ハリーウィンストンを結婚指輪にする人は離婚しやすい法則

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-06-02 06:00
投稿日:2019-06-02 06:00
 さて、最近知り合いの結婚式がありまして、ホテルはリッツカールトン、指輪はハリーウィンストン、招待客は600人と豪華絢爛なものでした。しかし、これがまあ「嫌な予感」しかしない結婚式だったわけですよ。
 ズバリ、「数年以内の離婚」の気配がビンビンに感じ取れた次第で。こうした豪華な挙式には、幸せな結婚生活を破滅に導くメカニズムがあるのではと考え、考察してみました。

豪華な結婚式が引き起こすメカニズムとは?

憧れのハリーウィストン(写真:iStock)
憧れのハリーウィストン (写真:iStock)

 まず、豪華な結婚式の背景にありがちなパターンが、女性側は「一生に一度のものだから」という理由で憧れのホテルで。男性側は「女性にいい顔をしたい」という見栄から生まれる産物であるということ。

 つまりこの時点で、「2人でこんな式にしたいね」という合意形成による結婚式ではなく、話し合うことをあまりせず、お互いに「空気を読みあって」挙げた“虚式”なのです。

仮説1:お互いが「条件」で結婚を決め価値観を共有していない

 さて、そんな空気を読んだ結婚式を挙げた結果、どのように結婚生活にダメージを与えるかということについての仮説を考えてみました。

 そもそも論ではありますが、豪華な結婚式をするタイプのカップルは、男性側は育ちが良くて美人な奥さんを、女性側は収入が高くて見た目も良い男性を、といった条件で結びついたケースが多いようです。

 加齢とともに容姿が劣化する長い結婚生活で重要になるのは、やはり価値観や感覚の部分。この部分を共有できていないからこその、豪華な結婚式なのでしょう。

仮説2:高額な妥協による結婚式でお互いの不満が募る

 費用のかかる豪華な結婚式というのは、総じて「あれも、これも」を詰め込んでいった結果によるもの。こういう時に人間性って出るのですよね。

 例えば、奥さんが「それ誰得?」と思いたくなるトータル30万円の豪華な花オプションを追加した際など、夫の中では負のパラメーターがひそかに上昇している可能性も。

 結婚式では直接には口に出さずスルーしていた火種が、後々のハルマゲドンの起爆剤になることも十分にあり得るのです。

仮説3:結婚式の巨額費用がその後の生活を圧迫

 また、高価な結婚式となれば総額600万以上もザラ。時には1000万円以上のケースも。いかに高収入なカップルでも、その後の資産や生活に大きなダメージが残ってしまうことも。。

 例えば、1000万円以上の預貯金があれば、1回数十万円くらいの海外旅行に出かけるくらいは気になりませんが、それが一気に目減りしてしまうとなると、ついつい節約傾向に。

 そうすると、今までストレス解消になっていた海外旅行や楽しい時間も減ってしまいます。これが、お互いの不満を解消する機会をなくしてしまい、さらに破局の早期到来を招いてしまうのです。

アメリカで行われた結婚式費用と離婚率の相関性とは?

高額な結婚指輪も離婚したら意味なし(写真:iStock)
高額な結婚指輪も離婚したら意味なし (写真:iStock)

 さて、こうした仮説ですが、実はアメリカでの研究ではすでに証明されているようです。

 米エモリー大学の経済学者らの研究によると、挙式費用が2万ドル(約214万円)を超えたカップルは、5000~1万ドルしかかけなかったケースに比べて離婚率が1.6倍に上るとのこと。また、費用が1000ドル以下だったカップルの離婚率は全体の平均を下回っていることもわかりました。

 指輪についても同様で、婚約指輪に2000~4000ドルを費やしたカップルの離婚率は500~2000ドルを費やした場合の1.3倍に当たるようです。

 ここでは2万ドルなので、結婚式としてはそれほど高額ではありません。どちらかというと、お金をかけなくても良い結婚式を開くことのできるカップルは幸せになりやすい、ということなのかもしれません。

まとめ

 よく言われるように、結婚はゴールではなく新たな人生のスタートライン。そんな門出を最初から損なうような結婚式になってしまっては本末転倒です。

 一生に一度だから……という言葉には流されず、2人にとって一番良い結婚式とは何かを、きちんと冷静に話し合って行くのが良いかもしれませんね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


口癖がうつる?“彼氏に話し方が似てきた”と感じる瞬間6選
 彼氏との付き合いが長くなると、ふとした瞬間に「なんだか彼氏に似てきたな」と思う瞬間がありませんか? 口癖や話し方など、...
恋バナ調査隊 2021-02-26 06:00 ラブ
浮気、音信不通…恋愛のトラウマによる影響&克服する方法
「恋愛はただただ甘くて楽しいもの」そんなふうに思えるあなたは、とても幸せな人かもしれません。実は、元カレの浮気や突然の自...
リタ・トーコ 2021-02-26 06:00 ラブ
コロナ禍に元カノに連絡してしまう男性の心理を分析してみた
 新型コロナウイルスの影響で、男女の出会いのシーンもかなり制限された状態が続いています。そんななか、元カレから連絡が来た...
内藤みか 2021-02-25 06:00 ラブ
実はモテる♡ ツンデレ女子の恋愛の特徴&男性が惚れる瞬間
 いつもクールで冷たく、たまにしか笑わない“ツンデレ女子”。男性の前でも媚びを売らないので、一見モテなさそうなのですが、...
恋バナ調査隊 2021-02-25 06:00 ラブ
彼の部屋が汚い!片付けられない男と付き合うとキケンな理由
 カレの部屋に行ってみたら、ゴミ屋敷……とまではいかないけど、モノが散乱していてごちゃごちゃ。服を置いたらホコリまみれ。...
若林杏樹 2021-02-24 06:00 ラブ
自然消滅の期間はどれくらい?距離を置かれる原因&回避方法
 別れ話が出ているわけでもないのに、彼氏と連絡が途絶えてしまうと「もしかして自然消滅を狙われているの?」と不安に感じてし...
恋バナ調査隊 2021-02-24 06:00 ラブ
浮気やウソ発覚…彼から送られてきたドン引き“誤爆LINE”9選
 恋人やパートナーとの連絡ツールとして、ほとんどの人がLINEを活用していることでしょう。そんなカップルの中でも、今回は...
恋バナ調査隊 2021-02-23 06:00 ラブ
30代になると恋愛するのが難しくなる理由&楽しむポイント
 10代、20代の頃、たくさんの恋愛を経験をしている人は多いでしょう。「好き!」と思ったら、後先考えず、思いのままに行動...
恋バナ調査隊 2021-02-23 06:00 ラブ
相手に期待しすぎると陥る罠…希望をハッキリ言うべき理由!
 相手が自分の思うように動いてくれない……なんだか不満がたまってモヤモヤする! パートナーに対して、そう感じた経験はある...
七味さや 2021-02-22 06:00 ラブ
同性にも好かれる“ネオぶりっ子”って?男女にモテるコツ♡
 ぶりっ子と言えば、「男性からは好かれるけれど、女性からは嫌われる」というイメージがありますよね。でも、それはひと昔前の...
恋バナ調査隊 2021-02-22 06:00 ラブ
勘違い男の痛いLINE…ドン引きするめんどくさい内容7選
 LINEって顔が見えない分、気が大きくなってしまうんですよね……。それが原因なのか、勘違い男たちはめんどくさい痛いLI...
恋バナ調査隊 2021-02-23 03:55 ラブ
“たぬき顔・きつね顔診断”でどんな男性にモテるかチェック♡
 女性の顔のタイプを動物にたとえた時、“たぬき顔”や“きつね顔”で区別することがあります。実は、自分がどちらのタイプなの...
恋バナ調査隊 2021-02-21 06:44 ラブ
あなたも目指せる♡ 愛され女子の共通点&心掛けるポイント
 男性から愛される女性を見ると「羨ましいな」と思いながらも、「でも、どうせ私は美人じゃないし……」なんて諦めてしまう人も...
恋バナ調査隊 2021-02-20 06:00 ラブ
元CA作家が伝授!恋やビジネスに使える“魔法のフレーズ”3選
 コロナ禍においてこれまでの生活が一変し、恋人や夫婦、ビジネスでの人間関係もぎくしゃくしているという声が少なくありません...
蒼井凜花 2021-02-19 06:00 ラブ
不倫には落とし穴がいっぱい! 5つのリスク&卒業する方法
 恋愛をしている人の中には「実は、彼は既婚者」なんていう人もいるでしょう。一昔前までは不倫は秘め事であり、決してバレては...
恋バナ調査隊 2021-02-19 06:00 ラブ
可愛くヤキモチをやく5つの方法&“嫉妬”に変わるNG行動!
 彼氏ができると、「ほかの女性に奪われたくない」という気持ちが強くなり、ヤキモチを焼いてしまう女性も多いでしょう。彼がモ...
恋バナ調査隊 2021-02-18 06:00 ラブ