたい時の4つの対処法

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-12-01 06:00
投稿日:2019-12-01 06:00
 節約する際、自分の金銭の使い道を見直すことってありますよね。その度、「なんで買ったんだろう」と思う不可解な買い物を後悔する人も多いと思います。貯金するには計画が大事ですが、その計画が実行されない理由のほとんどは衝動的な買い物ではないでしょうか。
 でも、自分の物欲をコントロールして予算を守ることができれば、生きていくために必要最低限のお金で貯金もしっかりできるはずです。そこで、衝動買いしてしまう人に5つの対処法を紹介しましょう。

衝動買いしてしまう原因から対処法を決めよう!

心を惑わせる「SALE」の魔力(写真:iStock)
心を惑わせる「SALE」の魔力 (写真:iStock)

 衝動買いを後悔する人は多いでしょう。でも、衝動買いした心情を考えられる人は、意外にも少ないものです。まずは、つい、衝動買いした時のメンタルや状況から対処法を見つめ直していきましょう。

ショッピングをレジャーにしない

 ショッピングをレジャーと履き違えてしまうと、お金がいくらあっても足りない事態になってしまいます。特に欲しいものがないのに「暇だから」と繰り出す街には、さまざまな誘惑があります。

 綺麗にコーディネートされているマネキンや、お店の雰囲気に溶け込むディスプレイの仕方など、これらは買わせるためのテクニックを駆使しているといっても過言ではありません。これらを見て「素敵」だと思わない方がおかしく、思わず「買っちゃおうかな?」という気分になってしまうものです。

 自宅に戻った瞬間に「こんなもの必要だった?」と、我に返る人も多いでしょう。元気な店員さんの「お似合いですよ!」といった営業トークや魅力的な商品に「今日は自分へのご褒美♪」なんてテンションが上がりがちな人は、出かける前にクレジットカードやキャッシュカードを財布から抜きましょう。

必要なものをリストアップしておく

 さまざまなものに目移りする人は、「自分の必要なものを理解していない」ということになります。たとえば、自分の料理センスじゃ扱いきれないスパイスを店員さんにオススメされたからと買うのは、ナンセンスです。自分が扱えきれないものは、その時点で管理できないものとして家に転がるのは目に見えていますよね。「これを買えば、女力がアップしそう」とか「さらに家事が捗りそう」というのは幻想。そんな些細なことでやる気になるのであれば、とっくにプロ級ですし、物に頼る必要もないでしょう。

 本当に必要なものは、習慣に基づいています。「買ったから何とかする」ではなく「必要だから買う」という思考にするためにも、“欲しいものリスト”を作って優先順位を立てるといいでしょう。そして、本当に欲しいかどうかを見極めるため、数カ月してから購入するなど時間を作るべきです。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


1月18日~1月24日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
見極めて! 性格が悪い女性の特徴&上手に付き合うポイント
 学校や会社など、必ずひとりは「性格が悪いかも?」と思う女性っていますよね。「苦手だな……」と思っても無視するわけにいか...
まるで栗まんじゅう!冬空に映える“にゃんたま”君で妄想する
 ニャンタマニアのみなさま、きょうは、栗まんじゅうなにゃんたま君です。  栗まんじゅうといえば、ドラえもんの道具で...
無印良品の歯ブラシをレポート!シンプルで暮らしもスッキリ
 無印良品のアイテムは、シンプルでどんなテイストのお部屋にも馴染んでくれますよね。おうち時間が長い今、毎日の生活を少しだ...
LINEで誤爆…爆笑から修羅場まですぐ削除したい内容9選
 連絡ツールとして多くの人が使っているLINEですが、2017年12月13日に送信取り消し機能が追加されました。でも、送...
自信のない人が“自己肯定感”を高めるために今すぐできること
 自分に自信がない人やHSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)の傾向にある人は、自己肯定感が低い人が少なくないかもしれ...
汚れた手足と可愛いお顔“にゃんたま”のギャップにきゅんです
 冷たい北風を避けて、陽だまりでコロンコロン♪のにゃんたま君。  外猫ならではの汚れた手足に甘えん坊な顔立ち。この...
金運UPにも効果大! 女性の守護神に捧げる“マーガレット”
 ある年の年末、猫店長「さぶ」率いるわがお花屋さんに一人の男性客からお花のご注文の電話がございました。  この男性...
iPhone&Amazonユーザー必見! 2021年に見直したいIT節約術
 ITと聞くと、特に女性は「難しそう……」と思ってしまう人が多いかもしれません。SNSを活用したお仕事をしている私もわか...
陽を浴びて金色に輝く“にゃんたま”君…真っ直ぐな視線の先は
 きょうは、陽を浴びて輝く毛並み、目が離せないにゃんたま君に出逢いました。  立派なにゃんたまωを見せつける男気は...
2021-01-11 06:00 ライフスタイル
1月11日~1月17日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
おうち時間を豊かに!初心者に勧める芳香浴とアロマオイル
 再びおうち時間が増えてきた今、自宅での時間を豊かにするなら、アロマオイルを活用するのもおすすめです。日本でもなじみが深...
失敗は多いほど得? 失敗談を語れる人ほど価値が高まる理由
 突然ですが「失敗」と聞くとどんなことを思い浮かべますか? ただの言葉として受け止める人もいれば、すごく怖い体験を思い出...
尊さの極み…青空に映える楽園島のツートップ“にゃんたま”様
 きょうは、にゃんたまの楽園でチャトラのツートップωωにロックオン♪ 青空に映える見事なにゃんたまです。  手入れ...
春の訪れと幸運をもたらす…強くてたくましく美しい「水仙」
 ワタクシの実家の裏にある小高い丘の上に、近所から「天神さん」と呼ばれ、親しまれている神社がございます。  今では...
仕事に遅刻! 信頼を失わない言い訳&連絡時のビジネスマナー
 社会人でも、寝坊をして遅刻をしてしまった経験がある人も多いでしょう。でも、会社に勤めていると、遅刻した際に大人として正...