とにかく安く旅行したい! 3つの節約アイデアで思い出作りを

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-12-20 06:01
投稿日:2019-12-20 06:00
非日常を楽しみたい!(写真:iStock)
非日常を楽しみたい! (写真:iStock)

 日々のストレスから「こんな現実、忘れたい!」「刺激的な体験をしたい!」と思うことはありませんか? そんな日常に贅沢を与えてくれるのが「旅行」です。大半の人は「旅行」というワードを聞くと、ワクワクすると思います。

 しかし、旅行に行く気になったとしても問題になるのが「経済面」。まとまったお金が必要となる現実に、二の足を踏む人も多いはず。そこで今回は、とにかく安く旅行したい時に使える“予算見直しポイント”を3つ紹介します。

「安かろう、悪かろうなんでしょ?」と思われるかもしれませんが、工夫次第では充実した旅行をすることが可能なんですよ。

とにかく安く旅行したいなら?工夫したいポイント3選

おにぎりやお弁当でちょっと節約(写真:iStock)
おにぎりやお弁当でちょっと節約 (写真:iStock)

 旅行に不慣れだと、旅行会社のツアーや定型の旅行プランで決めてしまう人もいるでしょう。しかしそれでは、自分のこだわりポイントに時間や予算を配分することができず、逆にストレスをためてしまいかねません。

 そこで、自ら旅行を計画する際、「とにかく安く旅行したい」と思い立ったら、まずは削るべきコストがあります。圧倒的に低予算で旅行ができる見直しポイントを紹介しましょう。

外食費は本当に食べたいご当地グルメに狙いを定めて!

 旅行の目的が、“本当に食べたい”と思えるご当地グルメではない場合に限っては、コンビニやファミリーレストランで食事を済ませるのも選択肢の一つ。たいてい、行楽地には「蕎麦」や「懐石料理」「〇〇限定」という看板が目立ちますが、旅行中毎回のように外食する必要はないのです。

 とにかく安く旅行に出たいのであれば、滞在地での外食も低コストなものを選ぶと予算が少なくて済みます。また、旅行にマイカーで行く場合は、あらかじめ朝食、昼食を近所のスーパーで買って行くのも手段の一つ。おにぎりを持参するのも良いですね。移動時間中に車内でご飯を食べることができて時間が確保できますし、行楽地の外食ほどコストがかかりません。

工夫次第でみるみる安くなる交通費

 遠く離れた場所に旅行に行くとなると、交通費も意外とかさみます。だからこそ、ローコストキャリアと呼ばれるLCCで航空券を確保したり、夜行バスを利用するのがオススメ!特に、夜行バスは寝ているうちに朝早く目的地にたどり着くことができるので、宿泊代を安く抑えることもできますよ。

 夜行バスにはさまざまなグレードが用意されています。女性のプライバシーに配慮した「女性専用バス」や、アメニティを用意してくれるバス会社も、近年人気です。「休みの日数がそんなに取れないけど、旅行に行きたい」という時にも使える交通手段です。

入園料が高額になるテーマパークは……

最近はアクティビティが充実しているホテルも(写真:iStock)
最近はアクティビティが充実しているホテルも (写真:iStock)

テーマパークの考え方

 旅行といえば、レジャースポット巡りも楽しみの一つ。しかし、入場料も無視できないコストですよね。

 便利なのが、月額324円で利用することができる「ベネフィット・ステーションプライベート」。さまざまなテーマパークの入園料や劇場鑑賞券を安く手に入れることができ、家族の人数が多いほど月額料金をペイできる割引を受けることができます。

 旅行先の滞在時間が長いのであれば、ホテルのアクティビティを考慮に入れるのもポイント。アクティビティを豊富に持っているホテルであれば、宿泊代が多少高くても、テーマパークの入園料を払うよりも安い場合もあります。それに、移動時間や駐車料金、ガソリン代にゆとりを持たせることも可能です。

 旅行は「総額」で考えるべきです。あらかじめ行きたい場所の入園料などを調べて、アクティビティを豊富に持つホテルの宿泊費と照らし合わせるといいでしょう。

とにかく安く旅行するなら一工夫が大事!

工夫次第で使うお金は削れる(写真:iStock)
工夫次第で使うお金は削れる (写真:iStock)

「どこかに出かけたい!」と思った時、「旅行だから」と一度に大金をかける必要はありません。自分が納得できる“こだわりポイント”に予算をかけるのも、大人の贅沢な時間と言えそうです。

「日本全国の行楽地に行きたい!」と思うのであれば、旅行一回にかかる費用を見直してみると、頻回に旅行に出られるようになるかも。自分だけの“旅行マイルール”を持てば、安い旅行でも満足度は高いはずですよ。

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 日本のいくつかの猫島は、すっかり海外でも有名になりました。  私の住む東京からでも遠いなぁ……と思う島にも、はる...
FILM
「今年も無事に収穫が終わったよ~」  秋の収穫シーズンになると、ご来店くださったお客様から毎年こんな会話が聞こえて...
FILM
 毎日定時で帰る人を見ると「羨ましいな」と思う半面、「定時で帰るなんて、ちゃんと仕事をしているのだろうか?」と思う人も多...
FILM
 にゃんたま君は、日が沈むこの時間が大好き。  地面はお日様のぬくもりが残っていてほんわか温かくて、海を渡って来る...
FILM
 SNSが当たり前の時代。今では、ほとんどの人がSNSを活用しているでしょう。しかし、SNSは便利な半面、トラブルに巻き...
FILM
 好感度の高い女性というと、「美人でスタイルが良い女性」というイメージを持っている人が多いでしょう。しかし、どんなに見た...
FILM
 きょうは、職業・猫フェチカメラマンのつぶやき。  神が作った最高傑作と云われる「にゃんたま」を、どのように記録し...
FILM
 ただいま世の中、「ドライフラワー流行り」でございます。  以前は、お花屋さんの片隅にちょっぴり「スキマ商売」感覚...
FILM
 “女の友情はハムより薄い”という言葉があるように、女性同士の交友関係はとても複雑で、難しいものですよね。昨日まで「私た...
FILM
 きょうも、にゃんたまωにロックオン♪  キリっとしたクールな眼差しに、栗饅頭のような癒しのフォルムω……。 ...
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。学生時代から付き合いがある相手なのに、なんとなく最近話が合わない。一緒にいる...
FILM
 この夏は新型コロナ禍の外出自粛で溜まったストレスの羽を伸ばす人たちが散見されました。しかし、秋、冬とインフルエンザの流...
FILM
 きょうは、にゃんたまを探せ!  写真の中に、にゃんたまωをスグに見つけたアナタはもう立派なニャンタマニアです。 ...
FILM
 猫店長「さぶ」率いる我が花屋に、某有名私立男子校の先生が本日もご来店でございます。  この先生、その筋では大変に...
FILM
 外出しなくても、おうちの中で気分転換する方法があるととっても便利です。自分に合ったストレス発散方法があると、気分の切り...
FILM
「機嫌悪い人がいると気になってしまう」「LINEを送ったら既読スルー、怒らせちゃったかな」「もはや生きているだけで疲れる...